寝る前に飲むと良い飲み物

寝る前に飲むと「睡眠の質」に良い飲み物と飲んではいけない物は?

寝る前に飲むと良い飲み物

 

「気持ち良~く目覚める朝」と「なぜか体がダル~い朝」。

同じように寝ているのに、ナゼこんなに違ってしまうんでしょう?

その原因は「睡眠の質」です。

 

お風呂上がりに何気なく飲んでいる、いつもの飲み物ですが…

あなたは何を飲んでいますか?

もしかすると、その飲み物に睡眠の質に関する秘密が隠されているかもしれませんよ。

 

そこでこの記事では、寝る前に飲むと良い飲み物、逆に飲んではイケない飲み物について深~く掘り下げてまとめてみました。

 

Sponsored Links



寝る前に飲むと「睡眠の質」に良い飲み物は?

カモミールティー

 

「睡眠の質」が良いって、一体どういうことでしょう?

まず本題に入る前に、「睡眠の質」について確認してみたいと思います。

  • 横になると自然に眠くなって寝つきが良く
  • 寝始めの3時間に深く眠って
  • 寝起きが良い

この3つが良い眠りの条件とされています。

さてあなたは何個当てはまりましたか?

3つともクリアできたら、頭も体もスッキリ間違いなしです。

 

 

ところで、

寝る前の飲み物1つで眠りの質が変わってくる

ということ知っていましたか?

 

そんな眠りの質を上げる為の飲み物、まず1つ目は

「寝つき」がよくなる飲み物

をご紹介します。

 

寝付きがよくなる飲み物

■白湯

寝る前の胃への負担がありません。



■生姜湯 

温かさが体の隅々まで行き渡ります。



■カモミールティー 

鼻詰まりを改善する効果が期待できます。

「寝つき」を良くするには、体を温めると良いとされています。

 

でも、どうして体を温めると寝つきが良くなるのでしょう。

実は温まった体は、皮膚から熱を逃がして体温を下げようとします。

体温を1回温めて上げてから、体温が下がると、その時に「眠気」がやってくるんです!

ようこそ、眠気さん♪

ですから、寝る前に積極的に体を温めて、そこから体温が下がるタイミングに合わせてベットに入ると「良い睡眠」へ繋がります。

 

 

睡眠の質を上げる為の飲み物、お次は2つ目の

「深い眠り」に良い飲み物

についてです。

 

「テアニン」を摂るとグッスリ眠れるって耳にしたことありませんか?

快眠のサプリとして販売されているものもありますね。

例えばこんなサプリなどです。

 

この「テアニン」を摂るとリラックスのα波が出て、睡眠の質が向上します。

しかもストレスの抑制効果もあるとも言われています。

 

そんな「テアニン」は、

玉露など上級なお茶

に含まれます。

 

しかし、お茶と言うとカフェインが心配ですよね。

でもご安心を!

この「テアニン」にはカフェイン興奮抑制作用があるので、玉露には確かにカフェインを含んでいるものの、穏やかな興奮作用で留まるんだとか。

カフェインの興奮作用もα波に変えてしまうテアニン。

すごい威力ですね。

 

ところで、このテアニン入りのドリンクは玉露以外にも、いろいろなものが販売されています。

カフェインゼロの「テアニン煎茶」などもあるので、微量なカフェインでも気になる場合はそちらがおすすめです。

 

そして個人的にオススメの寝ている時の空腹感も心配なし!な…

~明日に疲れを残さないビタ快眠ドリンク~もご紹介します(^^)

 

疲れを癒すノンカフェインシトラスルイボスティー

■レシピ

  • オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類のカットフルーツ:60g
  • はちみつ:小さじ1
  • ルイボスティー:1個
  • 熱湯:80ml
  • ミントの葉:お好みで


■作り方

カットフルーツ・はちみつ・ルイボスティーをカップに入れて熱湯を注ぎ1~2分。

ティーバッグを取り出して3~4分フルーツを馴染ませましょう。

 

 

もし市販のもので代用するならコレです。

 

夜のひとときをこんなお茶で締めくくり、明日への活力のためグッスリ眠りましょう。

 

 

眠りの質を上げる為の飲み物、最後は3つ目

「寝起きスッキリ」

になる飲み物です。

こちらは寝る前でなく、起きたときに飲むと効果が上がります。

  • 水 
  • 柑橘系のジュース

なんだ、そんなもの~!とお思いのあなた。

ぜひ試してみてください。

胃腸が目覚めると頭もスッキリするので、目覚め効果大ですよ。

 

 

Sponsored Links



寝る前に飲んだらダメな飲み物は?

寝る前に飲んではイケない飲み物

 

寝酒なんて言われるアルコールですが、実際は眠りが浅くなってしまいます。

イイかんじで酔っぱらっていると、一時的に眠くなりますよね。

でも時間が経って、血中のアルコール濃度が低くなると、逆に脳が覚醒しちゃうのです。

トイレも近くなるし~。

睡眠にはいいことなしですね。

 

また、みなさんご存知カフェインも…もっちろん「ブ、ブ~ッ」です。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 栄養ドリンク 

などがそれに当たりますね。

 

意外とやってしまうのが栄養ドリンク。

寝る前に飲んで疲れをとろう、なんて手を伸ばしがちです。

ダメですよ~。

カフェインで逆に眠れなくなってしまいます。

どうしてもというなら、ノンカフェインのものもあるので、飲む時間帯によって使い分けましょう。

 

 

私も、午後のコーヒータイムは3時までにとるようにしています。

夕方「このくらい大丈夫」なんて飲んでしまうと本当に眠れなくなってしまって…。

昔は平気だったのにな。

年を追うごとに、悲しいかな睡眠の質は下がるらしいです。

 

だからこそ、サプリや睡眠の質を上げる飲み物を上手く摂り入れたい!と強く思います。

就寝5~6時間前までなら睡眠の妨げになりませんので、コーヒーブレイクはその時間までにしましょう。

 

 

Sponsored Links



「寝る前に飲むと良い飲み物」まとめ

 

以上、寝る前に飲むと「睡眠の質」があがる飲み物についてまとめました。

「質の良い睡眠の為の3つの条件」を助ける飲み物

「寝つきを良くする」

白湯・生姜湯・カモミールティーなどで体を温めましょう。


「深い眠りを誘う」

テアニン入りの飲み物で眠りを深く。


「寝起きスッキリ」

水・柑橘系ジュースを起床後に飲むと胃腸から目覚めます。

 

睡眠の妨げになる飲み物

アルコール

脳の覚醒作用があります。


コーヒー・紅茶・栄養ドリンク 

カフェインには興奮作用があります。

 

毎日の質の良い睡眠は財産とも言えます。

良い睡眠を取れるように、上手く睡眠に良い飲み物を摂って、毎日元気に過ごしたいですね。

 

関連記事

  体は疲れているはずなのに、あまり眠れず疲れがとれない… そんな日、ありませんか? 朝から体がだるくて仕事や家事がはかどらないですよね。   自然に眠くなって → 寝つきが良く → よく眠れる[…]

安眠

 

Sponsored Links