話題になりそうな人

ハイサイドのドラマーNosuke(のすけ)の本名や経歴は?

misonoさんとの熱愛報道で注目を集めているHighsidEのイケメンドラマー・Nosukeさん。

(下の画像のど真ん中の方)

爽やかで可愛らしいイケメンですよね~

 

これだけのイケメンドラマーなのに、今まで大々的に話題にならなかったのが何だか不思議な位のイケメンぶりです。

今回の報道が真実かどうかは置いといても、世間の女性の注目を浴びることが予想されますね。

 

それにしても、Nosukeって凄い名前ですが、本名から来ているのでしょうか?

 

また、報道では所属する自身のバンド活動の他に色んなアーティストのツアーにも参加しているようで、misonoさんのライブにも参加したことがあるとのこと。

そんなNosukeさんのドラマーとしての腕前も気になります。

 

そこでこの記事ではそんなNosukeさんについて気になった本名と経歴にフォーカスしたいと思います。

 

Nosukeという名前は本名からとった?

あの山田優さんの弟である山田親太朗さんが立ち上げたバンドハイサイド(HighsidE)

 

ハイサイドの活動開始は2016年春頃なので、実質まだバンド活動としては約1年くらいです。

 

4人組編成ですが、山田さん含めて「よくもまあこれだけイケメンが揃ったなぁ〜」と思うのですが、その中でも一番のイケメンと言えるのがドラム担当のNosukeさんです。

 

個人的に、名前がローマ字だったりすると、すぐに本名とか知りたくなっちゃうんですが、Nosukeさんについても早速調べてみたところ、割りと簡単に本名が判明しました。

 

どうやら、

中村真之介

が本名のようです。

つまり、この「慎之介」の「之介」をそのままローマ字にしただけというワケです。

分かってしまえば意外とあっけない結果でしたね^^;

 

「慎之介」と聞いて個人的に一番しっくり来るあだ名は「しんちゃん」とかなのですが、「Shin」と名乗ると、リーダーである山田親太郎さんとカブってしまうので、Nosukeになったのでしょうね。

 

ちなみに、その山田親太郎さんは、ハイサイドのメンバー表記上でまんまShintaroとなっています。

 

親太郎さんがヘキサゴンなどに出演している様子を見ていると

もうちょっと受けを狙って名前をヒネってもいいのに…

と思わずツッコミたくなりますが、音楽は名前でやるものじゃないので別にどうでも良いですね。

すみません。

さて、Nosukeさんの本名についてはスッキリしたワケですが

ドラマーとしての腕前はどうなのか?

この肝心な事がやはり気になります。

 

ということで、今度はNosukeさんの経歴を振り返りつつ「どんなドラマーなのか?」に迫って行きましょう。

 

Sponsored Links




Nosukeさんのドラマーとしての経歴は?

Nosukeさんのドラマーとしての歴史のスタートは何と11歳!

小学生でですよ?少なくとも私の周りでは中学になってから…という友達はいませんでしたが、小学生ってまだゲームとかスポーツに打ち込む子が圧倒的に多いと思うので、凄いですよね。

 

そんなNosukeさんがどういう音楽を聴いて育ったのかはわかりませんが、ギターではなくドラムを選ぶ小学生ってかなりマニアックな感じを受けます。

今回のmisonoさんとの報道によるとNosukeさんは27歳(1989年7月16日生まれ)とあったので、ドラム歴は16年ということになり、かなりの経歴の持ち主ということになります。

 

ドラマーとしての経験値は十分と言え、色んなアーティストから引っ張りだこなのも頷けますね。

 

Nosukeさんが実際にドラムを叩く様子については、ハイサイドのMV予告編という動画を見つけましたので、こちらをご確認ください。

洗練されていて安定感もあるカッコ良い曲ですよね♪

 

あまりドラムが全面に!という曲ではなくてすみません。

 

この1曲で判断するのはどうかと思いますが、動画の最後の方ではきちんとドラムが主張していますし、ライブなどではドラムがもっと目立ってカッコ良いのだろうなぁ〜と印象を受けます。

 

Nosukeさんはイケメンっぷりが先行するわけではなく、きちんとドラマーとして腕をその根底に兼ね備えていることは明白ですね。

ドラマー歴16年はやはり並大抵なことではありません。

コツコツ努力を続けてきた結果ということでしょう。

 

実はうちの息子も太鼓のオモチャが大好きなのですが、ひょっとしたら才能開花するかも?な〜んて親バカなことをつい考えてしまいました。

さて、話が大分それてしまいましたが、Nosukeさんの経歴の話に戻します。

 

Nosukeさんの経歴で凄いのは、既に書いた11歳からドラムをやっていたという単純なことではなく、何と16歳の時点で既に数々のアーティスト達のサポートをしていたということなんです。

レコーディングやツアーへの参加要請がバンバン入ってくる16歳ってちょっと凄すぎですよね。

 

そしてそれは、16歳にして、立派なプロのドラマーという風に周囲が評価していた何よりの証拠ではないでしょうか?

ということで、Nosukeさんはドラマーとしての元々の才能が凄かったということになります。

 

さらに、18歳の時(2007年)からインディーズバンドの「LeMpicka?」にも参加。

この時は、慎之介という本名で活動していたようです。

 

その「LeMpicka?」の貴重な動画も見つけましたので、ご覧ください。

先ほどのハイサイドの動画よりも、こちらを先に載せればよかったですね^^;

 

こっちの動画の方がパワーバランス的にドラムがより強調されてますし、ヘッドバンギングしながらのカッコ良い演奏っぷりがよ〜くわかります。

 

このLeMpicka?については、活動期間が2007〜2010年となっているんですが、2015年にもライブ活動としては行っていたようです。

 

さて、ここまで2つの動画を紹介しましたが、こういうロック調ばかりではなくNosukeさん自身は他にR&Bやヒップホップなど、色んなジャンルを経験されているようです。

 

そういうNosukeさんのドラマーとしての幅広い経験値に目をつけた山田親太郎さんが、ハイサイドに誘って現在に至ります。

 

現在ハイサイドは、1stシングルしかリリースしていない状況ですが、今後については、misonoさんがハイサイドのライブに参加するという話もありますし、2017年はバンド活動を本格化させることを期待したいです。

 

Sponsored Links




「Nosukeの本名」まとめ

今回は「イケメンドラマー・Nosukeさん」について本名や経歴を確認しました。

 

これだけのイケメンで、ドラマーとしての腕前も申し分なし!と来れば人気が急上昇することが予想されます。

 

それ故、女性ファンからすると、misonoさんとの熱愛報道はさぞ残念なことでしょう。

 

しかし!

まだお2人からの正式発表がないので、お互いにSNSにツーショット写真をいくらアップしているとは言え、仲の良い友達の可能性もあります。

 

個人的にはmisonoさんって、正直で嘘は付けないタイプだと思いますので、今回の報道が真実なのかどうかは近いうちに判明することでしょう。

 

どういう結論になるにせよ、今回の露出でNosukeさん人気は爆発するような気がしてなりません。

 

音楽界はSMAP解散や、いきものがかり活動休止など暗いニュースが多かったので、Nosukeさんというニュースター誕生を大いに期待したいと思います。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。