female-1296357_640

昨シーズンのフィギアは

たくさんの話題があり

近年まれに見る盛り上がりを見せましたね。

 

特に浅田選手の復活は大変な話題でした。

 

しかし、その浅田選手の事だけでなく

若手の台頭という面でも大きく流れが

変わったのが記憶に新しいところ。

 

Sponsored Links

 

特に宮原選手などは

一気に新世代を代表する選手となり、

その演技にも貫禄が出てきました。

 

ポスト浅田の一番手は

彼女で間違いないでしょう。

 

しかし、輝いたのは

決して宮原選手だけではありません。

 

宮原選手に負けないような選手も

名前を挙げようと思えばたくさんいます。

 

その中の有望株で個人的にも期待している

本郷理華さん。

 

今回は彼女に関する情報をまとめてみました。

 

日本選手権4位で世界選手権日本代表に!

104770r (1)

一昨年、日本女子フィギアスケート界を

引っ張てきた浅田真央選手が一線を退く中、

たくさんの有望な若手が出てきて

結果を出しました。

 

その中の一人である本郷理華さんは、

昨年12月の日本選手権SPで2位に

入るものの、フリーでの転倒もあって

最終的には4位で終了。

 

その後に行われる四大陸選手権と

世界選手権の選考を兼ねていたので

残念な結果となりましたが、

 

同大会で2位になった

樋口新葉選手が年齢の関係で

シニアの大会に出れないため

繰り上げで日本代表に選ばれました。

 

そして迎えた今年2月の四大陸選手権では

2年連続で総合3位に入る健闘を見せます。

 

 

さらに3月にボストンで開かれた

2016世界フィギュア選手権では

前年の6位より順位を落とし

総合8位で終わったものの

得点では前年を上回るどころか

自己新である199.15点をマーク。

 

200点まであと一歩のところまで

きました。

 

演技が終わったあとの

充実した笑顔が印象的でした。

 

現時点で持っているものを

全て出しきれたのでしょうね。

 

本郷選手は

着実に成長しているところを

周りに印象付けた感じがします。

 

 

個人的には、彼女は

スケールの大きい体型もあって、

あの荒川静香さんとイメージが

重なって見えます。

 

転倒さえなければ

ひょっとして・・・

という惜しいところまで来ている

感じです。

 

周りを気にせず自分の演技に徹して

気付いたら、優勝してた!

という物怖じしない性格かなぁ〜

と思うのですが、

あなたはどう見ますか?

 

 

ただ、

ジャンプの安定感という意味では

まだまだなので、今後は

そこが課題でしょうね。

 

それでも、大きい体を活かした表現力は

日本でも屈指のものがありますので、

ジャンプや細かい滑りの課題を克服できれば、

宮原選手の牙城を崩すのは

今の段階では彼女だけだと思われます。

 

本郷理華の身長や手足の長さは父親譲り?

104768 (1)

1996年9月宮城県に生まれた

本郷選手は現在20歳です。

 

4歳よりスケートを初めると

小学校時代には5つの大会で優勝するなど

一躍有望選手と注目を集めます。

 

荒川静香選手の大ファンで

トリノ五輪で金メダルを獲り

地元仙台で凱旋パレードした際に

何と!本郷選手は荒川選手と一緒の

オープンカーに乗っていたそうです!

 

本郷選手が10歳のときでした。

 

 

しかし、いくら地元の有望株とは言え

そこまで粋な計らいをするかなぁ〜

と調べてみると、

 

これは、どうやら

本郷選手のお母さんである本郷裕子さんが

荒川選手と友達だったために実現した

ようです。

 

世間は狭いというか、

やはりフィギュアをやれるって

お金持ちのイメージがあって、

色んな選手との繋がり合い同士が

きっと凄いんでしょうね。

 

本郷選手と荒川選手の

意外な繋がりにビックリです。

 

 

そして、この時の経験が

発奮材料になったのか?

本郷一家はこの10歳の時に

フィギュア王国である

愛知県名古屋市に引っ越しています。

 

名古屋市立港明中学から

瑞穂高校に進んだ彼女は

高2で挑んだ2013−14シーズンの

全日本ジュニア選手権で3位に入り

一気にトップレベルに追いついて

いきます。

 

さらに昨年、

スケートの名門・中京大学に進学し

既にお伝えした活躍で

日本代表に選ばれるまでに成長。

 

まだまだ伸び代はありそうな感じです。

 

 

ところで、

本郷選手のお顔立ちを見ると

各パーツがエキゾチックで

しかも高身長(166cm)ということで

ハーフ説が囁かれています。

 

しかし、調べてみると

彼女の父親の情報は色んな噂が

飛び交っています。

 

その中で有力なのが

2014年12月にあった産経ニュースの記事。

 

ここで、本郷理華さんは

3996グラムで生まれ

手足の長い恵まれた体型は

英国人の父親譲り

と報道されていました。

 

きちんと報道されているので

理華さんは、

父・英国人、母・日本人の

ハーフということですね。

 

手足の長さ、高身長、スタイルの良さ、

お顔立ち・・・

どれをとっても納得しました。

 

 

またネット上では

お母さんについても同じように

情報が錯綜しています。

 

母親が稲葉裕子さんとする説が

有力である節がありますが、

これも間違っていると思います。

 

なぜなら…

 

稲葉裕子さんという方が

もし理華さんのお母さんであれば

1998年に開催された

東日本フィギュアスケート選手権大会

で、当時東北学院大に所属している

稲葉裕子さんが14位になっている事実

からすると、

 

このとき大学4生年だったとしても

理華さんは既に生まれていなければ

なりません。

 

フィギュアを志していて、

しかも学生で・・・

という立場で考えると子育て中だった

のは常識的に考えられないのです。

 

 

ただ、

本郷選手のお母さんである裕子さんは

荒川選手のお友達で

元フィギュアスケート選手。

 

これは確かです。

 

 

荒川選手が理華さんのことを

生まれたときから知っていて、

 

凱旋パレードの際は

荒川さんたっての希望で

理華さんをオープンカーに乗せた

のは間違いない事実ですから。

 

色々な憶測があって

正しい情報を汲み取るのは

難しいですね^^;

116090 (1)

まあ何れにしても、その手足の長さが

彼女のスケーティングのダイナミックさ

につながっています。

 

長い手足を使った演技力と

コンビネーションジャンプを武器に

華麗かつダイナミックな演技を

今後も突き詰めて欲しいですね。

 

 

また、スピンの完成度や

彼女の姿勢が猫背である事で

以前は少し得点にも影響していましたが、

それはどうやら改善されつつあります。

 

女王・宮原さんとか今の有力選手は

皆小さいイメージがある中で

身長の高いスケーターは

日本ではホント貴重な存在です。

 

スケール感だけで言えば

本郷選手の持っているポテンシャルは

日本一と言えるでしょう!

 

そんな彼女にますます

期待してしまいますね〜

 

Sponsored Links

 

キダムの振り付け師は鈴木明子さん!

104769 (1)

本郷選手の2015-16シーズンの

SPは「キダム」

FS「リバーダンス」

でした。

 

この組み合わせが抜群で

どちらも彼女はピッタリはまっていて

見ててワクワクする演技でした。

 

本郷選手の特徴でもあるスピードを

殺さずに、華やかで繊細な手先が

ダイナミックさと見事に融合してましたね。

 

 

そこで、ふと気になったのが

振付師は誰なんだろう?

ということです。

 

本郷選手の振付師は

実は過去にお母さんも努められていました。

 

ですが、

この劇的に変化した演技力を見ると

どうも今までとは違うな!と。

 

そう思って調べてみると

何と現役を引退したばかりの

鈴木明子さんでした!

 

 

鈴木さんの現役時代は、

その表現力に定評がありましたよね。

 

その良さがこのSPの曲には表れています。

 

知るとなるほど納得です。

 

細やかな手先の動きや、

ジャンプとジャンプの間の繋ぎの演技は

鈴木さんの表現力がそのまま受け継がれて

いる感じを受けます。

 

そして、更なる飛躍が期待される今季。

 

 

2016-17シーズンのFSに選んだのは

「アラビアのロレンス」

というアラブ独立闘争を題材にした

何だか小難しそうな感じのイギリス映画の曲。

 

どんなイメージの曲なんだろうと

調べると、こんな動画がありました。

(もし動画が削除されていたらスイマセン)

1度聴いた程度では理解できない

難しさを感じるのは私だけでしょうか?

 

「キダム」などに比べ更に表現力が

より難しそうなイメージです。

 

もちろん鈴木さんが引き続き振り付けを

担当するということで、

鈴木流の表現がどういう形になって

表現されるのか?

非常に興味があります。

 

しかも今後も

本郷選手と鈴木選手のタッグは

続くのでしょうか。

 

もし続くのであれば、

理華さんの成長具合からして

いつか頂点を極め二人で喜ぶ姿が見れる日も

そう遠くはない気がします。

 

「本郷理華の身長〜」のまとめ

現在のフィギュア女子は

優秀な選手が揃い、

見る方からすると楽しいのですが、

当の選手たちは大変でしょう。

 

次の平昌オリンピックの枠も

最大でも3枠と少ないので、

これからの争いは見応えがあります。

 

怪我なくベストを出せるように

選手の皆さんが頑張る事で、

日本のフィギア全体のレベルを

押し上げていってくれることを

願います。

 

その中でも、

この本郷選手のスケール感には

大きな期待を寄せずにはいられません。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

Sponsored Links