今日は何の日

7月2日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめ

7月2日は何の日この記事では、7月2日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。

具体的には、

  1. 7月2日にある記念日とその由来まとめ
  2. 7月2日の誕生花は?
  3. 7月2日の誕生石は?
  4. 7月2日の誕生色は?

についてです。

この記事を読めば、7月2日がどんな日なのか?の理解が深まることでしょう。

 

7月2日にある記念日とその由来まとめ

7月2日の記念日は

  • 全国なまずサミット/なまずの日
  • 真ん中の日/一年折り返しの日
  • たわしの日
  • 谷川岳の日
  • 柿渋の日
  • うどんの日
  • 蛸(タコ)の日
  • 布ナプキンの日
  • ユネスコ加盟記念日
  • Life2.0の日(毎月2日)

です。

このうち、「Life2.0の日」に関しては5月2日の記事で詳細載せてますので、そちらをご覧ください。

あわせて読みたい
5月2日は何の日
5月2日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめこの記事では、5月2日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。 具体的には、 5月2日にある記念日とその由来ま...

 

それでは、その他の記念日の詳細を見て行きましょう。

全国なまずサミット/なまずの日

なまずの日「全国なまずサミット/なまずの日 」の由来は…

7月2日 → 0702 → 「な(7) ま(0) ず(2)」の語呂合わせ

で制定されました。

記念日を制定したのは、なまずを活用して「まちおこし」している全国の自治体が開催する全国なまずサミットです。

その代表である埼玉県吉川市の中原恵人市長が申請しました。

 

なまずは地震を予知できるなど、馴染みのない人間にとっては神秘的な部分があります。

そんな、なまずの魅力を発信し、関連産業の発展と観光文化の振興を盛り上げようという目的があります。

 

それにしても「なまずサミット」では一体どんな議論がなされているんでしょうね…

 

真ん中の日/一年折り返しの日

「真ん中の日/一年折り返しの日」の由来は…

7月2日は1月1日、12月31日両方から数えて183日目の真ん中になる(平年では正午がちょうど真ん中で、閏年では午前0時がちょうど真ん中)

にちなんで記念日に制定されました。

「一年折返しの日」を制定したのが誰か?は不明ですが、「真ん中の日」を制定したのは横浜市で食品や化粧品の販売、食文化の提案やイベント企画などを手がけるアッカープランニングです。

 

その背景には、

1年365日のちょうど真ん中の日を「半分」「シェア」「折り返し」「真ん中」などをキーワードに、みんな笑顔でお祝いする

という目的があります。

 

ちなみに、6月30日は1年の半分6ヶ月が過ぎたということで「ハーフタイムデー」と呼ばれています。

あわせて読みたい
6月30日は何の日
6月30日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめこの記事では、6月30日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。 具体的には、 6月30日にある記念日とその由...

 

この日を過ぎたときからもう1年間の後半を具体的に意識しなければなりませんね。

 

たわしの日

「たわしの日」の由来は…

1915年7月2日、西尾商店(亀の子束子西尾商店)の西尾正左衛門が
「亀の子束子」の特許を取得した

ことを記念して制定されました。

「亀の子束子」の名前は形が亀に似ていることと、亀は長寿で縁起が良く水にも縁があることで、親しみを込めて付けられました。

その名の通り、かれこれ100年以上経っても廃れない息の長い商品となってます。

 

たわしには亀の子束子の他にも、スリムたわしやシュロたわし、カルヤルたわしなど10種類以上があります。

たかがたわし、されどたわし。

100年以上の歴史もあるし、調べると奥が深いですね。

 

谷川岳の日

「谷川岳の日」の由来は…

1920年7月2日、日本登山史に残る谷川岳初登頂が達成された

ことを記念して制定されました。

記念日を制定したのは、谷川岳の麓に位置する群馬県みなかみ町です。

 

この谷川岳初登頂には以下のような記録が残っています。

 

1920年7月1日、日本山岳会の藤島敏男さんと森喬さん2名が、案内人・剣持政吉さんを伴い土樽村から入り、仙ノ倉山に至り三ノ沢に下降。

翌7月2日に矢場尾根から茂倉岳・谷川岳に至り天神峠から谷川温泉に下った。

 

この歴史的なエピソードを中心に、みなかみ町のシンボルである谷川岳を広くPRする日になっているんですね。

 

柿渋の日

「柿渋の日」の由来は…

7月2日頃が暦の上の「半夏生(はんげしょう)」にあたり、山柿が小さな青い実を付け始めて柿渋造りの準備に入ることと、「かき(柿=夏季) し(7) ぶ (2)」の語呂合わせ

にちなんで制定されました。

記念日を制定したのは、大阪市にある柿渋を扱う株式会社柿多冨(かきたふ)です。

青い未熟の渋柿の果汁を発酵させた柿渋は、その防腐/防水効果が昔から知られていて主に塗料や染料などに使われてきました。

今は更に柿渋の商品開発が進んで、ドラッグストアなんかでは柿渋石鹸やボディーソープがずいぶんと目立ってきています。

この自然素材は今後も注目を集めて行きそうですね。

 

うどんの日

「うどんの日」の由来は…

「半夏生」の頃(7月2日頃)、香川県の農家ではうどんを食べて労を労う習慣があった

ことにちなんで制定されました。【1980年に制定】

記念日を制定したのは、香川県製麺事業協同組合です。

今や香川を代表する「讃岐うどん」は、丸亀製麺の大成功もあって遠く離れた関東でも当たり前に消費する食べ物になりましたよね。

そんな、うどんの消費拡大を目指した「うどん県」という運動は十分な成果を収めていると言って良いのではないでしょうか。

 

蛸(タコ)の日

「蛸(タコ)の日」の由来は…

「半夏生」の頃(7月2日頃)に、関西では蛸(タコ)を食べる人が多い

ことにちなんで制定されました。

記念日を制定したのは、蛸研究会です。

その背景には、

タコの吸盤のように農作物が大地にしっかりつ根付くように…

という願いが込められています。

もしかしたら「たこ焼き」にも似たような想いが込められているのかも…

 

1つ上で紹介した「うどん」もそうですが、他にも「鯖」を食べる地域もあるようで、ずいぶんと地域差がありますね。

ちなみに日本記念日認定委員会によると7月2日は「うどんの日」は認められているものの、「蛸の日」は認定されていません。

 

布ナプキンの日

「布ナプキンの日」の由来は…

「ナ(7) プ(2) キン」の語呂合わせ

で制定されました。

記念日を制定したのは、千趣会です。

現在では使い捨ての紙ナプキンが主流なので、頻繁に交換しなければならない点や外出時に使用済みを持ち帰らなければならない点を除けば、「ゴミ削減」の観点からは自然に優しいと言えると思います。

 

ユネスコ加盟記念日

ユネスコ加盟記念日「ユネスコ加盟記念日」の由来は…

1951年7月2日、日本が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に加盟した

ことを記念して制定されました。

ユネスコの本部はパリにあり、教育・科学・文化を通して世界の平和と安全に寄与することを目的として、広報活動・情報交換・成人教育・児童教育等の文化普及活動を行っています。

そもそもユネスコって何?という問いに一番わかりやすい答えは

世界遺産の登録を決定する機関

という答え方だと思いますが、実際の活動はそれ以外にもたくさんあるんですね。

 

 

>>他の日の記念日も見てみる!

 

Sponsored Links




7月2日の誕生花は?

7月2日の誕生花は

  • キンギョソウ
  • クレマチス

です。

この内、キンギョソウは4月15日、クレマチスは5月3日の誕生花でもあるので、詳細はそちらの記事をご覧ください。

↓キンギョソウはこちら↓

あわせて読みたい
4月15日は何の日
4月15日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめこの記事では、4月15日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。 具体的には、 4月15日にある記念日とその由...

↓クレマチスはこちら↓

あわせて読みたい
5月3日は何の日
5月3日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめこの記事では、5月3日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。 具体的には、 5月3日にある記念日とその由来ま...

 

Sponsored Links




7月2日の誕生石は?

バリサイト(バリスサイト)

石言葉:自然の捻り

緑色のパワーストーンで、透明~半透明でガラス光沢があります。

石の名前は原産地のドイツ・フォクトラント地方の古名に由来します。

ストレスや精神的な疲労を緩和させる効果があると言われているので、病中・病後の癒しにぴったりですね。

 

Sponsored Links




7月2日の誕生色は?

7月2日の誕生色は「コバルトブルー」です。

↓↓ こんな色 ↓↓

色言葉:手際よさ、繊細

【色の個性(人柄)】

感性豊かな洗練された都会派

 

 

>>7月2日生まれの有名人は誰?

 

 

>>明日7月3日は何の日?

>>昨日7月1日は何の日だった?

>>他の日も確認する!