美容

肌のぶつぶつ対策に!乾燥肌用ボディークリームおすすめランキング

乾燥肌ぶつぶつ夏は暑さでなにかと肌へのダメージをうけやすい季節ですよね。

子供から大人まで年齢に関係なく肌への悩みが出てきてお困りではないですか?

わが家は1人っ子なので、それほどでもないですが、3人の子育てをしているママ友からは、毎年夏になると子供たちの肌トラブルが相次いで出るので大変だと聞かされています。

そこで今回は、肌のぶつぶつへの対策として、乾燥肌用ボディークリームのご紹介をしていきたいと思います。

是非参考にしていただいて、肌トラブルなく夏を乗り切りましょう!

 

乾燥肌向けボディークリームおすすめランキング!

ボディクリームまずは、ドラッグストアで気軽に購入できる市販のボディークリームを独断と偏見でランキングにしてみました。

1位 ニベアクリーム

 

これはもう…見たことがない人は居ないというほど定番中の定番ですよね!

あの青い缶のニベアクリームですよー!

こちらは肌に潤いを与えるスクワランホホバオイルが配合されています。

しっとりとした肌へ導いてくれますよ。

 

2位 ユースキンA

 

こちらは手肌が荒れやすい方に人気の固めなクリームです。

グリチルレチン酸など炎症を鎮める成分に、うるおい成分グリセリンが配合されています。

 

3位 ニベアソフトスキンケアクリーム

 

上記の青い缶のニベアよりもサッパリとした使用感で、クリームでも乳液のような使用感で人気です。

 

4位 メンターム メディカルクリームG

 

皮膚の新陳代謝を促す有効成分配合し、手強い肌荒れをケアしてくれる薬用クリームです。

5位 ベビーワセリン

 

こちらは通常のワセリンから更に不純物を取り除いた「白色ワセリン」です。

肌が敏感な方や赤ちゃんにも使用できる保湿剤です。

 

以上、ドラッグストアでよく見かける中から上位5位までをご紹介してみました。

あなたも見たことあるものばかりではないでしょうか?

日頃から乾燥対策を行うことで、毎年のように悩まされる「ブツブツ」に効果的ならば購入しなきゃってなりますよね!

私はユースキンを愛用していて、家族みんなで使用できるようポンプタイプの大きいやつを使っています(笑)

ただ、家族みんなで…と言っても、赤ちゃんや幼児には塗ったあとのベタつきが気になりますよね。動き回るし、できるだけベタつきを抑えたい!という方には、塗ったあともサラサラして気持ち良いと評判な「ぬくもりミルクローション」がオススメです。

赤ちゃんだけでなく、ママ・パパも使用でますよ。

>>ぬくもりミルクローションの評判はこちら!

 

Sponsored Links




そもそもなぜ肌が「ぶつぶつ」になるの?

乾燥肌ぶつぶつ乾燥する冬より、夏になるとなぜか肌に「ぶつぶつ」ができてしまうなんて経験ありませんか?実は肌のぶつぶつの原因は夏であっても「乾燥」からくるものが多いんです。

これを知った時に、私は正直驚きました!

てっきり皮脂が過剰に出てしまっていると思いこんでいたからです。

ここでは、そのブツブツになってしまう原因の「乾燥」について、まずお話しますね。

乾燥すると皮脂が増える。ぶつぶつの原因は主に乾燥

まず肌は4層にわかれていて、その1番表面の角質層には保湿成分があり、皮脂膜で肌のバリア機能を保っています。

乾燥などの影響で、この肌の保湿成分の機能のバランスが崩れると、肌のバリア機能が低下してしまい、水分が減った分の油分を補おうとするため皮脂が増えてきてしまいます。

そしてその増えすぎた皮脂が毛穴に詰まりやすくなってブツブツができてしまうのです。

乾燥すると角栓がたまりやすい

乾燥してバリア機能が低下すると、他の肌を守ろうとする機能が働き、更にバリア機能が役に立たなくなると、毛穴を狭くしてしまい角質層を厚くして対応しようとします

狭い毛穴になるとと、当たり前ですが皮脂は余計に詰まりやすく、角質層が厚いと詰まった皮脂はとりづらくなってしまいます。

そうして長く毛穴に詰まった皮脂は汚れと混ざりあうことで、固まってしまい角栓となってしまいます。

乾燥するとターンオーバーが乱れる

肌のターンオーバーは通常28日程度の周期と言われ、古い皮膚が新しい皮膚に入れ替わりますが、残念ながら乾燥や、生活習慣などで簡単に乱れてしまいます。

乾燥により厚くなった角質はターンオーバーで生まれ変わるにも時間がかかります。

そして古い角質が長く残っていると、肌のバリア機能が衰えてしまいブツブツができやすくなってしまうのです。

 

以上のように、夏によくできるあの「ぶつぶつ」の原因は突き詰めれば「乾燥」が主な原因だったのです!

それでは最後に「肌のぶつぶつ」への対策方法をみていきましょう。

 

頑固な肌のぶつぶつ⋅⋅⋅3つの対策法

乾燥肌ぶつぶつ対策

肌の状態を健康に保つために効果的な対策は主に3つあります。

実際に私も、意識して実践しているおかげか?最近では「肌のブツブツ」に悩まされることが減って来ましたよ。

乾燥肌の方は特に注目です!

角質をとる(肌を正しい方法で洗う)

古い角質も含め、角質をとるには正しい洗浄方法で対処することが大切です。

それは肌を清潔に保つのはもちろん、洗う時になるべく刺激を与えないことです。

肌のブツブツが気になるからと、ついゴシゴシ擦り洗いをしてしまうのは一番危険ということを覚えておきましょう!

また1日に何度も洗うというのも乾燥を招いてしまう原因となり、肌のバリア機能を低下させ角質が固まりやすくなってしまいますのでご注意ください。

 

血行をよくするよう心がける

肌のターンオーバーを正常化させるために新陳代謝をあげることが重要です。

身体の冷えや栄養不足により代謝が落ちて血行が悪くなってしまうと、肌のターンオーバーが乱れてしまいます⋅⋅⋅

血行をよくするには、全身の有酸素運動が効果的です。

運動が難しい場合でも、お風呂はシャワーのみで済ますのではなく、ぬるめのお湯に10分以上浸かるというのも効果的と言われています。

夏場は暑いからシャワーだけ!としがちですが、リラックスできて疲れも取れると良いことしかないので、是非湯船に浸かることを習慣にしましょう!

肌の炎症を抑える

肌が乾燥してかゆみがある場合には、実は炎症が起こってしまっている可能性があるんです!!

もし強いかゆみが出てきたりしているようであれば、炎症を抑える成分の入ったクリームや軟膏を塗ると良いです。

この強いかゆみの出ている炎症を抑えるためのクリームや軟膏は皮膚科受診して適切な薬をもらうことをおすすめします。

まがまがしい薬が嫌ならば、薬用イオンクリームなどもオススメです。

 「塗る温泉」の詳細はこちら

 

以上、お肌の乾燥(ぶつぶつ)への対策3つをご紹介しました。

どれも普段の生活で簡単に実践できることばかりなので、酷くなってしまう前に、先手を打って乾燥を防ぐ対策をしていきましょう!

早め早めの対策が、安心にも繋がり、ストレスなく穏やかに過ごせますよ。

 

Sponsored Links




「乾燥肌向けボディークリームランキング」まとめ

  • 「夏の汗による肌のブツブツ対策」
  • 「乾燥肌向けボディークリーム」
  • 「肌のブツブツ対策」

という3本立てでご紹介してきましたが如何でしたでしょうか?

肌にぶつぶつができてしまう原因は主に「乾燥」が原因

その乾燥を防ぐためにも、肌のターンオーバーを意識しながら生活習慣を整えることは、とても重要です。

ドラッグストアで買える保湿クリームで十分に普段の乾燥を防ぐがことができます。
大容量で購入すれば家族みんなで使用できるのでおすすめですよ。

なかなか手強い肌のブツブツも乾燥を予防することによって、発症しにくくなりますので、是非お試しください!

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。