高校野球

青森山田・堀岡隼人の身長や出身は?球種や評価をチェック!

futta1762m東北にプロ野球チームが誕生して

数年が経ちました。

 

そして歓喜した3年前の初優勝!

 

忘れもしません。

 

現在、その中心にいた

田中将大投手のフィーバーは

海を越え現在メジャーで展開中です。

 

そんな東北の野球熱に連られるように、

近年東北地区の高校野球も

強豪と呼ばれるチームが多数

生まれてきました。

 

八戸学院光星や、仙台育英を始めとした

近年の東北地区の躍進には

目覚ましい物があります。

 

して今回、

青森県から2校のセンバツ出場となりました。

 

青森山田八学光星

 

地元ではこの両校の対戦は

黄金カードと呼ばれ、お互いに

覇権を争ってきました。

 

その2校が揃ってセンバツ出場ということで

きっと青森の人たちも興奮している

ことと思います。

 

私も田村・北條の頃から

八学光星ファンなので

嬉しい限り。

 

お互いをライバル視してるでしょうから

先に負けまい!と気合が入っている

のではないでしょうか。

 

今回は、その内の1校である

東北王者・青森山田高校のエース

堀岡隼人投手に注目したいと思います。

 

しばらく甲子園から遠ざかっていた

青森山田ですが、

昔から変わらずの鉄壁の守備を

誇ります。

 

そしてその中心に君臨する堀岡投手。

 

今回は彼の経歴や、投手としての特徴を

中心にまとめてみました。

 

堀岡隼人選手の身長や経歴は?

 

神奈川県秦野市出身の堀岡投手は

泰野リトルシニア(泰野東中)から

青森山田中に転校後、

青森山田リトルシニアから

青森山田高校へと進みます。

 

秦野東小学校に入学してまもなく

軟式野球で野球を始めていて、

小学校の時は現在遠投110mという強肩

を活かしたショートだったようです。

 

その後、秦野リトルシニアでは

サードを守り、何と

投手経験は高校に入学してから

 

山田高校進学後は、一年の頃より

ベンチ入りメンバーに登録されている事から、

監督の高い評価を受けていたようです。

(当時は佐藤監督という別の監督さん)

 

2年生の秋から先発として活躍。

 

ただこの時は、3年生に小野投手という

安定感抜群のエースが居たため、

2番手、3番手の扱いでした。

 

 

昨年春の東北大会を制し、

優勝候補筆頭で臨んだ夏の甲子園予選では、

ベスト8を掛けた一戦でまさかの

サヨナラ負け。

 

堀岡投手は出番なく敗退するという

悔しさを味わいます。

 

しかし、

主力のほとんどが当時2年生だった青森山田。

 

秋の新チームで経験値的に他を圧倒しており、

かなり完成度が高いチームという評判でした。

 

この新チーム発足に伴い、監督も交替。

 

新たに監督として就任したのは

青森山田シニアの監督で

現在の1、2年生を近くでよく見てきた

兜森監督でした。

 

 

正直なところ、前チームまでの

監督選手間では意思の疎通が

イマイチで、

誰もが認めるほど能力のあった選手も

何故かベンチ入りも果たせず…

という不可解さ満載の監督だったため

 

この監督交代は

特に青森山田シニア時代からの

選手たちにとって

勝手知った監督さんということで

非常に大きな意味をもたらしたと

思われます。

 

ところが、蓋を開けてみると、

地区予選では不安定さを露呈することとなり、

そんなチーム状態に呼応して

堀岡投手も制球難があり県大会も危うし

という酷い状態のスタートでした。

 

監督交代など周りのバタバタ感も

想像できるので、ある程度は

仕方ないことでしょうね。

 

逆に言えば、それでも

青森山田らしい負けない野球

ができていたということ。

 

結果的に、県大会以降は

周りの心配をよそに選手達がみんな

逞しく成長していきます。

 

特に堀岡投手の東北大会での

仙台育英戦からの成長ぶりは圧巻でした。

 

何でも、

大会の途中で兜森監督のアドバイスで

フォームを少し修正したようで、

投手はちょっとしたキッカケ

大きく変わるんだなぁ〜

と改めて実感します。

 

東北大会決勝では三連投だったものの

県大会でやられた八戸学院光星を相手に

完封してリベンジし、東北王者に。

 

秋の神宮大会でも

完成度が高いと評判だった

藤嶋選手率いる愛知・東邦高校を

接戦で退けるなど、東北王者として

堂々とセンバツに乗り込みます。

 

 

この冬のトレーニングで体が大きくなり、

現在の身長と体重は

182cm/84kg

とのこと。

 

もともと、

下半身がどっしりした体型が

さらに一回り大きくなりました。

 

体重増によりストレートの威力が増し、

練習試合解禁後の練習試合でも

好調のようで、

センバツでの活躍が期待されます。

 

Sponsored Links




球種や球速をチェック!

 

堀岡投手の球速のMAXは144km
球種は

スライダー、カーブ、チェンジアップです。

 

 

投球スタイルとしては、

135km~140kmをコンスタントに出す

ストレートを中心に、

スライダー、カーブを織り交ぜながらの

力投派タイプと言えます。

 

 

明治神宮大会でもそうでしたが、

その力投ぶりは投げたあとに

帽子が飛んでしまうほど。

 

 

 

そんな彼のピッチングの動画を

見つけました。

 

(もし動画が削除されていたらスミマセン)

 

ヒジを柔らかく使った

常時130中盤〜140km

ストレートも重さがあり

球威も申し分ないと言えますが、

制球難と紙一重といった感じで、

もう少し力を抜いて、

強弱を付けられれば安定感が増す

気がします。

 

しかし、

その良い意味で球がバラつくのは

特徴とも言えるので、

意図的にバラつかせるようになれば

更なる飛躍が期待できそうです。

 

秋の東北大会決勝の光星戦のように、

調子が良いときの投球は安定感があります。

 

 

コーナーを使い分ける丁寧なピッチングに

スライダーやチェンジアップを有効に使い

キッチリと三振も取れる投手です。

 

ただやはり、

立ち上がりでの不安定さを招くのは

メンタル面の弱さ

 

ここを克服していけなければ

青森山田の上位進出はないでしょう。

 

ゆったりとした投球フォームに

この冬での下半身強化がどう活かされるのか?

 

是非注目してみたいと思います。

 

Sponsored Links




堀岡投手の評価は?

276ea5d7765eb9aef938c196b3c21f9c_s (1)

現時点でも安定感もあり防御率も

ここ最近で2点台と申し分ありません。
課題となっていた体が開くと言う所も

冬場のトレーニングで克服しつつあり、

投球術は安定しているので

体がしっかりしてきたら

高卒プロ入りも見えてくると思われます。

 

元々、神奈川に居たときから

追いかけているスカウトもいるようで、

そのスカウトの話によれば、

特に大きく沈むスライダーを絶賛している

とのこと。

 

 

しかし、

全国的にはまだまだ無名なので、

このセンバツでどんなインパクトを残すのか?

 

期待が膨らみます。

 

関連記事
[blogcard url=”href=”https://xn--u8jp7nka.com/yamazakisouichiro-1598.html”]
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/takadahousei-1593.html”]

 

直近の練習試合の結果から想像するに

夏までには140km後半のストレートを

コンスタントに叩き出せるようになる

のではないでしょうか?

 

昨年の東海大相模の小笠原投手のように、

夏までの急成長も期待できる逸材

だと思います。

 

Sponsored Links




「青森山田・堀岡隼人」まとめ

ここ数年の

東北地区のレベルアップは

目を見張るものがあり、

激戦区となりつつある状況で、

青森山田と八戸学院光星の2校が

同時にセンバツ出場と、

青森のレベルの高さが伺い知れますね。

 

その青森県内でも1、2位を争う

好投手である堀岡選手。

 

秋の神宮大会で実際に見ましたが、

そこから体重が8kgも増えたそうで、

安定感もその分増していることを

期待しています。

 

ここ数年、

光星高校の3季連続準優勝や

昨年の仙台育英も優勝まであと一歩でしたが、

この流れの背景には、

やはり楽天イーグルスという

プロ球団が来たことが大きな刺激と

なっているのでしょう。

 

ひと昔前の青森山田と言えば、

関西方面からの留学生のイメージが

ありましたが、今やその流れは変わり、

随分と地元の子がかなり増えたようです。

 

このことは、

東北の野球熱が盛り上がっている

ことを示す1つの証拠だと言えます。

 

昔から東北地区の野球は

粘り強い野球と言われてきましたが、

それにはどうしても

基本的な守備力が重要だと思います。

 

堀岡投手がいる青森山田も

ピッチャー中心に

鉄壁な守備力を誇るチームです。

 

 

堀岡投手自身も

「守りのリズム」

という事をコメントしていますが、

攻撃に繋げる守備力をベースに

チーム作りをしている印象を受けます。

 

今回紹介した堀岡投手の安定感が

更に増せば、秋の東北大会のように

センバツの舞台でも案外スルスルっと

優勝してしまうかもしれません。

 

今度こそ東北の地に優勝旗が渡るのか?

 

いち高校野球ファンとしては、

東北地方の学校が悲願の優勝を果たす場面

をぜひ見たいものです。

 

そんな応援も含めて、

甲子園で見せる堀岡投手のピッチングに

注目していきたいと思います。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

[ad#ad-shi]