今日は何の日

4月21日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめ

4月21日は何の日この記事では、4月21日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。

具体的には、

  1. 4月21日にある記念日とその由来まとめ
  2. 4月21日の誕生花は?
  3. 4月21日の誕生石は?
  4. 4月21日の誕生色は?

についてです。

この記事を読めば、4月21日がどんな日なのか?の理解が深まることでしょう。

 

4月21日にある記念日とその由来まとめ

4月21日の記念日は

  • 川根茶の日
  • オーベルジュの日
  • 民法の日
  • 漬物の日(毎月21日)

です。

それぞれの記念日の詳細は以下の通り。

川根茶の日

「川根茶の日」は…

4月21日という日付が新茶シーズン到来の直前で、且つ「立春」から数えて【七十七夜】目になること

に由来して制定されました。

記念日を制定したのは、川根お茶街道推進協議会です。

 

その背景には

川根茶の歴史・文化を大切にし、新茶シーズンのスタートの日

という意味が込められています。

 

「川根茶」は、日本三大銘茶の1つ静岡茶の中の1銘柄で、「川根茶」単独でも名が知られる有名な茶です。

その川根茶の歴史については、1242年頃、安倍川近辺である美和村足久保に中国から伝わってきた種子がまかれたという説が一番有力な説になっています。

 

この現在の静岡市葵区の足久保周辺は、静岡茶発祥の地と言われていて、4月21日近辺には足久保お茶摘み手伝いツアーなどのイベントが実施されているんです。

定員は20名ほどで、「交通費・昼食代・体験料・新茶送付サービス」込で10,800円(税込)とのこと。

JR静岡駅発着ですが、現地集合・解散の場合は8,000円(税込)になります。(駐車場あり)

人数限定ツアーなので、とても貴重な体験を味わえそうですね。

 

オーベルジュの日

「オーベルジュの日」の由来は…

1986年4月21日、日本で本格的な「オーべルジュ」が誕生したこと

を記念して制定されました。

記念日を制定したのは日本オーベルジュ協会です。

その背景には

「オーベルジュ」の魅力や文化を伝える

という目的があります。

オーべルージュとは…

宿泊設備付きのレストランのこと。

 

オーベルジュそのものの歴史はフランスが発祥で、中世(一般的には5世紀から15世紀の間)には既にあったとされています。

日本初のオーベルジュの場所については、いわくがあって、日本オーベルジュ協会が主張するのは神奈川県足柄下郡箱根町にある「オーベルジュ オー・ミラドー」です。【1986年開業】

しかし、実はその前年1985年に長野県茅野(ちの)市に「オーベルジュ シャンブルドート ピステ」が既に開業しているという事実があります。

 

私はオーベルジュに行ったことがありませんが、死ぬまでに一度は、その土地ならではの旬の食材を泊まりでゆっくり堪能してみたいです。

 

民法の日

「民法の日」の由来は…

1951年4月21日、民間放送ラジオ16社に予備免許が与えられたこと

を記念して制定されました。【1968年に制定】

記念日を制定したのは日本民間放送連盟(民放連)です。

民放連は予備免許の1年後の1952年に発足しています。

記念日は当所、「放送広告の日」と呼ばれていたんですが、1993年に今の「民法の日」という名前に変わりました。

 

それまではNHKの独占放送だったものが、第二次世界大戦後に民間に開放され現在に至っています。

当時はAMラジオから始まった民法放送

今ではラジオとテレビの2種類だけではなく、刻々放送や有料放送、地上波放送に衛星放送、またネット番組など…さまざまな形で情報を受け取ることができるようになり便利な時代になったとつくづく感じますよね。

 

漬物の日(毎月21日)

漬物の日「漬物の日」は…

名古屋市郊外にある萱津(かやつ)神社で毎年8月21日、故事に従って「香の物祭」が行われていることに関連付けて、漬物業界が毎月21日を「漬物の日」とした

のが由来です。

 

すぐに腐ってしまうお供え物を何とかしようと、カメの中に野菜と海から採れる藻塩(もしお)を入れてお供えしてみたのが、漬物の始まりでした。

野菜と藻塩が程よい塩漬けになり、腐らない様子を見た当時の人たちは、たいそう不思議がって神様からの贈り物だと思ったそうです。

以来、漬物は無病息災や保存食として定着したのはご存知の通り。

 

漬物って、毎食でもご飯に欠かせない物ですが、この「漬物の日」に、改めて神様からの贈り物と言われる「漬物」に感謝しましょう。

 

 

>>他の日の記念日も見てみる!

 

Sponsored Links




4月21日の誕生花は?

4月21日の誕生花は

  • ニゲラ
  • サクラ(桜)

です。

この内、サクラに関してはは4月1日の誕生花でもあるので、下記の記事をご覧ください。

↓↓サクラはこちら↓↓

あわせて読みたい
4月1日は何の日
4月1日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめこの記事では、4月1日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。 具体的には、 4月1日にある記念日とその由来ま...

 

「ニゲラ」の花言葉は以下の通り。

ニゲラの花言葉とその由来

ニゲラの花言葉 ニゲラの花言葉は以下の通りです。

  • 「当惑」
  • 「ひそかな喜び」

この中で「当惑」に関しては、ニゲラが英語で「Love-in-a-mist.(霧のなかの恋)」と呼ばれていることに由来していると言われています。

白、青、黄、ピンク色、薄紫などさまざまな色が楽しめる花です。

 

Sponsored Links




4月21日の誕生石は?

アンダリューサイト

石言葉:愛の予感

原産地はスペイン。

名前の由来は、アンダリューサイトがスペイン・アンダルシア地方で発見されたためです。

見る角度によって色が変わるのが特徴で、身に付ければ人との良い出会いや、良い人間関係を築けると言われています。

 

また、同じアンダリューサイトの中でも、石の色が黄色味が強い希少な種類があり、キャスライトと呼ばれています。

キャスライトは、何と丁寧に研磨すると宝石の中に十字架が現れるんです。

そのため、キリスト教をはじめとした宗教上で、強いお守りとされてす。

 

Sponsored Links




4月21日の誕生色は?

4月21日の誕生色は「若菜色」です。

↓↓ こんな色 ↓↓

色言葉:温厚、誠意、感傷的

【色の個性(人柄)】

常に率直な姿勢で臨む素直な人

 

 

>>明日4月22日は何の日?

>>他の日も確認する!