話題になりそうな事

ミックスナッツは太る?保存方法とカロリー(100g中)が気になる

ミックスナッツは太る
おつまみのイメージのあるミックスナッツって太るイメージしかないのですが、ダイエットにも良いとされていますよね?

カロリーも高いイメージしかないんですけど、

  • なぜダイエットに良いとされているのか?
  • 100g中の実際のカロリーはどのくらいなのか?

気になりませんか?

この記事では、話題のミックスナッツにおけるそんな疑問点と保存方法について
まとめてみました。

 

ミックスナッツは太る?ダイエットには向かないって本当?

ミックスナッツですが、最近では美容にいいとか、ダイエットに効果的などと耳にします。

過去には、むしろ高カロリーであり高脂肪で太るとされて避けられてきましたよね?

ところが、調べると「食べ過ぎさえしなければ体に良く、ダイエットにも効果的」なんだそうです。

以下、その理由について掘り下げて行きたいと思います。

 

そもそもナッツは重量の50~60%が脂質で出来ています。

その為、カロリーも高くて例えばカシュ―ナッツだったら100gあたり576kcalもあり、100gあたり168kcal程度の白ご飯と比べてみると高カロリーだと言えますよね。

 

カロリーだけ見ると太りそうなので食べるのを控えてしまいがちですが、実はミックスナッツに含まれる油の多くは体に良い不飽和脂肪酸で、大変良質な油なんです。

栄養価も高く、ミックスナッツには、オレイン酸αリノレン酸と言った血液をサラサラにしてくれる成分も含まれていて、オリーブオイルに似ています。

 

またミックスナッツのカロリーは確かに高いものの、GI値が低く、腹持ちが良いのも特徴です。

GI値とは

グリセミック・インデックスの略で、食品が体内で糖に変わって血糖値が上がるスピードを計測したもの。

 

通常、食事をすると血糖値が上がり、その上がった血糖値を下げるためにインシュリンという物質が分泌されます。

このインシュリンには脂肪を作る脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるので、分泌されすぎると肥満の原因になるので要注意。

ところが、GI値が低ければ低いほど血糖値の上昇が遅くなって、インシュリンの過剰な分泌を抑えることができるんです。

低インシュリンダイエットというのは、このGI値に注目したダイエットになります。

 

お菓子はカロリーが高い上に栄養価がほとんどなく、あまり噛まずに食べることが多いので、満腹感を感じにくいですよね。

それに比べてミックスナッツは栄養価が高い上に歯ごたえがあり、よく噛んで食べるので少量でも満腹感を感じやすいのです。

だから、間食をするならミックスナッツを食べるのが断然ダイエットにも良いということになります。

モデルさんの間では、間食にミックスナッツを取り入れている方が多いらしいですよ。

 

しかしながら繰り返しますが、ミックスナッツは高カロリー・高脂肪なので、食べる量には気を付けないといけないというわけです。

よって、一日に一握り分を目安にして、ゆっくりと噛んで食べるようにしましょう。

 

ちなみに、ピーナッツは「ナッツ」とついていますが、ナッツではなく木の実なので、美容や栄養価の効能は期待できないので、ご注意下さい。

 

Sponsored Links




ミックスナッツの保存方法は?

ミックスナッツの保存方法
ナッツは性質上、空気に触れるほど劣化します

空気中の水分を吸って湿気ってしまうだけではなく、ナッツに含まれる不飽和脂肪酸などの良質な脂は酸化しやすいため、風味が落ちてしまうんです。

 

だから、開封後はジップロックなどの保存容器に入れ換えて、空気を抜きながらしっかりと閉じて下さい。

瓶などに移し替える場合は、パッキンつきの密封容器に詰め替えるのをオススメします。

 

また保管場所に関しては気温が低く温度変化が少なく、直射日光が当たらない冷蔵庫での保管が最適です。

開封後は賞味期限に関わらず、早めに食べるのが一番ですが、食べきれない場合は、ジップロックなどの保存容器に移し替えて冷凍保存する事をオススメします。

そして食べる際に、フライパンで乾煎りしたりすれば香ばしさも蘇って、美味しく食べる事ができますよ。

湿気ってしまった場合にもフライパンでの乾煎り、もしくはトースターや電子レンジで
少しだけ加熱すると美味しくお召し上がりいただけます。

加熱しすぎると焦げてしまうのでご注意を!

 

さらに発展編として、ハチミツ漬けにするのも、美味しい保存方法として注目されていますので試してみてはいかがでしょうか?

 

Sponsored Links




ミックスナッツの100g当たりのカロリーは?

ミックスナッツのカロリ-
ミックスナッツにはその名の通り色んな種類のナッツが含まれています。

それぞれの100g当たりのカロリーをまとめましたので、参考にして下さい。

  • アーモンド:600kcal
  • カシュ―ナッツ:575kcal
  • マカダミアナッツ:710kcal
  • ピスタチオ:601kcal
  • クルミ:604kcal
  • ピーナッツ:526kcal
  • ヘーゼルナッツ:684kcal
  • ピーカンナッツ:702kcal
  • ブラジルナッツ:669kcal

以上、代表的なものをあげましたが、先に述べた通り、高カロリーで高脂肪ですので一日に食べる量の目安に一日一握りだけとお考え下さい。

栄養価も高くて良質な脂質が美容や体に良く、歯ごたえがあるので噛む回数も増えて満足感が得られるので、ダイエット食として、間食に用いているモデルさんも多いのは事実。

だから食べすぎなければ太る心配はありません。

 

以上、参考にしていただければ幸いです。

 

あわせて読みたい
スーパーカップアイス新作の値段と評判は?種類やカロリーを比較! やっぱりスーパーカップは バニラだね!!!!!! pic.twitter.com/y4c1uAPjJ1 — 亜 美 菜 (@a...