ニキビとはホント厄介な物で、

どんなにケアしても繰り返して

しまうことも多いですよね〜

 

洗顔に時間をかけ丁寧に洗っている

つもりでも、食事に気を付けたり

していてもデキることがあります。

 

どうしてなんだろう・・・?

と悩んでいらっしゃる方も多いハズ。

 

ちゃんとした原因を知っていないと、

せっかくのスキンケアが

逆効果になってしまうこともあります。

 

特にせめてフェイスラインだけは

気を付けたいものです。

 

そこでこの記事では、

フェイスラインに絞って、

ニキビがデキる原因と「かゆみ」を

引き起こす要因についてまとめてみました。

 

フェイスラインのニキビができる主な原因は?

 

ニキビが出来るのはしょうがない

と割りきっていらっしゃる方も

いるかと思いますが、

なぜか出来て欲しくない所に

デキてしまいませんか?

 

人によく見られるフェイスラインなどは

特にそうですよね。

 

ここんとこ不摂生だったし

デキてもしょうがないかぁ〜

と思っていても原因さえちゃんと

分かっていれば防ぐ事も出来ます。

 

一般的に、

男性と女性ではフェイスラインの

ニキビがデキる原因は違う

と言われています。

 

私はそのことを

今回初めて知ったのですが、

ご存知でしたか?

 

プロアクティブの公式ページでは、

男性のフェイスラインのニキビは思春期特有のもの、女性の場合はホルモンの乱れによる「大人ニキビ」が多い

とありました。

 

 

思春期特有のニキビとは成長期を迎えた

ときに男性ホルモン(テストステロン)

がたくさん分泌されることでデキます。

 

よって成長期を過ぎた18〜20歳には

自然とデキないようになります。

 

一方で、「大人ニキビ」

主に20歳以降にデキるもので、

肌の状態や、生活習慣の乱れ、

女性特有の生理やストレスなどを

感じる事による血液の乱れが

ホルモンに影響を及ぼす事が主な原因。

 

あくまでも統計上のデータらしいので、

女性でも思春期ニキビに悩まされる

という方はいることでしょう。

 

どちらも、原因の多くは

ホルモンのバランスの乱れ

なのですが、それぞれ別物である

と定義されています。

 

ただ何れにしても、

お肌のケアやストレスを溜め込まない

ような生活、十分な睡眠時間の確保など、

日頃から気を遣う事が多くて大変ですね。

 

でも、そこまで意識高めないと

「 お肌の美と健康 」

を手に入れることはできません。

 

気を抜かずに頑張っていきましょうね!

 

Sponsored Links

 

化粧水のつけすぎはニキビのかゆみの原因になる?

 

ニキビはお肌の乾燥が原因となる事が多い

のですが、乾燥対策として化粧水などで

保湿し予防・治療する事ができます。

 

また肌の乾燥は「かゆみ」を誘発します。

 

ニキビができて雑菌が多い時は、

その「かゆさ」がさらに増す

ことになるので、よりお肌の乾燥と

菌を抑える事に注意をはらわなければ

なりません。

 

「かゆみ」を抑えるには、

かゆい場所を冷やしたり、

十分に保湿することが有効になります。

 

特に保湿に関しては、継続的に続ける事で

かゆみを抑えるだけでなく

ニキビケアにも繋がりますので、

ニキビができているときは

普段よりつい多めにしてしまいがち。

 

ところが、

その化粧水をつけすぎてしまうなど

保湿の仕方を誤ると、逆にニキビを

悪化させてしまう可能性があるのです。

 

理由は、2点あります。

  1. 余計に乾燥してしまう
  2. 肌本来の保湿機能が衰える

 

この2つの理由について、

順番に見てまいりましょう。

 

➀ 余計に乾燥してしまう(過乾燥)

 

私たちは化粧水に関して

誤解していることがあります。

 

化粧水は肌に浸透させるのが目的だから、

より潤うようにたっぷりつけよう!

 

あなたもそんな風に思ったことは

ありませんか?

 

ところが実は保湿には限界があり、

つければつけるだけ保湿性が高まるわけ

ではありません。

 

化粧水がお肌に浸透すると、

お肌の中にもともとあった水分と

反応してくっつきます。

 

そのままでキープできれば良いのですが、

水分ですからずーっとそのままで

いられるわはありません。

 

必ず蒸発してしまいますが、

その時に化粧水の水分と共に

そのくっついたお肌の中の水分まで

一緒に蒸発してしまうのです。

 

その結果どうなるか?

 

容易に想像できますよね?

 

そうです、化粧水をつける前よりも

乾燥していってしまうのです!

 

これは一般的に「過乾燥」とも呼ばれます。

 

 

つければつけるほど

逆に乾燥してしまう・・・

 

結果的に、「かゆみ」が

助長されてしまうわけです。

 

なので化粧水は、

1回でたっぷりとつけるのではなく、

適量をコマメにつけた方が良い

ということになります。

 

私も調べるまで知りませんでしたが、

改めて「無知」って怖いですねぇ〜

 

 

➁ 肌本来の保湿機能が衰える

 

化粧水は本来、お肌の乾燥を防ぎ、

保湿機能をアップさせるために

つけるものです。

 

そこから考えると、保湿機能が衰える

というのは矛盾していますよね。

 

しかし、どんな化粧水であれ、

つけすぎると、角質層がまるで

水捌けの悪いグラウンドのように

水浸しになってしまいます。

 

すると、

角質層がふやけてしまうので、

傷つきやすく、もろくなり、

肌本来のチカラが衰えていってしまう

のです。

 

お肌の保湿機能が衰えるということは、

簡単に水分が外に蒸発してしまうことを

意味しますので想像しただけで恐ろしい…

 

結果的に、乾燥しやすいだけでなく、

そんな弱った状態で、さらに

つけすぎると化粧水がしみたり、

ヒリヒリするお肌のトラブルを

招いてしまいますよね。

 

「かゆみ」も更に進行してしまう

ことは容易に想像できます。

 

化粧水に限らず

「化粧品に依存し過ぎる肌」

は不健康そのもの。

 

1回に付ける適量を見極めて、

お肌本来の機能を100%引き出す

意識を持つことが大切ですね♪

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

>>フェイスラインのニキビを植物の力で徹底ケア!

 

Sponsored Links