英語

英語を勉強する時間がない!忙しい社会人が独学でやる方法

英語を勉強する時間がない仕事で英語が必要になった、海外旅行に行く予定ができたなど、社会人が英語を勉強したいと思う理由は様々ですが、共通の悩みは「英語を勉強する時間がない」ことではないでしょうか。

しかも独学で勉強となるとモチベーションを維持するのも大変ですよね。

そこでこの記事では、元英会話講師の助手だった私が、忙しくて時間が取れない社会人のための英語勉強方法をご紹介します。

 

忙しい社会人が英語の勉強時間を確保するには?

忙しい社会人の英語学習法仕事が忙しくて英会話スクールに行く時間がないという社会人は、どうすれば英語の勉強時間を確保できるでしょうか?

その答えとしては、1時間、2時間といったまとまった時間を確保するのは難しいので、スキマ時間を利用するのが一番です。

ここで言うスキマ時間とは、通勤時間やお昼休憩など仕事の合間のことです。

特に電車通勤の場合は一定の時間を確実に確保できますよね。
この普段ちょっと憂鬱な時間も、英語の勉強に上手く利用できれば有意義なものとなります!

 

もう一つおススメなのが、毎朝決まった時間を確保することです。

例えば、毎朝6時に起きる人であれば、5時半に起きて6時までの30分間を勉強時間にあてます。

仕事の後に勉強時間を確保しようとすると、残業だったり飲み会だったりと、結局時間を確保できない場合が少なからずあるので、朝のほうがおススメです。

前の日に飲み会があっても、決まった時間に起きるようにすると勉強時間を確保することができます。

また決まった時間に起きるという睡眠のリズムを整えることは健康上もプラス面しかありません。
そもそも不健康なら英語の勉強どころではなくなってしまうので、明日から「朝活」を始めましょう!

 

以上のように、英語の勉強時間と言っても、社会人の場合は学生のように何時間も確保する必要はありません。

5分でも10分でもいいのです。

大切なのは毎日続けることです。

よく21日間続けることができれば、習慣化されると言われています。
なのでまずは、1日5~10分を3週間(21日間)続けて習慣にしてはどうでしょうか。

5分でも習慣化できたことが自信になって、その後5分→10分→30分と勉強時間を増やしても違和感なく体に馴染んでいくと思いますよ。

 

Sponsored Links




社会人が英語を独学で勉強する方法

独学で英語を学習インターネットのおかげで、いつでもどこでも勉強できる環境になりましたが、独学で続けるのはやっぱり難しいですよね。

私も過去に色んな生徒さんたちと接して来ましたが、続けられない大きな原因の一つは、「目標が高すぎること」だと感じました。

英語を話したいという人の多くが、

「日常会話ができるようになりたい」

「字幕なしに映画を観れるようになりたい」

と思っています。

しかし・・・実はどちらも非常にハイレベルな英語が必要なんです。

日常会話は一見簡単そうに思えますが、短く省略された表現がたくさん出てきますし、その表現も時代によって変化していきます。

また字幕なしに映画を観るためには、フォーマルな言い回しやカジュアルな表現、文化背景の違いによるイントネーションの違いなど、あらゆる要素をクリアしないと、かなり難しいんです。

 

そこでまずは、

  • 「英語で自己紹介ができるようになる」
  • 「最寄りの駅までの道案内が言えるようになる」

など身近なことを目標にするのがおススメです。

 

独学で勉強する場合は、英語を使って何をしたいか?をきちんと決めることが大切です。

仕事で使う必要がある人なら、ビジネスでよく使われる単語や表現を覚えるようにします。

海外旅行の予定がある人は、旅行の時によく使う表現を覚えるようにします。

このように、漠然と英語を勉強するのではなく、具体的に英語を使う場面を自分で想定して、その場面に必要な英語を勉強していく方法に切り替えましょう。

独学でも、常に目の前に誰かがいると思って勉強してみてください。

他にも、自分の好きな分野や専門分野の英語を勉強するのもいいですね。

私が個人的に実践しているのは、家にいるとき敢えて独り言を英語で言うようにしていることです。

難しい表現は必要ありません。

「今日は暑いなあ」

とか、

「明日は早く起きないと」

といったことを英語で言うようにしています。

大切なのは英語を口に出して言うことです。

 

実際に声に出そうとしていると、英語でどう言えばいいのかわからないことがあります。

例えばサッカーなどのスポーツでも、ドリブルのDVDを観てるだけで上手くなるの?って話と一緒です。

まずは英語を話すという実践ありきで、躓いたポイントをそのままにせずに、ネットで検索するなどして、英語でどう言うのか調べましょう。

そしてそれらをノートに書くかデータにすると、自分だけの英語テキストが出来上がりますよ。

 

Sponsored Links




「社会人が英語を独学で勉強する方法」まとめ

社会人が独学で英語を勉強時間のない社会人が英語を独学で勉強する方法のポイントは、

  • 目標設定を低くすること
  • 毎日5分でもいいから一定の時間を確保する
  • 朝の時間帯を選んで勉強する
  • とにかく英語を声に出して練習する

の4つでした。

何も、ネイティブのように話す必要は全くありません。

外国人観光客に道を聞かれて何とか説明できたとしたら、すごく嬉しくなると思います。

小さい喜びを積み重ねていくと、いつのまにか英語が話せるようになっていますよ。

そして、英語を聞いたり読んだりするだけが英語の勉強ではありません。

個人的な経験ですが、外国人に、自分の住んでいる市の人口や主要産業をについて、また、お寺と神社の違いを聞かれ、日本語でも説明できなくて困ったことがあります。

こういったことを英語で答えられるようになるとさらにいいと思いますよ。

 

東京オリンピックに向けて、コツコツ自分の英語ノートを充実させてたせて行くというのも英語の勉強に関するモチベーション維持にきっと貢献してくれることでしょう。

継続するために、色々工夫してみてくださいね。

 

あわせて読みたい
海外ドラマ英語字幕で勉強
海外ドラマを英語字幕なしで観れる英語力とは?リスニングの勉強になる?どの程度の英語力があれば、海外ドラマを英語字幕なしで観れるのか?知りたいですよね。 この場合の英語力は、英語字幕の内容を文法的に理...
あわせて読みたい
英語のかっこいい言い回し
英語のかっこいい言い回し(一文)まとめ / 格好良くお礼を言いたい!あなたも英語でのかっこいい言い回しを覚えて周りの人と差をつけてつけませんか? 日に日に、東京オリンピックの開催まで近づいてる今日こ...