話題になりそうな事

ハリーポッターと死の秘宝PART1/2の興行収入はいくらだった?

ハリーポッターと死の秘宝の興行収入
この記事では、大人気シリーズ「ハリーポッター」の最終章2部作として話題になった「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1/2」の最終的な興行収入がいくらだったのか?についてまとめています。

ハリーポッター全8作の興行収入や、歴代の興行収入ランキングにも触れていますので、是非最後までお読みください。

 

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1/2」の最終的な興行収入はいくらだった?

いきなり結論からですが、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1/2」の最終的な興行収入は以下の通りです。

■「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」の興行収入[最終]

全世界・・・9.60 億ドル(約1,080億円)

日本のみ・・・68.6 億円 

 

■「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の興行収入[最終]

全世界・・・13.41 億ドル(約1,519億円)

日本のみ・・・96.7 億円 

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1/2」はシリーズ初の2部構成で、PART1・2を通して、ハリーとヴォルデモート卿との最後の戦が描かれるということで、当時大いに話題になりました。

実際、特にPART2に関しては、映画公開後3週間で興収収入が50億円を越えたとニュースになり、100億円は確実で200億円にも届くのでは?と言われていて、確かに初速は凄かったんですが…

意外にもちょっと失速した感があったんですよね。

ちなみに、日本だけでの比較で言うと、個人的にまだ記憶に新しい「君の名は」よりも下なんですよね…

アニメも含めた日本映画歴代の興行収入ランキング上位5位は以下の通りです。

1位:「千と千尋の神隠し」(公開日:2001年7月20日)

→ 308億円

 

2位:「タイタニック」(公開日:1997年12月20日)

→ 262億円

 

3位:「アナと雪の女王」(公開日:2014年3月14日)

→ 254.8億円

 

4位:「君の名は。」(公開日:2016年8月26日)

→ 250.3億円

 

5位:「ハリー・ポッターと賢者の石」(公開日:2001年12月1日)

→ 203億円

 

※上記は2018年1月現在の数字です。

日本だけで比べても、ハリー・ポッターの第1作より下という結果になるんですよね。

 

ハリー・ポッターシリーズに思い入れのある人にとっては、

最終話完結編なのに、PART1/2足しても第1作より下なんだぁ~

と意外に感じると思います。

 

でも、ハリー・ポッターシリーズが初公開になったインパクトは確かに凄いものでしたし、同じシリーズで8作目ともなれば、ちょっと飽きてしまって?息切れするのも仕方ないことでしょう。

 

それでも、ハリーポッター全シリーズトータルすれば、余裕で1位なので、根強いトータルでの人気と考えれば凄いことですね。

 

ハリー・ポッター全シリーズの日本での興行収入ランキング

順位 タイトル 公開年 日本での
興行収入
[億円]
全世界での
興行収入
[億ドル]
1 賢者の石 2001 203 9.74
2 秘密の部屋 2002 173 8.78
3 アズカバンの囚人 2004 135 7.96
4 炎のゴブレット 2005 110 8.96
5 死の秘宝 PART2 2011 96.7 13.41
6 不死鳥の騎士団 2007 94 9.39
7 謎のプリンス 2009 80 9.34
8 死の秘宝 PART1 2010 68.6 9.60

 

ハリー・ポッターシリーズの日本における興行収入ランキングを改めて見てみると、全世界での興行収入ランキングと相違が出てるのが面白い結果ですよね。

日本では、ハリー・ポッター最終話がイマイチでしたが、全世界ではやはり最終作の「死の秘宝 PART2」の興行収入がダントツで1位になってます。

映画が公開されるタイミングや、他のライバル映画の動向にもよると思いますが、個人的には「アズカバンの囚人」の内容がイマイチでしたし、全世界での興行収入ランキングの方がシックリ来ますね。

あなたはこのランキングから何を感じますか?

 

 

全世界での歴代映画興行収入ランキング

続いては、歴代映画の興行収入ランキングの中での「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1/2」の位置付けを確認してみましょう。

順位 タイトル 公開年 全世界での
興行収入
[億ドル]
1 アバター 2009 27.88
2 タイタニック 1997 21.87
3 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 2015 20.62
4 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 2018 20.46
5 ジュラシック・ワールド 2015 16.69
6 アベンジャーズ 2012 15.19
7 ワイルド・スピード SKY MISSION 2015 15.15
8 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 2015 14.05
9 ブラックパンサー 2018 13.46
10 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 2011 13.41
43 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 2010 9.6

引用元:Box Office Mojo[2018年9月現在]

1位のアバターの興行収入恐るべし!!断トツで独走状態ですね。

実は私、未だに観てないんですが、ちょうど良い機会なのでhuluで観てみたいと思います。

 

それにしても、「アベンジャーズ」強しですねぇ~

さすがはディズニー!

2018年に公開されたものもランキングしてますので、どこまで伸びるか見ものです。

 

さて、肝心な「ハリー・ポッターと死の秘宝」ですが、PART2が何とかベスト10入りしています。

でもPART1が43位なのは…正直残念ですね。

観終わっても完結しない…っていうのが分かってるんで影響しているんでしょうか。

 

それにしても、最近は3D/4Dと映像技術が上がって来ていることがあって、映画のチケットの価格も昔に比べ高騰している状況もあるので、これから「SCREEN X」対応などで公開される映画は、その分、興行収入的には有利と言えます。

あわせて読みたい
ScreenXが体感できる映画館はどこ?値段や感想を調査! 次世代の映画上映システムとして話題になっている「ScreenX」が、遂に日本でも7月1日から解禁となりましたね。 ...

 

でもそんな中、かれこれ20年も経つ『タイタニック』がランキング2位に君臨しているのは、何だか嬉しい限り。

興行収入を叩き出す映画=不朽の名作とは一概に言えない中、このタイタニックが今後どこまで上位に君臨するのか?

いち映画ファンとして注目して行きたいと思います。

 

Sponsored Links




「ハリー・ポッターと死の秘宝の興行収入」まとめ

ここまで、「ハリー・ポッターと死の秘宝」の興行収入についてまとめて来ましたが、いかがだったでしょうか?

全世界で見れば、PART2はハリー・ポッター全シリーズの中で1位(=13.41億ドル)なのに、日本だけの興行収入ランキングだと5位(=96.7億円)と意外な結果だったと言えるでしょう。

ハリー・ポッターの続編と言われる「ファンタスティック・ビースト」の興行収入が、本家のハリー・ポッターシリーズを越えてくるのか?

内容も勿論ですが、これから注目して行きたいと思います。

 

ハリーポッター全シリーズがフルで見放題のサービスは?

ハリー・ポッター全シリーズがフル動画配信され、見放題できる動画配信サービスは現在huluだけです!

huluには2週間の無料トライアル期間があります。

この無料トライアル期間は有料会員と同様のサービスが無料になり、更に無料トライアル期間中に解約すれば、料金は一切掛かりません

しかも、huluへの登録も解約も5分以内にできるので超簡単!

これはもうメリットしかありませんよね。

ちょうどこれからハリー・ポッターの続編である「ファンタスティック・ビースト」シリーズの最新作が公開されます。

その公開前に、是非huluでハリー・ポッターの世界を総復習してみてください!

ハリー・ポッター全作をhulu無料トライアルで今すぐ観る!
hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

本ページの情報は、2018年11月時点のものです。最新の情報はhulu公式ページよりご確認ください。