オスマン帝国外伝

オスマン帝国外伝シーズン2の第18話あらすじと感想/ヒュッレムの宣戦布告

オスマン帝国外伝_シーズン2第18話あらすじ
この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第18話」のあらすじと感想について書いています。

母后はイザベラ王女を宮殿に招きました。

自分が仕掛けた罠(=毒蛇)でイザベラ王女が死んだと思っていたヒュッレムはイザベラ王女の姿を見て愕然

自室に戻ったヒュッレムでしたが、イザベラ王女がスレイマンの部屋にいることを知り、部屋に乗り込みます。

スレイマンを巡るヒュッレムとイザベラの女の闘いのゴングが今にも鳴りそうな予感…。

さっそく第18話のあらすじから見ていきましょう。

 

オスマン帝国外伝シーズン2/第18話のあらすじ[ネタバレ注意]

サブタイトル「後宮の宣戦布告」

スレイマンの部屋でイザベラ王女と対峙したヒュッレム。

スレイマンの前ではお互いに平静を装い、イザベラは何事もなく狩猟の館に帰って行く。だった。

 

部屋に残ったヒュッレムはスレイマンに

「イザベラ王女が【私の首飾り】を着けていたのはなぜか?」

と詰め寄る。

スレイマンは「私がそう判断した」と答え、ヒュッレムを自分の部屋に戻るように言う。

するとヒュッレムは、

「もう(私の愛した)スレイマンの目ではない」

と言って部屋を出ていく。

 

廊下では先に部屋を出たイザベラ王女がスンビュルと談笑しながら歩いていた。

それを見たヒュッレムは気を失いかけ、ニリュフェルに手を引かれて部屋に戻る。

 

翌朝、スレイマンは母后を訪ねて「なぜイザベラ王女を宮殿につれてきたのか?」と問う。

母后が「挨拶をしたかった」というと、スレイマンは

「王女は後宮の駆け引きの駒ではない。これは帝国としての問題である!」

と伝える。

母后は

「(王女を留めおく場所として)後宮を避けたのはヒュッレムのためなのか?」

と問うと、スレイマンは母后を睨み付けて部屋を後にする。

 

ヒュッレムは以前スレイマンから貰った馬アシュク(愛)に

「スレイマンの愛はもう私のものではない…」

と語りかける。

そしてスンビュルに何かを命じる。

 

イザベラは助けを求める手紙を鳩に着けてアルヴィーゼに届けようとする。

 

イスラム教の長老イブニ・ケマルがスレイマンに謁見、ムッラー・カービスが巷で危険な思想を広げていて、日に日に弟子や聴衆を増やしていると言う。

その内容は「キリスト」が「ムハンマド」よりも格上だというものであった。

イブラヒムは「(その内容は)議論の余地がある」と言うと、イブニ・ケマルは「議論ではなく、信じるか信じないかである」と返答する。

それを聞いたスレイマンは「明日その者を呼んで裁きを下す」と言い、間違っているなら「論破しろ」と申し渡す。

 

スンビュルはスレイマンに「ヒュッレムが愛馬アシュクを王女に渡すと言っている」と報告する。

それを聞いたスレイマンは「鳥一羽として飛ばせるな(どこにもやるな)」とスンビュルに命じる。

 

スレイマンは庭に出てヒュッレムを見つけて声をかける。

スレイマンは「一目で気に入った馬を手放すのか?」と尋ねる。

ヒュッレムは「愛(アシュク)が消えたから…愛しい人にあげて」と答える。

スレイマンは「なぜそう思うのか?」と更に問うと、ヒュッレムは「私はマヒデブランにはならない」と言う。

スレイマンが「王女はただの捕虜だ」と伝えると、ヒュッレムは

「取るに足らない女性ならここには置かないで船で送り返して!」

とお願いする。

するとスレイマンは「時が来れば…待っていれば良い」と言って立ち去る。

 

マルコチョールはアルミンの家を訪ね、父親のヨシュアと話をしようとするが、家は留守だった。

マルコチョールはヨシュアがアルミンを隠したと思い、

「こうなったのは大宰相のせいだ」

と呟く。

 

母后の元を訪れたハティジェは母后からスレイマンが王女に惹かれていると聞かされる。

そこへヒュッレムが乗り込んでくる。

ヒュッレムは母后とハティジェに話があると言って人払いする。

ヒュッレムは

「私の誇りを踏みにじって楽しいですか?」

と問うと、ハティジェは

「身の程を知りなさい」

と恫喝。

しかし、ヒュッレムは

「身の程なら皇女様がチクチク教えてくださる。私を嘲笑うためにあの女を呼んだ!」

と返す。

さらに

「お二人にとって私は敵…何の罪で?あとどれくらい罰を受ければ良いのか?」

と問う。

母后は

「ハレムのしきたり…千年来の秩序と規則で、誰も皇帝の絶対的伴侶にはなれない!」

と答える。

それを聞いたヒュッレムは母后に

「せいぜい長生きを!母后様が天に召された後は誰がその秩序を保つのですか?今後もこのような扱いが続くのであれば、私は私の皇子たちを守らねばならない」

と詰め寄る。

「私を脅すのか?」

という母后にヒュッレムは

「私はただお辞儀をし、手を差し出しただけ。敵か味方か選んでください。」

と言い捨てて部屋を後にする。

その後母后は「一人にして」と言って皆を追い出すのだった。

 

夜、自分の屋敷に帰ったハティジェはイブラヒムにヒュッレムが言ったことを伝え、母后を脅したのだから、タダでは済まないだろう…と話す。

イブラヒムはハティジェに「(ヒュッレムには)関わらないで。傷つかないで幸せでいて」と返す。

イブラヒムに触れたハティジェはイブラヒムが熱っぽいことに気付き、体を休めるようにと労わる。

 

イザベラ王女の部屋ではヒュッレムが持ち込んだ毒蛇が休んでいる王女の回りをうろついていた。

 

母后はヒュッレムへの対処を一人で考えた後、スンビュルたち宦官やニギャールたち女官を呼んで

「お前たちの仕えるのは皇族である」

と言って釘をさし、母后の命としてヒュッレムに部屋を退去するように伝えに行かせる。

ヒュッレムは拒否するが、ダイエは強行する。

 

ヒュッレムは母后に抗議に行くが、母后は取り合わない。

ヒュッレムは怒りを抑えながら母后の部屋を後にした。

 

スレイマンに召し出されたムッラー・カービズはスレイマンやイブラヒムらの前で説法をする。

軍法官たちは「彼の説はイスラム法に抵触するので死罪だ」と主張するが、イブラヒムは

「イスラム法に基づいて反証しろ!」と怒りだす。

しかし、スレイマンはムッラー・カービズを囚えるように言い、イブラヒムと軍法官を招集する。

 

ヒュッレムが部屋を追われたことを知ったマヒデブランは、それが母后の命であることを知ってほくそ笑む。

 

イブラヒムや軍法官を呼びつけたスレイマンは、誰一人としてカービズを言い負かすことができなかったことを叱責、明日は長老を呼んで反証させるようにと命じる。

すると体調を崩していたイブラヒムはとうとう皆の前で倒れこむ。

 

部屋を追われたヒュッレムはやって来たギュルを裏切り者となじるが、ギュルからイブラヒムが倒れて危篤であることを聞かされる。

 

イブラヒムの屋敷では付き添ってきたマルコチョールが医者に様子を伺うが原因はわからず、イブラヒムは高熱のため意識が混濁としてうわ言をいう。

ハティジェは心配のあまりスレイマンにあたる。

スレイマンはハンガリーから連れ帰っていたヤセフ医師をイブラヒムの元に遣わせる。

 

ヒュッレムはハティジェの元に向かおうとしているニギャールに「自分も行きたい」と懇願する。

 

スレイマンは狩猟の館に立ち寄り、イザベラ王女に会う。

 

その頃こっそりイブラヒムの部屋に入ったヒュッレムはイブラヒムに

「いつかお前は自分の流した血で溺れ死ぬ。今日お前は死ぬのだ。」

と呟く。

そしてイブラヒムの胸に手を当てたとき、気づいたイブラヒムがその手をつかむ。

 

イザベラ王女がスレイマンに「なぜ首飾りをくれたのか?」と聞いているそのとき、毒蛇がイザベラに近付いていた…。

 

※主要登場人物について、おさらいしたい場合はこちらの記事で確認してください。

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_キャスト
オスマン帝国外伝の主な登場人物とキャストまとめ【ネタバレあり】登場人物がとても多くて壮大なスケールで展開するこのドラマ、その1人1人に触れていきたいのですが、物凄い記事数になります。 そこで、...

 

huluなら「オスマン帝国外伝」シーズン2が全話見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン2を無料で見る
hulu 公式サイトへ →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

オスマン帝国外伝シーズン2/第18話の感想

ヒュッレムの仕掛けた毒で体を蝕まれていたイブラヒムはとうとう倒れてしまいました

しかし、毎回指をなめるとしても触っていただけで死ぬほどの毒ってなんでしょうね?

一回に取り込む量は微量なのにすごい効き目です。

そんなに強力な毒なら手や触れたところが爛れそうなもんですが…と、野暮な突っ込みはこのくらいにしておきます。

イブラヒムの意識がもうろうとしてる所に、わざわざ勝利宣言しに行ったヒュッレム…。

怖い、怖すぎる…。

 

イブラヒムが死ぬ前に恨み節を言いたくて仕方なかったんでしょうかね?

ヒュッレムは同じ場所でハティジェの赤ちゃんの命を救ったのに…複雑です。

このままイブラヒムは死んでしまうのでしょうか?

もしそんなことになったらハティジェは…発狂するかもしれません。

 

そして他にも約一名発狂しそうな人が…。

ニギャールもイブラヒムを心配するあまり、ヒュッレムと共にイブラヒムの元に行きました。

イブラヒムをこんな目に会わせているのはそのヒュッレムなんですが、その事を知ったらニギャールはどんな反応をするでしょう?

ちょっと怖いもの見たさがあります。

 

ところで、ヒュッレムはスレイマンに貰った馬をイザベラ王女に渡すと言い出しました。

自分からスレイマンの気持ちが離れたと思っているヒュッレムは「もはや愛(アシュク)は自分のものではない」と感じたのでしょう。

でもスンビュルからその事を聞いたスレイマンは、すぐにヒュッレムのところに行き、「イザベラとは何でもない」と弁解しました

それでもヒュッレムは、やはりスレイマンにイザベラへの気持ちがあると感じています。

 

そして母后もそう思っています。

スレイマンがもし、イザベラに気持ちがないのなら母后にあんな風に言わないでしょうしね。

少なくともヒュッレムには、スレイマンにやましい気持ちがあるからイザベラの存在を隠していたように思えたはずです。

とはいえ、スレイマンはヒュッレムにはとても気を遣っています。

ヒュッレムを寵愛しはじめたとき、スレイマンはマヒデブランには全く気を遣いませんてした。

やはりスレイマンにとってはヒュッレムは特別な存在なのだと今回の第18話で私は確信しました。

だけどヒュッレムは「一番の女」ではなく、「唯一の女」でありたいと考えています。

ただそれは、母后が「皇帝の唯一の女」を決して認めません。

あくまでも「その他大勢」であることを認めさせようとヒュッレムに色々とけしかけています。

 

ヒュッレムは母后とハティジェに「敵対するなら皇子たちを守らねばならない」と全面対決を示唆しました。

母后はそんなヒュッレムを罰するつもりで、部屋から追い出しましたが…果たしてどうなることか。

懲罰のつもりなのでしょうが、ヒュッレムがこれで大人しくなるとは思えません。

今後、どんな報復を考えているのか不安ですが…やっぱ何だかんだと応援しちゃうんですよねぇ。

 

ところで、スレイマンは「キリスト」が「ムハンマド」より格上だと説いたカービズを捕らえるように命じ、同時に軍法官たちを招集して叱責しましたね。

やはりカービズの説は聞き捨てならないものだったのでしょう。

しかし、誰もまともに言い返すことができなかったことを重く見て、長老を呼ぶことにしました。

難しいことはわかりませんが、やはり一般的なイスラム教徒にとってはムハンマドが最高の預言者で、それを悪くいうことは許されないのでしょう。

このエピソードについて、カービズという人物が実在なのかどうかわかりません。

ですが、ここにこのエピソードを入れる意味はイブラヒムが一般的なイスラム教徒とは考え方が違うという事を強調するためかな?と私には感じました。

 

もう1つの宗教問題については、今回そこまで進展なかったようで残念。

そんな中、アルミンを諦めきれないマルコチョールは何とか父ヨシュアに許しを乞おうと家を訪れましたが家はもぬけの殻でした。

マルコチョールはイブラヒムのせいだと言い出してマトラークチュを困らせます。

まあ、マルコチョールから見れば

「イブラヒム自身は好きな女性をものにできたのに、部下には何故許さないんだ!」

と思えるんでしょう。

しかも民の訴えは無視できないとかいう割に…自分は無視して彫像を飾り続けているんですから…矛盾してますよね?

しかも「私はお前ではない」なんて、立場が違うと言うんですから。

本当にいちいち感じ悪いです。

 

確かにアルミンの件は宗教という微妙な問題が絡んでいますが、それなら彫像だってイスラム的には微妙です。

イブラヒムの行動はいずれ自分自身に返っていくでしょう。

 

イブラヒムが倒れたあと、気疲れしたスレイマンはおそらく宮殿に戻りたくなくて狩猟の館(=イザベラ王女)を訪ねました。

何となく同居の嫁姑がいがみ合っていると旦那が家に帰りたくなくなる構図…ですよね。

よくある浮気のきっかけってヤツです。

 

イザベラはヒュッレムが「私の首飾り」と言っているものを、なぜ自分にくれたのか?とスレイマンに問い正します。

イザベラも心は揺れているからスレイマンの気持ちを確めたかったのかもしれません。

しかしその時、足元にはヒュッレムが放った毒蛇がうろついていました。

 

そして…イザベラ王女は悲鳴を上げました。

  • 王女はなぜ叫んだのでしょうか?
  • ひょっとして噛まれたのかな?

今、ヒュッレムは自分の敵二人を葬り去ろうとしています。

  • その企みはこのまま成功するのか?

更に、敵対関係が明らかになった母后とハティジェに宣戦布告するヒュッレム

ヒュッレムの「スレイマンを我が物にする戦い」はまだまだ続きそうです。

 

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_シーズン2第19話あらすじ
オスマン帝国外伝シーズン2の第19話あらすじと感想/イブラヒムの切り札 この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第19話」のあらすじと感想について書いています。 ヒュッレムが仕込んだ毒でとうとう...
あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_全何話
オスマン帝国外伝は全何話ある?日本語字幕最速配信はhulu?ついに!ついに!! 待ちに待った「オスマン帝国外伝」のシーズン2がhuluで配信されました! 本当に長かった!! ...

>>オスマン帝国外伝の記事一覧はこちら

 

オスマン帝国外伝シーズン2の全てをYoutube以外で無料で観る方法

オスマン帝国外伝シーズン2は現在BS日テレでも配信されていますが、

  • 見逃した…
  • 先のストーリーが早く知りたい…

という場合、現状でシーズン2がいつでも何度でも見放題なのはhuluのみです。

BS日テレのリアルタイム配信を見逃してしまうと、もう頼みの綱はYoutubeの英語字幕版しかありません。(シーズン1のときはGYAOで見逃し配信があったんですが、シーズン2の配信は残念ながらまだ未確定です。)

 

しかし、huluならいつでも何話からでも、更に何度でも日本語字幕版のオスマン帝国外伝シーズン2が観れます。

更に、シーズン1のストーリーもいつでも振り返れるんです。

これはすごく大きいんですよ!

だって、実際に私もそうでしたが、オスマン帝国外伝は、これだけの大作なので、

  • あれ?何でこんな事になったんだっけ?
  • あれ?そもそもこの事件の発端は何だったっけ?

と頻繁に過去を振り返りたくなるものですから…。

複数の事件が絡み合って展開されるので、あれって次の事件の伏線だった…という場面がたくさん出てくるので尚更。

だからオスマン帝国外伝にどっぷり浸っている私にはhuluはもはや手放せない存在です。

 

そしてhuluには無料トライアル期間というお試しで利用できるサービスがあります。

huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン2最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」
シーズン2を無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

オスマン帝国外伝のボリュームから考えると、まず現実的ではないんですが、その気になればhuluの無料トライアル期間の2週間でシーズン2の全話を制覇してしまうことも不可能ではありません。

そしてその2週間以内に解約すれば、実質タダでオスマン帝国外伝シーズン2を堪能できてしまうのです。

huluは無料トライアル期間に解約すれば、料金は一切掛かりません。

しかも、登録も解約も5分以内で簡単にできます。

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

これはもうメリットしかありませんよね。

 

ただ、無料トライアル期間で解約しても良いのですが、放映権などの観点から、オスマン帝国外伝シーズン3もhuluでの先行配信&見放題になるのはまず間違いないと思うので、シーズン3が配信されるまで、そのまま契約して、他の海外ドラマや映画コンテンツを楽しみながらシーズン3を待つ!という選択肢も検討の余地はアリだと思います。

月額約1000円のコスパは、DVDレンタル頼みだった昔に比べたら雲泥の差ですから…


「オスマン帝国外伝 シーズン2」
をhulu無料トライアルで観る!
hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

本ページの情報は、2019年1月時点のものです。最新の情報はhulu公式ページよりご確認ください。