話題になりそうな人

仲田幸都子の大学は?甲州三姉妹が父のジムで五輪を目指す!

00469538590903d90c15dca42906e04e_s
ボクシングで兄弟と言えば、真っ先に思い浮かぶのが亀田三兄弟です。

しかし、今や我々のそのイメージを払拭しようとしている恐ろしい三姉妹がいることをご存じでしょうか?

その名も甲州三姉妹!

昨年、五輪を本気で目指していた南海キャンディーズのしずちゃんが引退を決めましたが、そのしずちゃん以上の話題性と、実力を伴った逸材と噂なのがこの甲州三姉妹です。

 

この三姉妹は実は3男4女の大家族。

この兄妹7人中ボクシング経験者は6人とのことなので、亀田三兄弟を既に数で圧倒してますよね。

一番上のお姉ちゃんについては、どうやらボクシングを引退したのか?元々やってないからなのか?情報がありませんでしたが、甲州三姉妹と言われるのは次女、三女、四女のことになります。

と少々ややこしいのですが、東京五輪に向けて必ず名前が挙がってくること間違いナシの凄い姉妹であることは確かです。

 

そこでこの記事では、この甲州三姉妹について、特に現在大学生の一番上の次女である仲田幸都子(さとこ)さんを中心にご紹介します。

 

仲田幸都子(さとこ)さんの通う大学はどこ?

girl-429020_640

甲州三姉妹(仲田三姉妹)の一番上である仲田幸都子さんは1996年4月7日生まれで、現在20歳

現役女子大生です。

幸都子さんが通う大学は、ボクシング強豪校として知られる平成国際大学です。

 

平成国際大学のボクシング部OBには、男子では第41代日本スーパーフェザー級王者の矢代義光選手、女子でもプロボクサー・藤満霞選手などがいます。

 

山梨・甲府城西高校から進学したのですが、その高校時代の貴重な試合動画を見つけたのでご覧ください。

(動画が削除されていたらゴメンナサイ)

 

ちょうど20歳と言えば華の大学生活を満喫したいお年頃のハズですが、幸都子さんは友達と遊ぶことも我慢し、ボクシングに打ち込んでいます。

三姉妹でボクシングをしていて、その一番上という単なる話題性だけでなく、女子世界ジュニアボクシングで銅メダルと結果もきちんと出してるところが凄いです。

プロボクサーを目指し、そして世界チャンピオンという大きな目標に向かって頑張っている姿は、自然と応援したくなりますよね。

 

また、同じボクシングの道を志す妹達の存在もきっと刺激になっているのではないでしょうか

 

亀田三兄弟もそうでしたが、兄弟で刺激し合って高みを目指す!
そんな兄弟(姉妹)愛も見てるとワクワクしてきます。

 

その刺激しあってる妹達が、2歳下の三女・輪幸さん(18歳)と、四女・幸希七さん(13歳)の2人。

この妹達2人も普通の遊びよりもボクシングをやっている方が楽しいと、ボクシングの虜になって、幸都子さんと同様に世界チャンピオンを目指しています。

 

今気づいたのですが、姉妹三人とも名前に「幸」が含まれていて、両親の子供たちを想う気持ちが非常に伝わってきますね。

 

最近は、キラキラネームなどが流行ってたりしますが、逆にこういうわかりやすい系を目にすると日本人として何だかホッとするのは私だけでしょうか・・・

 

ちなみに、妹達の成績はというと、三女・輪幸さんはU-15の大会で小学生の部で優勝、四女・幸希七さんは何と0歳からボクシングを始めていて、才能やセンスは三姉妹の中でも一番では ないかと言われています。

あと数年経てば、この三姉妹の内からプロボクサーが誕生することはまず間違いないでしょう。

2012年ロンドン五輪から女子ボクシングも正式種目になりましたが、当然目指すところは東京五輪です。

 

一番上の幸都子さんの体重は現在46kgなので、フライ級(48-51kg)への参加は、もう少し体を大きくしなければなりません。

東京五輪まではあと4年ありますので、選考候補に名を連ねてくるのはまず間違いないと思いますね。

 

Sponsored Links




甲州三姉妹の通うのはなんと父親のジム!

boxer-557143_640

甲州三姉妹という名の通り、三姉妹は山梨県甲府市にある父親が経営するボクシングジムで日々練習に励んでいます。

 

そういえば、私が昔好きだった「銀牙」という漫画に、赤虎、中虎、黒虎という甲斐の三兄弟犬が登場しますが、個人的には何だかイメージが重なります。

仲田三姉妹も、甲州三姉妹としての名前?があるようで、

ここにボックスタイトルを入力
  • 次女・幸都子さん → 海都(かいと)
  • 三女・輪幸さん → 海輪(かいり)
  • 四女・幸希七さん → 海七(かいな)

として紹介されたりしてるんです。

 

これはきっと、お父さんが付けたんだと思われますが、親子鷹でぜひ世界チャンピオン&五輪を目指して欲しいですね。

その中でも、一番それに近いところにいる幸都子さんの目標は

「父にチャンピオンベルトを巻くこと」

と高らかに宣言しています。

 

これは、実は甲州三姉妹の父・久吉さんが、苦労してプロボクサーになったものの、家族を養うために働かざるを得ず結局プロとしてはリングに上がれずに引退した・・・という過去を聞かされてのことなのでしょうね。

幸都子さんは、自分の夢を犠牲にして頑張ってきたそんなお父さんを尊敬しているんだとか。

同じ子を持つ親としては、ウルっとくる話ですが、この久吉さんの経歴がまたすごいんです。

 

父・久吉さんがボクシングを始めたのは、なんと30歳!

かなりの遅咲きで、しかも当時は普通のサラリーマンをしていた中でボクシングジムに必至で通ったのだとか。

いくらボクシングに魅せられたからといっても、これは相当な覚悟ですよね。

 

恐らく、自分の果たせなかった夢を子供に託しているのだと思いますが、自分に厳しく精進したお父さんですから、「プロとしての試合経験ゼロ」そんな男に習っているという負い目を娘達に負わせないために厳しい指導をしているのだそうです。

にも関わらず、三姉妹の口からはボクシングが楽しくて仕方ないという想いが伝わってきます。

 

best-friends-381984_640

これはきっと、厳しく接するのと同じくらい愛情も注いだ証ということなのではないでしょうか。

尊敬されるお父さんって、すごく素敵ですよね。

私も同じ親として大いに見習いたいと思います。

 

ということで、今回ご紹介した仲田三姉妹ですが、尊敬するそんなお父さんを、世界チャンプあるいは五輪でのメダル獲得で男泣きさせることができるのか?

 

引き続き、この甲州三姉妹に注目していきたいと思います。