夏の風物詩となって久しい

日テレ・24時間テレビの

チャリティーマラソン

 

例年だと、ちょうど今の時期に

今年のマラソンランナーが人選され

発表されます。

 

2017年の24時間テレビは

8月26(土)・27日(日)

に放送され40回という節目の回に

なるのでいつにも増して気合いが

入るところでしょう。

 

ところが、噂によると

今年はその人選がかなり難航して

いるとのこと。

 

そんな中で、ようやく2人に

絞られたという情報がありました。

 

この記事では、

24時間テレビの40回という

節目に走るマラソンランナーに

関する情報を整理してみたいと思います。

 

今年の24時間テレビ・マラソンランナーは誰?

 

いきなり結論から行きますが

2017年の24時間テレビの

マラソンランナー候補と噂されているのが…

  • 渡部建さん(44歳)
  • 岡田結実さん(17歳)

の2人です。

 

順番に見ていきましょう。

 

まずは渡部さん。

 

今年4月に佐々木希さんとの結婚を

「行列のできる法律相談所」内で

発表した衝撃が記憶に新しいところ。

 

個人的にも、今年の渡部さんは

大本命だと思います。

 

やはり、

同じ日テレの看板番組内で

大きなニュースを公開したことが

日テレ上層部でも評判良いんじゃ

ないでしょうか?

 

マラソン走った後には

そのまま「行列~」の番組に

出演するのが定番の流れなので

結婚を発表した想い入れのある番組

で「お疲れ様~!」と労って

もらえるってのも渡部さんにとっても

非常に魅力に感じると思われます。

 

佐々木さんも今度は電話出演じゃなくて

きちんと出演するかも…

夫婦揃った出演ってちょっと

見たいですねぇ~

 

そして何と!噂によれば、

今回のチャリティーマラソンの

オファー条件として

「行列のできる法律相談所」

の司会という切り札を用意している

そうです。

 

渡部さんの最終的な目的は

もはやお笑いではなく司会業

というのは有名な話ですし、

実際に今年は他局ですが

TBSの「王様のブランチ」

念願の大きな番組での司会の座を

ゲットしています。

 

もし、マラソンのオファー内容が

本当であれば、喰い付くのは必至。

 

アンジャッシュのコント、

けっこう好きなんですけど

ますます見れる機会が減りそう…

そこだけが残念です。

 

また渡部さん視点で考えれば

佐々木さんと結婚した記念の年

ということで、

いっちょ走ってやるかぁ~

というモチベーションにも

繋がるのではないでしょうか?

 

そう言えば、おととし

当時北川景子さんと熱愛報道があった

DAIGOさんが走りましたよね。

 

あのときは、きっとどこかで

北川さんが応援に来る筈だ!

と予想していたのですが

結局何もないまま番組は終了。。

 

ガッカリ感が半端なかったワケですが

熱愛発覚レベルだったから致し方なかった

ですよね。

 

でも今回の渡部さんの場合は

きちんと結婚したワケですから

佐々木さんとの馴れ初めなども

放送されるのであれば、

低迷していると言われる視聴率も

確実にUPしそうです。

 

実際の結婚生活がどんななのか?

も気になりますよね。

 

佐々木さんのファンにとっても

もし夫を応援する佐々木さんの姿が

見れることになれば

嬉しいでしょうし。

 

また渡部さんは、

野球もやっていましたし

体力面でも申し分ないでしょう!

 

ということで、

2人の候補に絞られたとはいえ

ほぼ渡部さんで確定したのでは?

と個人的には予想しています。

 

ただ、

いくらそんな妄想が膨らんでも

渡部さん本人が固辞すれば

マラソンランナーは白紙です。

 

そこで、そんな万が一に備えて

日テレとしてもバックアップ候補を

用意するハズ。

 

そこで名前が挙がっているのが

岡田結実さん

 

まだ高校生ですが、

昨年から今年に掛けての

彼女のブレイクぶりからすれば

白羽の矢が当たっても当然です。

 

10代でのマラソンランナーとなれば

1998年(第21回)に走った

V6・ 森田剛さん以来となります。

 

当時、森田さんは19歳だったので

歴代ランナーの最年少記録も更新

となりますし話題性は十分。

 

岡田さんの場合は

ご存知お父さんとの家族愛を

テーマにできるでしょうし

特に同世代(10代)からの支持も

集めそうな気がします。

 

もし岡田さんがランナーになっても

そんな若い人の24時間テレビ離れ

を回復できる可能性があり、

こちらも視聴率低迷を打破できる

と日テレ上層部は判断するかも

しれません。

 

なんだぁ~

 

マラソンランナーの人選が

難航してるとの噂でしたが

良い候補が2人もいるじゃない

ですかぁ!

Sponsored Links

 

その他のマラソンランナー候補は?

もちろん、上で挙げた2人以外にも

実際には名前が挙がっている

ことでしょう。

 

この2人の他の候補として

個人的な希望を言えば

やはり今年は海老蔵さんかなぁ。

 

まあ、実際には今が大変な時なんで

現実離れしていると思いますが…

 

奥さんへの応援と考えれば

今しかない!

とも思えます。

 

 

その他には、意外に

元第11代目うたのお兄さんの

横山だいすけさん

 

うちもそうですが、

だいすけ兄さんの主婦層に対する

ブランド力はそりゃぁ~凄いです!

 

もし、だいすけ兄さんが

走ることになれば、

圧倒的なお母さん層からの支持と

得意な子供たちとの交流で

これまた数字が取れそうな

貴重な候補ですね。

 

あとは…

 

やっぱり今年の勢いという面で

ブルゾンちえみさんとか(笑)

関連記事:ブルゾンちえみのキャリアウーマンはパクリなの?

 

まあ…ないかな。

 

いずれにしても、願望も含め

ここで挙げた名前のうちの誰か

になって欲しいと切に願います。

 

異例の当日発表!!(8月26日追記)

 

今年の24時間テレビの

マラソンランナーが

遂に決まりました!

 

何と…

 

ブルゾンちえみさん

でしたぁ~

 

予想に挙げてたので

そんなに驚きはなかったんですが、

坂本トレーナーがランナーとの併走が

最後かもしれないとのことで、

今までにないことをしたい!

と異例のランナー当日発表に

なったようです。

 

候補者の練習を坂本さん自らが

チェックして、ブルゾンさんの

  • 元陸上部のポテンシャル
  • 根性がある
  • 走る気持ちが一番ある

を総合的に判断して決定されたとのこと。

 

ブルゾンさんは間もなく

マラソンスタートしますが、

何と本当に1時間前に

聞かされたとのこと。

 

どうしても練習不足を心配して

しまいますが、ブルゾンさんは

練習3日目で30kmを走破したみたい

なので、やはり元陸上部の経験と

1年前までの売れない時代を

乗り越えてきた根性で

乗り切ってくれるでしょう!

 

頑張れ!ブルゾンちえみさん!

 

35億の人が応援してるぞ~(^v^)

 

関連記事

 

「24時間TV2017マラソンランナー」まとめ

この記事では、

第40回という節目の放送となる

24時間テレビのマラソンランナーは

誰になるか?を考察してみました。

 

こうやって実際に

自分なりに名前を挙げてみると

どの方も可能性がありますね。

 

もしかしたら

誰が走るか?

という予想をしている今!が一番

楽しいのかもしれません(^_^;)

 

個人的にはやはり大本命と噂される

渡部さんを一押し候補としたい

ですねぇ。

 

私と同じ高校野球好き

というだけで応援しちゃいます!

 

8月26日・27日といえば

甲子園の決勝が終わった直後なので

渡部さんのテンションも

最高潮に達しているかと。

 

高校球児たちの活躍から刺激され

最速でゴールしちゃうかも?

 

そんな妄想に期待を膨らませながら

今年のマラソンランナーの発表を

心待ちにしたいと思います。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

7月8日追記

 

7月6日のミヤネ屋の放送内で

第40回を迎える24時間TVで

青山学院大陸上部の原晋監督

が走ることが発表されました。

 

全く想定外で、予想がカスリも

しなかったのが悔しい…

 

しかも今回はマラソンではなく

「1500m走へのチャレンジ」

という1つのコーナーにて

放送されるようです。

 

あれ?マラソンが消えた??

 

原監督は現役引退時に

膝を故障した過去があるそうなので

さすがに24時間は無理なんだろうと

思いますが、来年以降もマラソンは

このまま無くなってしまうのでしょうか?

 

確かに、少しマンネリ化を

感じる人も多かったとは言え

当然あると思っているものが

いざ無くなると、余計に見たい!

と思ってしまいます。

 

いつも近くの246号線まで

応援に行ってたのに…

 

正直拍子抜けというか

寂しいですね。

 

でもまあ、決まってしまった事は

仕方ないので、原監督の

1500m走のチャレンジを

未届けたいと思います。

 

ちなみに、

なぜ1500mになったのか?

については、原監督が初めて

社会人として優勝したのが

1500mだったそうで、

原監督の特別な思い入れがあって

決まったのだそうです。

 

原監督は実は怪我などもあって

きちんと現役引退の区切りを

付けられないままらしく、

今回の再チャレンジで

1つの区切りとしたいとのことでした。

 

決して強豪ではなかった青学を

今や駅伝では無敵を誇る部に

育て上げた手腕を自身のチャレンジに

どう発揮するのか?

むしろ興味が湧いてきました。

 

指導している選手への手前、

ヘタな走りはできないですよね~

 

私もサッカーをやってた

ピークの頃は5分を切る位で

走れてましたが、今走れ!と

言われても恐らく倍の時間は

掛かるでしょう。

 

原監督のベストタイムは

3分50秒台だったらしいので

どの位のタイムを叩き出すのか

見ものです。

 

ということで、

2017年は24時間マラソンがない

というまさかの結果に

なってしまったのですが、

どうりでランナーの発表が

ここまで遅くなった訳ですね(^_^;)

 

来年こそはマラソン復活を祈って

また来年予想的中目指して

いろいろ情報をかき集めて行きたいと

思います。

 

関連記事:24時間テレビ2017の観覧の時間帯や倍率は?

 

Sponsored Links