美容

肩のニキビが痛い!原因は日焼け?治すのは薬よりセルフケア!

 

痛みを感じることで気が付くことが多い

肩ニキビ。

 

夏なのに肩を出せないなんて

オシャレの楽しみが

半減してしまいますよね。

 

ウチの嫁の今の目下の悩みが

この肩ニキビです。

 

肩ニキビって、顔や背中に比べると

できる頻度は少ないかもしれませんが、

ワンピなど肩を出すことが多い女性に

とっては見た目的にも嫌だし、

ブラの紐や洋服と擦れたときの痛さなど

軽視できるものではありません。

 

できてしまってからでは遅いです!

 

そこで、この記事では

そんな厄介な肩ニキビができる原因を

調べて、治し方や今すぐできるセルフケア

について情報をまとめてみました。

 

肩ニキビの原因は?日焼けも原因って本当?

 

肩ニキビは、他の二の腕や背中にできる

ニキビと同じく、

「マラセチア菌」というカビが

毛穴に炎症を引き起こす

ことによってできます。

 

ではそのマラセチア菌が、

どのような原因で肩で

繁殖するのでしょうか?

 

その主な原因は下記の5つが考えられます。

 

原因その1:紫外線

 

直射日光を受けると、

浴びた紫外線のせいで皮脂が酸化

しやすくなります。

 

その酸化した皮脂が、毛穴に詰まることで

マラセチア菌にとって絶好のエサ

になってしまうのです。

 

やはり美肌を手に入れるためには

日焼けは避けなければなりませんね。

 

 

原因その2:汗

汗をかいた後の皮脂の汚れが

お肌や毛穴にたまり、

角栓として酸化することで、これまた

マラセチア菌のターゲットになります。

 

特に寝ている間など、多い人だと

一晩に500mlのペットボトルくらい

汗をかくそうです。

 

通気性が悪いと蒸れやすくなるため、

汚れもたまりやすくなります。

 

寝る時に汗をかくのは避けられないため

アフターケアがより重要ですね。

 

 

原因その3:すすぎ残し

毛髪の汚れ もそうですが、

シャンプーやボディソープ・石鹸の

洗い残しが肩につくと、

毛穴を塞いでしまう原因になります。

 

シャンプーやボディーソープの中に

入っている油分や化学成分が

お肌のターンオーバーを乱す要因にも

なりかねません。

 

毎回これでもか!

というほどキチンと洗い流すべきです。

 

 

原因その4:肩こり

 

これは意外に思われるかもしれませんが、

肩こり・・・つまりは

肩周辺のリンパや血液の流れが悪いと

お肌の代謝にも影響します。

 

その結果、ターンオーバーが乱れ、

肌荒れに繋がり最終的にニキビの原因

となってしまうのです。

 

当然と言えば当然なのですが、

お肌の健康状態にも十分気を配る必要が

ありますね。

 

 

原因その5:衣服との擦れ

 

肩は常に衣服に触れる場所であり、

腕を動かすたびに擦れて皮膚や毛穴を

刺激してしまいます。

 

生活していく上で、体の中で

一番動かすのは腕と言っても

過言ではないので、

その頻度の多さは、そのまま肩ニキビが

できるリスクに置き換えられると考えて

よいのかもしれません。

 

さらに!

 

衣服を洗ったときの洗剤が残っていたり

生渇きで細菌がウジャウジャしてる状態を

想像するとグーの根も出ませんね(;^_^A

 

 

以上、5つの原因を見てきましたが、

では治し方対処方法は?

というところが気になりますよね。

 

世の中に、ニキビ対策の薬などは

数えれば気の遠くなるほど

ホントに何十種類と溢れかえっています。

 

当然その中で、

二の腕や肩・背中ニキビ対策に

特化した薬もいくつかあります。

 

ですが、やっぱり大事なのは

そんな薬に頼る前に、まずは

誰にでも簡単にできるセルフケア

を見つめ直す方が大事ではないでしょうか?

 

 

薬は体質によって合う合わないが

必ずありますが、

セルフケアにはそんな心配は要りません。

 

セルフケアで大切なのは

日々の美や健康に対する心掛け

のみです。

 

ということで、ここでは

誰でも簡単にできて、

なお且つ続けられるようなこと

に絞ってご紹介していきますね。

[ad#ad-naka]

 

Sponsored Links




肩ニキビの予防方法

 

薬に頼る前に、

とりあえずはご自分でやれる事。

 

全部で7つあります。

 

簡単にできるスキンケア

①髪を肩につかない程度に束ねる

②シャンプーや身体のすすぎ時間を倍にする

③シャンプーなどを刺激の少ないものに変える

④最低7時間きちんと睡眠をとる

⑤栄養バランスのとれた食生活

⑥化粧水などできちんと保湿する

⑦ストレスをきちんと発散する

 

いかがでしょうか?

 

①~⑤まではごくごく簡単なことですが

 

ちょっと苦戦するのが⑥と⑦ですかね。

 

⑦は人によっては

大いに苦戦するでしょうが、

一番良いのは、体を動かすことですね。

 

 

痩せるための運動をすることで

結果的に血流がよくなり、

身体だけでなくお肌の代謝も上がるので

美肌も手に入れれます。

 

ダイエット運動はお肌にも非常によく

ストレス解消にも繋がる・・・

一石三鳥くらいありますのでおススメです!

 

関連記事
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/tobudakediet-4588.html”]
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/yuragitaisou-4580.html”]

 

 

⑤については、お肌が乾燥すると

マラセチア菌の大好物である皮脂が

過剰に分泌されてしまいます。

 

そうならないように、お肌の保湿は

特に意識したいところ。

 

背中にできたニキビが肩まで広がってくる

ケースもあるので、肩だけでなく

背中の方までしっかり保湿すべきです。

 

 

保湿成分のたっぷり入った化粧水やジェル

などでしっかり保湿するクセを

つけていきましょう!

 

ただし、

やりすぎ(つけすぎ)には要注意ですよ!

 

また使うスキンケア商品には

合成香料や合成色素、界面活性剤などが

入ってないものを選ぶなど、

お肌への負担にも心配りしてくださいね。

 

ダイエットと同じで、以上7つのことを

無意識にやれるまで続けられるかが

美肌を手に入れるためのポイントです。

 

歯磨きのように習慣化させ

『ニキビのできにくい肌』

を目指していきましょう!

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

[ad#ad-shi]