オスマン帝国外伝

オスマン帝国外伝シーズン2の第12話あらすじと感想/スレイマンの気持ち

オスマン帝国外伝_シーズン2第12話あらすじ
この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第12話」のあらすじと感想について書いています。

イザベラ王女とフリードリヒを捕らえたスレイマンはオーストリアに対し二人を「保護」していることを伝えました。

オーストリアは果たしてどんな反応を示して来るでしょうか?

またヒュッレムはイザベラ王女がスレイマンの愛人と誤解し、独り別な意味でうろたえています。

そしてイブラヒムはスレイマンの寵愛が陰りつつあるという不安を抱えながらアナトリア遠征に向かいますが…。

 

先が気になる第12話のあらすじを早速確認していきましょう。

 

オスマン帝国外伝シーズン2/第12話のあらすじ[ネタバレ注意]

サブタイトル「疑心」

スレイマンは庭でくつろぐ母后やマヒデブランたちの所に現れ、ムスタファ皇子を乗馬に誘う。

それを見たヒュッレムはヤキモチを妬く。

そのままスレイマンはムスタファと共に狩猟の館に向かうのだった。

 

スレイマンたちが狩猟の館に到着するとイザベラ王女が外に出て来る。

スレイマンはムスタファにイザベラ王女を紹介。

イザベラ王女はスレイマンに「話がある」と言い、三人は館の中に入っていく。

 

その頃マルコチョールは、茶店でマトラークチュにアルヴィーゼの悪口を言っていた。

そこへアルミンが通りかかり、マルコチョールは慌てて追いかける。

マルコチョールはアルミンに追い付き引き寄せるが、アルミンはその手に噛みついて抵抗。

付きまとわれて迷惑だ!と怒るが、マルコチョールは構わずキスをしようとする。

するとアルミンはマルコチョールにビンタして逃げてしまう。

 

イザベラ王女はスレイマンにフリードリヒの安否を尋ねる。

スレイマンは「フリードリヒは生きているが、大罪人であるため償いが必要である」と伝える。

イザベラは彼の命だけは助けてくれるように頼むが、スレイマンは「フリードリヒを愛しているのか?」と尋ねる。

イザベラが「神の前で愛を誓った」と答えると、スレイマンはオーストリアから身代金の提案があったが断ったことを教える。

するとイザベラは「私を苦しめて楽しいのか!」と詰め寄り、

「フリードリヒを殺すなら私も死ぬ」

と声を荒げるが、スレイマンはそれに答えずに行ってしまう。

 

マヒデブランは母后とスレイマンが会話をしないのを不審におもい、スレイマンが何か隠しているのでは?と疑う。

そこへムスタファが帰ってくる。

ムスタファ皇子は狩猟の館で知らない女性(イザベラ王女)を見た事をマヒデブランに話す。

 

ヒュッレムは入浴中も自分の不安を必死に打ち消そうとしていた。

そこへマヒデブランが現れ、ヒュッレムは「汚れているからよく洗ってね」と嫌みを言うと、ヒュッレムは「一人寝なのに綺麗にするの?」と見事なカウンターで応戦。

マヒデブランはヒュッレムに「自分が唯一の妃と信じて夢の世界に生きている。あんたも私と同じ。」と返す。

その言葉にヒュッレムは何も言わず退散するのだった。

 

イブラヒムの屋敷ではニギャールが子守りをしながらイブラヒムのバイオリンに触れ、イブラヒムを愛しく思い出していた。

そこへハティジェが現れ、メフメトから目を離していることをとがめられてしまう。

 

その頃イブラヒムは、反乱軍鎮圧に向かう途中の宿営地にいた。

ぺルバネ軍隊長から報告を受けるが、反乱はトカットまで広がっており、首謀者カレンデルの軍にはトルクメン族やスィーパーヒー(騎士)も加わっていると報告する。

 

ヒュッレムは「狩猟の館の女」の正体がわからずイライラしていたが、スレイマンには聞けない。

ヒュッレムは「女は男に触れて理解する」と呟きスレイマンの元へ・・・。

 

スレイマンを訪ねたヒュッレムは美しく着飾りスレイマンに近づく。

ヒュッレムはスレイマンが作っているルビーのアクセサリーを見て、「私の瞳と宝石どちらが美しく光っている?」と尋ねるがスレイマンは答えない。

「私を愛している?」と問うと、スレイマンは「疑っているのか?」と返す。

ヒュッレムは「あなたを癒せるのは私だけ」と言ってスレイマンを誘うのだった。

 

アナトリアの軍政官ベフラムがイブラヒムを訪ねてくる。

イブラヒムはベフラムの報告に激怒し、「お前の報告を兵士が聞けば士気が下がる!」と言って新しい作戦として隠密を送り込むことにする。

 

カレンテルはベクタシュ教団長で宗教で人々を率いていた。

イブラヒムがイスラム教徒ではないと考えているカレンデルはイブラヒムを滅ぼそうと考える。

 

アルミンの父ヨシュアの店を訪れたマトラークチュとマルコチョールは買い物と称してアルミンにちょっかいを出すが、ヨシュアはアルミンを奥に下がらせる。

するとマルコチョールは適当に買い物を済ませさっさと狩猟の館へと向かう。

 

スレイマンとヒュッレムはハティジェを訪ねる。

宮殿に滞在するように言うスレイマンにハティジェは「屋敷にいたい」と拒否。

ヒュッレムは庭の彫像を見て「気味が悪い、母后も心配している」と言う。

それを聞いたスレイマンは、「イブラヒムには言うな!」とヒュッレムをたしなめるが、ヒュッレムは「偶像を壊すイブラヒムと建てるイブラヒム」と呟く。

するとスレイマンは機嫌を損ね、宮殿に戻ると言い出す。

二人が帰ったあと、ハティジェは庭の彫像を布で隠すことに…。

 

狩猟の館に来たマルコチョールは、イザベラからフリードリヒの安否を尋ねられたが、「それは答えられない」と返事する。

イザベラは「せめて皇帝に会わせてほしい」と言うと、マルコチョールは「そう伝えます」とだけ答えて帰ろうとするが、イザベラに「皇帝への手紙を渡してほしい」とお願いされる。

 

宮殿に戻ったマルコチョールはスレイマンに、王女からの手紙を渡して「イザベラが会いたがっている」と伝言を伝える。

それを立ち聞きしたヒュッレムはショックを受ける。

その後、スレイマンが席を立ったとき、ヒュッレムはイザベラの手紙を盗み見て更に打ちのめされる。

 

カレンデルの陣営にいる族長たち。

説得しようとペルバネたちが差し向けられたが、彼らはカレンデルを救世主だと言ってなかなか折り合いがつかない。

 

マルコチョールはまたもやアルミンの所にやって来て部屋に入ろうとするが、父に知られたくないアルミンは外に出てくる。

マルコチョールはヨシュアの店で買ったネックレスを手渡す。

朝、アルミンの部屋でアルミンがマルコチョールから贈られたネックレスをしているのを見たヨシュアは、全てを悟りアルミンを外出禁止にする。

 

ニギャールはメフメトから一時も目を離さないようにと言うハティジェに戸惑うが、ギュルフェムは「お前は悪くない」となぐさめ、宮殿に行く許可を与える。

 

イブラヒム邸の庭を覗いたフィーガーニーらは彫像が隠されているのを見て「正しい道」だと喜ぶ。

 

アナトリアの反乱軍の要望を聞いたイブラヒムは、

「フェルファトのツケだ。適切な時期に対処していれば…」

と嘆く。

そしてイブラヒムは、カレンテルを信じている人びとを説得するのは難しいが、「どこに居ようと信仰は心に秘めるもので信仰と共に生き、信仰と共に死ぬのだ。」と呟くのだった。

 

茶店でアルミンを待つマルコチョールだったがアルミンは現れない。

そこへフィーガーニーが現れて、市場の人びとに向かって

「皇帝はイブラヒムの彫像を隠した」

と声を張り上げる。

マトラークチュは言い返そうとするが、マルコチョールはそれを制止。

そこへヨシュアがやって来て、マルコチョールにネックレスを購入した代金を返し、

「二度と店に来るな!娘にも近づくな!」

と言い捨てて行ってしまう。

 

ヒュッレムはスレイマンの心変わりを嘆き、ギュルを伴いハティジェの元に行くと言って宮殿を出たが、突然「狩猟の館へ向かう」と言い出す。

宮殿に来たニギャールはハティジェからの扱いに苦労していることをダイエに愚痴るが、ダイエは「ハティジェにお仕えするのは女官の仕事だ」と諭し、ギュルフェムに子守りをさせていることをとがめられてしまう。

 

その頃スレイマンはイザベラの元にいた。

物陰に隠れて二人を見守るヒュッレムは、スレイマンがイザベラに手を引かれて館の中へ入っていくのを見てしまい、ショックを受ける

そして部屋に入ったイザベラは、スレイマンの前で服を脱ぎ捨てるのだが・・・。

 

※主要登場人物について、おさらいしたい場合はこちらの記事で確認してください。

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_キャスト
オスマン帝国外伝の主な登場人物とキャストまとめ【ネタバレあり】登場人物がとても多くて壮大なスケールで展開するこのドラマ、その1人1人に触れていきたいのですが、物凄い記事数になります。 そこで、...

 

huluなら「オスマン帝国外伝」シーズン2が全話見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン2を無料で見る
hulu 公式サイトへ →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン2/第12話の感想

ハティジェはどんどんおかしくなって来てますね。

産後鬱をこじらせて、ほとんどメンヘラ状態…。

ハティジェのムチャぶりにニギャールも振り回されてヘトヘトになってます。

その事をダイエに愚痴ってもダイエはわかってくれません。

確かに女官の仕事はそういうものなのかも知れませんが・・・女官って大変な仕事なんですね。

私は絶対やりたくないです。

 

アナトリアは以前処刑されたフェルファトの赴任地でした。

そのフェルファトの悪政で反乱が起きてしまったとイブラヒムは嘆いています。

そして「適切な時に処罰しておけば」みたいなこといってますが、母后に遠慮して寛大な処置をしたのはあなたでは??

そしてその言いぐさではスレイマンが処罰しなかったから…みたいに聞こえますけど。

と、思わずツッコミ入れてしまいました。

 

ってことは…

功績は自分、責任はスレイマンなんでしょうかね?

本当に嫌なやつだと再認識。

 

イブラヒムは敵の団結にくさびを打とうとしましたが、信仰で繋がった人びとを裏切らせるのはなかなか厳しそうです。

今回出てきたベクタシュ教団とは、イスラム教シーア派の中でも十二イマーム派のそのまた分派で、当時勢力を伸ばしていた教団。

信者の結束は固く、しばしば帝国と対立しましたが、実は知識層やイニチェリとの関係も深く、オスマン帝国においてはかなりの勢力を誇っていました。

イブラヒムは改宗者なので生まれながらのイスラム教徒ではありません。

どうやらイスラム教徒たちは改宗者をあまりよく思っていないようですね。

 

しかも言動から見ても、イブラヒムは完全にイスラム教に信奉しているわけでは無さそうです。

「人は信仰と共に生まれ、信仰と共に死ぬ」って、「じゃあ、あんたはどうなんだ!」って話。

自分は信仰を変えたじゃないですか…そういうところを見透かされて以前も詩人に糾弾されていましたし。

 

その詩人、フィーガーニーはイブラヒムの屋敷を覗き、彫像が隠されているのを見て喜んでいます。

フィーガーニーの詩をヒュッレムが知っていたのを見ると、相当世間に拡散しているのでしょう。

その影響力は無視できないものですが、スレイマンは気にしていないようです。

と、言うか、むしろ事あるごとに「彫像」「不吉」と言ってくる母后やヒュッレムを煙たがっているような…。

彫像を建てることを許可したのは他ならぬスレイマンですからね。

 

そのスレイマン、今度はムスタファを連れてイザベラ王女に会いに行きました。

なぜムスタファを連れて行ったのか?

もしかしたら、

自分がイザベラ王女に心を奪われるのを防ぐために、我が子を同伴したのでは?

と私は勘ぐってしまいました。

 

さて、イザベラ王女はプライドを捨てて自分をスレイマンに差し出すことにしたようですね。

イザベラはスレイマンがフリードリヒを解放しないのは「自分の事が欲しいからだ」と思っている節があります。

スレイマンはそんなバカじゃないと思いますけど・・・

オスマン帝国を野蛮と思い込んでいるイザベラには、野蛮人が求めているのは金か自分の体しかないと思っているのでしょう。

とは言えスレイマン、据え膳食わねば…みたいなことにならないと良いのですが。

 

そしてヒュッレムはこっそり狩猟の館へ行き、物陰からイザベラがスレイマンの手を引いて屋敷に入って行く所を見てしまいました。

よりによってそんな場面を見てしまうとは…!

これはヒュッレムにとってはもう浮気現場そのものですよね。

実際の関係があるかないかではなく、スレイマンの気持ちが他の女に傾いて来ていることに対し、敏感に感付いているヒュッレムは(→女の勘恐るべし…)その女がイザベラだと知ってしまったのです。

今後ヒュッレムはスレイマンを独占するために何か仕掛けてくるでしよう。

イザベラはそれを跳ね返せるのか…また楽しみ(?)が増えましたね。

 

ところで、マルコチョールは大胆にもアルミンの父ヨシュアの店でアルミンへのプレゼントを買いました。

恐らくアルミンに会うための口実は何でもよかったのでしょうが、その買ったネックレスをアルミンに渡しました。

アルミンもあれだけ嫌がっている割には、それを着けて寝てるし!!

やっぱりアルミンもマルコチョールのことが好きになって来てるご様子。

マルコチョール、カッコいいですから…アルミンも悪い気はしないのでしょう。

しかし、父ヨシュアにネックレスが見つかり(そりゃ、自分が売ったんだからすぐわかるでしょう・・・他に店はなかったのでしょうか?)ヨシュアはネックレスの代金をマルコチョーロに突き返しました。

そして彼女は部屋に閉じ込められます。

 

でも、意味無くないですか?

マルコチョーロは窓から入るのにw

ただ、考えてみたら物騒な話ですよ、若い娘の部屋に簡単に入れてしまう間取りなんて。

せっかく気持ちが動いてきたアルミンですが、マルコチョールとはこのまま引き裂かれてしまうのでしょうか?

 

本筋とは関係無いですが、スンビュルはギュルに「ハマム」の男達を送り込んでもみくちゃにしました。

「ハマム」とはトルコ式サウナのことでいわゆる「トルコ風呂」(日本では昔、ソープ○○○の意味で使われていましたがトルコからの抗議でこの名前は使われなくなりました)で、そこには垢すり人がいます。

垢すり人は男風呂には男の、女風呂には女の垢擦りがいるのです。

トルコには今も大衆浴場があって、旅行者でもハマムの体験ができます。

 

さてさて、スレイマンに身を委ねたイザベラ王女、スレイマンはどうするつもりなのでしょうか?

しかもヒュッレムがイザベラ王女の存在をとうとう知ってしまいました。

ヒュッレムがこのまま泣き寝入りするわけはありません。

きっと何かアクションを起こすでしょう。

 

そして…父に部屋から出られないようにされたアルミンはこのままマルコチョールとは終わってしまうのでしょうか?

 

更にイブラヒムはアナトリアの反乱を無事に平定してハティジェの元に戻って来ることができるのでしょうか?

 

シーズン2も同時に色んな事件が起こってドキドキハラハラが止まりません!

早く続きを見たいです!!

 

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_シーズン2第13話あらすじ
オスマン帝国外伝シーズン2の第13話あらすじと感想/捨て身のイザベラ王女 この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第13話」のあらすじと感想について書いています。 イザベラ王女がスレイマンの手を引...
あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_全何話
オスマン帝国外伝は全何話ある?日本語字幕最速配信はhulu?ついに!ついに!! 待ちに待った「オスマン帝国外伝」のシーズン2がhuluで配信されました! 本当に長かった!! ...

>>オスマン帝国外伝の記事一覧はこちら

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン2の全てをYoutube以外で無料で観る方法

オスマン帝国外伝シーズン2は現在BS日テレでも配信されていますが、

  • 見逃した…
  • 先のストーリーが早く知りたい…

という場合、現状でシーズン2がいつでも何度でも見放題なのはhuluのみです。

BS日テレのリアルタイム配信を見逃してしまうと、もう頼みの綱はYoutubeの英語字幕版しかありません。(シーズン1のときはGYAOで見逃し配信があったんですが、シーズン2の配信は残念ながらまだ未確定です。)

 

しかし、huluならいつでも何話からでも、更に何度でも日本語字幕版のオスマン帝国外伝シーズン2が観れます。

更に、シーズン1のストーリーもいつでも振り返れるんです。

これはすごく大きいんですよ!

だって、実際に私もそうでしたが、オスマン帝国外伝は、これだけの大作なので、

  • あれ?何でこんな事になったんだっけ?
  • あれ?そもそもこの事件の発端は何だったっけ?

と頻繁に過去を振り返りたくなるものですから…。

複数の事件が絡み合って展開されるので、あれって次の事件の伏線だった…という場面がたくさん出てくるので尚更。

だからオスマン帝国外伝にどっぷり浸っている私にはhuluはもはや手放せない存在です。

 

そしてhuluには無料トライアル期間というお試しで利用できるサービスがあります。

huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン2最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」
シーズン2を無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

オスマン帝国外伝のボリュームから考えると、まず現実的ではないんですが、その気になればhuluの無料トライアル期間の2週間でシーズン2の全話を制覇してしまうことも不可能ではありません。

そしてその2週間以内に解約すれば、実質タダでオスマン帝国外伝シーズン2を堪能できてしまうのです。

huluは無料トライアル期間に解約すれば、料金は一切掛かりません。

しかも、登録も解約も5分以内で簡単にできます。

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

これはもうメリットしかありませんよね。

 

ただ、無料トライアル期間で解約しても良いのですが、放映権などの観点から、オスマン帝国外伝シーズン3もhuluでの先行配信&見放題になるのはまず間違いないと思うので、シーズン3が配信されるまで、そのまま契約して、他の海外ドラマや映画コンテンツを楽しみながらシーズン3を待つ!という選択肢も検討の余地はアリだと思います。

月額約1000円のコスパは、DVDレンタル頼みだった昔に比べたら雲泥の差ですから…


「オスマン帝国外伝 シーズン2」
をhulu無料トライアルで観る!
hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

本ページの情報は、2019年1月時点のものです。最新の情報はhulu公式ページよりご確認ください。