今日は何の日

4月26日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめ

4月26日は何の日この記事では、4月26日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。

具体的には、

  1. 4月26日にある記念日とその由来まとめ
  2. 4月26日の誕生花は?
  3. 4月26日の誕生石は?
  4. 4月26日の誕生色は?

についてです。

この記事を読めば、4月26日がどんな日なのか?の理解が深まることでしょう。

 

4月26日にある記念日とその由来まとめ

4月26日の記念日は

  • 世界知的所有権の日
  • よい風呂の日
  • リメンバー・チェルノブイリ・デー
  • プルーンの日(毎月26日)

です。

それぞれの記念日の詳細は以下の通り。

世界知的所有権の日

知的所有権の日
「知的所有権の日」の由来は…

1970年4月26日、「世界知的所有権機関を成立する条約」が発効したこと

を記念して制定されました。【2000年に制定】

記念日を制定したのはWIPO(世界知的所有権機関)です。

その背景には

知的財産が日常生活で果たす役割についての理解を深め、発明者や芸術家の社会発展への貢献を記念する

という目的があります。

 

この日は世界中で様々な記念行事が開催され、特に中国では大々的なイベントやキャンペーンが行われ、知的財産保護を呼びかけています。

その割には…とツッコむのは今は止めておきます^^;

 

よい風呂の日

よい風呂の日「よい風呂の日」の由来は…

「よ(い4) ふ(2) ろ(6)」の語呂合わせ

で制定されました。

日本人はお風呂が大好きな人種として、世界中に知られていますよね。

その背景には

親子で風呂に入りることで、家族同士のふれあいを促すこと

という目的があります。

 

日本人の風呂好きは古来から続いており、6世紀に渡来した仏教の沐浴(もくよく)が始まりと言われているんですが、すごい歴史がありますよね。

その昔、

  • 「湯」…現在でいうお風呂と同様で、湯に体を浸すもの
  • 「風呂」…現在でいうサウナのようなもの

に明確に分かれていて、風呂はかなりの贅沢なものでした。

一種の金持ちの娯楽だったようです。

それが江戸時代になると、現在のスーパー銭湯のような大衆施設も建設され、身分の差もなく一緒の湯に浸かり、湯を楽しむようになりました。

今でも古き良き時代の銭湯が残ってますが、需要は無くならないと思うので、スーパー銭湯などに負けずにこの先も君臨し続けて欲しいですね。

 

リメンバー・チェルノブイリ・デー

リメンバー・チェルノブイリ・デー「リメンバー・チェルノブイリ・デー」の由来は…

1986年4月26日、1986年、旧ソ連のウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で、世界で最悪の原子力発電所事故が起こったこと

を忘れないように…と制定されました。

後の調査で、制御棒など根本的設計の欠陥や、運転員の教育が不十分だったことなどが多く挙げられ、複合的な要素が原因であると考えられています。

一説では睡眠関連の人為的事故とも言われていますが、はっきりとした原因が未だに特定できていないところが逆に怖いです。

 

日本でも3.11に起きた東日本大震災での福島原発事故も記憶に新しいですが、今後このような事が二度と起こる事の無いよう、後世に伝えていく事…それこそが今私たちが出来る事の一つなのかもしれません。

あわせて読みたい
東日本大震災の日_由来は?
東日本大震災の日(3月11日)の意味を調査!イベントはあるの? この記事では、東日本大震災の日(3月11日)に関してまとめています。 具体的には、 東日本大震災の日には何を...
あわせて読みたい
スリーマイル島記念日_由来は?
スリーマイル島記念日(3月28日)は何の日?その由来を調査! この記事では、スリーマイル島記念日(3月28日)が何の日なのか?に関する情報をまとめています。 具体的には、 ...

 

プルーンの日(毎月26日)

プルーンの日「プルーンの日」の由来は…

「プ(2) ル(6)ーン」の語呂合わせ

で毎月26日が記念日に制定されました。

記念日を制定したのは世界No.1のプルーンメーカーであるサンスィート・インターナショナル日本支社です。

 

その背景には

プルーンの魅力をPRし、1年中美味しいプルーンを食べてもらいたい

との願いが込められています。

私は子供の頃、プルーンの濃い味が苦手だったんですけど、体に良いことが分かった大人になってからは気にならなくなりました。

我が子にも、この「プルーンの日」キッカケにそのことを伝えて行こうと思います。

 

 

>>他の日の記念日も見てみる!

 

Sponsored Links




4月26日の誕生花は?

4月26日の誕生花は

  • タネツケバナ
  • スカビオサ
  • アシュガ
  • エビネ

です。

それぞれの花言葉は以下の通り。

タネツケバナの花言葉とその由来

タネツケバナの花言葉は以下の通りです。

  • 「勝利」
  • 「不屈の精神」
  • 「情熱」
  • 「燃える思い」
  • 「父の失策」
  • 「君に捧げる」

この中で「勝利」「不屈の精神」「情熱」の花言葉に関しては、雑草に負けずに一面に咲く白い花の姿から付けられました。

また、「父の失策」という花言葉があるので、決してこの花をお父さんには贈らないようにご注意くださいw

 

スカビオサの花言葉とその由来

スカビオサの花言葉スカビオサの花言葉は以下の通りです。

  • 「不幸な愛」
  • 「私はすべてを失った」

これらの花言葉の由来は、西洋においてスカビオサが「未亡人に送る花」とされていることに由来しています。

 

アシュガの花言葉とその由来

アシュガの花言葉

アシュガの花言葉は以下の通りです。

  • 「強い友情」
  • 「心休まる家庭」

これら花言葉は、重なって咲く小さな花々が、手を取り合っているかのように見えることに由来して付けられたと言われています。

 

エビネの花言葉とその由来

エビネの花言葉は以下の通りです。

  • 「謙虚」
  • 「謙虚な恋」

華やかなイメージのあるラン科の中でも控えめで落ち着いた印象を与える、エビネ。

この花言葉はそんな姿に由来して付けられたと言われています。

 

Sponsored Links




4月26日の誕生石は?

アラゴナイト

石言葉:母性

スペインのアラゴン地方で発見された為、アラゴナイトと名付けられました。

アラゴナイトは真珠層の主成分で、本来は無色の鉱物ですが、含まれる成分によって黄色などに変化します。

身に付けると内臓の状態を良くし、体力を改善すると言われている石です。

 

アメシスト

石言葉:新しい恋の芽生え

紫水晶とも呼ばれる、紫色の水晶です。

日本では、宮城県や鳥取県などで産出することができます。

アメシストは旧約聖書にも登場するほど、その歴史は深い石です。

「アメシスト」はギリシア語で「酔わせない」という意味で、酔いを防ぐ効果があると信じられています。

 

Sponsored Links




4月26日の誕生色は?

4月26日の誕生色は「ディープピーグリーン」です。

↓↓ こんな色 ↓↓

色言葉:向上心、人の為、完成

【色の個性(人柄)】

才能を磨くことを忘れない努力家

 

 

>>明日4月27日は何の日?

>>他の日も確認する!