今日は何の日

7月6日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめ

7月6日は何の日この記事では、7月6日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。

具体的には、

  1. 7月6日にある記念日とその由来まとめ
  2. 7月6日の誕生花は?
  3. 7月6日の誕生石は?
  4. 7月6日の誕生色は?

についてです。

この記事を読めば、7月6日がどんな日なのか?の理解が深まることでしょう。

 

7月6日にある記念日とその由来まとめ

7月6日の記念日は

  • ナンの日
  • ワクチンの日
  • 公認会計士の日
  • サラダ記念日
  • セコムの日(7月5日/7月6日)
  • 手巻きロールケーキの日(毎月6日)
  • メロンの日(毎月6日)

です。

このうち、「セコムの日」に関しては7月5日の記事で、「手巻きロールケーキの日」と「メロンの日」に関しては5月6日の記事で詳細を書いてますので、それぞれそちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
7月5日は何の日
7月5日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめこの記事では、7月5日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。 具体的には、 7月5日にある記念日とその由来ま...
あわせて読みたい
5月6日は何の日
5月6日は何の日?記念日と誕生花/誕生石/誕生色まとめこの記事では、5月6日が何の日なのか?に関する情報をまとめています。 具体的には、 5月6日にある記念日とその由来ま...

 

それでは、その他の記念日の詳細を見て行きましょう。

ナンの日

「ナンの日」の由来は…

「ナ(7) ン(6)」の語呂合わせと、需要の高まる夏の始まりであること

で制定されました。

記念日を制定したのは、株式会社ジェーシー・コムサです。

 

その背景には、

小麦ごはんの一つであるナンのおいしさをPRする

という目的があります。

 

インド人といえばナンとカレーのイメージがありますよね。

ですが、実はインド人って普段ナンをあまり食べないのをご存知ですか?

理由は、各家庭にナンを焼くタンドール窯がないことと、小麦が高級品だからなんだとか。

 

インド人は普段あまりナンを食べない…ナンともびっくりな事実ですね^^;

 

ワクチンの日

「ワクチンの日」の由来は…

1885年7月6日、フランスの細菌学者ルイ・パスツールが開発した狂犬病ワクチンが、初めて少年に接種された

ことから制定されました。

記念日を制定したのは、医療技術の世界的企業BectonDickinson社の日本法人である「日本ベクトン・ディッキンソン株式会社」です。

 

ワクチンの接種には、

  • かかった時に症状を軽くする
  • 周りの人にうつさない

という側面があります。

 

私はインフルエンザなど、接種してもしなくても、かかるときはかかってしまうので、最近は受けないようにしていたのですが、周りの人のことを考えたら予防接種は受けた方が良いですね。

 

公認会計士の日

「公認会計士の日」の由来は…

1948年7月6日、アメリカにならって「公認会計士法」が制定された

ことを記念して制定されました。【1991年に制定】

記念日を制定したのは、日本公認会計士協会です。

 

公認会計士とは企業の監査と会計を専門とする国家資格をもつ職種です。

日本では現在約1万人の公認会計士がいるんだとか。

 

公認会計士は弁護士や司法書士、行政書士など…ほかの国家資格と同じように「仕業」とよばれ、特定分野のスペシャリストとして独立開業することができます。

仕業を扱ったドラマは大体ヒットしましたが、公認会計士を主人公としたドラマで大ヒットしたものはありません。

逆に言えば、ドラマでこの「公認会計士」という隙間ジャンルを攻めれば大ヒットに繋がるかもしれませんね。

 

サラダ記念日

「サラダ記念日」の由来は…

1987年に俵万智が発表した歌集「サラダ記念日」の中の一首『「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日』

にちなんで制定されました。

またこの日は「記念日」という言葉を広く一般に定着させたことでも知られています。

 

この「サラダ記念日」は、

ドレッシングなど、サラダに関連した企業の商品PR

として活用されています。

 

ちなみに、作者の俵万智は2011年の7月6日と2014年の7月6日にTwitter上で「サラダ記念日」の詩を作った経緯を詳しく述べています。

私も以前、そのツイートを見つけ、短い詩の中でいろいろと計算されているんだな~と感心してしまいました。

あなたもぜひTwitter上で調べてみてください。

 

 

>>他の日の記念日も見てみる!

 

Sponsored Links




7月6日の誕生花は?

7月6日の誕生花は

  • ツユクサ
  • アサガオ
  • ハマユウ(ハマオモト)
  • ヒマワリ

です。

 

それでは、それぞれの花言葉を見ていきましょう。

ツユクサの花言葉とその由来

ツユクサの花言葉ツユクサの花言葉は以下の通りです。

  • 「なつかしい関係」

日本原産であるツユクサは古来より人々に愛されてきました。

古くは万葉集の中にも出てくる花です。

花言葉の「なつかしい関係」は花名のもととなった植物学者にちなんで付けられたと言われています。

 

アサガオの花言葉とその由来

アサガオの花言葉アサガオの花言葉は以下の通りです。

  • 「はかない恋」
  • 「固い絆」
  • 「愛情」

この中で「はかない恋」に関しては、朝咲いて午後にはしぼんでしまうという…短い花の命に由来しています。

また、「固い絆」や「愛情」に関しては、しっかりとツルを柱に絡ませる姿から付けられたと言われています。

 

ハマユウ(ハマオモト)の花言葉とその由来

ハマオモトの花言葉
ハマユウの花言葉は以下の通りです。

  • 「どこか遠くへ」
  • 「汚れがない」

この中で「どこか遠くへ」に関しては、ハマユウのタネがタネが海流によって広がったと考えられていることから付けれられました。

また「汚れがない」に関しては、神事に用いられる木綿(ユウ)のような白い花姿から付けられたと言われています。

 

ヒマワリの花言葉とその由来

ヒマワリの花言葉ヒマワリの花言葉は以下の通りです。

  • 「私はあなただけを見つめる
  • 「愛募」
  • 「崇拝」

これらの花言葉は、ヒマワリが太陽の方向を向く性質にちなんで付けられました。

 

Sponsored Links




7月6日の誕生石は?

オブシディアン

石言葉:摩訶不思議

オブシディアンと聞いてあまり馴染みがなくても、和名「黒曜石」と聞けば、なんとなく聞いたことがある石ではないでしょうか?

古くから石器として利用されていて世界各地で人々と深く関わってきた石です。

集中力を高める効果があるとされるので、試験のお守りとして最適ですね。

 

Sponsored Links




7月6日の誕生色は?

7月6日の誕生色は「新橋色」です。

↓↓ こんな色 ↓↓

色言葉:状況判断、決定力、信念

【色の個性(人柄)】

前向きで仕事も生活も楽しめる人

 

 

>>7月6日生まれの有名人は誰?

 

 

>>明日7月7日は何の日?

>>昨日7月5日は何の日だった?

>>他の日も確認する!