今日は何の日

漫画週刊誌の日(3月17日)の意外な由来や意味とは?

漫画週刊誌の日_由来

この記事では、漫画週刊誌の日(3月17日)に関する情報についてまとめています。

具体的には、

  • なぜ3月17日が漫画週刊誌の日なのか?その由来は?
  • 漫画週刊誌の日に似ている他の記念日は?

についてです。

この記事を読めば、あなたの雑学知識が1つ増えること間違いなしですよ。

 

漫画週刊誌の日の由来(意味)は?なぜ3月17日?

なぜ3月17日が漫画週刊誌の日なのか?

その由来は…

1959年3月17日に「少年マガジン」と「少年サンデー」が創刊された

ことから来ています。

 

約60年経った今でも読まれている人気の漫画雑誌ですね。

まだまだ現役バリバリです。

 

特に「少年サンデー」の「名探偵コナン」は私も子供の頃からずっと観ていました。

誰が黒幕なのか、子供の頃からずっと気になっています…

って思うと、どんだけ引っ張るんだよ~と思うんですが、そんなこと吹き飛ばされちゃうくらい毎回おもしろいです。

当時の値段はマガジンが40円、サンデーが30円…

今の10分の1ほどの値段だったんですよ~

物価も今と違うとは言え、何かちょっと羨ましい!

 

で、当時は漫画がちょっとしか載っておらず、読み物が中心だったんだとか。

だから「漫画週刊誌」っていう表現なんですね。

 

ちなみに人気ではその2つを上回っている「少年ジャンプ」が創刊されたのは1968年。

つまり…「少年マガジン」「少年サンデー」より10年後。

てっきりイメージ的に逆かと思ってたんで意外でした。

 

Sponsored Links




漫画週刊誌の日に似ている記念日

子供にも大人にも人気の漫画週刊誌ですが、似ている記念日に「漫画の日」があって、実は3日あります。

  1. 2月9日
  2. 7月17日
  3. 11月3日

の3つがその該当日になりますが、中でも11月3日は日本漫画を文化として認知してもらう目的と、手塚治虫さんの誕生日が由来なんだとか。

手塚治虫さんは1988年に亡くなっていますが、「火の鳥」や「ブラックジャック」など、今でも読み継がれている日本を代表する漫画家ですね。

最近でも「どろろ」がアニメ化されて、毎週楽しみに観させてもらってます。

あっ、あとブラックジャックのピノコは本当にかわいい!w

 

 

今、大人気の漫画といえば…やっぱ「ONE PICE」ですよね~

読んだ事がなくても、タイトルは聞いたことあるって人が多い漫画です。

そんな「ONE PICE」の記念日は7月22日

2017年に集英社によって制定されました。

 

現在、93巻まで発行されていますが、まだまだどんどん新しいキャラクターが出てきてるので、いったい何巻まで続くのかなぁ~といつも楽しみながら読んでいます。

 

また、同じくジャンプで長く連載されていた「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」も超有名ですよね。

こち亀は全200巻で2016年まで連載され、日本記録にもなっています。

ちなみおに亀有公園前派出所は実際に存在していて、

お巡りさんに

「両さんいますかー?」

と聞くと、

「どっか遊びにいってるんじゃないのかな」

などと返してくれるそうです。

今度亀有に行った時、聞いてみよう。

 

 

一方、少女漫画作品として長く続いているのは「ガラスの仮面」

1976年から現在まで長期連載されていますが、途中休載期間などもあり、意外や意外…現在発行されているのは49巻まで。

紅天女という演目をやるために、主人公とライバルが演技で戦っていく漫画ですが、何か衝撃的な場面があると白目になるシーンが多く、斬新で今読んでもおもしろいです。

「ガラスの仮面 白目」で検索してみると良い暇つぶしになりますよw

 

少女漫画はなぜ月刊が多い?

少年漫画は週刊が多いのに、それに比べ少女漫画が月刊が多いのが何故か?

あなたは考えたことありますか?

 

諸説あって、書き手や読者の性質の問題ではないか?という話があります。

つまり、

男性には早く獲物が欲しい!という性質があり、それを出版社も意識しているのではないか…と。

そう言われてみると、そんな気もするなと納得してしまいませんか?

 

子供のころ友達とまわし読みをしたり、今でも毎週出勤前に楽しみに買っていたり、読むのが習慣化しちゃってたり…

我々の思い出と共に、一緒に歩んできた感がある漫画週刊誌。

 

最近はネットで漫画を読む人が多くなり、漫画週刊誌や月刊誌などは休刊になっているケースも少なくありません。

それでも、子供の頃から慣れ親しんでいる漫画週刊誌が、これからも続いていって、今の子供たちにも引き継がれ、ずーっと読んで行ってもらいたいなと思います。

 

そんな応援の想いも込めて…

  • 最近読んでいないな~
  • いつもは単行本しか買っていないな~

という場合でも、この「漫画週刊誌の日」という記念日に久しぶりに買って読んでみてはいかがでしょうか?

 

>>他の記念日も見てみる!