star-gazing-1149228_640

昔の歌手はテレビに出ない事が

ステイタスとなっていた時期がありました。

 

古くは吉田拓郎さんや井上陽水さんなど

テレビで見かける事はほとんどなく、

それがミステリアスな魅力に拍車を

かけていましたよね。

 

しかし最近では、

メディアを使った自己プロデュースが

うまいアーティストが増えた気がします。

 

ユーチューブで話題になってから

歌手デビュー

な〜んてパターンは

その最たるものと言えるでしょう。

 

Sponsored Links

 

そんな中、

今までほとんどテレビ出演のしない

アーティストとして有名だった

BUMP OF CHICKEN(バンプ)の

紅白初出演が大きな話題になりました。

 

その時、披露した曲がコレ。

 

バンプを昔から知っている人たちの間では

今回の紅白出演に対して

・テレビで観れるのは単純に嬉しい

・今さら何でだろう?

とほぼこの2分する感想がほとんど

だったのではないでしょうか?

 

 

私は後者寄りの意見なので、

今回の出演にはどんな意味があったのか?

逆に、

今まで紅白を辞退してきた理由は何なのか?

が気になりました。

 

今回はその気になる理由について

お届けしたいと思います。

 

ファンもビックリ!まさかの紅白出演!

japan-828435_640

BUMP OF CHICKENの

急な方向転換の理由を検証する前に、

簡単にバンドの経歴を

振り返ってみたいと思います。

 

BUMP OF CHICKEN(以下バンプ)は

1994年に藤原基夫さん(Vo)、

増川弘明さん(G)、

直井由文さん(B)、

升秀文さ(Dr)

の4人のメンバーで結成されました。

 

なんと実は4人は幼なじみで

中学の学園祭でバンドを組んだのが

きっかけだったそうです。

 

初めは違うメンバーもいたのですが、

よくあるバンドの方向性とのズレによる

入れ替わりなどを経て

現在のメンバーに落ち着きます。

 

1999年にはアルバム

「The living dead」をリリース。

 

続く2000年に出したアルバム

「Jupiter」に収録された

天体観測が大ヒット!

 

一躍注目を集めます。

 

あなたもカラオケで1度は

歌ったことがあるのではないでしょうか?

 

その後も独特の音楽観と

哲学的な歌詞が人気を集め、

コアな人気を誇り、

あるアンケートでは

受験で励まされたバンドNo.1

にもなっているそうです。

 

 

そんな、

これまでメディアでの露出が極端に少なく、

ライブでの活動が中心のこのバンドが、

何と2015年の紅白に出場しました。

 

これはファンにとっても

衝撃級のニュースでしたが、

これには何か深い理由があったのでしょうか…

 

今まで紅白を辞退していた理由とは?

tc160130090i9a6530_tp_v

バンプは前述通り、

メディアでの露出が少なく、

ライブでの活動やCD発売によって

ファンを開拓してきました。

 

なぜメディアへの出演を拒否していたのか

というと

「ブラウン管だけで評価されたくない」

というのが大きな理由だったようです。

 

さらには

「フルコーラスで曲を聴いて欲しい」

という想いもあったのだとか。

 

 

テレビに出た事で

ミーハーなファンだけになり、

楽曲への理解をしてくれている

ファンに対して失礼ではないか?

 

そんな気持ちがバンド内にはあったとのこと。

 

 

自分たちが苦しんだ立ち上げ当初の

ファンたちを一番大事にする。。

 

昔からのファンにとっては

何よりも嬉しい言葉ですよね。

 

 

私にも好きなバンドはたくさんいますが、

何と言ってもデビュー当時から聴いている

バンドというのは特別で、

 

バンドの成長していく姿を

間近に見てきた自負があって

「俺がバンドの成長を見届けてきたんだ!」

ってなってしまう気持ちは

痛いほどわかります。

 

 

しかし、そんなコアなファンの中にも、

もっとたくさんの人に

このバンドの良さを知ってもらいたい!

と思う人も多いハズです。

 

バンドのそういう姿勢は

確かにありがたいけど、

テレビでもバンプの演奏が見たい!

というファンの方が

きっと多かったのではないか?

と個人的には思います。

 

 

しかし今回の紅白出場は、

1.昨年秋のミュージックステーション

  への出演でメディアへのハードルが

  低くなった。

2.NHK側の出演交渉が

  今回は早い段階から説得したこと

  によって熱意が伝わった。  

 

この2点が大きかったようです。

 

しかし、

NHK側に前回の出演交渉の失敗を

教訓にする柔軟なところがあったとは

正直驚きです。

 

お堅いイメージしかありませんので…

 

 

さて、そこで次に気になるのが・・・

 

Sponsored Links

 

今後もメディア露出はあるのか?

luggage-930768_640

今回のNHK紅白への出演により、

今後はメディアでの露出が増えるのか?

 

というのが、ファンとしては気になるところ。

 

 

ただ、現時点では

残念ながらその答えは分かりません。

 

それは実際、紅白では中継であり、

会場での生出演ではなかった

という事もあるからです。

 

また一部の噂では、

人気が落ち目になり金銭的な問題で

出演したとの見方もあり、

今後の露出が増えるかどうかは

断定できません。

 

今年はバンド結成20周年という節目もあり

いろいろ特集は組まれることは

予想されます。

 

その中で、生のライブが放送されるか

どうかは。。。

 

流石に難しいかなぁ〜

と個人的には思います。

 

 

楽曲に対して強い思いがある

バンプだからこそ、

答えは想像でしかありえませんが、

 

ただ1つ確実に言えることは

メディアへの出演のハードルは

以前よりもグンと下がった。

 

これは確かでしょう。

 

 

なので、首を長~くしながら

今後のバンプの動向に

注目して行こうではありませんか。

 

「バンプの紅白辞退理由」まとめ

バンドが方向を転換する時は、

あまりいい評判が聞こえてこない

イメージがあります。

 

特に普段TVに出ていないバンドが

出演することで

人気が落ち目とか、

金に苦労している

という声が聞こえてきますよね。

 

 

しかし、これは一つの真実であると共に

間違いでもあると言えます。

 

確かにそのような一面も

あるかもしれませんが、

バンドにも価値観の変化という物が

存在する

と思うからです。

 

また、

歌を通して世間にメッセージを

発信している以上、

楽曲を広く伝えたい

と思う気持ちが必ずあると思います。

 

ですので、

急な方向転換したバンドを短絡的に

見るのではなく、

ファンとしては前向きに捉えて

あげる事が大事ではないでしょうか。

 

そうすれば、もっといい音楽が

ドンドン生み出されるかもしれませんよ。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

Sponsored Links