高校野球

藤嶋健人の身長や経歴(出身)は?投手と打者の評価ではどっちが上?

846253881808956fd0aa45d21e3e3c74_s

中部地方と言えばイチロー選手を初めこれまで名選手がたくさん出てきました。

昔から高校野球が盛んな地域で優勝旗を数多く持ち帰っています。

そんなレベルの高い中部地方から今回のセンバツでは東邦高校が出場します。

 

投打のバランスを考えると優勝候補の筆頭では?とも言われていますよね。

そして、その東邦高校を引っ張っているのがエースで4番を打つ藤嶋健人投手です。

 

藤嶋投手は1年生の頃から同校OBで甲子園準優勝に導いた坂本佳一投手を彷彿とさせると話題になり、坂本投手が当時「バンビ」と呼ばれていたのにあやかってバンビ2世の名を襲名し大いに話題になりました。

さらに彼は打撃の方でも注目を集め間違いなく今大会注目の一人です。

 

この記事ではそんな藤嶋選手の身長や経歴などの気になる情報や、投手、打者どちらの評価が高いのか?についてまとめてみました。

 

藤嶋健人選手の身長や経歴は?

藤嶋選手の身長は176cmとごく普通ですが、体重は80kgと特に下半身がどっしりした体型です。

そんなプロレベルで見れば小柄な部類に入るであろう彼は右投げ右打ちで現在は投手兼外野手の登録となっています。

神宮大会では投げない時はライトを守り、ライトから大きい声を出して皆を鼓舞する姿が印象的でした。

 

彼の経歴を調べると、野球を始めたのは小学校2年の時で豊橋市にある軟式野球チームの栄ドリームに所属するところがキャリアのスタートでした。

豊橋市立南部中学時代は東三河ボーイズでプレーし、3年生の夏には日本代表に選出され、NOMOジャパンの一員として米国遠征を経験しました。

小・中と共に投手を任されていたようですね。

 

ちなみに、この時のNOMOジャパンで一緒だった数名が揃って今回のセンバツに出ています。

大阪桐蔭 高山優希選手

大阪桐蔭 越智泰弘選手

八戸学院光星 桜井一樹選手

NOMOジャパンは中学硬式野球のいわば頂点という存在だと想います。

元プロの厳しい目を通して選ばれたエリート達で、藤嶋選手もその世代を代表する選手でした。

甲子園で再開した彼らは一体どんな会話を交わすのでしょうか…

あわせて読みたい
大阪桐蔭・高山優希の経歴(出身)は?実は技巧派左腕だった? 甲子園は高校球児にとって憧れであり目標とする場所です。 その時々で強いチームの波というものがあります。 そういう意味では...

 

高校は森田監督のスカウトも当然あったのでしょうが、兄・大貴さん(3つ上)の後を追って地元愛知県の名門・東邦高校に入学

1年時から控え投手としてベンチ入りしいきなり夏の甲子園出場を果たします。

初戦の日南学園戦で先発し勝利。

続く日本文理戦も先発で5回1/3を投げて3失点で敗戦投手となりますが、何と144キロをマ-ク。

甲子園に出てくる投手は140㌔オーバーが当たり前になってきていますが、1年生からというのは中々ないですよね。

 

2年後にはどんなに凄い投手になるんだろう…

と誰もが印象に残ったハズです。

 

1年時の甲子園までは控えでしたが、2年になるとエースで4番とまさに大黒柱と言える選手となります。

しかし2年生では残念ながら甲子園出場ならず。

これは、激戦区愛知ですから致し方ないですね。

baseball-team-1529412_640

そして迎えた2年秋。

何と、彼はキャプテンとしてチームを牽引することに。

自らの質の高いプレーだけでなく、精神面でもチームメイトを引っ張っています。

 

藤嶋投手を最初に見たとき、

我が相当強い印象で、

周りがどうのこうのというのは

あまり気にしない選手という印象

を受けていたので、新キャプテンになったと聞いて、はじめはビックリしました。

この辺は、藤嶋選手の精神面での成長を期待して監督が指名した可能性が高い気がします。

 

何でも、新キャプテンの彼は、練習では時間を無駄にしないことを念頭に誰よりもバットを振るなど練習に対する姿勢でもチーム1を目指しているようです。

そんな新キャプテンに引っ張られるように、東邦高校は2015年の秋季大会で中京高校などの強豪を破り、東海地区大会で見事優勝。

秋の明治神宮大会では、投手・藤嶋を温存して敗退しましたが、藤嶋投手を除く投手陣もみな140キロを出し全国トップレベルの陣容で、連戦になる今回のセンバツでは東邦高校はかなり期待できそうです。

 

Sponsored Links




藤嶋投手としての評価は?打者としても凄い!!

■ 投手としての評価

藤嶋選手は投手としてはMAX 146キロの速球を武器に、変化球のレベルも高く、完成度の高い投手と言えます。

1年時で既に144キロをマークしていたことを考えれば、球速の伸びはあまりありませんでしたね。

しかしその分、制球力や変化球含め投球術がかなり成長したと思います。

 

球種はストレート、カーブ、スライダー、スプリットなので、タイプ的にはオーソドックスな本格派投手と言った感じです。

球速のあるストレートだけに頼らず緩急を上手く使うイメージが定着しました。

東海大会準々決で中京高校相手にノーヒットノーランを達成するなど日ハム・大谷選手を彷彿させる二刀流です。

実際に藤嶋選手も、そんな大谷選手を憧れの選手に上げてますね。

 

ただ、中には変化球が入らずビックイニングを作られてしまう不安定さも抱えています。

そこを脱却しようと1年時では馬力を活かした力投派でしたが、3年からはクレバーな投球術を身につけそれが更にスカウト達の評価を高めているようです。

勝てる投手に変貌しつつあります。

 

■ 打者としての評価

投手としても一級品なのですが、秋の神宮大会などではむしろ彼が注目されたのは打撃での評価でした。

その神宮大会では初戦でいきなり2打席連続2ランホームランを放つなど、派手なパフォーマンスを演じ打者としても一気に評価を高めた印象です。

この時の本塁打も「配球の読みが当たった」とコメントしていますが、そういう野球脳の凄さと大リーガーばりの打球にはビックリしました。

飛ばす力は最大のウリであり、既に高校通算本塁打は30本オーバー。

激戦区愛知の名門校・東邦において、選手層は厚いでしょうし、4番候補は他にも居ると思います。

その中でエースで4番ですので、その打撃センスや勝負強さを監督は見抜いているのでしょう。

まさに日ハム・大谷選手を彷彿とさせる二刀流です。

まあ、高校生には二刀流という表現は適切ではないと思いますが、第2の大谷選手誕生の可能性も決してゼロではありません。

05bc232eea26d9b4d4c8c2dd4699f72e_s (1)

スカウトの評価は投手・野手どちらにも高評価を付けていますが、緩急を付けた投球、スイング力と飛距離のある打撃はともに大変魅力的と写るようで、脚力を付けて外野手に!という目論見を持つ球団もあるようです。

 

そして、何と言ってもその自信に溢れた堂々たるプレーぶりにも賞賛の声が上がっており、度胸のある投球・打撃は今年のドラフトでも最注目されることと思われます。

二刀流という言葉は日本ハムの大谷投手によって一気に浸透しましたが、この藤嶋選手の二刀流としての可能性も注目を集めることでしょう。

 

しかし話を折るようですが、高校野球では両方を兼ね備えた選手は珍しくはありません。

それは、一番上手い選手がピッチャーをするという日本の野球事情も影響していると思います。(ちなみにアメリカではショートらしいです)

そんな野球事情も影響しているとは思いますが、あの王貞治さんも初めはピッチャーとしてプロ入りし、後にバッターとして大成しました。

ごく最近では、オリックスの糸井選手もそうですよね。

更に同じ愛知出身のイチロー選手や愛甲選手(ちょっと古くて恐縮です)も元々はピッチャーで、プロに入ってバッターとして大成功を収めています。

 

藤嶋選手も個人的には打者として大成するように思いますが、ピッチングもかなりの完成度の高い投手なのは確かで捨てがたいです。

藤嶋選手の今後を占う意味で今回のセンバツは大きな意味を持ってくることが予想されますね。

 

その判断のためにも、東邦には1試合でも多く試合をして欲しいのですが、それは必然的に藤嶋選手の投打に渡る活躍があってこそ。

仮に東邦が前評判通り優勝すると、一気に2刀流の芽がより現実的に見えてくるかもしれません。

あわせて読みたい
山崎楓一郎投手の経歴(出身)は?球速より素材としての評価は◎ 福井県の強豪・敦賀気比高校は 昨年のセンバツで北信越勢として 初の甲子園優勝を果たしました。 全員一丸とな...

 

そんなスター候補の今後を想像しながら、センバツの優勝争いの行方を楽しみたいと思います。

 

【9/20追記】プロの評価と甲子園成績

藤嶋選手ですが、残念ながら最後の甲子園は投手としてはパッとしない結果になってしまいました。

どうやら肘痛が影響していたようです。

 

でも、八学光星戦の大逆転劇は球史に残るほど凄かった。

img_2202

私も実はあの試合の前の2試合目から甲子園に足を運んだものの、第4試合に地元大阪の履正社 対 横浜があったことと、お盆最終日だったこともあって、スタンドは超満員。

外野席にも入れず、球場の外にも長蛇の列…

↓こんな感じ↓

img_2204

その長打の列に実は並んでました^^;

結局、全然進まない列に観戦を諦めて、近くの電気屋さんでテレビ観戦することになって悔しい思いをしました。

藤嶋選手を生で見たかったのですが、これも不運としか言いようがないですね。

光星高校の選手はもっと不運だったと思いますが、9回裏のあの異常な雰囲気は個人的に凄く残念でした。

特にネット裏の子供たち!

負けている方を応援するのはわかるんですが、同点になってもあの雰囲気が止まらなかったのは高校野球の観戦にはふさわしくないと感じました。

 

ところで、藤嶋選手の甲子園の成績を改めてまとめると…

●投手成績

全6試合で2勝3敗。

投球回数
37 1/3回
被安打
41
奪三振
26
四死球
17
自責点
16
防御率
3.86

 

●打者成績

試合数7
打率
.481(27打数13安打)
2塁打
5
3塁打
1
本塁打
1
打点
10
三振
3
四死球
4
出塁率
.548
長打率.852

という結果でした。

本塁打1本は意外ですが全体的に打者としての成績が圧倒的でしたね。

 

最近のコメントで、彼は

「プロでは投手1本で勝負したい」

と言っています。

 

果たしてスカウト達は本番のドラフト会議でどのように評価するのでしょうか?

個人的には、この甲子園成績を見ても打者として勝負して欲しいです。

 

各球団事情もあると思いますが、

正直どちらで…というのを迷っている

というあるスカウトの言葉が全てを物語っていると思います。

 

投手、野手、あるいは二刀流…

ドラフトの結果によって藤嶋選手の運命も決まりますね。

逆に言えば、それだけの選択肢があるということこそ彼の本当の凄さなのでしょう

 

「藤嶋健人 投手」

「藤嶋健人 外野手」

ドラフト当日に、どちらでコールされるのか?

そして何位指名されるのか?

地元の中日に入るのか?

色々興味は尽きませんが、ドラフトでの彼のドラマを楽しみにしたいと思います。