2月頃がピークを迎える

イメージのある花粉症。

 

ホント辛いですよね。

 

私は今まで花粉に対しては

平気だったのですが、

先月早々に熱や鼻水が酷くて、

近くの耳鼻科に行ったら

まさかのアレルギーかも?

と言われてしまいました。

 

はっきりと花粉症とは

診断されなかったものの、それでも

「とうとう私にもその時がきた」

と感じずにはいられません。

 

今も毎日、

念には念をということで、

抗生剤を飲んで生活をしています。

 

と同時に、肌荒れも酷くなって、

不覚にも顎(あご)にニキビが・・・

 

私はまだ症状が軽いので

本当に苦しんでいる花粉症の方が

どれだけ辛い思いをしているか

正直伺い知れませんが、

きっと酷い花粉症の方は私以上に

花粉だけでなく肌荒れとも

壮絶な闘いを繰り広げていることと思います。

 

私は関東に住んでますので、

乾燥する冬が過ぎ去って

花粉のピークは和らいだ感がありますが、

まだ4月、5月も引き続き

スギ、ヒノキが飛散しているので

油断はできません。

 

東北や北海道の方はきっとコレからが

ピークとなるでしょうね。

 

そこでこの記事では、

花粉症と肌荒れ・ニキビとの関係性

について調べ、

その予防策を探ってみました。

 

花粉症と肌荒れの関係!実は肌にもよくない?

 

肌荒れとニキビですが、実は

花粉症とも密接に関係しています。

 

花粉症と言えば、

目のかゆみや鼻水が代表的な症状ですが、

人によっては肌トラブル(赤みなど)

も伴いますよね。

 

独身時代に勤めていた会社で、

目の周りや頬が赤くなってしまうほど

苦しんでいる気の毒な方が

いらっしゃいました。

 

 

では、

花粉が直接お肌に悪さをするのかというと、

むしろ間接的な影響の方が

大きいように思います。

 

つまり、鼻をかんだり、

かゆいからと目を擦ったりすることで

悪化するケースの方が

肌トラブルとしては大きいということです。

 

 

もちろん!

花粉症はアレルギー症状ですので、

お肌のバリア機能が乾燥などの影響で

弱っている時に、花粉が付着して

かゆみや赤みに繋がる直接的な攻撃も

決して無視できません。

 

決して無視できませんが、

お肌が健全な状態であれば

花粉などが付着しても洗顔などで

適切に取り除けば問題はありません。

 

しかし、

これがお肌が弱っている状態だと、

毛穴が開き花粉や皮脂などが

詰まりやすくなるので、かゆみに

繋がったりニキビができやすくなるのです。

 

 

そして、

そんな肌荒れへの対処法を間違うと、

更に悪化させてしまうのです。

 

そうした2次的な被害の方が怖いと

私は感じますが、あなたはどう思いますか?

 

もし花粉症になってしまった場合は、

そんな2次被害を避けるために、

鼻をかむときはティッシュの質や

ふき取り方、目がかゆいときも

手などを使わず目薬で症状を抑えたり

といった注意が必要です。

 

 

そして、やはり一番大切なのは

普段からのスキンケアでしょう。

 

 

繰り返しますが、

花粉が例えお肌に付着しても、

お肌を健康に保っていれば

花粉による攻撃を跳ね返すことができます。

 

そうしたお肌のバリア機能を

きちんと働かせるためには、

お肌が乾燥して保湿力が低下するのを

何としても避けなければなりません。

 

では、どうやって

お肌の保湿力をキープするのか?

 

これから、そのことについて

書いて行こうと思いますが、

その前に1つあなたに質問があります。

 

ニキビって脂っこい肌質の(皮脂が多い)人が

なり易いイメージがありませんか?

 

いかがでしょう?

 

若い頃、いつもニキビを

大量発生させてしまう友人がいましたが、

ニキビ同士が繋がったりして痛々しい

のと同時にいつもオイリー肌のように

見えました。

 

だから、私はそうならないように、

コマメにあぶら取り紙を使っていた

記憶があります。

 

 

でも今思えば、

何もわからなかったとは言え、

一歩間違えばヤバいことしていたなぁ〜

と感じます。

 

どういうことかというと…

 

確かに

余分な皮脂はお肌にとって大敵で、

脂であるために、花粉やほこりなどを

付着させてしまうというマイナス面

があります。

 

そして、

付着した花粉やほこりを、

そのまま放っておけばどうなるか?

は容易に想像できるので、

普通は余分な皮脂を洗顔などで

きちんと取り除こうとします。

 

ところが、この皮脂というのは

肌を乾燥から守るという大切な役割

を担っていることを忘れてはなりません。

 

注意しないと、正常に

バリア機能が働いていたところの皮脂も

一緒に取り除いてしまう可能性が

あるのです。

 

 

そして厄介なことに、

この皮脂というのは一度なくなると、

復活するまでに時間が掛かります。

 

バリア機能が不足したままの状態

が続けば、

毛穴に花粉やほこりが詰まりやすくなり、

皮膚の表面が固くなって

結果的に肌が乾燥してくる…

 

こんな負の連鎖を

巻き起こしてしまうのです。

 

洗いすぎに注意!

きちんと保湿しましょう!

とかよく言われるのは

このためなんですね。

 

ですから、

きちんと保湿するということは、

余計な皮脂を落とし過ぎて

戦力ダウンしているお肌のバリア機能を

補うこととも言えます。

 

私の嫁はその辺の知識は

過去に通っていたエステで教えてもらった

らしく、洗顔する際は洗いすぎに注意して

います。

 

そして、

メイク落としと洗顔が同時にできる

オールインワンタイプのものを使い、

洗顔のみで済まさず美容液などで

しっかり保湿成分を肌に吸収させています。

 

以前は乳液も使っていたようですが、

必ず保湿成分を含んだものを

使用するなど工夫していたそうです。

 

あくまでも一番大事なのは

余計な皮脂が落ちてしまうのを防ぐこと!

 

ただ単に、余分な皮脂や花粉・ほこりを

しっかり落とせば良いというのではなく、

まずはこれを第一に考える必要があります。

 

Sponsored Links

 

花粉によるニキビや肌荒れの予防策とは?

 

花粉やほこりなどを跳ね返すためには

常にお肌の保湿性を正しく保つことが

大事です。

 

理由は既にご説明しましたが、

肌に備わっているバリア機能にとって

乾燥が一番の大敵だからです。

 

  • 洗いすぎに注意
  • しっかりと花粉やほこりを落とす
  • 洗顔後は美容液などでお肌にしっかりと潤いを与える

 

基本的には、この3つが

花粉やほこりからお肌を守る

予防策になります。

 

 

洗顔の際にポイントとなるのは、

花粉の粒子は非常に細かいので、

キメの細かい泡で擦らないように洗う

ことです。

ただ、花粉の粒子が

皮脂と交じり合っている可能性もあるので

落とせない場合もあります。

 

そこでおすすめなのは、

例えメイクをしていないときでも

しっかりとクレンジングすることです。

 

お肌のバリア機能を高めるには、

結局普段からのそうした

お肌に対する気遣いが重要である

ということですね。

 

「美は1日にしてならず。」

 

どんな時も気を抜かないよう、

日々の手入れを習慣化させて

行きましょう!

 

ちなみにクレンジングには

こちらがおすすめですよ。

 

(↓↓下の画像からお得なお試しセット内容が確認できます↓↓)

アミノリセトライアルセット

 

保湿しながら汚れを落とす!

しかも無添加が嬉しい!

>>お得なトライアルセットの詳細はこちら<<