高校野球

中村奨成(広陵)捕手の経歴は?ドラフトでカープは指名する?

キャッチャー

今年の高校野球界を代表する広陵高校の中村奨成捕手

 

どの球団も次の世代のキャッチャーの人材は確保しておきたいところ。

高校No.1キャッチャーと呼ばれる選手はその殆どが確実にドラフト指名されます。

 

中村捕手も指名順位は変動するでしょうが、高校の先輩である現巨人の「小林2世」と称され、キャッチャーとしてのポテンシャルの高さを考えると、ほぼ間違いなく指名されるでしょう。

 

そこでこの記事では、そんな中村捕手の経歴や出身地などのプロフィールと、地元の高校出身ということでドラフトでカープの中村捕手指名はあるのか?に迫ってみたいと思います。

 

中村奨成捕手の経歴や出身地は?

早速ですが、中村選手の野球選手としての経歴に迫って行きましょう。

 

まずは出身地などのプロフィールを確認したいと思います。

 

中村奨成捕手のプロフィール

名前:中村奨成(なかむらしょうせい)

学年:3年

身長/体重:181cm/78kg

投打:右投げ右打ち

50メートル走:6秒0

遠投:120m

ポジション:捕手、一塁手

2塁送球最速:1.75秒

出身:広島県廿日市

球歴:廿日市立大野東小(1年で野球を始める)→廿日市市立大野東中(大野シニア)→広陵高

 

広島・広陵高校と言えば、今や多くのプロ選手を輩出するエリート集団のようなイメージがあり、野球留学などもある学校ですが、その中で中村選手は生粋の広島っ子で瀬戸内海に面した廿日市市の出身です。

どうりで、地元密着を掲げるカープも徹底的にマークするわけなんですね。

 

中村選手は小学生のときからキャッチャーをしていますが、捕手になったのは、どうやら自ら志願してとのこと。

 

その理由が面白くて、まだ野球の知識がなかったので、

単純に1人だけ皆と反対方向を向いてる捕手が面白そうだ思ったから

なんだそうです。

人と違うことをしたい気持ちは私も同じなので、中村少年の想いはよ~くわかる気がします。

 

捕手って確かにやることが多いし、守備の要なので、野球素人からすると、どちらかと言えば指導者側が選手の適性を見て

「やってみないか?」

って人選するケースが多いと思ってました。

 

つまり、捕手ができるような高いポテンシャルを持っている子を配置するっていうイメージでしたが、中村捕手はむしろ、捕手に必要な能力を自ら意識的に伸ばして行ったってことになります。

 

その努力の積み重ねで

二塁平均送球タイム1.9秒

という強肩を手にしたんですね。

 

もちろん、中村捕手は今や守るだけでなく、打てる・走れる走攻守ともに物凄いポテンシャルを発揮しているわけですが、与えられたポジションではないという話を聞いて、プロのスカウトたちから

「なかなか居ないタイプの捕手」

と評価されている理由がよくわかった気がしました。

 

もともと野手としての総合力がズバ抜けてた選手が、たまたま昔からキャッチャーをやっていた…というイメージなんでしょうか。

 

彼の進路がどうなるかわかりませんが、大リーグでも活躍した城島捕手などのように、是非スケールの大きい捕手として大事に育てて欲しいですね。

 

Sponsored Links




捕手としてのスペックが凄い!

中村奨成捕手のルーツは前項で既に紹介しましたが、改めて捕手としてのスペックを振り返ってみると…

何といっても特筆すべきは二塁送球2秒を切る強肩ぶりです。

 

大抵の捕手の場合、2塁到達時にはボールの勢いは落ちているのですが、広陵高校のセカンド吉岡選手などの証言によると

中村捕手のスローイングは軌道が低く球がポップしてきて捕るだけで痛い

そうです。

 

ようはベースカバーが少しでも遅れたら、ボールがセンターへ抜けてしまう可能性が大きいということです。

 

守っている二遊間の選手もたまったものじゃありませんが、逆に言えば、これは

中村捕手のスローイングの凄さ

を物語っています。

 

広陵高校という全国的な強豪校で1年時からマスクを被るというのは物凄いことです。

 

しかも、守備面だけでなく時には1番に入り脚力をいかんなく発揮し、クリーンアップに入れば抜群の勝負強さと高校通算38本塁打という強打を発揮。

 

右方向の打球も伸びるため穴の少ない厄介なバッターです。

 

しかも

走攻守全てにおいてまだまだ伸び代もありそうな凄みを感じさせる大型キャッチャー

なので文句なしのドラフト上位候補。

 

この夏の甲子園での活躍次第では1位指名を考える球団が出てくるかもしれませんね。

 

Sponsored Links




中村捕手に対するスカウトの評価は?

さて、ここまでの紹介で中村捕手のポテンシャルの高さは存分に感じて頂けたと思いますが、では実際に現時点でのプロのスカウト陣の評価はどうなのか?気になりますよね。

 

そこで、中村捕手に対するスカウトたちのコメントをまとめてみましたので、さっそく確認してみてください。

 

 

  • 全国の高校生捕手で肩が一番強い
  • 身体能力も高いし、守備もいい。
  • なかなかいないタイプの捕手。
  • いい捕手で打者としても楽しみな素材。
  • いいところで一発を打てる勝負強さが◎。
  • 打つだけじゃなく肩も強いし、足もある。
  • 地肩が強い。
  • 高校生の中では高いレベル。
  • 身体能力が高く、打つことや走ること、投げることは高い能力。
  • 高いレベルの選手。小林のようになれる。
  • 肩も強く、パンチ力もある。それに足もある。素材として魅力的。
  • スイングスピードは速いし、遠くへ飛ばす能力がある。
  • 走攻守三拍子が揃った捕手は全国的に見てもあまりいない。
  • 素材は高校生トップクラス。
  • 守備だけでなく、ヘッドを利かせるバッティングや足を持っていて、総合力が高い。
  • 体に力がつけば、1軍で戦える選手です。

(著作権に気を遣わないといけないので内容は変えずに表現は若干変えています。)

 

中村選手の現時点での活躍ぶりへのコメントだけでなく、その将来性身体能力の高さに言及したコメントが数多くありました。

 

今年の目玉である清宮幸太郎選手は別格としても、それに近いスター性も感じさせる中村選手ですから、3位以内と個人的には予想してますが、上位指名で消えるのは確実

 

あとは他球団との駆け引きなども含め、スカウトたちの腕の見せ所です。

 

今年のドラフトは各選手の進路しかり、指名順位など、例年になく非常に楽しみですね。

 

ドラフトでカープは指名するのか?

さて、あくまでも中村選手がプロ志望届を出した場合の話しですが、やはり現在セ・リーグ首位を走る広島の動向が気になります。

 

今やエースに成長した野村祐輔投手(広陵高校)を筆頭に、多くの地元出身の選手がいますし、カープファンも地元選手にどんどん入団して欲しいのではないでしょうか?

 

スカウト陣の中村捕手の評価は既にご覧いただきましたが、実は敢えて広島のスカウトのコメントは入れていませんでした。

 

ということで、ここではカープのスカウトの方のコメントのみをご紹介したいと思います。

 

 

  • 身体能力が高い。高校時代の小林より、全ての面で上。
  • 捕手としては高校生No・1だと思う。

 

 

ホンの一部ではありますが、やはり同じ広陵高校出身の捕手である

巨人・小林捕手と比較している

のが全てを物語っている気がします。

 

カープの現在の捕手事情というと、會澤翼捕手石原慶幸捕手がドッシリといて他球団に比べれば、2人共打てるキャッチャーなので、即戦力で補強という状況ではありません。

 

同じ広陵高校の先輩・白濱裕太捕手も居ますしね。

 

ただ現在一番手の今年29歳になる會澤捕手に次ぐ次世代のキャッチャーは是非欲しいでしょう。

カープファン

ということで昨年獲った日大三高出身の板倉将吾捕手も素材は良いと聞いていますが、何でもOBの前田智徳選手の入団時と比較されるほどの天才的な打撃を活かすために他のポジションにコンバートされる可能性があるのでは?と個人的には予感してます。

 

もし本当にそうなれば、會澤捕手に次ぐ次世代の守備の要として地元出身の中村捕手は是が非でも欲しい状況ではないでしょうか?

 

ということで、個人的には

カープの指名は現実的に有り得る

と思っています。

 

ただ、もし中村選手が他球団に指名されたとしても、これほどの可能性を秘めた捕手ですから、コンバートとかせずきちんとキャッチャーとして育てて欲しいです。

 

元ヤクルトの古田捕手や、元阪神の城島捕手のようにスケールの大きい捕手の登場は久しくありません。

 

スター性もある中村捕手には是非そこを担って欲しいものです。

 

Sponsored Links




「中村奨成捕手の経歴」まとめ

この記事では広陵高校の主柱である中村奨成捕手の経歴やドラフト指名について考察してみました。

 

今夏の甲子園での活躍次第で1位指名もあり得るかなりの逸材。

スカウト達もその活躍に釘付けのようですね。

 

プロ志望届は是非出してもらいたいのですが、例え大学などを経由してプロ入りしても、中村捕手にはきちんと捕手として育ててくれる球団に入団して欲しいです。

 

彼の走攻守のポテンシャルを見てしまうと、他のポジションでも大いなる可能性があるのは確かですが、久しく登場していないスター性のある捕手の登場を中村選手には期待したいと思います。

 

でもその前にまずは、広陵高校を引っ張っての全国制覇ですね。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

関連記事:中村捕手世代のライバル達もチェック!