オスマン帝国外伝

オスマン帝国外伝シーズン2第40話あらすじと感想/翻弄されるニギャール

オスマン帝国外伝_シーズン2第40話あらすじ
この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第40話」のあらすじと感想について書いています。

イブラヒムは命をとりとめ、ハティジェの元に帰ってきました。

イブラヒムを献身的に看病していたニギャールは、イブラヒムの回復を喜びながらも自らの結婚で複雑な気持ちです。

ハティジェも母后もニギャールの献身に感謝し、マトラークチュとの結婚を後押しします。

そしてとうとう婚礼の日がやって来てしまいました…。

 

さっそく、第40話のあらすじを確認していきましょう。

 

オスマン帝国外伝シーズン2/第40話のあらすじ[ネタバレ注意]

サブタイトル「妃の冠」

ヒュッレムは、自分がスレイマンを惑わして結婚を強要したと思われているとスレイマンに打ち明ける。

しかし、スレイマンは他の者が何と言おうと自分の愛があるのだから…と、ヒュッレムを慰める。

 

母后は密かに、イブラヒムにヒュッレムを排除するように命じるが、イブラヒムはそれを拒否する。

ヒュッレムに寝返ったのか?と詰め寄る母后に、イブラヒムは

「私は陛下にお仕えする身で、陛下がヒュッレム妃を私に託されたからできない。」

と答える。

すると母后はイブラヒムに、ヒュッレムとレオの間に何があったのか?と尋ねる。

イブラヒムが答えようとしたときにドアが開き、ヒュッレムがスレイマンの部屋から出てくる。

ヒュッレムはイブラヒムを呼び止め、

「復活したとたんに(母后と)悪の同盟を結んだの?」

と聞く。

しかし、イブラヒムは「もう終わったことだ。」と答える。

それを聞いたヒュッレムは「そのとおり、私が勝った。」と勝ち誇る。

イブラヒムは何かを言おうとするが、思いとどまり、一呼吸おいてから

「過去の因縁を水に流してもいい。お前次第だが…」

と問いかける。

ヒュッレムは

「手遅れよ。状況は変わったのだ…お前は家臣で奴隷、私は皇后。」

と言い放つ。

そしてさらに、「この事実によってお前は消滅する。」と言って去っていく。

 

ニギャールは輿入れの準備をしていた。

そこへギュルが現れ、

「(結婚が)嫌なら無理しないで、ヒュッレム妃に頼んで破談にしてもらおう!」

と声を掛ける。

しかし、ニギャールは、「このままでいい…」と返事する。

ギュルはマトラークチュが気にくわない様子だった。

それでも、ニギャールの気持ちは変わらず、ギュルはがっかりして部屋を出ていく。

 

スレイマンとイブラヒムたちは襲撃犯の調査をしていた。

マルコチョールは(犯人は)ベフラムではないか?と話すと、イブラヒムも「あり得る」と賛同する。

そしてイブラヒムは、自分でベフラムの調査をしたいと申し出る。

スレイマンはイブラヒムの身を案じ、「構わぬが警戒を怠るな」と釘を指すのだった。

 

その後、マルコチョールはクリミアから疎開してきた母后の姪・アイビゲを迎えに港に行く。

 

スレイマンはイブラヒムと二人になると、イブラヒムにヒュッレムとレオのいきさつを尋ねる。

するとイブラヒムは

「(ヒュッレムの)不貞を目撃していたら、必ず報告していたでしょう。」

と母后の訴えを否定する。

それを聞いたスレイマンは、母后がヒュッレムとの結婚に納得せず、考えを改めさせようとしているのだと確信する。

 

マルコチョールは港でクリミアから来た船の中で一人の女性に出会う。

彼女はなぜか男装であった。

マルコチョールが、「アイビゲを迎えに来た」とその者に声を掛けると、

「(アイビゲは)支度中だ。」

と答える。

そして彼女はマルコチョールを見て「王子に見える」と言い出す。

さらに彼女は、アイビゲの従者で護衛だと名乗り、ナイフをちらつかせる。

それを見たマルコチョールは苦笑する。

そこへ支度を終えた「アイビゲ」が現れる

マルコチョールが挨拶をすると「アイビゲ」は戸惑ったような顔をする。

しかし、マルコチョールはそのまま挨拶した「アイビゲ」を宮殿に案内する。

 

イブラヒムは宰相アヤスとベフラムに会う。

ベフラムは

「ご生存とご回復を民に知らせました、民は訃報を信じていましたので。」

と話す。

それを聞いたイブラヒムは

「それならば街に出て私の健在を知らしめよう!」

というと、アヤスは「急がぬ方が良いかと…」と諫める。

しかしイブラヒムは「お前では私を守れぬか?」と尋ね、アヤスに警護を厳重にするように指示し、ベフラムにも一緒に来るようにいう。

 

宮殿に着いたマルコチョールと「アイビゲ」たちは、スレイマンとの面会を待っていた。

「アイビゲの従者」は、待ちくたびれた様子で「いつまで待たせるのか?」とマルコチョールに尋ねる。

マルコチョールは「わきまえろ!」と注意するが、その「従者」は意に介さず、「嫌だと言ったら?」とマルコチョールを挑発する。

その態度に腹を立てたマルコチョールは「舌を抜くぞ!」と叱る。

しかし、彼女は「やってみろ!」と言い返す。

そこにダイエが現れ、「アイビゲ様」と従者の方に挨拶をする

それを見たマルコチョールは驚く

 

そのまま母后の元を訪ねたアイビゲは挨拶を交わし、旧知のマヒデブランとも挨拶をする。

来て早々にアイビゲは「国に帰りたい」と言い出し、母后を驚かせる。

しかし、母后は国が安定するまではイスタンブールにとどまるように命じる。

 

ヒュッレムは冠作りを急がせ、明日までに仕上げなければ覚悟するように…と職人を脅す。

 

浴室でマヒデブランと入浴するアイビゲは「ヒュッレムはどこ?」と尋ねる。

なぜヒュッレムのことを知っているのか?と問うマヒデブランに、アイビゲは

「(ヒュッレムの名は)クリミアまでとどろいている」

と答える。

マヒデブランは「ヒュッレムには近づいてはダメ」と伝える。

するとアイビゲは「陛下を奪われたからそう言うの?」と言って、マヒデブランを凍りつかせる。

 

夜、宴席が開かれ、ハティジェも駆けつけてアイビゲと挨拶する。

アイビゲはマヒデブランの用意したカフタン(ドレス)を断り、男装で宴に参加していた。

そこへヒュッレムが現れるが、ダイエは母后たちの席に近づかないように…と言ってヒュッレムを下座に追いやる。

 

アイビゲはヒュッレムに興味津々だった

アイビゲは自分からヒュッレムに近づき、言葉をかわす。

そんなアイビゲの率直さにヒュッレムは好感を持つ。

しかし母后はアイビゲに、「ヒュッレムに関わらないように!」と釘をさすのだった。

 

そこへ婚礼衣装を着たニギャールが現れる。

人々はニギャールを囲み、花嫁のために祈りが捧げられる。

 

その頃、酒場ではマトラークチュが「独身最後の夜」を楽しんでいた。

そこにスンビュルとギュルも居合わせていたが、ギュルはやけ酒をあおっていた。

エレニカはマトラークチュに「また来るようになるわ、だってお客は既婚者ばかりだもの!」とからかう。

酔ったギュルはマトラークチュに絡みに行こうとするが、スンビュルが押し止める。

マルコチョールはエレニカから最近ベフラムが酒場に来ていないことを教えられ、ベフラムに気づかれたのではと危惧する。

 

そして酔いが回ったギュルは、とうとう我慢できなくなって、マトラークチュに棒術の試合を申し込む。

しかし、その場にいた皆は爆笑する。

慌てたスンビュルはギュルを引き離し、席に戻す。

 

その時、お忍びでイブラヒムが酒場に現れ、マトラークチュに話しかける。

 

そんなイブラヒムの姿を後ろから凝視するベフラム。

マトラークチュとイブラヒムが内密の話をするために席を離れると、ベフラムは二人の後とをつける。

 

翌朝、イブラヒムは市場を訪ね、商人たちに言葉をかける。

しかし、その背後にイブラヒムの様子を伺う怪しげな男がいた。

 

アイビゲはスレイマンのもとを訪ね、廊下でマルコチョールと出くわす。

昨日はアイビゲに一杯食わされたマルコチョールは、気恥ずかしいからかアイビゲの方を見ない。

それを見たアイビゲは「恥ずかしくて私の顔を見られないの?」とからかう。

 

スレイマンにお目通りを!と願い出るアイビゲ。

だがマルコチョールは「今はできない」と言って帰らせようとするが、アイビゲは引き下がらず、勝手に部屋に入っていく。

そしてアイビゲはスレイマンに国に帰りたいと懇願するが、スレイマンは国が安定するまではここに居るようにと言って部屋に帰らせる。

 

イブラヒムが市場を視察していると、アダパザルの商人がロクムの味見を願いでる。

イブラヒムが手をつけずに離れようとすると、執拗に味見をするように食い下がってくる。

それを見たベフラムは「まずはお前が味見をしろ!」と言って、男の口にロクムを入れると、その男は泡を吹いて倒れ、絶命する。

なぜわかったのか?と言うイブラヒムに、ベフラムは

「アダパザルのロクムと(見た目が)違います」

と答える。

そしてイブラヒムはアヤスに警護の不手際を指摘する。

 

ヒュッレムの元に完成した冠が届けられる。

中を見たヒュッレムはそのできばえに満足する

 

輿入れするニギャールを訪ねたダイエは、暗い顔をしたニギャールに、イブラヒムのことを忘れて幸せになるように…と諭す。

そこへスンビュルが現れ、ニギャールに出発を告げる。

 

ニギャールを送り出すため、人々が集まるところに、ヒュッレムが新しい冠を被って現れ、ハティジェとギュルフェムの間に立つ。

立ち位置が違う!と抗議するマヒデブランにヒュッレムは

「私の立ち位置はここよ!」

と言って譲らない。

必死に抗議するマヒデブランだが、ハティジェにたしなめられ怒りつつも矛を収める。

気まずい雰囲気の中、アイビゲが「いい天気だから外に行きたい」と声をあげる。

するとヒュッレムも「いいわね、一緒に行きましょう!」と答える。

母后らはもうそれ以上、何も言えなかった。

 

輿入れの挨拶のためにニギャールが現れ、母后たちに挨拶をする。

皆はニギャールの結婚を祝福し、宮殿から送り出す。

ニギャールが立ち去ったあと、母后はヒュッレムに

「冠を脱ぎなさい。二度と被ってはならぬ!結婚しても身分は変わらない!」

と吐き捨てて立ち去ろうとする。

するとヒュッレムは母后を呼び止め、

「私を正義の目で見てください。過去は水に流して、母后様に手を差しのべます。」

と言って膝まづくが、母后は一瞥もせずに立ち去る。

 

アイビゲはヒュッレムに好感を持っているが、マヒデブランはアイビゲにヒュッレムは蛇のような女だという。

そこへギュルシャーが現れ、スレイマンが呼んでいると、伝える。

マヒデブランがスレイマンの部屋に行くと、母后とギュルフェムも呼ばれていた。

するとスレイマンは母后たちに、ヒュッレムの立場を尊重するようにと指示し、

「ヒュッレムへの不敬は私への不敬と見なす」

と申し伝える。

 

マトラークチュの家に輿入れしてきたばかりのニギャール。

そのニギャールに、マトラークチュは何と離縁を告げ、それを聞いたニギャールはショックを受け、泣き崩れる。

そしてマトラークチュが出ていった後、そこに入ってきたのはイブラヒムだった

 

その頃ハティジェは産気付き、陣痛で苦しみながらイブラヒムを呼んでいた。

 

※主要登場人物について、おさらいしたい場合はこちらの記事で確認してください。

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_キャスト
オスマン帝国外伝の主な登場人物とキャストまとめ【ネタバレあり】登場人物がとても多くて壮大なスケールで展開するこのドラマ、その1人1人に触れていきたいのですが、物凄い記事数になります。 そこで、...

 

huluなら「オスマン帝国外伝」シーズン2が全話見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン2を無料で見る
hulu 公式サイトへ →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン2/第40話の感想

ニギャールは輿入れしてきたばかりのタイミングで、いきなり離縁を言い渡されてしまいました

しかも、なぜかマトラークチュと入れ替わりにイブラヒムが…。

なにこれ?どうなってるの?

一方、産気づいたハティジェは苦しみながらイブラヒムを呼んでいるというのに、こんな時に油を売っている場合ではないと思うんですが…。

 

全てを受け入れて、やっと輿入れしたのにも関わらず、いきなり夫から離縁を申し渡されてしまったニギャール。

  • 自分は何が原因で離縁されたのか?
  • 何でイブラヒムがここに居るのか?

全くわからないでしょう。

 

そのすべては、あの「独身最後の夜」のイブラヒムとマトラークチュの密談から始まっています。

あの時二人は何を話し合ったのでしょうか?

何だかとんでもない取り決めがニギャールの頭越しに行われたような気がしますね。

 

母后は忌々しいヒュッレムを何とかしようとイブラヒムに掛け合いましたが、イブラヒムはもはやヒュッレムに手を出せないようです。

面白くない母后ほヒュッレムに冠をつけるなとナンクセつけています。

これここに至っては完全に嫌がらせですね。

冠なんてどうでもいいじゃん!と私なんかは思ってしまいます。

もう何をしようと気に入らないわけですから、ヒュッレムも今さら母后に気を使う必要があるのか?とさえ思いますけどね。

 

ところで今回登場した母后の姪、クリミアのアイビゲ王女はいたずら好きで茶目っ気のある女性…というか、何かまだ女の子って感じですね。

あわせて読みたい
エズジェ・エボゥグ(アイビゲ王女役)のプロフィールや経歴
オスマン帝国外伝「アイビゲ王女役」エズジェエボゥグのプロフィールと経歴 オスマン帝国外伝のシーズン2で大人になったムスタファ皇子の婚約者・アイビゲ王女を演じるのがエズジェ・エボゥグさん。 A...

ヒュッレムにも興味津々で、すごく率直に言いたいことを言う面白い人です。

ヒュッレムも結構好感を持ったようです。

 

ファッションも、個性的でなんか現代的でカッコいいし、とっても似合ってると思いました。

とってもキュートなアイビゲですが、マルコチョールはアイビゲの挑発にちょっとムッとしてました。

おてんばで物怖じしないアイビゲに一杯食わされて、いつもはクールなマルコチョールも怒っているのかしら?

 

最初に嫌な感じを受けて感情的になってしまう…あっ、なんかこの感じは…ありがちな恋の予感…ってやつかな?

アイビゲはアルミンとは全く違うタイプだし、かなり年下ですけど…。

マルコチョールは何かすごく意識しちゃってるような気がします。

 

ところでアイビゲっていくつくらいなんでしょうかね?

設定的には多分10代でしょうね~

だってマヒデブランが子供の頃のアイビゲを知っているくらいですもんね。

だとしたらマルコチョールの相手にはちょっと若すぎるかもしれません。

 

ベフラムは市場でイブラヒム暗殺を食い止めて自分の評価をあげましたが、あまりにもわざとらしい気がします。

何だか余計に怪しく見えるんですが…。

考え過ぎでしょうか?

 

ちなみにアダパザルっていう街は、イスタンブール県から近い位置にあるので、ここから市場に食品を持ち込むのは不自然ではないと思います。

 

しかし、オスマン帝国外伝にはよくロクムがでてきますよね。

母后が好きなバラのロクムは現在でも売られていえるんですよ。

そしてイブラヒムがレオ殺害のために毒を盛ったのもロクムでした。

 

トルコの定番お土産、ロクムはちょっと和菓子みたいな感じで日本人にも食べやすいお菓子です。(トルコに限らず、中東のお菓子は大抵激甘なんですけど、ロクムはそこまで甘くはありません…といっても、日本人にとってはかなり甘いんですが…)

ロクムっていろんな種類が有って見た目もきれいなお菓子ですが、今回出てきたように、地方差があるとは知りませんでした。

ちなみに、あのファンタジーの名作「ナルニア国物語」にも登場するロクム(英語名ターキッシュ・デライト)ですが、ナルニア国物語が日本語訳されるとき、訳者はこのターキッシュ・デライトというお菓子が、日本人には馴染みが無くてイメージしにくいとのことで「プリン」に置き換えて訳したのだとか。

ロクムとプリンでは全然違うんですけどね…。

そんなロクム(ターキッシュ・デライト)も近頃は日本でも手に入るようです。

興味のある方は取り寄せて見てはいかがでしょう?

ロクムの詳細を見てみる>

 

さて、相変わらずヒュッレムを認めない母后たちに、スレイマンは

「ヒュッレムへの不敬は私への不敬」

と釘を刺しました。

これで手を引く母后とは思えませんが、スレイマンのヒュッレムへの傾倒は、もはや誰にも止められません。

イブラヒムはいち早くその事に気づき、表面上はヒュッレムへの敵対をやめましたが、ヒュッレムの方は、まだイブラヒムを許したわけでは無さそうです。

 

そしてイブラヒムは相変わらず命を狙われています。

ハティジェの言うように、早くその首謀者を捕えなければ安らげないでしょう。

その前に、いきなり離縁されたニギャールの前に現れた理由が気になりますが…。

 

また、アルミンとの死別により、女性を愛することを止めたマルコチョールは、クリミアの王女アイビゲの天真爛漫さに翻弄され、戸惑っています。

王女の扱いに困るマルコチョールですが、二人の関係は徐々に変化していくのです。

 

何やら新たな騒動が起こりつつあるように見えますが、何事も起こらないことを願います。

 

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_シーズン2第41話あらすじ
オスマン帝国外伝シーズン2第41話あらすじと感想/マヒデブランご乱心 この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第41話」のあらすじと感想について書いています。 宮殿からマトラークチュに嫁いだニ...
あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_全何話
オスマン帝国外伝は全何話ある?日本語字幕最速配信はhulu?ついに!ついに!! 待ちに待った「オスマン帝国外伝」のシーズン2がhuluで配信されました! 本当に長かった!! ...

>>オスマン帝国外伝の記事一覧はこちら

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン2の全てをYoutube以外で無料で観る方法

オスマン帝国外伝シーズン2は現在BS日テレでも配信されていますが、

  • 見逃した…
  • 先のストーリーが早く知りたい…

という場合、現状でシーズン2がいつでも何度でも見放題なのはhuluのみです。

BS日テレのリアルタイム配信を見逃してしまうと、もう頼みの綱はYoutubeの英語字幕版しかありません。(シーズン1のときはGYAOで見逃し配信があったんですが、シーズン2の配信は残念ながらまだ未確定です。)

 

しかし、huluならいつでも何話からでも、更に何度でも日本語字幕版のオスマン帝国外伝シーズン2が観れます。

更に、シーズン1のストーリーもいつでも振り返れるんです。

これはすごく大きいんですよ!

だって、実際に私もそうでしたが、オスマン帝国外伝は、これだけの大作なので、

  • あれ?何でこんな事になったんだっけ?
  • あれ?そもそもこの事件の発端は何だったっけ?

と頻繁に過去を振り返りたくなるものですから…。

複数の事件が絡み合って展開されるので、あれって次の事件の伏線だった…という場面がたくさん出てくるので尚更。

だからオスマン帝国外伝にどっぷり浸っている私にはhuluはもはや手放せない存在です。

 

そしてhuluには無料トライアル期間というお試しで利用できるサービスがあります。

huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン2最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」
シーズン2を無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

オスマン帝国外伝のボリュームから考えると、まず現実的ではないんですが、その気になればhuluの無料トライアル期間の2週間でシーズン2の全話を制覇してしまうことも不可能ではありません。

そしてその2週間以内に解約すれば、実質タダでオスマン帝国外伝シーズン2を堪能できてしまうのです。

huluは無料トライアル期間に解約すれば、料金は一切掛かりません。

しかも、登録も解約も5分以内で簡単にできます。

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

これはもうメリットしかありませんよね。

 

ただ、無料トライアル期間で解約しても良いのですが、放映権などの観点から、オスマン帝国外伝シーズン3もhuluでの先行配信&見放題になるのはまず間違いないと思うので、シーズン3が配信されるまで、そのまま契約して、他の海外ドラマや映画コンテンツを楽しみながらシーズン3を待つ!という選択肢も検討の余地はアリだと思います。

月額約1000円のコスパは、DVDレンタル頼みだった昔に比べたら雲泥の差ですから…


「オスマン帝国外伝 シーズン2」
をhulu無料トライアルで観る!
hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

本ページの情報は、2019年1月時点のものです。最新の情報はhulu公式ページよりご確認ください。