話題になりそうな事

大杉漣さん出演の過去作品を無料で観る方法は?貴重な熱唱動画も発見!

突然の訃報に誰もが驚いた大杉漣さん。

亡くなられた後も、普通に「ゴチになります!」で見かけたりしたので(まさかのビリで何とも言えない感じでしたが…)、未だにこの世に居ないなんて信じられません。

今日もそんな大杉漣さんが生前に収録したという「アナザースカイ」を見て、訃報のニュースはイタズラ好きの大杉さんが企てたドッキリなんじゃないか?と未だに思ったりする自分がいます。

ところで、そのアナザースカイを見てて、番組の最後の方で漣さんがギターの弾き語り風に「生活の柄」を唄っていました。

「生活の柄」という曲は確か大杉さんの芸名の由来と言われる高田漣さんもライブで唄っていて、これが番組の最後に流れるということは特別な思い入れのある曲なんだとグッときました。

今回の「アナザースカイ」は大杉漣さんのファンにとっては神回になりましたね。

 

今回の放送を見て、改めて大杉漣さんの過去の出演作品が観たくなったのですが、漣さんの過去作品と言えば膨大にあります。

DVDを真面目に借りてたら凄い金額になりそうなので、できるだけお得(できれば無料)に観れる方法がないか調べてみました。

 

大杉漣さん出演の過去作品を無料で観る方法

無料に拘って調べると、やはり真っ先にYouTubeで検索。

すると、俳優としてよりは歌手・大杉漣としての動画がたくさん出てきました。

大杉漣BANDの歌声を初めて聴きましたが、漣さんの人柄がよく出てる素敵な動画でした。

漣さんってこの動画でも必至に場を盛り上げようとする頑張りが伝わってきますが、歳を重ねる程、いい顔になられてる感じがしますよね。まさにエンターテイナーとして全力で生きてたんだなってことを実感します。

人は無くなって初めて気付くと言われますが、改めて「俺こんなに漣さんのこと好きだったんだな」って思いますね。

 

さて、俳優・大杉漣としての動画は、やはり違法にアップロードされてるものしかないので、ここでは紹介できませんが、唯一紹介できるのがCHEMISTRY『最期の川』のMVです。歌詞も曲もイイので、これ見てまた涙腺が緩みました。

セリフがない演技って一番難しいと思うのですが、やはりいい味した役者さんです。

さらに!高田漣さんとの貴重なトークショーも発見!

このダブル漣のコラボは奇跡と言えるかもしれません。

演技ではなくて、こういう普段のトークでも物腰が柔らかく暖かみも感じられて素敵ですよね。

個人的にはサッカーを熱く語ってるとこが大好きでした。

 

俳優・大杉漣の過去の出演作品を確認する

少し脱線してしまいましたが、肝心な役者・大杉漣としての過去の出演作品の話に戻しましょう!

ネットで検索すると、実はpandoraTVやデイリーモーションで動画がアップされている場合があります。

どちらも無料なので、それで探せば良いじゃん!と安易に思ってしまいますが、実はこの両サービスは、ダウンロードの際にウイルス感染などのリスクがあるんです。過去にもう何件もPCやタブレットがウイルス感染したなどの報告事例が挙がっています。

 

 

もちろん、そんなリスクを承知の上で利用するなら良いかもしれませんが、もっと安全な方法があるのをご存知でしょうか?

それが今、利用者が急上昇している有料の動画配信サービスなんです。

何だ結局有料かよーと思うかもしれませんが、実はこの有料の動画配信サービスには、各社お試し期間があります。

 

お試し期間は長いもので30日、短くても2週間くらいあるので、集中的に観れば、大杉漣さんの過去作品が最低10作品は観れるでしょう!

そして、数ある動画配信サービスの中でも、大杉漣さん特集を組んでいるHuluが一番便利です。

 

大杉漣さんの特集ページがあるので、漣さんが過去に出演した作品が一目でわかりますよ。

>>今すぐ大杉漣さん出演の過去作品を確認する!

 

Huluの無料お試し期間は2週間ですが、2週間の間に観れるだけ観て、解約すれば料金は掛かりません。

もちろん、漣さん特集以外に、映画やアニメも月額たった933円(税抜)で見放題です。(作品によっては見放題ではなく1作品ごと料金が掛かります。)

ちなみに、うちは息子のために「アンパンマンチャンネル」や「おかあさんといっしょ」が重宝してるので月額契約してます。アンパンマンなどDVD集めるより断然お得なので、色々試してそのままサービス続行する選択肢も全然アリです。

 

ということで前置きが長くなりましたが、大杉漣さん出演の過去作品一覧をまずはチェックしてみてください。

意外な作品もあって、きっと漣さんの活躍を振り返ってみたくなると思いますよ。

>>大杉漣さん出演の過去作品をHuluで確認する!

(※リンク先のメニュー/特集一覧でご確認ください。)

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。