野球

岡本和真の成績は?ホームランが魅力の大砲候補の守備をチェック!

futta1196m

プロ野球の醍醐味はやはり、豪快なホームランだと私は思います。

息詰まる投手戦もいいのですが、やはり打ち合いになって、お互いのチームに試合の流れが行ったり来たりする方が一番盛り上がりますよね。

また、緊迫した場面での一発はシビレますし興奮します。

たった1球を逃さず仕留めることこそプロのなせる業です。

 

しかし、日本のバッターで現在ホームランバッターを挙げろと言われると数少なくなりました。

どちらかと言うと、ヒットメーカーが多く、スパッと試合を決める一発を放てる和製大砲を見る機会はそんなに多くないような気がしませんか?

 

和製大砲で言うと本当の意味で凄いホームランバッターと呼べるのはヤクルトの山田選手くらいじゃないでしょうか。

西武のおかわり君こと中村選手もその筆頭候補でしたが、ここ数年は怪我などもあり過去の勢いがなくなっています。

まだ伸び盛りでワクワクする打者という面ではやはり山田選手に並ぶ選手は見当たりません。

 

しかしそんな中、今年は広島のプロ4年目鈴木誠也選手が大ブレークしました。

鈴木選手については神ってるという新語が出るほど、その言葉通り、ここぞの場面での勝負強さも兼ね備えています。

 

来年さらにどこまで進化するか非常に楽しみな選手です。

futta1975m

しかし、その次に続きそうな右打者が現状イマイチな感じです。

 

左打者だと、何と言っても遂に覚醒した筒香選手柳田選手、またオリックスのルーキー吉田尚選手にもホームランの魅力を感じますが、貴重だと言われる右打者だとまだ頭角を現している選手は見当たりません。

ただし、可能性を感じさせる選手は色々います。

 

阪神の江越選手、西武の山川選手、楽天の内田選手、オリックスの園部選手、ロッテの井上選手などなど。。

そして、今回取り上げる岡本和真選手もその1人。

一昨年、鳴り物入りで巨人に入団し日本球界に久々に登場した和製大砲と注目を集めました。

 

打撃センスも抜群だそうで、あの松井秀喜選手に匹敵する才能だと評されることもあり、2年目の今期はその飛躍が大いに期待されてましたよね。

ところが、オープン戦で攻守とも結果を出せず2軍スタートになります。

2軍ではさすがの存在感を示しその好調さが再評価され、5月27日の阪神戦から1軍に合流するも結果を残せず2軍へ逆戻り。

結果的には2軍での英才教育?という形になりました。

 

来年こそ勝負の3年目です。

今回は、そんな岡本選手の現状の成績を振り返りつつ、バッティングの特徴や課題の守備などについて改めてまとめてみました。

果たして、ルーキーイヤーに比べ今年の成長は見られたのでしょうか?

 

岡本和真選手の経歴と守備力の評価

2014ドラフト1位で巨人に入団した岡本選手。

背番号は長嶋さんの「3」と原前監督の「8」が入った「38」

地味めな番号ですがそこには大きな期待が込められています。

 

1996年6月生まれの20歳の若武者は体格的にも恵まれていて身長184cm/体重96kgと素材の良さを感じますね。

期待も込めて高卒1年目から村田選手の怪我もあり昨年は1軍で数試合3塁を守りました。

初ヒットを初ホームランで飾るなどモノが違うところを見せたルーキーイヤーでしたが…

そこからの上積みが期待された今シーズン果たして成績的にはどうだったのか?

 

その話の前に、彼の経歴について触れてみたいと思います。

 

小さい頃からお兄ちゃんっ子だったのでしょうか、野球を始めたのはその兄の影響でした。

小学一年から軟式野球チームに入ると順調に成長し、4年生時点で4番に座り球速100キロを出す投手としても活躍します。

そして彼はこの小学校時点で地元奈良の名門・智弁学園に進むことを決意したそうです。

やはり地元に全国的な名門校があると小学生の良いお手本ともなり、同時にしっかり目標にもなって野球に対する意識が違いますね。

 

中学時代にはやや投手よりになるものの、サードも守り野手としても結果を残します。

2年時に出場したジャイアンツカップではベスト4に入り。

この当時からジャイアンツとは何かの縁があったのかもしれませんね。

 

3年になると投手としての球速は135キロをマークしていたようですが、骨折などもあり、高校進学時には野手として入ったようです。

進学先は憧れだった智弁学園

1年の秋から4番を任され高校2年時に覚醒し、年間48本もスタンドに放り込みました。

高校通算では73本塁打

そして高校3年時には春・夏連続で甲子園出場。

特にセンバツでは1試合2本塁打を放ち一躍その名は全国区になります。

今は2刀流が流行っていますが、岡本選手の場合は高校での打者への転向は大成功だったと言えるでしょう。

 

見事、スラッガーとしての才能が開花して、巨人にドラフト1位で入団。

高校時代での圧倒的な成績を引っさげて鳴り物入りでの入団となりました。

 

高卒ながら、先輩の松井選手のように1年目からの活躍が期待されましたが、彼には課題がありました。

それが守備力です。

 

打撃に関してはキャンプに臨時コーチとして参加した松井コーチからも

「ボールとの距離のとり方は天性のもの」

太鼓判を押されていましたが、成長させるため我慢して使っていくにしても最低限の守備力が必要です。

 

ところが、岡本選手の守備力は残念ながらプロのレベルには達していなく、基本さえできていないという散々な評価でした。

期待された2年目の今季。

1軍で出場した試合で守ったのはファースト。

3塁には、今季怪我も癒えて好調な村田選手がいます。

せめてその村田選手への挑戦権を獲得するためにも守備力の強化は最重要課題と言えそうです。

 

以上、簡単に岡本選手の経歴を振り返ってきました。

 

前置きが長くなってしまいましたが、

「岡本選手の課題は守備」

ということを念頭に置いてもらいながら1年目と2年目の成績を見比べてみてください。

 

1年目の成績【2015年度】

一軍での成績



打率 : .214(28打数6安打)

三振 : 4

本塁打: 1 

打点 : 4

盗塁 : 2

長打率 : .321

 

 

二軍での成績



打率 : .258(240打数62安打)

三振 : 50

本塁打: 1

二塁打: 18

三塁打: 1

打点 : 16

盗塁 : 0

長打率 : .354

ルーキーイヤーは2軍で高卒ながら打率.258。

これは正直、立派ではないでしょうか?

 

1軍でも初ヒットを初ホームラン・初打点付きで記録するあたり、並のルーキーではないなと感じます。

現高橋監督も、同じ選手目線で見ていて打撃の将来性を強く感じていたそうです。

 

2年目の成績【2016年度】

一軍での成績



打率 : .100(10打数1安打)

三振 : 2

本塁打: 0

二塁打: 1

三塁打: 0 

打点 : 0

盗塁 : 0

長打率 : .200

 

 

二軍での成績



打率 : .261(360打数94安打)

三振 : 88

本塁打: 18

二塁打: 18

三塁打: 6

打点 : 74

盗塁 : 0

長打率 : .494

期待された2年目でしたが、1軍成績は散々たるもの。

が、2軍では長打率や打点など圧倒的な成績を残しています。

とくに打点王の獲得、4番ファーストで出場したフレッシュオールスターでは4打数2安打1本塁打でMVPも獲りました。

2軍レベルでは突出しているのは明らかです。

ただ、数字面でいうと打率は1年目とさほど変わらなく、むしろ三振数は増えているのでもう少し確実性を出したいところでしょうか。

しかし、長打率.494という驚異的な数字があるように当てに行くのではなく常に長打を狙ってフルスイング!というバッティングが彼の魅力だと思われます。

 

確実性との両立をどうハイレベルで図っていくか?彼のこれからの進化が見ものです。

 

(追記)3年目の成績【2017年度】またしても不発…

一軍での成績



打率 : .194(35打数6安打)

三振 : 10

本塁打: 0

二塁打: 1

三塁打: 6 

打点 : 2

盗塁 : 0

長打率 : .226

 

 

二軍での成績



打率 : .270(348打数94安打)

三振 : 84

本塁打: 10

二塁打: 23

三塁打: 3

打点 : 55

盗塁 : 0

長打率 : .440

岡本選手の3年目の成績…数字的には正直言って「伸び悩み」という印象です。

ただ2軍での打率は過去最高になっていて、確実性に関しては前進しているようにも感じます。

超えなければいけない壁だった村田選手が自由契約になり、その背番号「25」を来季は引き継ぐということで、球団からの期待の大きさは変わってません。

2018年のノルマは1軍で2桁本塁打ということで、新しい背番号で躍動して欲しいですね。

 

Sponsored Links




岡本選手の将来は四番サード?

高校時代もサードを守っていた岡本選手は、高卒ルーキーながら、1年目から1軍でも6番サードで出場し、彼への期待度は高いのが伺えます。

 

原前監督いわく

巨人のサードは聖域

とのことですから、球団からすれば、将来的には

「4番サード岡本」

が理想なのでしょう。

とは言え、巨人の3塁といえば、村田選手が居ますから、出場機会を優先すれば、他のポジションも守れるようにしたいところ。

 

かと言って、外野をやるほどのスピードはないし、ファーストにはこれまた阿部選手が君臨している現状。

これは高橋監督はじめ大いに悩むところだと思いますね。

 

来シーズンあたり村田選手にしろ、阿部選手にしろ年齢的にもシーズンフル出場は難しいかもしれません、

3塁に専念させて、大きく育てたい!

というのが首脳陣の本音であることは間違いないと思いますが、1軍にいれば代打で経験を積ませるしかできません。

 

よって、必然的にあと1年くらい2軍で守備も含め経験させてプロのスピードに慣れさせる可能性が大きいと思います。

4番サードを継ぐ男は現状では岡本選手しかいません。

秋季キャンプなどで岡本選手が良い意味でそんな予想を裏切る劇的な成長を見せてくれることを密かに期待しています。

 

Sponsored Links




「岡本和真の成績」まとめ

期待されてプロになる選手たちの中でもスターと呼ばれるのはごく一部です。

原石が原石のまま終わってしまうという事も少なくありません。

 

中々チームに馴染めない、プロに馴染めないという事もありますが、プロとしての課題をクリアできなかった選手も大勢いたでしょう。

だからこそ岡本選手には課題をクリアして活躍して欲しいですし、素材の良さを含め、それが出来る可能性は非常に高いと思われます。

 

課題の守備でも、特にスローイングに問題があると井端コーチも指摘していました。

スローイング時に肘が抜けるという欠点があって、送球がシュート回転してしまうとのこと。

そこを岡本選手は今年1年、座ったままのスローイング練習など徹底して鍛えました。

徐々に成果は出ているようなので、秋季キャンプや春のキャンプでも継続して、首脳陣へ大いにアピールして欲しいですね。

 

現在のプロ野球では左打ちのスラッガーは多いのですが、右打ちのスラッガーは少なく、変化球を器用に打ち返し、またストレートにも強い岡本選手には多くの期待が寄せられています。

そんな岡本選手の成長を見守りながら、引き続き彼の成績を追いかけて行こうと思います。