football-69677_640

世界のサッカー界は日々動き

たくさんの新星が現れてきます。

 

そうやってその国のサッカーの新陳代謝が

上手くいく国が強豪と呼ばれる条件の1つ

だと私は思います。

 

 

例えばアルゼンチンのFWなんて

トップレベルの選手がゴロゴロ出てきて、

FWに悩む日本からしたら羨ましい限り。

 

我が日本代表はというと、

一時期の輝きが薄れている中で

本田選手や香川選手に続く選手が

いつ出て来るのか?

という声が聞こえて久しい状況です。

 

そんな中、ちょうど2年前に

新生の如く現れた武藤嘉紀選手

 

当時のアギーレジャパンでは

希望の星として積極的に起用されていました。

 

その代表デビューをキッカケとして、

岡崎選手を追うようにマインツに移籍し、

特に昨年は開幕直後に1試合2Gなど爆発。

 

ブンデスリーガでのシーズンも2年目。

今年も開幕戦のドルトムント戦で

途中出場ながら開幕ゴールを決め、

その評価も着々と上げていっている印象です。

 

今回はそんな武藤選手にフォーカス

したいと思います。

 

マインツや海外での評判を元に

ポジションやプレースタイルに関して

見えてきた課題

さらには、昨年の結婚時に話題になった

奧さんの父親やいとこに関しても

触れていきますのでぜひご覧下さい。

 

武藤嘉紀選手の最適なポジションとプレースタイルについて

 

まだ記憶に新しいザックジャパンの

ブラジルワールドカップでの惨敗。

 

日本と世界との差がまだまだ大きい事に

気づかれた人も多いでしょう。

 

このまま日本は世界で勝てないのでは

と言われる中、2014年に新監督となった

アギーレ監督は武藤選手を選出しました。

 

元々、縦方向へのスピードなどで

それなりに注目を集めてはいましたが

正直はじめの内は、

ここが飛び抜けて凄い!という

選手とは思えなく、

個人的に最初は「誰?」って感じでした。

(武藤選手スミマセン・・・)

 

 

しかし、

得点こそは中々取れていませんでしたが、

招集後の試合で大活躍し、

そのままハリルジャパンでも

そのスピードと得点感覚で

欠かせない選手となりつつあります。

 

Jリーグでの活躍は素晴らしいのですが

代表では最初なかなか結果が残せず

物足りなさを感じていましたが、

やはりブンデス移籍の決断は

間違ってなかったように思います。

 

 

武藤選手のポジションは

元々サイドハーフか2トップの1角でした。

 

U18の頃は一時期、

脚力とフィジカルの強さを買われ

サイドバックもこなしていたそうです。

 

この時のDFとしての経験が

今の前線でのチェイシングに

活かされているのかもしれません。

 

組織的なディフェンスを信条とする

ハリルジャパンでも

その経験は今後生きてくることでしょう。

 

 

武藤選手のプレースタイルの特徴は

ボールを持ってからの縦への速さと馬力

が目立っていましたが、

DFの裏への飛び出しや

運動量豊富な前線での守備力といった

オフ・ザ・ボール時の動きの質の高さ

と言えます。

 

 

 

そんなプレースタイルを見抜いた

マインツの首脳陣はチーム事情もあって

武藤選手を1トップとして起用。

 

昨シーズンは公式戦20試合で7ゴール

と一定の結果を残しました。

 

しかし、代表でもそうですが、

個人的には本来はサイドハーフの方が

武藤選手が活きると思っています。

 

万能型FWではあるけれど、

1トップはどうなんだろう・・・

とそんな私の心配をよそに

ブンデスリーガの屈強なDFにも

当たり負けしないフィジカルの高さ

成長してきて1トップが徐々に

ハマってきている感じはあります。

 

 

そういえば、あの高原選手以来の

ハットトリック達成という派手な

パフォーマンスもありましたね。

 

 

武藤選手が、このまま順調に

ブンデスリーガで経験を積んでいけば、

本田選手・岡崎選手・香川選手の次に

日本を担う選手となっていくことは

疑いようがありません。

 

それゆえに、やはり

シュートの精度(決定力)という面が

まだまだ課題であり、今の状態では

1トップとしての物足りなさを

感じてしまいます。

60b51a0d24e821326570edc0af08dfcd_s

決定力をもっと上げて行く上で

マインツでは司令塔ユヌス・マリ選手との

コンビネーションをもっと向上させる

必要もあるでしょう。

 

ハットトリックなど派手なパフォーマンス

もある中で、マリ選手からの絶妙なパスを

シュートミスで外すといった場面も

多々見受けられます。

 

信頼関係という意味では

まだまだこれからといった感じでは

ないでしょうか。

 

 

現段階でも、

スピード、フィジカルは

十分世界に通用すると思いますが

FWとしての怖さが足りません。

 

よって、武藤選手の現段階での

適正なポジションはやはり

サイドハーフ(ウイング)だと

感じます。

 

ただ、

ストライカーはちょっとしたキッカケで

化けるのも確か。

 

彼には、ブンデスリーガでの経験で

圧倒的な得点感覚を身につけて

更なる上を目指して欲しいです。

 

Sponsored Links

 

武藤選手の嫁の父は民主党議員

 

どことなく武井壮さんに似ていて

イケメンと呼ばれる武藤選手、

実は既に結婚しています。

 

マインツ移籍と同時に電撃結婚

発表した衝撃は記憶に新しい

ところです。(2015年7月)

 

武藤選手の奥さんは

出身大学である慶應義塾大学の

同級生だそうです。

 

 

利き足は右ですが、

利き手は左という珍しい武藤選手。

 

左利きの人は右脳が発達しやすいと

言われます。

 

冗談抜きで高校時代なんかは、

有名大学行きたかったら左手で勉強しろ

と言っていた先生がいました。

 

武藤選手は見るからに賢そうで

文武両道の素晴らしい才能を

持っているようです。

 

 

プレー自体はどちらかというと

荒削り感がありますが、

そもそものサッカーIQは高そうです。

 

頭の良さも含めて、何だか

中田英寿さんを思い出しますね。

 

きっと語学も堪能でしょうから

海外移籍における大事な

コミュニケーションの問題も

関係なさそうです。

 

 

ところで、

元客室乗務員のお嫁さんをもらった

武藤選手。

 

何でも奥さんのお父さんが

民主党の渡辺周元防衛副大臣

なんだそうです。

 

す・・・凄い繋がりですね〜

 

色んな意味で強力なバックアップが

あると思うので、あとは思い切って

サッカーに打ち込むだけ!

 

 

この4月には長女も誕生し

環境面でもバッチリです。

 

スピードが武器の選手によくある

怪我の多さ。

 

武藤選手も例外ではなく

何度か膝を故障しています。

 

昨シーズンも、これから!

というときに右ヒザの靭帯を

損傷してしまいました。

 

娘さんが大きくなるまで現役で

いるためにも、怪我と上手く付き合って

いって欲しいです。

 

しかし、

結婚した後は色々大変です。

 

私は嫁のお義父さんとは

今のところ大変良い関係を

築けていますが、

そこに辿り着くためにはそれなりに

苦労もありました。

 

武藤選手の場合は、

お義父さんが凄い人なので

そんな苦労も何倍かと思います。

 

なので、余計に奥さんには

その辺のフォローをしっかり頼みたい

ところですよね。

 

 

その肝心な奥さんですが、

武藤選手の将来的な海外での活躍を見越して

CAになったという噂もあり、

並々ならぬ覚悟を感じます。

 

そんな奥さんの内助の功があれば

海外での武者修行も乗り切って

行けることでしょう。

 

モデルの立野リカはいとこ?

1992年に東京で生まれた武藤選手は

イケメンサッカー選手として有名ですが

お父さん、お母さんも

イケメン&美人と評判です。

 

明るく負けん気が強く

慶應出身の頭が切れる天才、

 

しかも既に書いたように

奥さんの内助の功も完璧、

 

奥さんのお父さんも元防衛副大臣、

 

と、ここまでで既にお腹いっぱい

という感じですが・・・

 

 

更に!

従妹がモデルの立野リカさん

であるというオマケまであります。

 

どれだけ凄い家系図なんでしょうか…

 

しかもこの立野リカさんは

テニスで全米一位になったこともある

ようで、あまりにもレベルの高い話に

若干連いていけてません(^_^;)

 

立野さんのアメブロに

二人のツーショットが出ていて

SNS上でも噂になっています。

 

 

 

まるで美男美女カップルのように

凄い絵になっています♪

(奥さんスミマセン)

 

お正月など、武藤家の親戚が集まると

ものすごいことになってそうですね。

 

身近に凄い人がたくさんいる…

そういう生まれた環境も

武藤選手の原動力の1つだと

言えるでしょう。

 

武藤嘉紀選手のマインツや海外での気になる評判は?

man-290186_640

小学時代から活躍していた武藤選手、

各年代の代表にも選ばれていました。

 

現在はFWとMFを務めていますが、

先述したように

サイドバックをしていた事もあります。

 

無尽蔵のスタミナはこの頃に

磨かれたかもしれませんね。

 

そしてその後、

高校からプロと思いきや、

いきなりプロでは通用しないと考え、

慶應大学に入学。

 

しっかりした人生設計が素晴らしいです。

 

その後FC東京に入団し、

フル代表デビューから

岡崎選手の在籍していたマインツに入団

とトントン拍子で

階段を駆け上がっているなぁ~

といった印象です。

 

 

ドイツに渡った後、武藤選手は

ハットトリックなどの派手な

パフォーマンスで、

当然ドイツでも評価はうなぎ登り。

 

「マインツの生命保険」

とまで言われるほど評価されています。

 

更にドイツ以外の海外では、

あの強豪チェルシーが獲得か?

という報道も流れたほど高いものでした。

 

 

 

実際に、マインツに移籍する際も

色んな選択肢があったようですが、

武藤選手は敢えて一番条件面の悪かった

マインツを選択しました。

 

自分がチームにどう必要とされているか?

を重視しての決断だったと思いますが、

金銭面よりサッカーにおける環境を重視する

ところなど応援したくなる選手の1人ですね。

 

 

岡崎選手はブンデスリーガで経験を積んで

プレミアで活躍していますが、

このままの活躍が続けば

武藤選手にもビッグクラブへの道

は自然と繋がって行くことでしょう。

 

これまでの武藤選手の経歴を

考えれば、そのステップアップも

あっさりトントン拍子で行きそうで

怖いくらいですね。

 

今後もその活躍を追いかけていきたいと

思います。

 

「武藤嘉紀のポジション」まとめ

武藤選手は運動だけでなく

頭の良さも兼ね備え、

それが話題になりましたが、

それだけでなくサッカーへの貪欲な姿勢

彼をここまでしたんだと思います。

 

今後必ず日本を高い位置に

もっていってくれる逸材です。

 

そんな武藤選手のこれからの活躍に

注目していくことはもちろんですが、

 

彼の後に、

また新しい力が続いてくれることを

楽しみにしながら、

日本サッカーの行く末を

見ていきたいと思います。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

【関連記事】

 

Sponsored Links