今日は何の日

オーケストラの日(3月31日)は何の日?由来やイベントを調査!

オーケストラの日_由来は?この記事では、オーケストラの日(3月31日)が何の日なのか?に関する情報をまとめています。

具体的には、

  • なぜ3月31日がオーケストラの日と呼ばれているのか?その由来や意味は?
  • オーケストラの日に行われるイベントは?

についてです。

この記事を読めば、あなたの記念日に関する知識が1つ増えること間違いなしですよ。

 

オーケストラの日って何の日?由来は?

オーケストラの日

オーケストラの日ってどんな日?なぜ3月31日なの?

その由来は…

「み(3)み(3)に一番」「み(3)み(3)にいい(1)ひ」→(耳に良い日)という語呂合わせ

で制定されました。

少し強引さを感じるところですが…制定したのは「社会法人日本オーケストラ連盟」で2007年(平成19年)のことです。

意外に新しい記念日なんですね。

 

Sponsored Links




オーケストラの日に行われるイベントは?

オーケストラの日のイベント全国各地で色んなイベントが行われています。

その中で大きなイベントは、東京文化会館で開かれるコンサート!!

「オーケストラの日2019」と表して首都圏13楽団が集まってコンサートが行われます!

3月31日は、ちょうど学校が春休みなので親子でも楽しめそうですね~♪

 

ところで、コンサートってなんだか敷居が高いイメージで、行き難いですよね?

何を隠そう…私もそう思う一人です!

 

でも、このオーケストラの日2019では、子供から大人まで楽しめる造り、構成になっています。

あなたが知っている曲目もあり、「この曲、知ってる知ってる」ってなるみたいですよ!

それだったら…私もぜひ行ってみたい!!

ただし、子供と言っても、小学生からでないと入場出来ないので、小さいお子様がいる場合は、預けるなどして行くのをおすすめします!

 

Sponsored Links




オーケストラに関する雑学ネタ

オーケストラ

オーケストラっていつからあるの?

オーケストラの語源は、古代ギリシャの円形劇場の舞台上で、楽器奏者とダンサーに割り当てられたスペース(舞台の前の方)が「オルケストラ」と呼ばれていました

その後、この場所に配置される音楽集団が「オルケストラ」と呼ばれるようになり、このオルケストラがオーケストラの呼び名に変わったと言われています!

 

オーケストラと言えば、オーストリアなんですが…

ウィーン交響楽団はあまりにも有名ですね。

しかし、ウィーン交響楽団よりも古くて伝統的な楽団は実は他にあります。

それは…1743年に設立されたドイツのライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団です。

てっきりウィーン…だとばかり思ってたので、これは個人的にビックリ仰天な事実でした。

 

ちなみに、オーケストラで使う楽器で1番高い楽器は、「マクドナルド・ストラディバリウス・ヴィオラ」で、そのお値段は何と!45億円!!

実は私、フィンランドのSTRATOVARIUS(ストラトヴァリウス)というバンドの大ファンなので、この事実は知ってましたが、ここまでの値段だったとは…思いも寄りませんでした。

 

Sponsored Links




「オーケストラの日は何の日」まとめ

オーケストラの日は何の日

今回のまとめです。

「オーケストラの日」の概要
  • 「み(3)み(3)に一番」「み(3)み(3)にいい(1)ひ」(耳に良い日)の語呂合せがその由来である。
  • 制定したのは 「社会法人日本オーケストラ連盟」で2007年のことだった。

オーケストラは音の壮大さや曲展開の奥深さも含め、本当に素晴らしいですね!

個人的には「ここでそう来たか~」という曲展開が来るところがツボです。

1度だけコンサートに行ったことあるんですが、生演奏で聴くとまた迫力が全然違って虜になっちゃうんですよね~

コンサートに行けない場合でも、オーケストラの日に便乗して、心が洗われるクラッシック音楽に浸ってみてはいかがでしょうか?

 

>>他の記念日も見てみる!