話題になりそうな人

古賀紗理那の血液型は?木村沙織2世の性格から占う全日本の進路

バレーボール昨年、リオ五輪の出場権が掛かった「FIVBワールドカップバレー2015」で躍動した古賀紗理那選手

私はその時、初めて彼女のプレーを見ました。

そして、最年少も何のその、大器と噂されるように全日本女子バレーの次世代エースであることは間違いないなと感じたのですが…。

しかし、この間のリオ五輪代表からは落選…

 

何故だ?と思った方は大勢いると思います。

 

恐らく、彼女はまだ若く好不調の並が激しい選手なのでそこが懸念されたのでしょう。

しかしながら、ベスト8という惨敗で終わった日本をこれから背負っていくのは

「ポスト木村沙織」

と言われる古賀選手なのは誰の目から見ても明らかだと思います。

 

先ほど、経験不足と書いたものの古賀選手が全日本デビューしたのは2013年5月のヨーロッパ遠征から。かれこれ2年は経過しています。

今では各国も古賀選手のことを随分研究してきているようで、ここのところ調子も上がらず苦戦していました。

その悪い時期がちょうど五輪最終予選と重なってしまったのが不運としか言いようがありません。

 

これは、つい最近の試合映像ですが、大分調子を戻してきているようでひと安心と言ったところ。

(もし動画が削除されていたらスミマセン)

彼女は高校時代から木村2世と騒がれていましたが、そのポテンシャルの高さの本領発揮はまさにこれからだと願いたいものです。

まだ若干20歳ですが、そのプレーぶりは全日本の中心として実に堂々たるもの

得点を決めて見せる笑顔もポスト木村沙織に相応しく可愛いらしいですよね。

 

ということで、この記事ではそんな期待大の彼女の性格面の分析などから今後の全日本女子の進むべき道を探ってみようと思います。

 

古賀紗理那選手の血液型から見た性格

決して「血液型=性格」と一概に言うつもりはないんですが、やはり気になる古賀紗理那選手の血液型…

調べたところB型であることがわかりました!

B型の性格の特徴
  • 目標が決まったらそれしか見ない
  • 自信家、目だちたがり屋が多く本番に強い
  • 自分が大好き→自分に厳しい
  • 失敗に対しても前向き

B型の性格の特徴として以上のことがよく言われます。

いかがでしょうか?

 

古賀選手のプレーを見ていると確かに、物怖じしない、勝負強い、強心臓という印象を受けるので、このB型の特徴がよく現れていて典型的なアスリート型の性格だと言って良いのではないでしょうか。

また、画面を通して読み取れる表情から相当負けず嫌いな性格である」とも想像できます。

 

実はB型のスポーツ選手は最強だという説があるんですよね。

試しにB型のスポーツ選手を調べてみると、

野球選手


イチロー、清原和博、長嶋茂雄、野村克也、野茂英雄、古田敦也、上原浩治、黒田博樹、大谷翔平(敬称略)

など蒼々たるメンツです。

 

 

またゴルファーにもB型は多くて

ゴルファー


青木功、尾崎将司、片山晋呉、丸山茂樹、岡本綾子、宮里藍、松山茂樹(敬称略)

更にその他のスポーツでも…

その他のスポーツ


北島康介、浅田真央、福原愛、伊達公子、谷亮子、羽生結弦(敬称略)

と超一流選手の名前ばかり出てきます。

 

血液型なんて関係ないだろ~という声も聞こえて来そうですが、

こんな本も出てるくらいですし、プロや世界との厳しい戦いの際には必ずメンタル面が鍵を握ってくるので選手の性格などにも、少なからず影響していることは疑う余地もありません。

 

ということで、これからもコート上で古賀選手のドヤ顔をたくさん見たいですね。

 

ちなみに、木村沙織選手はO型だそうです。

O型の性格の特徴
  • 自由奔放
  • 裏表がない
  • 大らかでマイペース
  • 大雑把で楽天的
  • 正義感が強い
  • ロマンチスト

こちらも、少なからず当たっている気がします。

 

Sponsored Links




古賀紗理那のプレースタイルは?

続いて、古賀選手のプレースタイルの特徴を見ていきたいと思います。

 

古賀選手の身長は180cmで手を伸ばしたときの高さである指高が235cm、最高到達点が305㎝です。

バレー選手にしては身長は平凡ですが最高到達点が身長185cmの木村選手と同等なので、跳躍力はある方と言えます。そんな高さだけでなくスパイク時には全力でアタックしている様子が画面を通して伝わってきます。

テクニック系よりワイルド系…彼女のスパイクにはどこかそんなスケールの大きさを感じるんですよね。

 

そして、古賀選手のスパイクはクロスに打つ時もストレートに打つ時もフォームが変わらないという大きな特徴があります。

この特徴は相手国にとって驚異でしょう。

だからこそ、各国とも古賀選手を研究してきているんだと思います。

 

これから先、もっと研究されれば、今までのように行かない場面が増えて来るかもしれません。というか、既に研究しつくされている感もありますよね。

しかし、古賀選手には、すぐにフェイントなどの「技」に逃げてしまうのではなくて、各国の研究の更に上を行く力で真っ向勝負して欲しい!とです。

 

 

また、今は若さということもあるのでしょうが、身長の高い外国人選手相手にもひるまない強さは忘れずにずっと持ち続けて欲しいですね。

 

さて、そんな古賀選手は今回のリオ五輪がダメだったけれど、年齢的に考えると、まだこれから3度のオリンピックを経験する可能性がありますよね。

木村選手は今回のリオ五輪が最後だと思うので、その後は古賀選手が全日本を引っ張っていくべきだと思います。

そして、物怖じしないプレーで全日本をグイグイ牽引して行って欲しいです。

 

最新の全日本女子は世界ランク6位ですが、どちらかというと守備力で掴んだ4位ではないでしょうか。

それが、古賀選手が名実ともに全日本の中心選手になる頃には、今度は『攻撃力の日本』を世界に見せつけられる可能性があると思います。

 

前・眞鍋監督は常日頃「より一層の守備力強化」が必要だと言ってましたが、将来的には世界の強豪国に対して 古賀選手を中心とした攻撃力でも真っ向勝負できるようなスケールの大きい全日本が是非見てみたいものです。

 

あわせて読みたい
バレーボール
野本梨佳の経歴や成績は?怪我を克服し全日本エースに名乗り!中田久美監督率いる新生全日本女子。 グラチャンバレー2017を闘うにあたり、チームの中心であった長岡望悠選手、古賀紗理那選手の左右...
あわせて読みたい
バレーボール
宮部藍梨の経歴は?腰痛で苦しむも目指せ東京五輪!リオ五輪での惨敗を受け、2020年東京五輪に向けてこれから世代交代を含め抜本的なテコ入れが必要な全日本女子バレー。 個人的には、宮...