今日は何の日

4月23日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめ

4月23日は何の日この記事では、4月23日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。

具体的には、

  1. 4月23日にある記念日とその由来まとめ
  2. 4月23日の誕生花は?
  3. 4月23日の誕生石は?
  4. 4月23日の誕生色は?

についてです。

この記事を読めば、4月23日がどんな日なのか?の理解が深まることでしょう。

 

4月23日にある記念日とその由来まとめ

4月23日の記念日は

  • 地ビールの日
  • 子ども読書の日
  • シジミの日
  • サン・ジョルディ(ゲオルギウス)の日
  • 世界図書・著作権デー
  • 消防車の日

です。

それぞれの記念日の詳細は以下の通り。

地ビールの日

地ビールの日「地ビールの日」の由来は…

1516年4月23日、ドイツの「ビール純粋令」が施行されこと

を記念して制定されました。

記念日を制定したのは、日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」です。

ビールの本場ドイツでも、この日は「ビールの日」として記念日になっています。

「ビール純粋令」とは?

現在のドイツ南部にあったバイエルン公国で定められたビールに関する法令のことです。

質の悪いビールを排除する目的で、ビールの醸造や販売について細かく定められてました。

その中では、原料として大麦・ホップ・水以外は使用しないことなどが定められ、現在のビール造りにも活かされています。

逆に原料が定まっていなかった時代の質の悪いビールって一体何が入っていたんでしょうかね…

法律で規制する事態になってるので、恐らくやりたい放題だったのでしょう…^^;

 

また、「地ビール」に関しては1994年に改正されてた「酒税法」で、ビールの小規模醸造が可能になり、ビールが町おこしに一役買うアイテムになりました。

地ビールブームのピーク時には300を超るた醸造所があったのだとか。

地ビールをお土産に買っていく人は、今でも沢山いますよね。

そんな地ビールファンにとっては、「地ビールの日」はとても大切な記念日だと言えます。

 

子ども読書の日

子ども読書の日「子ども読書の日」の由来は…

子ども読書活動振興法案作成プロジェクトによって「子どもの読書活動の推進に関する法律案」が施工されたこと

で制定されました。【2001年12月に制定】

この「子どもの読書活動の推進に関する法律案」の第10条で4月23日が「子ども読書の日」とすることが定められています。

記念日を制定したのは文部科学省です。

その背景には

こどもが積極的に読書活動を行う意慾を高める

という目的があります。

法律に落とし込むほど、読書は大事だよ~ということなんですね。

 

子どものころから読書の習慣がついていると、大人になってからも習慣が身につきます。

最近だと電子書籍が手軽で便利ですが、本という形には拘らず、この日は子供が活字に触れる機会を作ってあげましょう。

 

シジミの日

 

「シジミの日」の由来は…

「シ(4) ジ(2) ミ(3)」の語呂合わせ

で制定されました。

記念日に制定したのは有限会社日本シジミ研究所です。

2日酔いに対して効くことは有名になりましたが、それ以外にもシジミは体にいい食材なので、この記念日に改めて食べてシジミパワーを実感してみましょう!

 

サン・ジョルディ(ゲオルギウス)の日

サン・ジョルディの日「サン・ジョルディの日」の由来は…

古代ローマ帝国末期の軍人で、カトリック教会では救難聖人と崇拝されているゲオルギオス(サン・ジョルディ)が303年4月23日に殉教したこと(命日)

を記念して制定されました。

ゲオルギオスはスペイン・カタルーニャ地方の守護聖人で、ドラゴン退治の伝承で知られています。

 

また、この日は「ドン・キホーテ」の作者であるセルバンテスの命日(1616年4月23日)でもあるため、「本の日」としても広く知られているんです。

この「本の日」にはカタルーニャ地方では、

  • 男性が女性に赤いバラを贈る
  • 女性は男性に本を贈る

という風習が今でも受け継がれています。

 

ここまでは主に海外での話ですが、日本でもそんな風習を広めようと「サン・ジョルディの日」が制定されました。【1986年に制定】

日本での記念日を制定したのは、日本書店組合連合会日本カタロニア友好親善協会等です。

恥ずかしながら全然知らなかったんですけど、この日は書店業界と花業界が連携して様々なイベントが行われています。

素敵な風習だと思うので、バレンタインなどと同様に今後日本でも更に盛り上がって行く可能性はありますね~

 

世界図書・著作権デー

世界図書・著作権デー「世界図書・著作権デー」は国際デーの1つです。

その由来は

スペインにおける「サン・ジョルディの日」に着想し、そのスペインから提案を受けたユネスコが総会で採択した

ことで制定されました。【1995年11月に採択】

「サン・ジョルディの日」でも触れましたが、「ドン・キホーテ」の作者セルバンテスの命日(1616年4月23日)の他に、ウィリアム・シェイエクスピアも同日(伝説上では1564年4月23日)が命日とされています。(ただシェイクスピアの命日に関しては諸説あり)

その2人以外にも「インカ皇統記」のインカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガの命日であり、このように、この日が誕生日・命日になる文学者が多数いるということで、世界の文学にとって特別な日と位置付けられているんです。

 

この「世界図書・著作権デー」の背景には

  • 過去の著名作者たちへの敬意を表する
  • 読書の楽しみを若い人々に伝える

という目的があります。

別名で「世界本の日」とも呼ばれ、世界中で本や読書に関するイベントが開催されているし、「子ども読書の日」でもあるので、ぜひ親子で本と関わる日にしたいですね。

 

消防車の日

消防車の日「消防車の日」の由来は…

日本の消防車の5割を生産する株式会社モリタの創立記念日(1907年4月23日)

を記念して制定されました。

記念日を制定したのは株式会社モリタホールディングスです。

 

末端ではありますが、個人的に消防車の開発に関わったことがあるので、「消防車の日」と聞いて過敏に反応してしまいました…。

消防車の大部分はこの㈱モリタのような架装メーカーというところで作られています。

その元は荷台の無いトラックなんですよ~

さらに人命救助に関わる車なんで、特別仕様の部品もたくさん…

お世話になることは無い方が好ましいんですが、安心して暮らせるのは消防車の存在も少なからず寄与しています。

「消防車の日」に改めてその存在に手を合わせて感謝しましょう!

 

 

>>他の日の記念日も見てみる!

 

Sponsored Links




4月23日の誕生花は?

4月23日の誕生花は

  • ローズマリー
  • カンパニュラ

です。

それぞれの花言葉は以下の通り。

ローズマリーの花言葉とその由来

ローズマリーの花言葉 ローズマリーの花言葉は以下の通りです。

  • 「追憶」
  • 「思い出」
  • 「記憶」
  • 「誠実」
  • 「あなたは私を蘇らせる」
  • 「変わらぬ愛」
  • 「静かな力強さ」

この中で「あなたは私を蘇らせる」「変わらぬ愛」「誠実」に関しては、昔からヨーロッパで神秘的な花としてお祝いや葬儀に使われてきた風習に由来します。

また「記憶」という花言葉に関しては、ローズマリーを身につけると記憶力がよくなると考えられてきた事から付けられたと言われています。

 

カンパニュラの花言葉とその由来

カンパニュラの花言葉 カンパニュラの花言葉は以下の通りです。

  • 「感謝」
  • 「誠実」
  • 「節操」

カンパニュラの花の形から教会の鐘を連想し、教会での教えにちなんだ花言葉です。

花は晩春から夏にかけて咲き、釣り鐘型の3~8cmくらいの花を数輪から数十輪咲かせます。

 

Sponsored Links




4月23日の誕生石は?

デザートローズ(砂漠のバラ)

石言葉:愛と知性

花びらのような結晶が集まり薔薇のように見え、砂漠のある地域で産出される石です。

病魔を払うお守りとして、悪縁や不安から断ち切るための石とされています。

 

Sponsored Links




4月23日の誕生色は?

4月23日の誕生色は「葦葉色(あしばいろ)」です。

↓↓ こんな色 ↓↓

色言葉:調和、順応、人間関係

【色の個性(人柄)】

社会の信用を集めるしっかり者

 

 

>>明日4月24日は何の日?

>>他の日も確認する!