話題になりそうな事

ブルゾンちえみのキャリアウーマンは本当にパクリなのか?

来月にはドラマ出演も果たすほど

人気がウナギ登りのブルゾンちえみさん。

 

そのブルゾンちえみさんの一番のネタ

と言えばこちら。

 

 

実はこのキャリアウーマンのネタは

いろんなパターンがあるんですよね。

 

関連記事
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/buruzon-chiemi-4156.html”]

 

そんなこのブルゾンちえみさんの

代表作であるキャリアウーマンに

パクリ疑惑が浮上しています。

 

[ad#ad-ue]

 

大晦日、紅白終わった直後の

「ぐるナイ!おもしろ荘」

で見たときから一発でハマり

ましたが、パクリの噂が本当であれば

ちょっとショックです。。。

 

そこで、この記事では

このパクリ疑惑の真相について

調べてみました。

 

ブルゾンちえみのキャリア・ウーマンネタは本のパクリ?

さっそくですが、

ブルゾンさんの鉄板ネタ

「キャリア・ウーマン」

パクったと元と噂されるのは

人気占星術師のKeikoさん

出版したバイブル本です。

 

それがこちら。

 

 

いわゆる、恋愛ジャンルの

自己啓発本です。

 

それではさっそく該当箇所を

比べてみましょう。

 

 

Keikoさんのバイブル本

「女性は、自分からオトコを探しに行っちゃダメ。探すんじゃない、準備するの。花は自分からミツバチを探しに行ったりはしないでしょ?」

「その人がホンモノであれば、あなたの60兆個の細胞がこぞってこう叫ぶはず。『YES, he is!!』」

 

キャリア・ウーマンのネタ

・「花は、自分からミツバチを探しに行きますか? 探さない、待つの」

・「もし、その彼が本物の運命の相手なんだったら、あなたの細胞ひとつひとつが喜びのサインを出してるはずよ。細胞レベルで恋してる? 細胞が喜んでないならその彼たぶん、運命の彼じゃない。ちなみに人って細胞いくつあるか知ってる? 60兆」

 

いかがでしょう?

 

確かに主張している内容は

ほとんど一緒です。

 

ですが、個人的には

この程度であればパクリには

該当しないと思います。

 

あえて言うなら

パロディということになるのでは

ないでしょうか?

 

 

なぜならば、ブルゾンちえみさんは

同じような主張でも

動きという付加価値を付けて

面白おかしくアレンジを加えて

いると思うからです。

 

私も普段設計をしていますが、

1からアイディアを生み出すのは

至難の業。

 

もちろん特許などには

気を遣いますが、基本的には

過去の成功例を元にそこに何か

付加価値を付けて強みとすることは

日常茶飯事です。

 

これはどの分野でも同じでは

ないでしょうか?

 

 

ましてや自己啓発系の本などは

その内容を自分なりに落とし込んで

自分の中に落とし込む

ための内容であるハズです。

 

世の中探せば

「あぁこの人の言っているのは

あの本から来ているな」

というのがホント多いです。

 

そんな人たちが皆

「パクリ」

と言われてますでしょうか?

 

特にテレビ業界って

他の局の大ヒットした番組を

参考に同じような番組が乱立する

世の中です。

 

ニュース番組の内容でもしかり。

 

その都度、パクリだ!

と主張していたら身が持ちません。

 

もちろん、中には

パクリと思えるものは全て許せない!

という方もいることでしょう。

 

ただ大事なのは、

そこに付加価値があるかどうか?

だと私は思うんです。

 

お手本となるものに

どんどん色んな人の付加価値が加わり

より良いものになっていく。

 

極端な話、もしこれがなかったら

今日のこんなに便利な世の中は

実現できてないのではないでしょうか?

 

[ad#ad-naka]

 

Sponsored Links




「ブルゾンちえみパクリ疑惑」まとめ

 

今回は、ブルゾンちえみさんの

キャリア・ウーマンネタの

パクリ疑惑についてお届けしました。

 

確かに主張自体はソックリで、

パクリだとする意見も

理解できます。

 

ただし、それじゃあ

有名人やアニメの物真似している

人達ってみんなアウトになります!

 

そこに需要があることも明らか。

 

こういうパクリ騒動って

とらえ方が非常に難しいのですが

大事なのは少しでもオリジナル性

あるかどうかです。

 

そういう視点でみれば

ブルゾンちえみさんの今回のケースは

個人的にはセーフだと感じます。

 

 

そもそも、

ブルゾンさんのネタは事務所の作家さんが

書いているんだとか。

 

ちえみ姉さんには非はありません。

 

まあネタ元を明示すれば

何も問題なかったと思いますが…

 

それを差し引いても

キャリア・ウーマンのネタは

単なる恋愛バイブル本のあるあるネタ

であるとあなたも思いませんか?

 

人気が出たことで

アンチファンが増えることは宿命です。

 

今回のパクリ騒動がどこまで

発展するかはわかりませんが、

ブルゾンちえみさんには

1発芸で終わって欲しくないので

そろそろ新しいネタが見たいところ。

 

 

パクリ騒動など吹っ飛ばすような

おもしろいネタを期待しています!

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

関連記事
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/buruzon-chiemi-4156.html”]

 

[ad#ad-shi]