話題になりそうな人

堀北真希の年収が気になる!芸能界引退に備え相当貯めてたらしい

2017年2月末で正式に芸能界からの

引退を表明した堀北真希さん

 

引退理由については

色んな噂が飛び交っていましたが、

堀北さんは以前から

結婚して出産した後は家庭に専念

するため引退すると決めていた

というのが真相のようです。

 

昨年(2016年)の12月18日に

第一子を出産したという

電撃的なニュースにビックリ

させられましたが、

堀北さん本人にとっては全て

計画通り

なのでしょう。

 

何でも、この引退に備えて

以前からコツコツと貯金していて

相当な額を蓄えていたとのこと。

 

 

 

堀北さんと言えば、

朝ドラの主役に始まり

紅白の司会も努め、CM契約も

安定してありましたから

相当な年収を稼いでいたものと

思われます。

 

そこで今回は、

堀北真希さんのピーク時の年収

について検証してみたいと思います。

 

堀北真希のピーク時の年収は?

 

その昔、高額納税者の発表が

正式にあった時代がありました。

 

ところが、

個人情報保護の観点など色んな要因で

今は公式な芸能人・タレント長者番付

存在しません。

 

そのため、各社が独自の調査で

発表している情報を頼りにするしかない

というのが現状です。

 

 

今回、

堀北真希さんの年収を推定するに辺り

実際に数社の番付を調べてみたのですが

その予想は実に様々で判断に迷います。

 

あるサイトでは

女優ランキングの中で

何と堀北真希さんを1位としている

ものがありました。

 

そのサイトの上位5名は以下の通り

となっていました。

 

年収ランキング【女優編】①

第1位

堀北真希…推定年収 4億3千万 

 

第2位

綾瀬はるか…推定年収 3億5千万 

 

第3位

仲間由紀恵…推定年収3億4千万

 

第4位

米倉涼子…推定年収 3億2千万

 

第5位

吉瀬美智子…推定年収 2億9千万

(敬称は略させて頂いてます)

 

このラインキングを見て

どう思いますか?

 

確かに皆さん上位に来ても

おかしくない名前ばかり。。。

 

しかし!

石原さとみさんの名前がありません。

 

実はこのランキング上では

10位にすら入っていませんでした。

 

ちなみに第10位は

長澤まさみさんで1億7千万。

 

 

石原さんは確かにホリプロなので

単純な給料としては低いかもしれません。

 

関連記事
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/kojimaruriko-seikaku-279.html”]

 

給料としては安いかもしれませんが、

CM本数や人気度を考えると

同じホリプロの綾瀬はるかさんの

半分以下とは考えられません。

 

よって、このランキングは

個人的に古いものかもしれないし

どうも妥当ではないという結論に至り

他のものを探すことに…

 

そして見つけたのが

日刊大衆さんが発表している

2017年最新版長者番付。

 

ここのランキングでは

きちんとCM本数なども一緒に

載せているし、ランキングにも

わりと新しい女優さんの名前が

ランクインしていて先ほどのもの

よりはより参考にし易いでものです。

 

 

 

ところが、ご存知の通り

堀北さんは2015年いっぱいで

ファンクラブを解散し

2016年はそれほど仕事をしていません。

 

ということで、

先ほどのランキングと合わせ技で

推定して行こうと思います。

 

それでは早速、

2017年度版最新ランキングの

上位5人を見てみましょう。

 

年収ランキング【女優編】②

第1位

綾瀬はるか 

CM本数9本、

CM1本あたりのギャラ7000万

→推定年収 6億5千5百万 

 

第2位

有村架純 

CM本数11本、

CM1本あたりのギャラ5000万

→推定年収 5億7千万 

 

第3位

吉田洋 

CM本数13本、

CM1本あたりのギャラ3500万

→推定年収 4億7千7百万 

 

第4位

石原さとみ 

CM本数7本、

CM1本あたりのギャラ6000万

→推定年収 4億3千8百万 

 

第5位

新垣結衣 

CM本数6本、

CM1本あたりのギャラ7000万

→推定年収 4億3千5百万 

 

(敬称は略させて頂いてます)

 

 

今度は如何でしょう?

 

CMの契約本数と

CM1本辺りのギャラも調査していて

年収の金額的には

なかなか信用できるランキングかな?

と個人的には思います。

 

[ad#ad-naka]

 

 

さて、

大分前置き部分が長くなりましたが

問題の堀北真希さんのピーク時の年収

について予想してみましょう。

 

日刊大衆さんのランキングを見ても

わかるように、女優さんの年収の

8〜9割を占めるのがCMのギャラ

というのは本当だと思われます。

 

そこから判断すると、

堀北さんのCM契約本数のMAXは

2012年の12本

 

図らずもこの2012年は

朝ドラ「梅ちゃん先生」のヒロイン

紅白歌合戦の司会を努め

人気も最高潮でした。

 

問題はCM1本のギャラ

になるのですが、

これについては少なく見積もっても

最新ランキングで2位の有村さんと

同等の5000万はあったのでは?

と思われます。

 

そうして計算すると…

CM関連だけで6億

というとんでもない数字が

はじき出せます。

 

もちろんこれにCM以外の仕事の

ギャラも加わるので

これまた少なく見積もっても

6億5千万〜7億

 

ということで、

日本のプロ野球選手の1流選手並

の年収予想となりました。

 

ただ、

こういうランキングの年収額は

事務所の取り分も含まれている

ことでしょう。

 

その取り分ですが、

よしもと興業の9対1というのは

余りにも有名な話(^o^)

 

一般的には

7対3くらい、大御所でも6対4

と噂されています。

 

堀北さんも7対3だったとすれば

純粋な年収は約2億円

ということになるでしょう。

 

以上、

最終的には超現実的な数字と

なりました。

 

ここでの予想はあくでも

個人的な予想に過ぎませんので

どうか情報の取扱には

十分ご注意ください^^;

 

Sponsored Links




「堀北真希の年収」まとめ

 

この記事では、芸能界引退に備えて

相当溜め込んでいたという

堀北真希さんのピーク時の

年収について考察してみました。

 

堀北さんの芸能生活は

約14年間になりますが、

朝ドラのヒロインを勤めるほど

国民的な人気女優さんでした。

 

今回の予測通り年収のピークが

約2億円だったと仮定すると、

手取りはその約半分の1億円。

 

堀北さんは

休日に家で過ごすことが多く

人付き合いも苦手ということで

もしかしたら手取りの7〜8割以上は

貯蓄に回していた可能性が大です。

 

 

2012年に初めて手取りが

1億円越えたとして、

2016年までその7割を

貯蓄していたと考えるれば、

少なく見積もっても

約3億円

という驚愕の貯金額が思い浮かびます。

 

我々庶民からすれば

宝くじに当たったようなものです。

 

もし3億円あれば…

そりゃぁ〜会社辞めますよね^^;

 

 

将来的な復帰の期待をしてしまいますが

引退理由が本人の意志に寄るものなので

その昔の山口百恵さんのように

芸能界復帰は今後もないでしょう。

 

お子さんの性別など詳しいことは

一切伏せられていますが、

もし女の子だったら

お母さん顔負けの女優さんに!

を是非期待したいですね♪

 

 

世間を騒がせた清水さんの引退

とは違って、惜しまれつつも

きちんと筋を通して円満に

引退した堀北さん。

 

是非、

良いママになって欲しいと思います。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

[ad#ad-shi]