話題になりそうな事

弘前城雪燈籠まつり2019の日程は?アクセスはバスが便利!

christmas-316448_640

この記事では東北5大雪祭りの1つである 弘前城雪燈籠まつり2019の日程と、多彩なイベントの各開催時間、さらにアクセス方法などについてお届けします。

 

日本は縦長の国で、沖縄のように年間を通して暖かい地域もあれば、北海道や東北、北陸地方のように冬になると雪で大変な地域もあります。

同じ日本でもかなり違いますよね。

 

そこでよく言われるのが、沖縄など温かい地域に住む人達は「雪がみたい!」などと、雪国の人たちが羨ましかったり、反対に雪国の人にとっては年中温かい沖縄が羨ましかったり…と言ったナイモノねだり的な発言です。

こういう地域性が顕著なところは季節感をこれだけ味わえる日本ならではのことなのかもしれません。

ただ、最近はそのそれぞれの地域の季節感も若干ですが薄れてきた感じがします。

 

というのも、ここ数年は私が住んでる横浜でも

 

・今年は雪降るかなぁ~

   ↓

・今年は雪どれくらい積もるかなぁ~

 

に変わってきている気がするからです。

数年前には例外中の例外で、沖縄でも雪が降ったらしいですもんねぇ。

 

地球温暖化が叫ばれて久しいですが、最新のNASAの発表では実は

地球はこれから寒冷化が進んでいく

と言われているそうです。

 

もしそれが現実となるなら、何十年後かには日本全国で雪まつりが開催されるかもしれませんが、現時点では冬のお祭りは夏や秋とくらべ圧倒的に少なく凄く貴重な感じがします。

 

雪景色は積雪地域の人には馴染みがあるものの、雪といろいろな風景とのコラボはそんな雪に見慣れた人たちにとっても日常と違った世界として楽しむことが出来るのではないでしょうか。

ましてや雪に馴染みがない人にとっては、さらに幻想的に映ることでしょう。

 

札幌雪祭りなど、雪に関してのイベントはたくさんありますが、今回ご紹介する弘前城の雪灯篭まつりも、大変歴史があるイベントとして注目されているんです。

 

少々前置きが長くなりましたが、さっそく本題である弘前城雪灯篭まつりの2019年度の日程、開催時間、アクセス方法など気になる情報を見てまいりましょう。

 

弘前城雪灯篭まつり2019の日程!

弘前城雪灯篭祭り2019の開催日程は

2月8日(金)から11日(月・祝)まで

となっています。

ロマンティックで幻想的な時間を楽しめるのはたったの4日間なのです。

 

昨年も同様に

2月9日(金)から12日(月・祝)まで

の4日間でしたので、例年通りの日程となりますね。

 

短い開催期間、なおかつ冬将軍到来真っ只中ということになるため、天候に非常に左右されることになるでしょう。

 

弘前城は青森県の弘前市にあり国の重要文化財に指定されている大変貴重な歴史建造物であると共に、桜の名所としても有名です。

 

春になると花見客で賑わいます。

 

個人的にも弘前城と聞くと、ちょうど桜の開花がGWと重なる「さくら祭」の方が真っ先に思い浮かぶんですが、逆に雪祭りには行ったことがありません。

 

雪国なので、当然雪祭りはあるだろうと思っていましたが、今回調べてみて、この雪灯篭まつりがまさか昭和52年から続く歴史あるものだとは思いもよりませんでした。

 

実は2年前、仕事で青森の十和田地区に出張に行ったことがあったんですが、向こうに着くや否や、まさかの吹雪。

七戸十和田という新幹線の駅で降りたのですが、一緒に降りた地元の人も苦笑い。

 

私も、まだ11月上旬だったので、時間が空けば紅葉も楽しめるかなぁ~と思っていた予測がすっかり狂ってしまい…もう苦笑いするしかなかったです。

ところが駅から一歩出ると、まるで小説のような一面の銀世界が拡がって唖然としたんですが、駅から宿泊予定のホテルに向かうタクシーの中で運転手さんに色々聞いてみたのを思い出します。

その時は、雪が降ったのは2回目だが積雪は初めてとのことで、例年より数週間早い積雪になったようですが、これもNASAの地球寒冷化の影響か?と思ってしまいました。

 

でも、それまでの過去数年はむしろ雪が少なく、スキー場の経営などかなりの打撃を受けていたそうで、そういう意味では久々に雪の多いシーズンになるんじゃないか?と話していましたね。

 

ということで、今年がそうなるかはわかりませんが、雪祭り関係者が腕が鳴るほどに、十分な積雪量を確保できることを願ってます。

 

手作り感満載の弘前城雪まつり

ちなみにこの灯篭祭りは、ねぶた祭り同様に、基本的には地元市民の手作りで行われます。

厳しい季節の中行われるイベントですが、地元愛が詰まった幻想的な力作に心がホッとすること間違いなしですね。

 

Sponsored Links




弘前城雪燈籠まつりの各イベントの開催時間は?

例年、この弘前城雪灯篭まつりには様々な催し物が開催されます。

 

その各種イベントによって開催時間は様々。

 

2019年の詳細はまだ発表されていませんが、例年やるイベントはある程度決まっているので、ここでは参考に昨年度までの各開催時間をご紹介します。(予測できるものは今年の予測時間を記載)

 

雪燈籠まつり各イベントの時間


①開会式

時間:初日(2月8日)の10時から

場所:弘前公園内



②雪燈籠・雪像のライトアップ

時間:16時30分頃から21時まで

場所:弘前城公園全体に約150基



③ミニかまくらのライトアップ

時間:16時30分から21時まで

場所:西の郭(蓮池周辺)に約300基



④露店

時間:9時から21時まで(初日のみ10時から)

場所:四の丸に約20店



⑤公園物産館

時間:9時から21時まで

場所:四の丸(賀田橋近く)



⑥弘前城石垣マルチ・プロジェクション

時間:2月9日(土)・10日(日) 18時から30分おきに計6回上映

場所:弘前城内濠

約140mにも及ぶ石垣上で映像と光の演出が上演されます。昨年は30分置きに上映されるものの他にも上映されていました。



⑦大雪像のプロジェクションマッピング

時間:18時15分から30分置きに1日計6回上映。

❈花火が開催される8日(金)のみ20時15分の回はお休み。

場所:北門近くのまつり本部周辺

毎年制作される大雪像上にプロジェクションマッピングが映し出されます。



⑧弘前冬花火

時間:2月8日(金)の19時45分から【❈悪天候の場合は10日(日)の18時15分からに延期】

場所:レクリエーション広場



⑨津軽錦絵大回廊

時間:祭り期間中の日没後

場所:二の丸遊園地前通路

実際にねぶた祭りで使われた錦絵が展示されます。



⑩キャンドルによる雪明り

時間:祭り期間中の日没後

場所:北の郭

キャンドルを受け取り好きな場所に置けるという参加型のイベントです。

あなたが置いた1本が作品の一部になるという素敵な催し物。

お祭りに参加した証としてぜひ1本置いて来ましょう。



⑪雪上サッカー

時間:2月11日(月)の10時からと13時30分からの2回

場所:レクリエーション

東北社会人1部リーグに所属するブランデュー弘前FCが主催の雪上サッカーフェスティバルです。今年も恐らくあるんじゃないでしょうか。

 

 

この他にも、滑り台(そりの貸し出し有)や、土日の10時から15時まで開催されるワークショップゆるキャラお散歩餅つき大会などたくさんのイベントが例年開催されています。

2019年も恐らく、同等以上の催し物があることでしょう。

 

ここで、ご紹介したのは、あくまでも2018年までの日時から予測したものです。

各イベントそのものが2019年にも開催された場合の目安としてください。

情報が入り次第、更新していきます。

 

それにしても、祭りって雪像があって、その芸術を楽しむだけのイメージがありましたが、実に多彩なイベントがあってビックリしました。

そして、私自身も雪国生まれですが、個人的には小学校の時によくやった雪上サッカーを久々にやりたくなりましたね。

地面が雪で痛くないのでオーバーヘッドキックもバンバンできるし、寒さも忘れるくらい楽しいんですよ~!

雪に足が取られるので普通にやるサッカーの2倍疲れますが^^;

 

日頃の運動不足を解消したい方にはオススメです。

 

Sponsored Links




弘前城雪灯篭まつりへのアクセスはバスが便利!


この燈籠まつりが開催される弘前城および弘前公園へ車で行った場合、気になるのが駐車場です。

ただ、この弘前公園周辺の駐車場は全て合算しても収容台数は400台以下。

一番大きい弘前文化センターの駐車場でも収容数は110台ほどとあまり余裕がありません。

 

ということで、少し離れた場所に停めてから徒歩で向かうことになるかと思います。

 

 

公共交通機関を利用した場合は弘前駅から弘前公園まで3km程なので歩けなくもないのですが、普段でも徒歩で約30分

雪が降っていることを考えるとその倍くらいは掛かりそうです。

 

祭りを楽しんだ帰りならまだしも、祭りに向かう前から体力を消耗したくないですよね?

とはいえ、タクシーだと弘前駅から10分程で楽ちんですが、交通費はできるだけ抑えたいのが本音ではないでしょうか。

 

そこで、大変便利なのが弘南バスが運行する土手町循環バス

名前の通り弘前市内をグルグル循環しているので関東で言うところの山の手線のような感じですね。

そのバスに乗って駅から約15分、市役所前で降りれば、そこから開場まで徒歩4分になります。

 

この便利な循環バスは10時〜17時の間で10分おきに運行されていて、しかも料金は何と…

100円!

これを利用しない理由は見当たりません。

 

行きはこの循環バスで節約し、帰りはタクシーあるいはゆっくり祭りの余韻に浸りながら徒歩で帰宅。

このアクセス方法が一番節約できてオススメです。

 

Sponsored Links




燈籠祭りの見どころは?

弘前城雪灯篭まつりの最大の見せ場は、その名の通り公園全体に広がる大小合わせて150基にも及ぶ雪灯篭たちです。

 

津々と積もる雪の世界の中での雪かまくら300基や約1000個の雪ぼんぼり、雪像などと共にライトアップされる様は、さぞ幻想的で日常世界から開放される貴重な時間となることでしょう。

 

また四の丸を中心として約20店に及ぶ露店があります。

 

露店はきっと地元のおいしい物が食べられると想いますし、ここで温かいものを適度に食して体の芯から温まりましょう!

 

この雪灯篭まつりのイベントは、全ての展示物が日没よりライトアップされる事で幻想的な風景を作っていきます。

ミニかまくらにはろうそくが灯り、ロマンティックな夜になる事間違いなしです。

 

2016年はちょうど最終日がバレンタインデーという事もあったのでカップルにとっては絶好のシチュエーションでしたが、残念ながら今年はバレンタイン前となります。

いっそフライングしてチョコを渡すのもありかも??(^^)

 

また、寒い冬に暖かさを足すように、例年金曜日に冬の花火大会が開催されます。

寒い夜に舞い上がる花火は空気が澄んでいてたいへん綺麗です。

想像するだけで北国の方の空気は綺麗な感じがしますので、より花火が際立つことでしょう。

 

花火は夏祭りの代表格ですが、雪祭りの場合は、寒い夜だからこそ暖かさが感じられるイベントになりそうですね。

 

「弘前城雪燈籠まつり2019」のまとめ

日本のお城には歴史があり、その歴史に即したイベントが各地でたくさんあります。

弘前城は再建されていない現存の城として、東北で唯一の城。

 

ちなみに全国的には12城あって、代表的なのは姫路城や彦根城、松山城、松本城など。

貴重な歴史建造物で、本来であれば悠久の歴史を感じながらイベントを楽しむべきところです。

 

しかし、この弘前城雪灯篭まつりのような、現代の科学と昔ながらの燈籠が融合するようなイベントは珍しく、新しい城の活かし方だと思います。

 

冬は寂しい季節だからこそ、人の温かさが感じられるこのようなイベントに行って、現実と寒さを忘れたいところ。

さすれば、純粋に雪の世界を楽しむことにより大きなリフレッシュが図れるでしょう。

 

「寒い寒い」と縮こまってないで、この弘前城燈籠祭りで雪の中を駆け回ってみてはいかがでしょうか?

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。