n114_obakenokabocyatookashi_tp_v

日本にハロウィンというイベントが

根付いてから10年以上になります。

 

最初に開催されたのは

キディランド原宿店が1983年に開催した

パレードと言われています。

 

ハロウィンそのものの

その期限をたどれば、

古代ケルト人が秋の収穫祭として

開催したお祭りとのこと。

 

収穫を祝いつつ悪霊を追い出すという

宗教的な意味合いの強いものでした。

halloween-1632539_640

今でも

カボチャのお化けや魔女などは定番ですが、

そんなオカルトチックなものは全て

この宗教的な催しだった頃から

そんなに変わっていないというのは

疑いようもありません。

 

しかし、現代においては

ハロウィン絡みのイベントに

宗教的な意味合いは

ほぼなくなっています。

 

 

日本に伝わってきたのも

アメリカの民間行事としての風習

という意味合いが強く、

 

子供が仮装して近所を廻り

お菓子をもらうというのが

本来あるべき姿のように思います。

 

ところが、

今の日本のハロウィン関連の

催し物を見ると、子供が主役というよりも

どちらかというと大人が仮装をして

楽しむものとなっている節が

見受けられますよね。

 

日本独自と言えば聞こえは良いのですが、

しょせん 独自で解釈しちゃっているだけ

であり正直なところ

何だかなぁ~

って思うところはあります^^;

 

だから、

渋谷に仮装した人が殺到して

機動隊出動…

な~んてことには本来ならないハズ

ですよね。

 

と言いつつ、毎年その様子を

ツイッターとかニュースで

観ちゃうんですけど…

 

Sponsored Links

 

まあとにかく、ここで言いたいのは

ハロウィンは子供も一緒に楽しむ

イベントなので、行き過ぎず

警察沙汰にならないよう注意しましょう!

ってことです。

 

さて、何だか書き出しから

話がおかしな方向に行ってしまいましたが、

ハロウィン関連のイベントは

TDLユニバでも今や定番で

仮装パレードとしては表参道や川崎などが

すっかり有名になりました。

 

hw20160708211216_tp_v

このように、

今や全国各地で何かしらイベントが

開催されています。

 

もちろん、私が住んでる横浜でも

横浜山手西洋館ハロウィンウォーク2017

が今年も開催されます。

 

近場の川崎などと比べると規模は

小さいのですが、何といっても

純粋に子供と一緒に楽しめるイベントで

子供連れには、とってもありがたい

イベントなんです!

 

ということで、今回はこの

横浜山手西洋館ハロウィンウォークの

日程や場所、参加資格などの

気になる情報をお届けします!

 

横浜山手ハロウィンウォークの特徴

pak89_harowinkabocya_tp_v

横浜山手西洋館が主催。

 

2000年から開催され

今年で17回目を迎える

横浜ハロウィンウォーク2017。

 

横浜市中区の山手エリアにある

山手西洋館施設などを仮装しながら

ウォーキングして練り歩き、

各場所にあるスタンプを押して

集めていくというスタンプラリー

なっているのが特徴です。

 

派手な仮装パレードというのはないので

パレード目的の方はご注意を!

 

 

 

スタンプが押せる各ポイントでは

お菓子(飴やラムネ)も配られ

スタンプを集めた数によって先着で

色んな賞が貰えるというゲーム性も

ばっちりなイベントになっています!

 

仮装して近所を廻りお菓子をもらう…

というアメリカの風習に沿った

純粋なハロウィンを楽しめますね。

kids-1005839_640

大人がメインで楽しむイベントが多い中で

子供と一緒に楽しめることを重視したところ

が小さいお子さんのいるご家庭には

嬉しいじゃありませんか!

 

 

しかもですよ!

 

山手西洋館と言えば、

普段でも異国情緒がたっぷり味わえる

町並みが特徴ですが、

 

このハロウィンの期間は各西洋館も

各々趣向をこらしたハロウィン装飾

一斉にされ、普段とは趣が違う

ムード満点な雰囲気になります!

 

海外発祥のお祭りイベントを

異国情緒たっぷりの中で体感できる

という点においても、

かなりオススメなイベントです。

 

単なるスタンプラリーだけではなく

仮装コンテストやフェイスペインティング

など細かいイベントも用意されているので

1日中楽しめること間違いなし!

 

 

でもそうは言っても…

特に小さいお子さんがいるご家庭では

人混みに行くのが何かと心配な方も

いらっしゃると思います。

 

でも、ご安心ください!

 

私自身、3年前(2014年)に

参加しましたが、

人が殺到して混みあうような

他のハロウィンイベントと違って

 

ただお祭り騒ぎするだけという

雰囲気では決してなく、

ゆる~い感じで参加できるので、

ベビーカー押しながらでも余裕でした。

 

当然、

子供が安心して参加できるということで

周りも子供連れがほとんど。

 

お散歩には絶好の季節ですし、

安心して楽しめますよ。

 

ただベビーカーの場合その分、

途中の心臓破りの坂や

階段を避けて大回りするなど

大変ですけどね^^;

 

なお途中で配られるお菓子は

飴かラムネになると思うので、

(2014年度はそうでした)

 

お子さんの年齢によっては

食べられないでしょう。

 

なので、

そんなお子さんでも食べられる

お菓子を何か持参した方が

良いと思います!

 

Sponsored Links

 

横浜ハロウィンウォーク2017の概要

hw20160708291516_tp_v

・開催日

2017年10月29日(日)

※基本的に雨天決行ですが、

風が強すぎるなどあまりにも

天候が荒れた場合は中止。

 

・各イベントと開催時間

①スタンプラリー

【時間】

10:00〜16:00

※スタンプカードの配布は

   先着6,000名で終了なので注意!

【参加料】

無料

【場所】

山手西洋館7館、他7施設

 (場所の詳細は後ほど)

【景品】

・スタンプを12個以上集めた人

スタンプ賞先着3000人

2014年は玩具等でした。

・西洋館7館全てのスタンプを集めた人

西洋館賞先着200人

・スタンプ12個集めると山下公園駐車の

料金が割引になります。(600円分)

 

※私の時は先着400名にパーフェクト賞

 があったのですが、公式HPを見ると

 どうやら今年は無い??

気になる方は直接問い合わせてみてください。

逆に西洋館賞というのは私の時は確か

 無かったのでもしかしたら名称が

 西洋館賞というものに変わったかもです。

 

 

②仮装コンテスト

 

【時間】

受付開始 13:00〜

審査開始 13:30〜

【参加料】

無料 (ただし先着60組のみ)

【場所】 

アメリカ山公園

【審査内容】 

・グランプリ賞

・話題になっているで賞

・かわいいで賞

・なりきっているで賞

・目立ったで賞

・めちゃすごいで賞

・頑張ったで賞

※各賞1組ずつ

※残念ながら参加してないので

審査基準はわかりません。

 

 

③フェイスペインティング

【時間】

10:00〜15:00

【参加料】

1回200円 (ただし先着200人のみ)

整理券が配られるので

ペイントしてもらう時間は調整効きます。

【場所】 

ベーリック・ホール

 

 

④仮装グッズの販売

【時間】

10:00〜

【料金】

フェイスペイントシール 100円

各館オリジナル仮装グッズ  500円〜

【場所】 

山手西洋館7館

 

 

⑤オープンガーデン

【時間】

10:00〜

【参加料】

無料 (ただし先着100名のみ)

【場所】 

山手234番館の前庭

【内容】 

ボランティアさんに指導を受けながら

チューリップの球根を1球植え付ける

体験ができます。

 

p8024000-500x375

 

※出店

【時間】

10:00〜

【場所】 

◎オープンカフェ、パン、野菜販売

 →山手イタリア山庭園、元町公園、

  山手68番館、横浜市イギリス館

◎キッチンカー

→アメリカ山公園(軽食など)

◎バルーン販売

→ブラフ18番館、エリスマン邸

 

※更衣室

【時間】

10:00〜

【利用料】

無料

【場所】 

エリスマン邸地下ホール

※入り口は外階段にあり

 

※お問い合せ先

エリスマン邸

045-211-1101

 

 

⑥横浜山手西洋館ハロウィン装飾

 

【開催期間】

正式発表され次第UPします。

※2016年度は10月22日(土)~31日(月)の10日間の実施でした。

【時間】

9:30~17:00

【入場料】

無料

【場所】 

横浜山手西洋館7館

(横浜市イギリス館、山手111番館、

 山手234番館、エリスマン邸、

 ベーリック・ホール、外交官の家、

 ブラフ18番館)

【内容】 

ハロウィンウォークのイベントに

先んじて、山手西洋館7館では

ハロウィン風の装飾がいち早く見れます。

pumpkins-1592895_640

今年のテーマは…

「収穫祭 ~ここは精霊たちの集う丘~」

29日に別の予定があって

ハロウィンウォークに参加できない

という方やカップルなどにオススメ。

 

Sponsored Links

 

・参加資格

pak85_maxharowin20141025132438_tp_v

参加無料で仮装さえしていれば

性別年齢問わず誰でも参加できます。

カチューシャなどなにかハロウィンっぽい

小物を身につけてればOKだし

フェイスペイントでもOKという

敷居の低さが魅力です。

 

・スタンプラリーの場所(参加施設)

p8024024-500x375

 

参加施設一覧

①横浜マリンタワー

②横浜人形の家

③アメリカ山公園(仮装コンテスト)

④横浜市イギリス館(ゴール)

⑤大佛次郎記念館

⑥山手111番館

⑦山手資料館

⑧山手234番館(オープンガーデン)

⑨エリスマン邸(更衣室)

⑩ベーリック・ホール(フェイスペインティング)

⑪山手68番館(山手公園管理事務所)

⑫YITC

⑬外交官の家

⑭ブラフ18番館(ゴール)

 

一応オススメの順番に書きました。

 

この順番のポイントは

元町・中華街駅からエレベーターで

横浜マリンタワーを真っ先に目指す

ところです。

 

その後、

地上ルートで横浜人形の家に行き、

スタンプをゲットした上で

陸橋?沿いに首都高の下をくぐり抜け

山手側に移動します。

 

そして、元町・中華街駅の5番出口を

見つけて一旦駅構内へ。

 

改札をスルーして、そのまま6番出口の

アメリカ山公園直通エレベーターに乗る。

 

こうやると、アメリカ山公園に行く際の

心臓破りの坂を避けれますし、

山下公園側の離れたポイントにも

一番効率よく回れるので、ちょっとでも

楽をしたい人にはオススメです。

 

あとは山手方面側のポイントを

ゆったり回ればパーフェクト狙えますよ。

 

今回のイベントの最寄駅は

みなとみらい線の元町・中華街駅

JRの石川町駅になるんですが、

 

もしこの順番通りに進むのであれば

最初は元町・中華街駅で降りて、

最後はJR石川町駅から帰るという

ルートになります。

 

逆に廻る場合は石川町駅から

スタートして⑭→①の順に

辿ってみてくださいね。

 

ちなみに、元町・中華街駅には

東京駅から横浜乗り換えで45分弱

新横浜からだとJR菊名駅乗り換えで

20分強で着きます。

 

 

スタンプラリーのスタートは

どのポイントからでも可能ですが、

ゴールは横浜市イギリス館か

ブラフ18番街と決まっているので

ご注意くださいませ。

横浜山手西洋館とは?

p8024077-500x375

横浜市中区山手町の山手本通り沿いの

周辺にある幕末〜昭和初期に建てられた

西洋風の建築物を総称して

「山手西洋館」と読んでいます。

 

基本的には横浜市が買い取ったもので、

現在は年間で90万人以上の人が

訪れる観光スポットになりました。

 

これだけの歴史建造物を維持するのには

大変だと思いますが、横浜市の税金で

賄われています。

 

無料で開放されているのは

周辺の住人の方たちの援助なども

あるためで、

そこには山手西洋館を愛する人たちの

”何度も足を運んで欲しい”

という想いが込められているんです。

 

私は、神戸・三ノ宮の異人館にも

行ったことがありますが、

あちらは確か料金制でしたよね?

 

シティバスがあるのは便利でしたが、

やはり無料で見れる山手西洋館の

ありがたさを改めて感じましたね。

 

ところで気になる維持費を調べてみると

年間で約1億3800万円の予算が

組まれていました。

 

想像以上の維持費でビックリですが、

少しでも節約するために、清掃などは

ボランティアの皆さんでやられている

とのこと。

 

横浜市の住人としては税金が高いと

今まで嘆いていましたが、こういう

必要なことにも使われていると知り、

今まで以上にきちんと納税しようと

思いました。

 

ですので、今回の

ハロウィンウォークに参加する皆さん。

 

スタンプラリーに夢中になる中で

ホンの少しでも感謝の気持ちを持って

イベントを楽しみましょう!

 

 

「横浜山手ハロウィン2017」まとめ

hw20160702440516_tp_v

今回は、

ハロウィン本来の雰囲気が味わえる

横浜山手ハロウィンウォーク2017

をご紹介しました。

 

何といってもベビーカーを押しながらでも

ゆる〜く参加できる雰囲気が

個人的にお気に入りです。

 

肩肘張らずに子供が安心して

参加できるというところが

他のハロウィンイベントにないところ

ではないでしょうか。

 

 

基本的に、

どの建物もトイレが開放されてますし、

イギリス館、エリスマン邸、

山手111番館の3箇所には

オムツ交換所もあります。

 

この辺も、

お子さん連れでも安心な理由です。

 

ただ、コンテストの方は大人が結構

多くて凝った仮装だった記憶があります。

 

とは言え、基本的には

参加も無料だし、凝った仮装もいらないので

お財布にも優しいイベントですね。

 

例えスタンプカードがもらえなくても

十分お祭りの雰囲気を堪能できます。

 

 

あっ、

景品目当てで先着200名の西洋館賞

(旧パーフェクト賞?)を目指す人は

とにかく午前中が勝負です!

 

2014年の同じ賞の時は、

確か先着400人だったんですけど、

午前中で終了してましたので…

 

しかしきっと参加さえすれば、

そんな景品など度外視になりますよ。

 

何と言っても西洋館7館を廻るだけで

軽く2〜3時間は掛かり

良い意味で諦めが付く可能性が大

なので(^o^)

img_1055

ということで

途中のオープンカフェやキッチンカーで

適度に休憩しながら、

半日勝負でのんびり廻った方が

このイベントを存分に堪能できるかなぁ〜

と思います。

 

今年は残暑が厳しくないので、

天候さえよければ心地よいウォーキング

となることでしょう!

 

普段の運動不足解消のためにも

出掛けてみては如何でしょうか?

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

Sponsored Links