話題になりそうな事

志村動物園のハイジはやらせなのか?やらせ疑惑の真相を探る!

人気バラエティ番組「天才!志村どうぶつ園」ですが、番組の企画でたまに動物と話せるというハイジさんが出演されています。

 

この志村動物園は既に10周年を迎えていますが、ハイジさん自身、志村動物園には2006年から主演されているので、ハイジさん絡みの企画も息が長いですよね。

 

犬を飼っている私の友人も毎週欠かさず志村動物園を見ていて、楽しみにしています。

そしていつも放送終了後に番組について犬を飼っている立場からの話をしてくれるのですが、その中で先日ハイジさんの話が出ました。

 

ネットでハイジさんの事を色々調べながら友人と話していたのですが、ネット上には

 

ハイジさんが動物と話せるというのはやらせなのではないか?

 

という否定的な意見が結構出てきました。

 

その友人は

 

動物と話せるっていう表現は大袈裟に感じるが、『動物がどう思っているか?』についてはわかる人もいるのではないか?

 

と言っています。

 

私も、その友人と全く同じ意見なのですが、この記事ではハイジさんのやらせ疑惑の真相を自分なりに考察していきたいと思います。

 

ハイジさんの経歴は?

まずは、ヤラセ疑惑を解く鍵にもなりえるハイジさん自身のプロフィールを確認しておきましょう!

ここにボックスタイトルを入力

本名:Heidi Wright

生年月日:1964年1月5日(53歳)

出身地:アメリカ カルフォルニア州

職業:アニマルコミュニケーター

ハイジさんの経歴を調べてみると、学生時代には新聞記者の経験があり、大学卒業後は高速道路をパトロールする警察官になったとあります。

そして、最終的には、高い地位まで登り詰め勇敢な警察官として表彰されたこともあるそうです。

 

ハイジさんが警察官だった頃の様子はFOX TVのドキュメンタリー番組である「高速道路パトロールの事実」で何度も特集されています。

 

結局、彼女は警察官としては13年勤めました。

警察官引退後は、自分の息子に自宅教育をしていたそうです。

 

恐らく何らかの理由で息子さんが学校に通えなくなり、そんな息子さんのために退職したのでしょう。

 

ハイジさんはその合間の時間で、雑誌への記事や、地元のスポーツ関連ニュースのライターをやっていたそうです。

 

そして現在は、カリフォルニア州の小さな農場に住んでいて、犬、馬、猫、羊、鶏など行き場を失ったペットと生活しています。

そのペット達との日々の会話のお陰で、ハイジさんの動物と話せるいう能力が研ぎ澄まされていったのでしょうか…?

 

Sponsored Links




ハイジさんの能力の疑惑検証のカギ=動物と話せるのか?

ハイジさんは子供の頃から、直感的に何かを察知するテレパシー的な能力を持っていたそうです。

警察官時代には、その直感を生かして自分の安全を確保したり、事件を解決していたと言います。

1994年頃から自身の能力を伸ばすための研究を本格的に始め、いつしかパトロール中に対面する相手に対する感情移入や洞察力の能力が研ぎ澄まされていったようです。

 

警察官引退後にはヒーリングや、超自然的現象について研究するようになり、2000年には、「霊気」という分野で学位を授与されています。

その後も「霊気」について研究を重ねた後、本格的にアニマル・コミュニケーターとして活動を始め、「The Language of Miracles’」という本を出版しベストセラーになりました。

 

その後2006年からは、「天才!志村どうぶつ園」にも定期的に出演をするようになり、2009年にはお隣の韓国のテレビ番組に出演し、今やアニマル・コミュニケーターとしての活動は21ヶ国にも拡がっています。

 

以上がハイジさんの簡単な経歴です。

 

この経歴から考えられるのは、ハイジさんは小さいころからテレパシー的な能力があったものの、

最初から動物と話せていたわけではない

ということです。

 

他人よりも洞察力があると感じ始めてからヒーリングや霊気の研究を重ねた結果、動物の考えていることも段々とわかるようになっていったと考えられます。

 

私の友人も言っていましたが、長年ペットを飼っていて一緒に居ると、表情や仕草で何を考えているのか段々とわかってくるそうです。

 

赤ちゃんだって正にそうですよね?

赤ちゃんは泣くのが仕事っていうくらい泣いて色々アピールしているわけです。

 

親が子育ての経験を積めば積むほど

「あぁ、オムツだな」

とか、

「お腹空いてるんだな」

とかわかってきますよね。

 

ハイジさんの場合も、相手に対する感情移入や洞察力を磨いた結果、普通だったら時間を掛けてわかってくることが一瞬でわかるようになった…

私はこれが真相だと思います。

 

実際にハイジさんが動物と話せるのかどうかは、はっきり言って誰にもわかりません。

ただ、人並み外れた洞察力があるだけで

「動物と話せる=会話できる」というのは誇大表現

ではないでしょうか?

 

単純に考えると、動物と話せないのが普通ではないか?と私は思います。

 

なぜなら、我々がどうやって動物が話す言葉を取得するのか?が説明つかないからです。

 

テレパシーの世界では、言葉の壁が取り払われるのかもしれませんが…

画面で見るとハイジさんは一見すると会話していると思えるのですが、会話がきちんと成立しているとまでは思えない…というのが正直なところです。

 

霊視やオーラが見えるという人と同じで、ちゃんと会話してるというより、一方的に気持ちを読み取っているだけに感じるのは私だけでしょうか?

 

しかし、そもそもハイジさんの言葉がきちんと動物達に伝わっていて意思疎通ができているのかなんて誰にも判定できません。

ゆえに、動物と話せるのが嘘か本当かなんていう議論自体無意味です。

 

私は超能力とか信じないタチですが、知り合いに、実際に目の前でスプーンをいとも簡単に曲げられる場面を何度も見せられるうちに、特殊な能力がある人は確かにいると思うようになりました。

でも、科学的には超能力って説明できないですよね?

 

説明できないのに疑うことはできるっておかしな話です。

 

よって、結論としては、

ハイジさんが一般人よりも動物の心を読み説くことに長けているのは確かだろうが、動物と会話ができるというところまではわからない

というのが私の考えです。

 

友人も言ってましたが、我々がハイジさんの通訳?を通して動物達がそう言っていると思えるのであればそれで良いのではないでしょうか?

 

ハイジさんの能力が例えウソだったとしても、

  • 我々には何も影響がない!
  • だから疑うこと自体が無意味!
  • 番組を純粋に楽しめればそれでよい!

私はそう思います。

 

Sponsored Links




「ハイジさんのやらせ疑惑の真相」まとめ

ここまで、志村動物園に出演するハイジさんのやらせ疑惑に対する、個人的な見解を綴ってきましたが、あなたはどう感じましたでしょうか?

 

最後に、もう一度まとめると…

 

  • ハイジさんの動物と話せる能力は動物の言葉を話せるというわけではなく、仕草などから動物の感情や記憶を読み取るのが長けているだけだと考える。
  • 判断基準がないのだから、やらせであると断定はできない。
  • そもそもハイジさんの能力を疑うこと自体が無意味である。

と私は結論付けさせて頂きました。

 

何れにせよ、ハイジさんの回は必ずと言って見てて感動させられます。

やらせ疑惑など色んな意見はあると思いますが、個人的には純粋に番組が楽しめればそれで満足です。

 

ということで、次回のハイジさんが出演する放送回も楽しみにしたいと思います。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

あわせて読みたい
志村動物園 「日本犬の里」の場所は知らない方が良い?!この記事では、人気バラエティ番組である志村動物園の名物コーナー 『日本犬の里』 を取り上げます。 (画像はイメ...