高校野球

西川愛也(花咲徳栄)の出身や球歴は?イケメン天才打者が凄い!

 

3年連続で夏の埼玉大会を制した

花咲徳栄高校。

 

ここ最近はドラフト指名される選手を

次々と排出しています。

 

一昨年は岡崎大輔選手

昨年は高橋昂也投手

 

関連記事
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/takahashi-kouya-2571.html”]

 

そして今年は投打に

ドラフト候補がいますが、

特に注目を集めているのが

西川愛也選手です。

 

 

 

今年の高校生外野手の中で

最大級の評価を受けている彼は

左の内川と呼ばれるほどの

天才的な打撃力を誇ります。

 

[ad#ad-ue]

 

また西川選手と言えば、

ユニフォーム盗難事件

今夏の埼玉大会準決勝での

満塁ランニングホームランなど

ニュースでその名を目にすることが

多くなってきました。

 

特にユニフォーム盗難の件は、

結局まだ戻って来てないらしいのですが、

それもこれも彼のイケメンぶりが

高校野球ファンにそうさせたのでは

ないか?と個人的には想像しています。

 

この記事では

そんなイケメンな容姿でも話題の

西川選手の経歴(球歴)や

現時点でのプロのスカウト陣からの評価

などをまとめてみました。

 

西川愛也選手の経歴は?

 

まずは西川選手のプロフィールを

改めて見ていきましょう。

 

西川愛也選手のプロフィール

名前:西川愛也(にしかわまなや)

身長/体重:180cm/78kg

投打:右投げ左打ち

50メートル走:6秒2

遠投:94m

高校通算本塁打:30本

ポジション:外野手

出身:大阪府堺市

球歴:金堺市立岡小

(小6時にオリックスJr.入り)

→堺市立金岡南中

(浜寺ボーイズ)

→花咲徳栄高校

 

プロフィールを見てわかる通り

西川選手は大阪府出身

 

花咲徳栄高校へは

野球留学ということになりますが

ここ数年間の同校の活躍で

大阪から人材が集まるように

なったということなのでしょう。

 

関東の逸材が集まるイメージがあったので

ちょっと意外でした。

 

花咲徳栄高校の試合は

冒頭でも名前を出した高橋昂也投手が

まだ2年生の頃に実際に私も

甲子園で観たことがありますが、

投打共にレベル高く洗練された野球を

していました。

 

特に高橋投手は、まだ覚醒前でしたが

抑えで出てきてすの早いストレートに

観客達もどよめいていたのを

今でも覚えています。

 

また花咲徳栄高校全体に言えますが、

ここ数年で打撃力が凄く上昇した

印象を受けます。

 

今その中心にいるのが

間違いなく西川選手です。

 

そんな彼の球暦を振り返ると

まず目を引くのは小6での

オリックスJr.入り。

 

中学までは投手も兼任していた

とのことですが、

小さい頃から野球の基本を

徹底的に叩き込まれたことで

複数ポジションも難なくこなせて

いたのしょう。

 

そんな野球選手としてのベースの高さで

花咲徳栄高では、1年秋から早くも

ベンチ入り。

 

2年生で出場した春センバツでは

4番として甲子園デビューを飾り、

そのしっかりした基本の上に

抜群のバットコントロールセンス

加わり複数球団のスカウトが

マークするほどの選手に成長しました。

 

 

ただプロフィールの数字だけ見ると

遠投も足もそこまで飛び抜けて凄い!

という程ではありません。

 

しかし、足に関しては

50mで6秒2、100mで11秒後半

という数字以上に、とにかく

ベースランニングがとにかく早い!

 

高校通算30本塁打を誇りますが、

そのうち今夏の埼玉予選だけで

2本のランニングホームランを

放っています。

 

そして驚くのが、2年秋までは

高校通算3本だったということ。

 

つまり、この1年弱の期間に

長打力が飛躍的に伸びたことを

意味しています。

 

 

 

足でもホームランを稼げますので

甲子園でも左中間、右中間の深いところまで

ボールが飛べば、1本くらいは

ランニングホームランが見れるかも

しれませんね。

 

何でも西川選手は

元阪神の赤星選手やイチロー選手の

走りを徹底的に研究したようで、

そういう影の努力を重ねてこその

今のハイレベルな走・攻・守が

あるのだと感じます。

 

普通、打者だったら

走塁の研究より打撃の研究に

特化してしまうと思うのですが、

 

走塁にも高いレベルを求める

 

彼の野球に対する姿勢もスカウト陣の

評価を絶対的なものにしている要因

でしょう。

 

それではこの項の最後として

彼のこれまでの甲子園成績と

今夏の埼玉大会の成績を載せておきます。

 

 

西川愛也選手の甲子園成績

■16年春

試合   1

打数   4

安打数  2

打率  .500

二塁打  1

三塁打  0

本塁打  0

打点   2

三振   2

四死球  0

盗塁   0

出塁率 .500

長打率 .750


■16年夏

試合   3

打数   10

安打数  6

打率  .600

二塁打  1

三塁打  1

本塁打  0

打点   4

三振   2

四死球  2

盗塁   1

出塁率 .667

長打率 .900


■甲子園通算

試合   4

打数   14

安打数  8

打率  .500

二塁打  2

三塁打  1

本塁打  0

打点   6

三振   4

四死球  2

盗塁   1

出塁率 .625

長打率 .857

 

 

西川愛也選手の今夏の埼玉予選成績

試合   7

打数   26

安打数  13

打率  .542

二塁打  3

三塁打  0

本塁打  4

打点   18

三振   1

四死球  6

盗塁   2

出塁率 .594

長打率 1.077

 

 

甲子園と今夏の埼玉県予選を

単純に比較はできませんが、

出塁率は元々から高かったものの

長打率の数字は飛躍的に伸びています。

 

西川選手は、2年の夏から

打席でサムライが鞘に納めている刀を

抜くようなルーティン

を大事にしているとのこと。

 

打席で力まないようにと

岩井隆監督と二人三脚で

その独特な打撃フォームと共に

取り組んだようです。

 

西川選手の動画を見つけたので

そのルーティンに着目して

ご覧下さい。

 

 

しっかりとやってますよね。

 

打席に入ってからフォームなどを

気にすると集中できないので

自然体でどんなボールにも対応できる

ように編み出した独特な打撃フォーム。

 

素人目からすれば、

どちらかというと手打ちに近い感じを

受けてしまうんですが、

長打力が出てきたということは

ボールへも上手く力が伝わっている

のでしょう。

 

個人的には高校生投手の

変則フォームを見るのが

毎回楽しみなのですが、

西川選手のスリ足気味の独特な

間合いの取り方も同様に

見てて凄くワクワクします。

 

前評判も高い花咲徳栄高校ですから

勝ち進んで1打席でも多く

彼の打席を堪能したいですね。

 

[ad#ad-naka]

 

Sponsored Links




天才打者・西川愛也選手のスカウトの評価をチェック

 

さて、プロのスカウト陣かたの

評価も急上昇と噂の西川選手。

 

ここでは、そのスカウト陣たちの

天才打者・西川愛也選手に対する

コメントをまとめてみます。

 

西川愛也選手のスカウト陣評価
  • バッティングが柔らかい。
  • ヒットエリアが広い。
  • バットの軌道が◎。
  • ホームラン打者ではなく中距離ヒッター。
  • 木製バットに対応できる。
  • あとはプロの球に慣れるだけ。
  • 打者では高校生トップクラス。
  • 自分の形を持っている。
  • 間の取り方が独特で天才的。
  • 足も速く、2塁からの加速が凄い。

(著作権などの問題もあるので内容は意味はそのままに多少変えてます。)

 

この他には、特に日ハムのスカウトから

「ウチの浅間みたい。」

との評価もありました。

 

その横浜高校→日ハムに入団した

浅間選手は1年目から1軍の試合に

出場して活躍していましたから、

どうやらプロのスカウトたちは

西川選手を即戦力として評価している

ようですね。

 

西川選手は大阪出身だけど

大の巨人ファンとのこと。

 

憧れの打者も同じく天才肌の

高橋由伸現監督

 

確か浅間選手の時も

巨人のスカウト陣からの評価が

高かったのですが、

西川選手はもし球団を選べるなら

(高橋監督の立場は微妙ですが…)

巨人から指名を受けたいのでは

ないでしょうか?

 

我が楽天に一昨年入ったオコエ選手も

1年目から1軍出場を経験して、

今年は怪我で出遅れたものの、

ここのところ結果も発揮出し始めて

しました。

 

そんなオコエ選手のように

高卒即1軍という可能性も

西川選手の技術なら十分可能と

思われます。

 

次世代の外野手が育ってない球団だけで

考えると、巨人もそうですし、

後はヤクルトなども特に彼の活躍には

注目していることでしょう。

 

また、地元選手ということで

西武からの指名も大いに予想されます。

 

いずれにしてもプロ志望届さえ出せば

ドラフトでの彼の指名はほぼ確実。

 

天才的なバッティングセンスは

すでに即戦力的な評価なので

後は今夏の甲子園の活躍次第で

ドラフト指名がどこまで上位になるか?

甲子園開催中のスカウトの発言にも

引き続き着目して行きたいと思います。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

関連記事
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/shimizu-tatsuya-hanasakitokuharu-5905.html”]

[ad#ad-shi]