4月18日は何の日

4月18日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめ

4月18日は何の日この記事では、4月18日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。

具体的には、

  1. 4月18日にある記念日とその由来まとめ
  2. 4月18日の誕生花は?
  3. 4月18日の誕生石は?
  4. 4月18日の誕生色は?

についてです。

この記事を読めば、4月18日がどんな日なのか?の理解が深まることでしょう。

 

4月18日にある記念日とその由来まとめ

4月18日の記念日は

  • 発明の日
  • お香の日

です。

それぞれの記念日の詳細は以下の通り。

発明の日

発明の日「発明の日」の由来は…

1885年4月18日、現在の特許法の前身である「専売特許条例」が初代特許庁長官を務めていた高橋是清らによって公布されたこと

を記念して制定されました。【1954年に制定】

その背景には

産業財産権制度の普及と啓発

という目的があります。

 

その後、1960年には発明の日を含んだ1週間を「科学技術週間」と定めらました。

特許庁や経済産業省によって様々なイベントが開催されています。

 

そもそも特許とは何かを知っていますか?

特許とは発明を保護する制度で、発明をしたした人に国が特許権という独占権を与えることで発明を保護し、出願された発明の技術内容を公開することで産業の発達に役立てようという制度です。

 

特許を受けるためには発明について特許庁に特許出願をして、特許庁の審査をクリアすることが必要です。

認められると、出願者がその発明についての特許権を取得し、出願日から原則20年間はその発明の利用を独占することができるようになります。

 

特許や発明なんて難しくて一部の人しか出願してないだろうなぁ~と思いがちですが、実は一般の人や主婦、有名人や芸能人の方も特許を出している人が多いんです。

有名人で特許を出している中だと、小室哲哉さんはミュージシャンやダンサー用の電子時計で特許をとっています。

メトロノーム機能とリズムマシーン機能があり、それが同期するという発明です。

 

また、ソフトバンクの孫正義さんは、ゴルフのシュミレーションゲーム環境装置を発明しています。

雨や風を体感できながらゴルフのシュミレーションができるというものです。

 

主婦の発明品として有名なのは、ダイエットスリッパ「SuSu COOL HEALTH」を作った中沢さん…何と35億円もの売り上げを作り出したそうです。

 

洗濯機の糸くず取りを発明した笹沼さんは3億円以上を手にしています。

 

例に出したように、一般の主婦の人のアイデアが発明となって多額のお金を手に入れている…特許はそんな世界なのです。

私たちも、もしかしたら特許で億万長者になれるかもしれません。

でもそのためには、日常ふと思った疑問や不便さなど、常に色んなところにアンテナを貼る必要がありますね…

 

特許をとるには特許庁に対して手続きをしなければならず専門知識が必要となるので、特許事務所の弁理士さんに依頼をして、特許事務所に代理で手続きをしてもらうこともできます。

誰でも簡単に無料で特許の出願ができるわけではなく、出願するための費用や審査を受けるための手続きなどで何十万円かは必要になってしまいます。

特許を取とるためには自分の知識も大事ですが、専門家に相談することも大切ですね。

 

日本だけではなく世界にも特許がありますが、

「こんな夢みたいな映画のような特許があるの?!」

と驚いてしまうものも多くあります。

それは不老不死の薬や、タイムマシン、超能力など…

実際に登録されているそうですが実用化されているわけではありません。

 

特許情報プラットホームというサイトでは、キーワードで特許検索することができるので、自分で面白い特許を探してみるのも楽しいですね。

 

お香の日

お香の日「お香の日」は…

香木が日本に漂流してきた4月と、「香」の漢字を分解すると「十八日」になること

に由来して制定されました。【1992年4月18日に制定】

記念日に制定したのは全国香物線香組合協議会です。

 

香木が日本に漂流してきたのは、今よりはるか昔、595年4月のことでした。

日本古事記によると「沈水、淡路島に表陸」と残されいて、沈水とは今でいう沈香という代表的な香木のひとつです。

長さ2mを超えるこの香木が流れ着いた時、淡路島の島民がこの木を燃やしたところ、なんとも芳しい香りが広がり、慌てて火の中から香木を引き上げて朝廷に献上したのだとか。

海に流れ着いた、ただの流木だと思っていた島民の人たちは、さぞ驚いたことでしょう。

 

その頃、仏教の普及につとめていた聖徳太子はこの木で観音像を作り、今もこの香木は淡路島の枯木神社に御神体として祀られています。

日本のお香の歴史は長く、今でも日本の家庭で日常的に使われていますよね。

でも昔のお香は一般家庭では使われておらず、奈良時代には宗教的な意味合いが強く、仏前を浄め、邪気をはらう「供香」として使われていました

 

その後、平安時代には貴族の生活の中でさかんに使われようになり、枕草子や源氏物語にも登場します。

江戸時代になると、貴族や武士の間だけではなく、ある程度の経済力をもった町人にも広まりました。

そして明治時代になると、一般家庭に広まって現代につながっています。

 

お線香もお香の一つで一番新しいお香だと言われています。

お墓参りなどでお線香は欠かせませんが、どんな意味があるのかご存知ですか?

 

お線香には自分の身を清める意味がこめられていますが、なんとお線香の香りは故人の食べ物として考えられています。

現在では、さまざまな香りのお線香があるので、お墓参りには故人が好きだった香りの物を持っていけば故人も喜んでくれるでしょう。

2018年には「お香の日」にちなんで、お線香づくりの体験イベントなど様々なイベントが開かれています。

古くから日本にあるお香ですが、最近では色合いが綺麗で今時の商品も多く売られています。

 

お香は天然の香木や花の香りをまとったアイテムで、先端に火をつけることでその香りを楽しみます。

スティックタイプやコーンタイプ、渦巻き型のものなど形はさまざま。

かわいいお香立てなども雑貨屋さんで多く見かけますね。

 

香りもさまざまなものがあり、最初にお話した沈香はシダーとも呼ばれていて上品な香りが気持ちを落ちけてくれますよね。

日本では白檀と呼ばれる、サンダルウッドも有名なお香で、化の効果が高いとされています。

ペット用の物まで出回っているようです。

 

私は一時期チャンダンというお香にはまっていたのですが、エスニック雑貨屋さんでよく売られていて、海外にいるような非日常的な空間にしてくれるお香でオススメです。

 

香りには好き嫌いもあるので自分の好きな香りのお香を探して、4月18日のお香の日から、お香がある生活を始めてみるのもいいですね。

 

 

>>他の日の記念日も見てみる!

 

Sponsored Links




4月18日の誕生花は?

4月18日の誕生花は

  • アルストロメリア
  • ムラサキツメクサ
  • ハナハマサジ(ピンク色のスターチス)

です。

それぞれの花言葉は以下の通り。

アルストロメリアの花言葉とその由来

アルストロメリアの花言葉 アルストロメリアの花言葉は以下の通りです。

  • 「持続」
  • 「未来への憧れ」
  • 「エキゾチック」

この中で「持続」に関しては、アルストロメリアが花持ちすることに由来します。

また、「エキゾチック」に関しては鮮やかな花びらに線状の斑点が入る姿から付けられたと言われています。

 

ムラサキツメクサの花言葉とその由来

ムラサキツメクサの花言葉ムラサキツメクサの花言葉は以下の通りです。

  • 「勤勉」
  • 「実直」
  • 「善良で陽気」
  • 「豊かな愛

この中で「勤勉」「実直」「善良で陽気」に関しては、花の見た目がわさわさと精力的なの印象を受けることに由来して付けられたと言われています。

 

ハナハマサジ(ピンク色のスターチス)の花言葉とその由来

ハナハマサジの花言葉ハナハマサジ(ピンク色のスターチス)の花言葉は以下の通りです。

  • 「変わらぬ心」
  • 「永遠に変わらない」
  • 「永久不変」

花言葉の由来は、乾燥させても色あせないことに由来すると言われています。

 

Sponsored Links




4月18日の誕生石は?

ドロマイト

石言葉:前進への勇気

珊瑚などの生物が海底に堆積してできた鉱物のこと。

身につけると、勇気を持つこと、積極的に物事に取り組むことをサポートしてくれると言われています。

 

プリティ・レッド・ゴールド

石言葉:一筋

他の金属との割合で異なる色が現れるのがその特徴。

銅の割合が高いのがレッドゴールドです。

色んな災から身を守ってくれる効果があると言われています。

 

Sponsored Links




4月18日の誕生色は?

4月18日の誕生色は「スレートグレイ」です。

↓↓ こんな色 ↓↓

色言葉:機知、誇り、良心

【色の個性(人柄)】

喜びを得るために猛進する行動派

 

 

>>明日4月19日は何の日?

>>他の日も確認する!

4月18日は何の日
最新情報をチェックしよう!
Sponsored Links