話題になりそうな事

マーマレードとジャムの違いはどこ?料理によく使うのはどっち?

マーマレードとジャム
「マーマレード」と「ジャム」はそーっくりですが、その違いは何でしょうか?

我が家ではジャムは常備品ですが、マーマレードは持ち合わせていません。

料理のレシピに「マーマレード 小さじ2」なんて書いてあると「ジャムでいいよね?」と思ってしまいます。

これって間違いなんでしょうか??

そこで改めて、マーマレードとジャムの違いはどこにあるのか?調べてみました!

 

マーマレードとジャムの違いを解りやすく解説

マーマレードとジャム
マーマレードとジャムの大きな違いは、一言で言うと

「果物の皮が含まれているかどうか」

なんです。

 

えっ!それだけ??

と私は驚いてしまったんですが、あなたもそう思いませんか?

 

それでは、もう少し詳細をわかりやすく説明してみましょう!

2つとも作り方はほぼ同じです。

マーマレードもジャムも、砂糖や蜂蜜などと合わせ、ゼリー化するまで加熱したもので、果物に含まれるペクチンがゼリー化します。

原料が果物でも保存のきく状態にしているんですね。

 

では、その違いは…

マーマレード

  • かんきつ類の実と皮で出来ている。
  • 皮が含まれることで味に苦みが出る

ジャム

  • 皮は含まれていない。
  • 甘酸っぱい味になる。

どちらも大きなカテゴリーでは同じ「ジャム類」になります。

 

そのジャム類の中で、マーマレードは皮も材料として使える「かんきつ類の果実を原料としたもの」と限定されているんです。

ジャムは、「いちご」や「ブルーベリー」が主流ですが、野菜や花弁も材料に含まれるんですよ!(JAS規格より)

ちなみに花弁は花びらのことです。

私は食べたことはありませんが「バラのジャム」のこと聞いたことがあります。

どんな味なのか気になりますね。なんだかセレブなイメージですが…。

 

ところで、最近よく見かけるようになった「コンフィチュール」ですが、実はJAS規格の中にこの名称は出てきません。

何で?気になる~と詳しく調べてみたところ・・・

「コンフィチュール」

フランス生まれ。

フランスの調理法「コンフィ」(砂糖や油に食材を浸し保存性を上げる)が名前の由来。

果物などを煮込んで作るジャムとは違い、砂糖漬けにして出た果汁を煮詰め、そこに果肉を漬け込むんだとか。

果肉を一緒に煮込まないので、形や色がとてもきれいなんですね。

それで味もコンフィチュールはジャムよりもフルーティーになるんだそうです。

 

単純なことではあったけれど、「マーマレード」と「ジャム」の違いが解ってなんだかスッキリです!

 

Sponsored Links




マーマレードとジャムで料理によく使うのはどっち?レシピも紹介

マーマレードとジャムの違い
料理という観点からマーマレードとジャムの違いを探ると、料理に使う頻度の高さでは「マーマレード」が圧倒的勝利!

「ジャム」でもいいのでは?と思いがちですが、料理に使う場合、実は味に大きく違いが出てしまいます。

「マーマレード」は独特の苦みと甘み、そして柑橘系の香りは肉料理にとっても合います。

こってりとしているだけの味わいに爽やかさが出て食が進みますよね。

甘みもあるので、料理の甘みを差し引きすればマーマレードを入れるだけで、調味料何個分かのお仕事ができちゃうんです!

 

「おすすめのレシピ」

マーマレードのレシピ
まずは肉料理に合うソースをご紹介します。

ソースをマスターすると他の料理への応用も効きますね。

以下、レシピの一例です。

鶏肉に合う「さっぱり系のマーマレードソース」

材料

  • マーマレード:大さじ3
  • 醤油:大さじ3
  • 酒:大さじ2
  • みりん:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1

作り方

材料を先に合わせておき、鶏肉が焼けたらフライパンに入れる。

このソースがあると、鶏もも肉を塩・胡椒で焼いてソースを絡めるだけでメインの一品になります。

むね肉に使うとお弁当にもいいですよ。

 

豚肉に合う「濃い目のマーマレードソース」

材料

  • マーマレード:カップ1/3強
  • 白ワイン:1/2カップ
  • 固形スープの素:1個
  • 醤油:大さじ2

作り方

材料を入れ中火で10分煮て、最後に醤油大さじ2を入れる。

豚肉をソテーして、ソースを上にのせます。

豚肉との相性ばっちりです!

 

韓国風焼肉のタレ

材料

  • 醤油:大さじ4
  • 酒:大さじ2
  • 白ごま:大さじ2
  • 中引き粉とうがらし:大さじ2
  • すりおろしにんにく:1かけ分
  • マーマレード:大さじ1 
  • ネギ(みじん切り):10cm分
  • すりおろししょうが:2かけ分
  • ゴマ油:大さじ2

作り方

ゴマ油以外の材料をよく混ぜ、最後にゴマ油を加えて混ぜ合わせる。

冷蔵庫で1週間保存可能です。

私も大好きなコウケンテツさんのレシピです。

余談ですが、この方の韓国家庭料理レシピ、間違いありません!

 

レシピを見ると味が想像できて、マーマレードの役割も解りやすいですよね。

お次は、スィーツレシピです!

 

ホットケーキミックスで作る「マーマレードのパウンドケーキ」

 

材料

  • ホットケーキミックス:100g
  • 砂糖:10g
  • 卵:2個
  • サラダ油:50g
  • マーマレード:60g

作り方

  1. ホットケーキと同じように生地を作り、マーマレードを混ぜます。
  2. 170℃のオーブンで30~35分焼く。
  3. 冷めたら型から出して、上にマーマレードを薄く塗る。

マーマレードは焼き菓子に合いますね。

甘いだけでなく味が落ち着くので、大人の味わいになります。

 

一方で、ジャムを使ったレシピは、やっぱりスィーツが多いです。

「イチゴのレアチーズケーキ」

 

材料A

  • クリームチーズ:200g
  • 生クリーム:200cc
  • 卵:2個
  • 砂糖:30g
  • イチゴジャム:1瓶(240g)
  • レモン汁:大さじ2
  • 薄力粉:大さじ3

材料B

  • クッキー:100g
  • サラダ油:30g

作り方

  1. Bを崩して混ぜ、型に敷き詰める。
  2. Aを泡だて器で滑らかになるまで混ぜ、型に流す。
  3. クリームチーズはレンジで柔らかくしておくのがポイント
  4. 170℃のオーブンで40分。
  5. しっかり冷やす。

ピンク色のケーキがかわいいです。

 

個人的には、スコーンに生クリームと好みのジャムを乗せて食べるのが大好き。

って相当な甘党ですね…。

 

Sponsored Links




「マーマレードとジャムの違い」まとめ

マーマレード
見た目がそっくりな「マーマレード」と「ジャム」ですが、こうして比べてみると味や用途は様々です。

  • 「マーマレード」と「ジャム」作り方は同じ。
  • マーマレードは柑橘系のもので、皮が必ず入っている。
  • 「ジャム」は甘酸っぱく、「マーマレード」には苦みや爽やかさが加わる。
  • 料理には味の特徴から「マーマレード」が使いやすい。

特徴をきちんと知っていると、それぞれに使いこなせる気がしますよね。

ということで今晩は、鶏肉のマーマレードソースに決定です!