「女子力って!?なに?」

 

いつの頃からでしょうか・・・

 

「すごい!女子力高い!」とか

「女子力をもっと上げる!」なんて、

雑誌の見出しやテレビなんかで

言われ始めたのは。

 

なんで女子力があって男子力はないのか?

 

全体的な大人力なんてのも

あっていいかと思うんですけど、

これまた話題にもならず。

 

更には30、40、50代でも

女子でいいのか?って

様々な「?」がありますが・・・

 

まあ要するに、やっぱり

女はいつでも注目の的

ってことなんでしょうねっ。

きっと。

 

という感じで私の嫁は

良いように解釈しているのですが、

あなたはどうお考えでしょうか?

 

女子力とは何か?

 

これは女性にとっては

簡単に答えが見つからない、

いわば女性の永遠テーマだと言えます。

 

Sponsored Links

 

だけどそんな中、けっこういるのが、

その本来の意味をはきちがえちゃってる

人達です。

 

ダイエットやスキンケア、コスメや、

あるいは持ち物であったりと、

女子力の高さは得てして

そんなことだけで議論されがちです。

 

ホントそんな議論が

巷に溢れ返っていませんか?

 

こういう自己啓発本を

ホントよく見かけます。

 

 

もちろん!

女性として身だしなみは大事です。

 

1児のママでアラフォーの私の嫁も

「いつまでも女性らしくありたい!

独身の頃のようにおしゃれしたい!」

と口癖のとうにいつも言っています。

 

しかし同時に、

本当の意味での女子力は

それだけではない!

と悟ったことも言っています。

 

 

男の私には難しい話題ですが、

妻の口癖を聞くたびに

だんだんと気になってしました。

 

ということで、この記事では

「本当の女子力とは?」

についての私の嫁から聞き出したことを

書いてみたいと思います。

 

女子力はウザい!は勘違い?

 

さて、まずは「女子力」という

言葉の定義をきちんと調べてみましょう!

 

デジタル大辞泉によると、

「女性が自らの生き方を向上させる力。また、女性が自分の存在を示す力。平成21年(2009)ごろからの流行語。明確な定義はなく、女性らしい態度や容姿を重んじること、女性ならではの感覚・魅力を生活や職業にいかすことなど、さまざまな解釈で用いられる」

とありました。

 

おお!

感動するくらい明瞭に書かれていますね。

 

そうです。

 

ここにありますように、

女性が生き方を向上させる力であり、

自分の存在を示す力こそが女子力

なんです。

 

媚びたり、甘えたり、男性好みの

セクシー系になったりすることが、

女子力あがってるって

勘違いしていませんでしたか?

 

それ、違いますからっ!

って偉そうなこと書きましたが、

私もそんな勘違いしていた1人です。

 

 

しかし・・・

生き方を向上させるというと、

人それぞれで生き方は様々なワケで、

自分の存在を示す方法も人それぞれ

ってことになると思います。

 

ある人は、それが

「容姿的な美しさ」を意識すること

であったり、また別の人は

「仕事や料理や作法」だったり。

 

結局のところ、女子力が高い!

というのは色んな捉え方ができそうです。

 

ただ、ここで色んな捉え方がある!

としてしまうとこれ以上何も書けなく

なります。

 

よってここでは、あくまでも

私が嫁から聞いた話を噛み砕いて

自分なりに理解した女子力を基準に

話を進めさせて頂きますね。

 

ということで、ここからは、

私の嫁が理想とする女子力…

内面からの美しさについての話です。

 

アラフォー主婦の目からみた、

女子力(内面からの美しさ)を

アップするために

今すぐやった方が良いこと

を独断と偏見でランキング形式

にしてみましたので、

こんな意見もあるんだ〜

と気軽に読んでみてください。

 

ポイントは、まずは内面ありき!

ということです。

 

では早速、参りましょう!

 

女子力がないなんてもう言わせない!

即実行すべき!

今すぐできる女子力UPランキング!

 

第1位 言葉づかいと挨拶

 

はい。

なーんだって思ってる方!

女子力上がりませんよ〜!

 

いいでしょうか、

まずよく電車などで耳にして

気になるのが、若い女の子たちの

言葉使いです。

 

先日も電車内で、3人組の女の子が

「今日の夜、肉、くう?」

な〜んて会話していました。

 

これだめです。

だめ過ぎます。

 

あなたも無意識に女子同士とか

仲が良い男友達とかに、

使っていませんか?

 

女性らしい言葉使いという意味では

正しくは「お肉」です。

 

是非「お」を付けましょう。

 

しかも、「くう」って

女性が発する言葉ではありませんよね。

 

気心がしれた相手にでも、あくまでも

「今日、お肉食べに行く?」

にしましょう。

 

何か、オッサン丸出しの

小言になっている気がしますが、

道でオフィスで学校で、

誰が聞いているか本当わかりません。

 

こういう積み重ねが

素敵女子への第一歩だと思います。

 

これが、

目上の方や知り合い程度の方なら、

当たり前ですが、友達の会話でも

必ず敬語に変えて下さいね。

 

そして笑顔をプラスして話しましょう♪

 

また、基本の「き」ですが

常日頃から挨拶をきちんとしましょう。

 

これも笑顔で、声に出して下さい。

 

目礼でも良いのでしょうが、

自分の存在を示す=女子力という

観点からすると声に出すべきです。

 

ただ声に出すとなると挨拶って

結構ハードル高い人多いんですよね。

 

私の会社でも、挨拶という

当たり前のことができない人が

多かったりします。

 

社会人になったらなんとかなる!

なんて思っていてはいけません。

 

毎日の習慣がものを言います。

 

まず家族に、そして一歩外に出たら

知り合いに、笑顔で声を出すことです。

Sponsored Links

 

 

第2位 さりげない気遣い

 

これは、かなり難しいです。

 

だいたい女子力があまりない!

と一般的に言われる方は、

周りをみていません。

 

自分しかみていないんです。

 

先ほど、女子力に対する

世間の勘違いのところでも申しましたが、

「媚びたり・甘えたり」

というのもまさにそう!

 

自己中になってしまうと、

いくら容姿が綺麗で美しくても、

「この女、ウザい!」

となってしまうことでしょう。

 

このように、

女子力がウザいと思っている大半の人は、

そんな自己中女子に対しての

意見だと思われます。

 

自己中女子はまさに

間違った方法で自分の存在を

示してしまった悪い例です。

 

昔勤めていた会社に、

素敵な女の先輩がいました。

 

容姿端麗で何気ない仕草も

品があって心身共に美しい

まさにマドンナ的な存在の人でした。

 

その先輩は、私が入社後半年で

寿退社で会社を辞めてしまったのですが、

数年後にお会いした時に、

何と銀座のクラブの人気ホステス

に華麗に転身されていたんです。

 

その時に色々話を伺ったのですが、

特に心に刺さった言葉があります。

 

もっと庶民的なキャバクラの世界でも

きっとそうなのでしょうが、

ライバルひしめく厳しい競争の世界で

最後に生き残るのは甘え上手な子でなく、

とにかく細かい気遣いができる子

なんだと力説していました。

 

何もプロの接客方法まで

習う必要はありませんが、

外にでたら、180度視界の範囲に

常に気を配ることを少しでも

練習した方が良いです。

 

私と同じくアラフォー世代で

自己中だったら、ホント

目も当てられません。

 

もちろん男もそうです。。

 

結婚前の方は想像が難しい

かもしれませんが、

ママさん達の中に必ず1人は

そんな自己中な人がいます!

 

 

毎日やっていると、だんだん

普通にできるようになると思うので、

是非ちょっとしたことにも

気遣いをするよう意識してみてください。

 

だれか困っている人、

悩んでいる人にさりげなく

声をかけたりすることや、

大勢の中で話題にはいれない人が

入りやすいように、言葉を振るなんて

こともさりげなくやりたいものですね。

 

そういう表には見えない部分を

ちゃんと見てくれて評価してくれる人は

必ずると思いますよ!

 

また、私は日頃

嫁の行動に関心していることが

あります。

 

それはお店のレジで

お釣りを渡されるときなど、

必ず「ありがとう、すみません」

と一言添えていること。

 

これは地域性も影響しますが、

三重県出身の私の嫁にとっては

それが普通の感覚なんだそうです。

 

東日本出身の私にとっては

馴染みのないことで最初は

恥ずかしさがあったのですが、

素敵なことだよなぁ~

と気付いてからは

見よう見真似で、私もなるべく

「ありがとう」と言うようにしています。

 

お互いにとって気分が良くなりますから

絶対に”やって損”とうことはないです。

 

是非、そんな何気ないところから

始めてみたらいかがでしょうか?

 

 

ただし、ここで注意点があります。

 

それは、はからずも相手が

不快な雰囲気を出したとしても、

けっして

「何よ!せっかく~してあげてるのに!」

などと思ってはいけない!

ということです。

 

ある意味、菩薩(ぼさつ)の心です。

 

もしそんな残念な人に出会ったら、

こういう人もいるんだなあ〜

と、今後自分が同じことをしないように

その行動を反面教師として

インプットして行きましょう。

 

 

第3位 本を読みましょう

 

最後は、「読書」です。

 

これもできない人にとっては

かなり困難極まりないことですよね。

 

しかし、

最新の雑誌やネットから得た情報以外の、

古典的な教養が欲しいものです。

 

そんなの別に・・・

とお思いのあなた!

 

いつどんな時に

そのことが役だったり、

誰かと意気投合したりするかしれませんよ。

 

ポイントは勉強という感覚ではなく、

真からの教養を付けること。

 

これこそが女子力アップへの近道です。

 

なぜならば、話がうすっぺらな人とは、

長く話していたくないからです。

 

”好きな男性の愚痴を聞いてあげる”

な〜んてシチュエーションで

引き出しが乏しかったら、

最悪「コイツに話しても仕方ない」

ってなってしまいます。

 

男性目線から言わせてもらうと、

やはり男性に結婚を決断させるのは、

「一緒に居て楽しい」と思わせること!

コレが一番です。

 

将来的に意中の男性と結婚したい

と願うならば、この部分は

絶対に必要です。

 

また、自分がいろいろ知っていると、

相手の奥深さなども

読み取ることができます。

 

旦那になる人を見定めるためにも

きっと役立ちますよ〜

 

まずは、電車で

スマホではなく紙の本を

読んでみてはいかかでしょうか。

 

きっと何かが変わってきますよ。

 

「女子力ってウザい?」まとめ

 

いろいろ書いてきましたが、

どれも非常に当たり前のことであり、

かつとても大切なことだと

私も私の嫁も思っています。

 

昔から言われている、

大和撫子とは、日本の女性を

たたえるときに使う言葉とされ、

清楚で凛とした美しさをあらわします。

 

結局、

昔からよしとされていることは、

日本人の心の中に染みついている

のかもしれませんね。

 

人をさりげなくたてつつ、

気持ちを読み取り、気配りをする…

 

それは一見人のためにしている

ようですが、自分の生き方も

向上させています。

 

そして、

しっかりした自分を持っていて

ブレることがない人であれば、

自ずと周りに存在を示すことと

なるでしょう。

 

これぞ、真の女子力を持っている人

なのかもしれませんね。

 

どこか心当たりのある方、

今すぐ実践あるのみです!!

 

この記事が、あなたにとって

何か良いキッカケになって

頂けることを願ってます。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

Sponsored Links