20091223-%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%82%a8-62-thumb-520x390-1677

2016年も気付けば、

残すところあともう50日くらい。

 

やってまいりましたうっとりする季節が!

ということで、各地でこれから

イルミネーション絡みのイベントの

盛り上がりがピークを迎えます。

 

全国数あるイルミネーションの中で

東海や関西地方で特に有名なのが

神戸ルミナリエです。

 

 

私の嫁は三重県出身ですが、

嫁の兄弟始め親戚中も

皆この神戸ルミナリエのことを

知っていて絶賛していました。

 

三重だと名古屋などに出掛けそう

なものですが、近鉄で大阪方面にも

簡単に行けますので、どっちかというと

関西方面に出掛ける人が多いと

聞いています。

 

かくいう私も、毎年三重県経由で

甲子園観戦に向かいますしね。

 

特急で行くと1時間半くらいで

大阪まで行けるので

神戸なんかも案外身近に感じるんですよ。

 

Sponsored Links

 

昨年(2015年)、その前年の財政難もあり、

2014年で終了か?と開催が心配された

神戸ルミナリエ。

 

そんな状況の中、2015年の春先、

兵庫県宝塚市出身の相武紗季さんが

ルミナリエ存続のために、

一生懸命募金活動をしていたのを

思い出します。

 

そんな色々な人たちの活動のご尽力が

あって、2015年は無事に開催され、

更なる努力の結果、今年2016年も

何とか開催されることになりました。

 

 

ただ、主催者側の財政難が

根本的に解決されたわけではなさそうなので

支援活動は今後も続いていくことでしょう。

 

また、2015年は突風により

作品の一部が倒壊するという

アクシデントもありましたが、

幸い、けが人などは出なかったようです。

 

最近は各地のイベントでの事故が

相次いでますから運営者側も

より一層安全面に注意を払う必要があり

大変さが伝わってきます。

 

何れにせよ、2016年は昨年同様に

開催期間を2日間短縮するそうで、

こうした節約しながらの運営は

今後も続くことが予想されます。

 

私はまだ見に行ったことがないので

存続するうちに早めに光の世界を

体感しに行きたいと思っていますが

中々タイミングよく関西方面への

出張が入らないんですよね。

 

ただ、この神戸ルミナリエは

震災の方々への特別な想いが

こもったイベントなので

何とか体験したいと思ってます。

 

そこで、この記事では

その時が来た場合の予習

という意味合いも兼ねて

神戸ルミナリエ2016にスポットを当て、

日程や点灯時間、さらに穴場情報を

ご紹介したいと思います。

 

神戸ルミナリエ2016の日程と点灯時間

 

開催期間中、平日でも20万人、

休日となるとその倍の40万人が来場し、

開催期間トータルで350万人を超え、

神戸において今や冬の一大イベント

になった神戸ルミナリエ!

 

2016年の開催期間は前述したとおり

昨年同様、資金難の影響で

例年より少し短めの開催となります。

 

今年の日程は

12月2日(金)〜12月11日(日)

までの10日間

※例年より2日短縮での開催

 

初日となる12月2日には点灯開始の

15分前( 17:45~)より点灯式が

執り行われます。

 

点灯式はメイン会場ではなく

旧外国人居留地内の

三井住友銀行神戸営業部前

になりますのでお間違えのないように。

 

 

そして最も気になる

イルミネーションの点灯時間ですが、

各曜日によって下記の通りで、

若干ズレがあります。

月~木曜日

→ 18:00~21:30

金曜日

→ 18:00~22:00

土曜日

→ 17:00~22:00

日曜日

→ 17:00~21:30

※特に土、日においては

混雑状況により薄暮時に

スタートしてしまう点灯時間の

繰上げが有るようです。

 

ご覧のように、

土日の方が1時間ほど点灯時間が

延びます。

 

こういう場合、必ず迷うのですが、

時間いっぱい楽しめそうな土日か

点灯時間は短いけど混雑の

ピークを回避できる平日か…

 

まあ私は完全に後者側ですけど、

天候などとも相談ですね。

 

ちなみに荒天の場合は

点灯を見合わる場合もある

ので注意が必要です。

 

私と同じく混雑避けたい派は

少しでも空いている時間ということで

平日の遅い時間帯を狙って行きましょう!

 

日本初公開『光のトンネル』再び!

 

神戸ルミナリエ2016の

開催期間自体は短くなって

何だか少し寂しい感じですが、

その代わり…

 

昨年日本初公開と話題になった

「ガレリアコペルタ」

が今年も登場します。

 

「はぁ?ガレリアコペルタ?」

何?何?とお思いの方!

 

今回のそのメインディッシュについて

お教えします。

 

このガレリアコペルタ、二回言うと

呪文のようですが(^_^;)

 

これは全長16メートル、

高さ15メートルにも及ぶ、

左右の壁の全てがイルミネーションで

埋め尽くされている、

光のトンネルのことなんです。

 

 

 

つまり、

4方向全てが光に囲まれるため、

その迫力も一層増します。

 

私は、

実際にその中を歩く自分の姿を

想像しただけでわくわくしてきました。

 

動画を見つけましたので

ご覧ください。

 

 

入口のフロントーネから入り、

この光のトンネルを通り、

最後のアーチがガレリアです。

 

これらネーミングだけでも

なんて素敵な響きでしょうか。

 

実際に足を運ぶ前に、

作品名を覚えていくと、

これまた一味違いますよ♪

 

 

この手前側からの

「フロントーネ」

   ⇓

「ガレリアコペルタ」

   ⇓

「ガレリア」

という並びは昨年と同じ構成と

なりますので、昨年も行った方にとっては

新鮮さはあまりないかもしれませんが、

美しいものは何度見ても良いものです。

 

昨年に引き続き、

東遊園地で装飾される作品も含め

全作品が100%LED電球を使用するのは

経費削減という意味もあるのでしょう。

 

白熱電球に比べ暖かみは減りますが

鮮明さではLEDの圧勝です。

 

100%LED!どうだっ!

という感じで美しさも増し、

地球にも優しいという相乗効果。

 

一見の価値ありです。

 

 

開催期間が縮小したことで

さらに希少性は上がっているので

年に1度の目の保養を今年も

楽しんじゃいましょう!

 

神戸ルミナリエのイルミ会場へのアクセス方法

イルミネーションのメイン会場は

旧外国人居留地および東遊園地です。

 

ルミナリエの会場には

下図にあるようにJR・阪神線元町駅

から交通規制されており、

基本的には一方通行で列になって

入り口まで進むことになります。

r-map2

参照:http://www.kobe-luminarie.jp/cont-10.htm

 

ですから必然的に、最寄駅は

【行き】

 → JR・阪神線

  元町駅(徒歩10分程)

【帰り】

 → JR・阪神・阪急線

  三ノ宮駅(徒歩15分程)

となります。

 

東遊園地の奥の方には、

屋台が色々でているので

温かい飲食物で温まることができます。

 

神戸ルミナリエの開催意義

c00258-001k

神戸ルミナリエは、ただ単に

イルミネーションが見れるだけでは

ありません。

 

阪神・淡路大震災で亡くなった方々への

鎮魂と追悼の意味と神戸の復興の記念

という2つの意味が込められています。

 

ですから、特別な想いで訪れる方も多く、

わぁ〜綺麗!

で終わってはいけまん。

 

その当時に思いを馳せ

今この場に立っていらえる自分

に改めて感謝しましょう!

 

そして、

基本的には無料で観覧できますが

最低限、会場募金(100円)

惜しまないで、

この特別なイベントが無くならないよう

協力したいですね。

 

Sponsored Links

 

神戸ルミナリエのオススメの穴場は?

 

毎年300万人以上のもの人が

来場するルミナリエ。

 

地上は人人人。

 

場所によっては満員電車の

1歩手前という感じかもしれません。

 

土日になると、元町駅から

ルミナリエ会場入口まで3時間も

掛かることがあるんだとか。

 

それを聞いただけで、

USJやTDLのアトラクション待ち以上の

異常な状態が想像できます。

 

 

そこで!

ここでは、一味違ったルミナリエ

をご紹介します。

 

3年連続で足を運んでいるという

私の嫁の親戚から聞いた話だと

何と言ってもオススメのスポットは

神戸市役所1号館の展望ロビーだそうです。

知る人ぞ知るこの24階展望台室は

展望ロビーとして無料で開放されている

のです。

 

レストランや喫茶店などもあり、

ルミナリエの期間以外にも

神戸の夜景が楽しめるスポット。

 

私の親戚いわくかなりオススメとのこと。

 

24階の上空から望むイルミネーションと

夜景とのコントラストが絶品!

 

素晴らしい景色を満喫できることでしょう。

 

 

やはり得られるものが大きいだけあって

完璧な穴場というわけではありません。

 

ただ、来場者全体で言うと

知っている人はまだまだホンの一部です。

 

混んではいるんですが、

エレベーターの回転が早く

地上から天空へひとっ飛び

という感覚だそうです!

 

実際に中を歩いてから登れば

ルミナリエを2度楽しめますよ♪

 

総額5億円!!

donate-1703177_640

元々、神戸ルミナリエは、

阪神淡路大震災の鎮魂のために

はじまりました。

 

今回22回目となりますが、

冒頭で書いたとおり、主催者側は

かなり資金面で厳しいようです。

 

企業からの協賛金や募金で

なりたっているのですが、

毎年掛かる費用は何と約五億円!!

 

五億円もかかっていたら

当たり前かもしれませんね。

 

 

毎年阪神タイガースが優勝すれば

相乗効果で改善されるかもしれませんが

現実は難しい・・・(^_^;)

 

ですが、今年も何とか立ち上がりました。

 

資金難の状況を打破するために

打った手が

「クラウドファンディング」

でした。

 

つまりネットで資金を募る方法も

取り入れることにしたのです。

 

そんな努力の甲斐もあって、

2015年は若干の黒字を計上した

とのこと。

 

このまま追い風が続けば

良いのですが…

 

 

神戸の冬の風物詩となっている

ルミナリエ。

 

この光を絶対に消したくないですね。

 

ファンドレイジングサイトでも

オリジナルグッズと引き換えに

寄付金の募集を開始しています。

(〜2016/12/31)

 

足を運んで募金したり、

グッズを購入したり、

ネットで参加したり

と方法はたくさんあります。

 

積極的に参加して行きたいものですね。

 

私も今年から親戚に募金を預けたい

と思います。

 

そして、数年内に必ず実際に

見に行きたいです。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

Sponsored Links