演技派女優の安藤サクラさんが2018年10月からの朝ドラヒロインに決まってネット上では期待の声で溢れかえってますね。

 

 

でも安藤さんと言えば、子供を出産なさってまだ1年も経ってないハズ…(2017年6月に出産)

 

今回の「まんぷく」は大阪で撮影となるので、新米ママである安藤さんは子供ごと単身赴任になるのでしょうか?

保育園は無理でしょうし、ご家族かベビーシッターさんかな。

 

同じ子を持つ親としては、一番子供に寄り添って居たい時期であり、子育てにとって大事な期間だと痛感しているので、安藤さんが朝ドラの出演依頼が来て2ヶ月間も熟考したのも頷けます。お子さんもちょうどイヤイヤ期に入りますので難しい時期なのに…。

 

きっと相当な覚悟でオファーを引き受けたことでしょう。

 

Sponsored Links

 

今まで朝ドラってどちらかと言うと、新しい女優の卵を発掘するって感じだったんですが、今回の安藤さんの抜擢は完全に彼女の演技力に惚れ込んだ結果だと思いますね。

実際、安藤さんからの返事待ちしている間も、他の候補者を立てることなく、「もう安藤さんしかいない!」と返事を祈るように待ってたそうです。

 

 

だからこそ、「まんぷく」という作品が名作になる気がしてなりません。演技派の安藤さんの相手役にも、相当なプレッシャーが掛かるでしょうし、相乗効果で良い作品になるのではないでしょうか。

 

そんな安藤さんのことをもっと知りたいと思ったので、彼女の過去作品での演技力や出産時の会見では明かされなかった子供の性別について触れてみようと思います。

 

安藤サクラの演技力の凄さとは?

最近の作品での安藤さんの演技と言えば、何と言っても鎌倉物語の死神役ではないでしょうか?

 

 

いつも感じるのですが、安藤さんってホント作品によって、容姿も存在感も全て、その都度印象が変わりますよね。

 

鎌倉物語の安藤さんも「あっ、ゆとりですがなにかの人だ!」って気づくのにだいぶ時間が掛かりました。肝心な演技については死神らしからぬキュートな可愛らしさを持ち、シュールで味のある演技がクセになります。

 

そんな安藤さんの死神の演技は下の動画で少し確認できますよ!

 

 

主役の堺さんと高畑さんの存在感も抜群なのですが、観終わって一番印象に残ったのが安藤さんの死神でした。

圧倒的な存在感までは行かないけど、中性的で独特な雰囲気を持っていたのでインパクトに残ったのでしょう。

 

 

ちなみに、安藤さんの確かな演技力について、今回の朝ドラ「まんぷく」を制作統括として担当する真鍋斎さんは

「幅が広く、役を憑依させる。単純に綺麗なだけでなく、物語の人物として生きることが出来、ちょっとひと味違う」

と評しています。

 

自分に役を憑依させる…まさに安藤さんを象徴する言葉ですよね。

 

「私、演技上手いでしょう?」という感じが全くなくて、いつ見ても等身大な安藤さんである気がするから不思議です。

 

 

俳優さんの演技力って賛否両論あると思います。

例えば、安藤さんと対象的なのが木村拓哉さん。

 

どんな役をやっても「やっぱキムタクだ~」と思わせてくれて演技の安定感を感じますが、安藤さんの場合は自分という存在を上手く消して様々な役柄になりきれる柔軟さがあるように思います。もちろん木村さんもその役柄になりきることに関しては、特殊な知識を見事に見に付けて役を演じるプロフェッショナルなのですが、やっぱ観る側にとってはキムタクという普段の存在が大きいんですよね~

 

私の友人にも「キムタクはキムタクなので観ててカッコ良いんだけど、ドラマの内容にはあまり感情移入できない」と言っていました。それを言われて私もなるほど~と合点がいったんですが、安藤さんの場合はこの真逆で、どんな役柄を演じてても自分を消せる凄さが伝わってきます。

 

だから例え気持ち悪い約でもハマり役になってしまうのでしょう。

 

人によって演技の良し悪しの基準は違うと思いますが、個人的には安藤さんは素人目にも純粋に演技が上手いと感じますね。

 

ドラマや映画の作品スタッフ側の視点からすると、安心して任せられる女優さんの1人なのではないでしょうか。

 

 

今回の朝ドラ「まんぷく」のヒロインに求めるのは「人間味」とのこと。

インスタントラーメンを発明した日清食品の創業者の話になりますが、偶然にも実業家である安藤百福・仁子さんとは同じ性になりますので、その辺も何かしらの縁を感じたのかもしれません。

 

私は最近の朝ドラでは「あさが来た」にどっぷりハマったのですが、題材的にも今度の「まんぷく」には大いに期待しています。

 

 

ネット上の反応を見ても私と同じく、安藤さんの演技や作品そのものに対する期待感は相当高まっている感じですね。

 

Sponsored Links

 

朝ドラヒロイン・安藤サクラ誕生のネットの反応は?

 

こうしてネット上の声を拾っていくと、やはり皆さん、安藤さんの演技の素晴らしさに心打たれているようで、毎朝その演技力を見れるというだけでワクワクしちゃってる方が大半ですね。

 

説明するまでもありませんが、安藤さんの血筋も半端ないですからね~

曽祖父:犬養毅
祖父:犬養健
父:奥田瑛二
母:安藤和津
姉:安藤桃子

 

皆さんそれぞれ味のある演技力をお持ちですから、サクラさんはまさに演技派のサラブレットと言っても過言ではないでしょう。
しかも、決して名ばかりでない確かな演技力があるのは、過去の出演作品を見れば誰の目から見ても明らかです。

 

そして、安藤さんの相手役が誰なのか?も気になってる声が沢山ありました。

個人的な予想としては、これまた演技が上手いムロツヨシさんあたりかなぁ~と思っています。

 

「人柄」も伝わってくる俳優さんだし…

幼少期はホンの少しで、物語の大半は成年期が描かれるのでは?って気がする→じゃあ相手役も安藤さんよりも少し上の世代?な気がするからです。

 

今後「まんぷく」のキャストはどんどん発表されてくるでしょうから、予想しながら続報を待ちましょう!

 

安藤サクラの子供の性別は?

 

安藤サクラさんは2017年6月に第1子を出産していますが、実はこの「おめでたニュース」の時に、夫・榎本佑さんが、子供の性別を聞かれたインタビューで「内緒で」としていました。

 

その後の報道でも、お子さんの性別に関しては報じられていなかったんですが、昨年ようやく女の子であることが、サクラさん本人が明かしていました。(2017年10月26日のサンスポの記事)

 

女の子と知ってふと思ったのは、将来的にはきっと目元は安藤さんソックリで、母譲りの演技力を持った女優さんになるのかな?ってことです。この凄いDNAは芸能界にとっても絶やしてはダメでしょう!

 

しかも、夫・柄本佑もまた凄いDNAをお持ちです。

父:柄本明
母:角替和枝
弟:柄本時生

と安藤家に負けていません。

 

そんな芸能一家の血筋が掛け合わさっちゃったわけですから、どんな大物になるのか?楽しみしかありませんよね。
今回のNHKとの縁がキッカケで大河ドラマあたりで子役デビューしちゃうかも…

 

安藤サクラ演技力まとめ

 

ネット上には「安藤サクラが出演する作品にハズレなし」という声もある安藤さんの安定した演技力。

 

演技だけでなく、お母さんになって格段にキレイになったなぁ~と感じるのは、きっと私だけではないハズ。

 

そんな安藤さんが朝ドラのヒロインをどう作り上げて行くのか…今から楽しみでなりません。

 

 

撮影は2018年5月~2019年2月の長丁場になるとのことですが、その間の愛娘の日々の成長もきっと凄いと思います。
そんな娘の成長に負けないよう、体調に気を付けながら、また一皮むけた安藤サクラさんを我々に見せて欲しいですね。

 

この「まんぷく」が女優・安藤サクラの生涯の代表作になることを願ってます。

 

以上、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

【関連記事】


 

Sponsored Links