野球

楽天・茂木栄五郎の身長や経歴は?目指せ小さな大打者!

bbae9b42e37203228d899e9f42728011_s (1)

よくスポーツは

体格が重要だと言われます。

 

どんなスポーツでも当然

体格に恵まれた方がパワーなどに違いが

出てきますよね。

 

野球も同様で、

体が大きい方が遠くに飛ばす力は強くなり

ホームランも出やすいと思われます。

 

しかし・・・

そんな単純にはいかないのが

スポーツの面白い所で、

体が小さい選手が活躍するケースも多いです。

 

往年の名選手で例えるなら、

元ヤクルトの若松さん。

 

その小さい体を存分に活かし

「小さな大打者」と呼ばれ、

球史に残る名選手となりました。

 

そんな若松選手を彷彿とさせるのが

楽天のルーキー茂木栄五郎選手です。

 

 

インタビューなどの受け答えが

まだまだ初々しいですが、

体は大きくないがパワーがある…

 

この茂木選手にも

まさにこの言葉が当てはまります。

 

今回は、そんな茂木選手について

まとめてみました。

 

茂木栄五郎選手の身長や経歴は?

 

茂木選手のプロフィールを見ると

身長171cm/体重75kg

とあります。

 

体格だけを見るとプロ野球選手としては

かなり小さい方ですよね。

 

プロ野球で小さい選手と言うと

・足が速い!

・守備が抜群に上手い!

と勝手にイメージしてしまいますが、

茂木選手は打撃力がウリという

即戦力と期待されての入団でした。

 

 

ではそんな茂木選手が

どのように野球に関わってきたのか?

 

その経歴に迫っていきたいと思います。

 

 

茂木選手は1994年に東京で生まれます。

 

小金井小学校時代のリトルリーグから

野球のキャリアをスタートさせました。

 

リトルリーグから武蔵野シニアへ進み、

高校は名門・桐蔭学園に入学します。

 

桐蔭学園では1年より4番サードを任され

主力として活躍しましたが、

激戦区神奈川では結局甲子園の夢は

かないませんでした。

 

しかし、強豪校で1年から4番ってだけで

その能力の高さがわかりますね。

 

詳しい記録を探すことは

できなかったのですが、

中学時代の実績や成績が

よっぽど秀でていたのでしょう!

 

実はこの高校時代、神奈川県予選で

現在のチームメイトである

松井裕樹投手とも対戦しています。

 

その時の動画を見つけました。

 

(もし動画が削除されていたらゴメンナサイ)

 

松井投手、背番号10ってことは

1年生ですねぇ〜

 

ちなみに、私はこの1年後に

甲子園の準々決勝

桐光学園 VS 光星学院

を実際に観戦に行きました。

 

息詰まる投手戦で、松井投手が

失点してしまった瞬間、

球場全体からため息が漏れたのを

今でも覚えています。

 

いや〜 懐かしいです。

 

 

この動画の対戦では、

松井投手のストレートの速さや

伝家の宝刀スライダーのキレは

まだまだ本領発揮できていませんが、

 

茂木選手が持ち前のバットコントロール

ファールで粘るところは流石です。

 

強打者の雰囲気を漂わせていますね。

 

 

この同じ舞台に立っていた2人が

今やプロで同じチーム・・・

 

こういう巡り合せの妙があるからこそ

高校野球は改めて面白いなぁ〜

とつくづく思います。

 

すみません、

話が脱線してしまいました^^;

 

 

茂木選手の話にもどします。

 

高校卒業後、早稲田大学に進学し、

ここでも1年生ながらレギュラーとして

活躍しました。

 

大学でのキャリアを順調に

スタートさせた茂木選手でしたが、

2年秋になると体調を崩し、

何と不整脈の手術を受けることになります。

 

ドクターストップが掛かったようです。

 

それでも術後は順調に回復し

3年春のリーグ戦から復帰。

 

同秋には打率.514という凄い数字を

叩きだしての首位打者獲得。

 

さらに続く4年の春のリーグ戦では

ホームラン、打点ともにリーグトップ

という素晴らしい数字を残し

ベストナインに選出されます。

 

チームも6季ぶりの優勝。

 

 

続く全日本大学野球選手権大会でも

首位打者とMVPを獲得し、

ユニバーシアード代表にも選ばれました。

 

不整脈という病気からの見事な復活劇です。

 

 

野球選手で

怪我からの復帰はよく聞きますが、

病気からの復帰というのは

滅多にないことではないでしょうか?

 

そして、当然その活躍ぶりを

プロが見逃さないわけがなく

2015年ドラフト3位で楽天に入団

しました。

 

futta1978m

背番号は1ケタの「5」

 

その期待の高さが伺えます。

 

プロ入り後も、やはり打撃力を買われ、

オープン戦でも積極的に起用されました。

 

オープン戦に関しては決して良い打率は

残せませんでしたが(最終打率.212)、

2軍からの調整スタートなのかなぁ〜

と感じ始めた矢先、

 

2打席連続ホームランなどの

派手なパフォーマンスで

一定の存在感を示し、

見事2016年の開幕戦で

スタメンの座を勝ち取りました。

 

ショートの人材に苦労していた楽天に

入れたという幸運もあるかもしれませんが、

ルーキーで開幕スタメンは楽天史上初

 

茂木選手は開幕戦でさっそく

初安打・初打点を記録し

上々のデビューを飾ります。

 

関連記事
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/takayamashunn-1617.html”]
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/yoshidamasataka-1898.html”]

 

その後も、銀次選手の調子がイマイチな中

ポイントゲッターとして堂々と3番に座る等

ルーキーらしからぬ活躍を続けています。

 

 

9月の時点で

 

出場 103試合

打率 .278

本塁打 6本

打点 36

盗塁 10

長打率 .406

出塁率 .327

 

という成績。

 

 

途中、2塁上の接触プレーによる

怪我で離脱したのが残念ですが、

それでも1年目から立派な数字

と言えるのではないでしょうか?

 

楽天ファンとしては、

非常に楽しみな選手が出てきて

嬉しい限りです。

 

Sponsored Links




打撃力・守備力をチェック!

 

茂木選手の特徴はその

小さな体をいっぱいに使った

パンチ力のある打撃

です。

 

小柄でもしっかりとバットを振れるので

打球を遠くに飛ばす力があります。

 

 

これには、

大学時代に手術で休養していた時の

徹底的した体作りが大きく影響している

とのこと。

 

逆境の環境さえも

プラスにしてしまう。。。

 

プロになる選手はやはり

そこが違いますね。

 

素人目の判断で恐縮ですが、

茂木選手の打法はゴルフでいうところの

バックスピンをかけるような?

感じに見えます。

 

それが1つの特長である

長打率の高さを生んでいる要因なのでしょう。

 

 

打球の方向的も広角に打ち分けられるので、

バッティング技術も申し分ありません。

 

 

 

その一方で、守備の方は言うと

正直見ててまだ不安定さを感じます。

 

基本に忠実なところは伝わってきますが、

もう少し守備範囲が広くなったら・・・

申し分なくなるでしょう。

 

茂木選手の目標とする選手は

同じチームの松井稼頭央選手とのことで

直ぐ側に絶好のお手本がいるので

今のうちに盗めるところは

全て吸収して欲しいですね。

 

そして、足もありますので

将来的なトリプルスリーを期待しています!

 

[ad#ad-naka]

 

Sponsored Links




「楽天・茂木栄五郎選手の経歴」まとめ

昨年メジャーでは、

アストロズ所属で身長171cmの

ホセ・アルトゥーベ選手が

首位打者を獲得しました。

 

力対力のメジャーにおいて

これはかなり画期的な事です。

 

力だけではない技術の攻防という面も

あるのでしょうが、

それにも限界があります。

 

そこまでの境地に達するまでは

並大抵の努力ではなかったことでしょう。

 

茂木選手も不整脈の手術という

大きな壁を乗り越えてプロ入りしましたが、

そんな苦労人であるが故に

余計に応援したくなる選手です。

 

もしかしたら3年以内には

NPBの首位打者になっているかも…

 

楽天ファンの1人として、

そんな可能性を感じる程の活躍を

これからも期待したいと思います。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

【関連記事】
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/yoshidamasataka-1898.html”]

 

[ad#ad-shi]