オスマン帝国外伝

オスマン帝国外伝シーズン2第53話あらすじと感想/イブラヒムの本音

オスマン帝国外伝_シーズン2第53話あらすじ
この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第53話」のあらすじと感想について書いています。

ムスタファ皇子はイブラヒムの説得によりアイビケとの結婚を受諾。

また、アイビケはマルコチョールに冷たくされた腹いせに結婚を受け入れると表明。

その裏でマルコチョールは、スレイマンからアイビケを託され、忠誠心と愛の板挟みになっていたのです。

これからこの結婚話は一気に進んで行くのでしょうか?

またダイエにイブラヒムとの秘密の関係を知られてしまったニギャール。

更には、スレイマンに慢心を諌められたイブラヒム。

この2人の運命も気になります…

 

オスマン帝国外伝シーズン2/第53話のあらすじ[ネタバレ注意]

サブタイトル「イブラヒムの首」

スレイマンに疑われていると感じたイブラヒムは

「胸像の首ではなく私の首を刎ねてください。」

と申し出て、自分には二心がないとアピールする。

しかしスレイマンは

「これは胸像ではなく、お前の慢心と野心で汚れた魂が形になったものだ。野心を捨てなければいずれは自身を滅ぼすだろう。」

と警告するに留める。

さらにスレイマンは

「お前は最高位に達している、それでも足りぬか?次は我が玉座か?」

と問いかける。

イブラヒムは「まさか!」と否定するが、スレイマンは

「それ以上の壮大な野心というなら、玉座につくものを選び支配することだろう?それが望みなのか?」

と迫る。

イブラヒムは

「自分から役職や地位を望んだことはなく、今の地位はスレイマンから与えられたもので自分はむし常々「出世は死を近づける」と恐れていた。」

と弁明する。

そして、

「陛下が私の命を庇護下に置き、陛下ご自身からも私を守るという勅令を出したのに、どうやら勅令には効果が無い様子…」

と、スレイマンの前にひざまずき、国璽をスレイマンに返して、全ての役職を辞すると申し出る。

 

するとスレイマンは黙ってその国璽を受け取り、イブラヒムは部屋を後にする。

そしてスレイマンはマルコチョールに、宰相アヤスを呼ぶように命じる。

アヤスを呼びつけたスレイマンは、アヤスに今後はイブラヒムの代わり会議を取り仕切るに命じる。

それを聞いたアヤスはイブラヒムの異変を感じ取る。

 

 

ニギャールがダイエと深刻そうに話しているのを見たヒュッレムは、何があったのか?と問うが、ダイエは「私的な問題」だとごまかす。

するとヒュッレムは二人を見つめ、

「たしかに後宮は関係なさそうだ。で、その私的な問題が何か?」

とニギャールを問い詰める。

言葉につまるニギャールに代わり、ダイエが「離婚のことです」と答える。

しかしヒュッレムは、

「露見したらどうなるか?と言っていた。それはどういうことだ?」

と問い詰める。

するとダイエは、ニギャールが自害しようとしていたと返答する。

それを聞いたヒュッレムは驚き、

「離婚は命を犠牲にするような問題なのか?また良縁に恵まれるだろう。」

と言って呆れる。

 

そこでダイエは話を逸らそうとヒュッレムに「御用は?」と聞く。

するとヒュッレムは「アイビケは別れも告げずに帰国したのか?」と尋ねる。

しかしダイエはが何も知らない様子だったため、ヒュッレムは自分で聞きに行く事にする。

 

部屋を出る時、ヒュッレムはニギャールを慰めようとするが、憔悴しきったニギャールに何も言えずその場を去る。

ヒュッレムが去った後、ダイエはニギャールに

「些細な過ちが命取りになる。今後はイブラヒムについて何も語らないように…」

と釘を刺し、今後は宮殿に留まり、家には帰るなと命じる。

 

 

イブラヒムは宮殿から帰宅し、ハティジェに家を出ると告げる

驚くハティジェにイブラヒムは

「何も聞かないでください。それが皇女様のためです。」

と言って荷物をまとめる。

また国家の問題なのか?と説明を求めるハティジェに

「国家はあなたなのでしょう?自分は奴隷に過ぎない。」

と返す。

するとハティジェは

「私はイブラヒムの子供たちの母だ。私には知る権利もないのか?」

と問い詰める。

しかしイブラヒムは「苦痛の種になるだけ…」と言って取り合わない。

 

ハティジェは何かを感じ取り

「兄上と何かあったのね?あの胸像のせいで?」

と尋ねる。

しかしイブラヒムはそれに答えることなく去ろうとする。

ハティジェは

「私のために残れないのなら、子供達のために残って欲しい。」

と懇願するが、イブラヒムは

「追い詰めないでください。」

とだけ言って、泣き崩れるハティジェを置いて出て行く。

 

 

ヒュッレムはアイビケが宮殿に残ることになったと聞いて驚き、

「母后様に止められたのか?」

と聞くが、アイビケは自分で決めたと答える。

マルコチョールはどうしたのだ?と尋ねるヒュッレムに、

「あいつの話はやめてくれ。自分たちの間には何もなかったのだ。」

と話す。

 

さらにアイビケは

「自分は(駆け落ちする)覚悟を決めたのに、マルコチョールは酒場で女と遊んでいたのだ。」

と告白し、そのことをマルコチョールに問いただすと

「愛ではなく、過ちだった」

と言われたと涙する。

それを聞いたヒュッレムは「それを信じたの?」と言うと、アイビケは「そうだ」と答える。

 

するとヒュッレムは、

「まず私に相談して欲しかった。マルコチョールには、きっと何か事情があって身を引いたのだ。」

と慰める。

しかしアイビケは「もう終わったのだ…」と悲しみに暮れる。

 

 

マヒデブランはスレイマンのもとに行き、ムスタファ皇子・アイビケ両人が結婚を承諾したと報告する。

スレイマンも了承し、結婚準備をすることを許可する。

スレイマンはマルコチョールを呼び、二人の結婚が決まったことを内外に発表せよと命じ、婚約式責任者に任命する。

マルコチョールがアイビケの帰国はどうなったのか?と尋ねると、スレイマンは「諦めたようだ」と答える。

 

マルコチョールが下がった後、マヒデブランは

「ムスタファ皇子はイブラヒムのことを慕っているので、式はイブラヒムに取り仕切ってもらいたい。」

と嘆願する。

 

 

イブラヒムが乗った馬車を宰相アヤスが止める。

アヤスが「どちらに行かれるのですか?」と尋ねると、イブラヒムは「ゲイックリの館に行く」と答える。

 

ハティジェはイブラヒムのことを心配して、居ても立ってもいられない様子だった。

そんなハティジェを心配したギュルフェムが落ち着くように諭すが、ハティジェは

「これは良くない兆候だ」

と恐れ、興奮して壺を投げて割ってしまう。

更に興奮したハティジェは、家具を投げて暴れまわるが、ギュルフェムと侍女たちに押さえられベッドに運ばれる。

 

ヒュッレムはスレイマンの部屋でイブラヒムの国璽を見つける。

ヒュッレムはスレイマンに「イブラヒムを解任したの?」と尋ねる。

スレイマンはそれには答えず、ヒュッレムに部屋にもどるように告げ、アイビケとムスタファの結婚式の手伝いをすることを命じる。

何があったのか聞き出そうとするヒュッレムだったが、スレイマンの苛立った様子にそれ以上聞くのをやめる。

 

 

ムスタファ皇子の部屋のテラスで、アイビケは皇子に

なぜ結婚を承諾したのか?

と問う。

すると皇子は

「この結婚は政治が絡んでいる。結婚が国にとって有益であると思った。」

と答える。

そして皇子は

「そっちはなぜ受け入れたのだ?」

と逆に尋ねる。

アイビケは

「私も年長者が正しいと思った。抵抗しても無駄だ。」

と答える。

更にアイビケは

「我々には愛がない。男である皇子は何も不都合がないだろう。」

と付け加える。

 

その様子をマルコチョールは自分の部屋から眺めていた

アイビケと目が合ってしまったマルコチョールは思わず後ずさりする。

そのときヒュッレムがマルコチョールを訪ねてくる。

ヒュッレムは「イブラヒムはどうしたのだ?」と尋ねる。

マルコチョールは「(イブラヒムの)屋敷では?」と答える。

ヒュッレムは

「陛下が落ち込んでいた。イブラヒムとの間に何かあったのでは?」

と尋ねる。

しかしマルコチョールは何も知らない。

 

するとヒュッレムは話題を変え、「美しいわね」と呼びかける。

マルコチョールが「何がです?」と聞き返すと、ヒュッレムは「アイビケのことよ」と言う。

そしてヒュッレムは

「アイビケは望まない結婚をさせられて可愛そうだ。誰しも彼女ほど勇気があれば…ね。」

とマルコチョールに囁き、その場を離れる。

 

マヒデブランはファトマが顔に大やけどを負っているのを見て「ヒュッレムの仕業ね?」と言うが、ファトマは事故だと答える。

マヒデブランはファトマに、傷が治るまで仕事に来なくてもいいと言ってファトマを下がらせる。

 

フィダンの方も顔に傷を負っていたが、フィダンも「事故だ」と言い張る。

ダイエはフィダンの視線の先にギュルがいるのを見る。

ギュルはダイエと目が合い、慌てて視線を逸らす。

ダイエは

「火遊びがどれほど危険か身にしみたはず…」

と言葉をかける。

 

そこへニギャールが現れる。

ニギャールが宮殿に留まると聞いたギュルは、

マトラークチュに家を取り上げられたのか?

と憤る。

しかしダイエは自分が命じたのだと否定し、今後は宮殿に留まると告げるとギュルは喜ぶ。

 

 

ハティジェは夢の中でギュルフェムが泣いているのを見つける。

なぜ泣いているのか?と尋ねると、そこにスレイマンが現れ「誰も運命には逆らえぬ。」と袋に入ったイブラヒムの首をテーブルの上に置く。

 

悪夢に驚いて飛び起きたハティジェをギュルフェムは慰めるが、ハティジェは慌てて部屋から出ていき、夢が現実ではないことを確かめようとする。

テーブルに麻袋を見つけ、それがイブラヒムの胸像の首であると思い込む。

 

宰相アヤスはスレイマンに、イブラヒムのことを報告し、会議での仕切りを任される。

 

マルコチョールはムスタファ皇子に婚約式の準備を担当することになったと告げる。

すると皇子は「式は簡素に行いたい。」と希望する。

そこにアイビケがドレスを着て現れる。

その姿をみたムスタファ皇子はその美しさに驚く。

マルコチョールはそんな二人の様子を見て複雑な表情をする。

 

マヒデブランはギュルシャーとスンビュルに式の取り仕切りを命じる。

そして、宴のために踊る側女にエフスンを指名する。

そこに通りかかったヒュッレムは「手伝いが必要なら言ってね。」と言うが、マヒデブランは「お気遣いなく」と断る。

 

アイビケはマルコチョールの前で結婚式が楽しみだと言い、すぐ準備を始めるようにとマルコチョールに命じる。

マルコチョールはそれに頷き、仕事があると言って下がる。

そこにスレイマンが現れ、二人が良い判断をしたと言ってねぎらう。

 

マルコチョールはアイビケへの想いに胸を締め付けられていた。

するとアイビケが現れ、「(おまえの)望み通りだろう?」と声をかける。

 

そこへ思いつめたハティジェが現れ、スレイマンのもとに押しかける。

ハティジェはムスタファ皇子の居る前で

「イブラヒムはどこ?彼が一体何をしたのか?」

とスレイマンに迫る。

興奮したハティジェにスレイマンは「イブラヒムは無事だ。」と告げるが、ハティジェはそれを信じない。

「イブラヒムの胸像が首をはねられていた。殺したのだろう!」

と問い詰める。

 

スレイマンは「この苦痛に耐えられない!」とわめき散らすハティジェを、ムスタファに連れ出させるが、その様子をスンビュルに見られてしまう。

 

マヒデブランは母后に婚約式の準備の事を報告する。

そこへギュルフェムが現れ、ハティジェがイブラヒムのことで興奮し泣き崩れていることを知らせる。

 

 

ヒュッレムはアイビケとマルコチョールの駆け落ちが失敗した理由を探らせようとするが、ギュルは「もう手遅れでは?」と聞く。

しかしヒュッレムは

「ハティジェの婚約も一度破棄された」

と言って、この結婚を邪魔するように命じる。

 

そのときスンビュルが深刻な様子で通りかかり、イブラヒムがスレイマンに斬首されたと聞く。

それを聞いたニギャールは気を失う。

 

母后のところに連れてこられたハティジェは「イブラヒムが処刑された。」とわめき散らす。

母后は事実関係を調べると言って部屋を出て行く。

 

スレイマンのもとに母后が訪れ、ことの仔細を問い詰める。

スレイマンはイブラヒム自身が出て行ったのだと答え、自分は手を下していないことを伝える。

母后はあれほど寵愛していたイブラヒムを許せないほどになっているスレイマンのことを恐れる。

スレイマンはイブラヒムだから殺さなかったと告げる。

母后は今後どうするのか?と問いただし、イブラヒムが居なくなれば、ハティジェは正気を保てないだろうと危惧する。

 

 

イブラヒムは自分が身を隠す屋敷に双子の兄を呼び寄せる。

そしてその兄に

「皇族たちの前では、自分はいつまでたっても漁師の息子でしかない。自分は苦しい立場にいる。」

と漏らす。

 

スレイマンの部屋から帰ってきた母后は、ハティジェにイブラヒムが生きている事を告げ、しばらく休ませることになったのだと話す。

マヒデブランは「婚約式までには戻ってくるはず」と言い、母后も心配しないようにと慰める。

 

しかしイブラヒムはできるなら「愛する女」を連れて故郷に戻りたいと兄ニコに話す。

ニコは「皇女様は無理だろう」と言うとイブラヒムは「皇女様とは言っていない。」と返す。

それを聞いたニコは驚く。

 

ニギャールはイブラヒムが死んだと思い号泣していた。

ダイエはスンビュルの勘違いで、切られたのは胸像の首だと教える。

イブラヒムはどこにいるのか?と聞くニギャールにダイエは「もう関わるな」と咎める。

 

イブラヒムはニコに

  • ハティジェとの関係は愛ではなく主従関係だったこと
  • ニギャールこそが自分の愛する女である

と熱弁する。

ニコは皇女様の方はお前を愛しているのに…と言うが、イブラヒムは

「あれは主人が下僕を愛でるような愛だ。もう愛情は戻らない。」

と言い切る。

しかしイブラヒムは

「故郷に帰りたいがそれは不可能だ。(宮殿には)自分を待つ者も死を願う者もいる」

とつぶやくのだった。

 

 

※主要登場人物について、おさらいしたい場合はこちらの記事で確認してください。

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_キャスト
オスマン帝国外伝の主な登場人物とキャストまとめ【ネタバレあり】登場人物がとても多くて壮大なスケールで展開するこのドラマ、その1人1人に触れていきたいのですが、物凄い記事数になります。 そこで、...

 

huluなら「オスマン帝国外伝」シーズン2が全話見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン2を無料で見る
hulu 公式サイトへ →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

別記事で、オスマン帝国外伝が好きなあなたなら絶対ハマる海外ドラマを紹介しています!

是非チェックしてみてください。

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝好きなら絶対ハマる海外ドラマ6選
オスマン帝国外伝好きなら絶対にハマってしまう海外ドラマ6選 この記事では、 「シーズン3まで待てない!というオスマン帝国外伝ファンにオススメな絶対ハマる海外ドラマ6選」 ...

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン2/第53話の感想

スレイマンはイブラヒムがムスタファ皇子を次の皇帝にしようと画策していることに不信感を抱いたようです。

ムスタファ皇子が自分よりもイブラヒムのことを慕っていると不愉快になったスレイマンはイブラヒムをボコボコに問い詰めます。

その迫力にスレイマンに殺されるのでは?と怯えたイブラヒムは国璽を返して宮殿を後にしました。

 

そして二心を疑われたイブラヒムは職を投げ出しただけでなく、ハティジェも捨てて出て行きます。

しかし、いきなり何の説明もなしに家を飛び出すなんて…

ハティジェがまた半狂乱になるのも無理ないですよね。

せめて混乱させないように、最低限の説明はすべきでしょうに…

 

事情がわからなくハティジェは胸像のせいでイブラヒムが処刑されたと勘違いしてスレイマンに詰め寄りました。

スレイマンはイブラヒムの無事を伝えて落ち着くようにと諭すのですが、スイッチの入ったハティジェは信じません。

ハティジェはどうやら自分の不安に飲み込まれて夢と現実が分からなくなってしまったようです。

 

それにしてもハティジェは頭に血が上ると凶暴になっちゃうんですよね…。

とてもお姫様とは思えません…いや、最近話題の…どこぞの財閥のナッツ姫を彷彿とさせますから、そういう意味ではお姫様はなんでも思い通りにならないと我慢できない人種なのかもしれません。

でも、冷静にみると、これは全てハティジェを演じるセルマ・エルゲチュさんの演技なんですよね。

鬼気迫る 見事な演技力だと思います。

あわせて読みたい
セルマ・エルゲチュ(ハティジェ役)のプロフィールや経歴
オスマン帝国外伝「ハティジェ役」セルマエルゲチュのプロフィールと経歴 イブラヒムの愛妻、ハティジェを演じているセルマ・エルゲンチュさん。 演技が上手すぎて、ホンモノのメンヘラかと怖くなるときが...

 

 

この一連の騒動で1つだけハッキリしたのは、

やはりイブラヒムにはもうハティジェに愛情がない

ということ。

で、何もかも捨ててしまいたい!と思ったのかもしれませんが、双子の兄ニコに「好きな女と故郷に帰りたい」と愚痴を言い、ニコはその「好きな女」がハティジェではないことに驚いています。

それはそうでしょう!

一緒になる時に、あんなに大騒ぎしたというのに…。

 

少なくともハティジェと一緒になる時は愛があったはずですが、ハティジェの自分への愛が「下僕を可愛がる」ような上から目線の愛情だと気づき、一気に気持ちが冷めてしまったのですね。

 

よく恋愛結婚は結婚したときがピークで、それ以降は徐々に冷めていくと言われますが、まさにそれですかね?

そういえば男女の恋愛感情って7年くらいしか持たないって説があったような…

とはいえ、子供もいるのに家庭を捨てるというのは尋常ではなく…

やはりそれだけニギャールに心が移ってしまったということなのでしょう。

 

 

イブラヒムはスレイマンへの遠慮からハティジェへの愛が冷めていてもハティジェを立てて来ましたが、スレイマンに疑いの眼を向けられ自分への信頼が薄れたことを感じたので、もう我慢するのをやめたのでしょう。

思わず「国家はあなたなのでしょう?」とハティジェに言い捨てて出て行きましたもんね。

悲しいかな…それが彼の今の本音。

 

ハティジェ的にはイブラヒムに捨てられたくなくて、自分と別れると地位も権力も失うと脅しただけなのですが、それはイブラヒムのプライドを大いに傷つけたのですね。

だからある意味、ハティジェは自分自身でイブラヒムを遠ざけたと言えるんじゃないでしょうか。

それはハティジェの不安症のなせる技ではあった訳ですが…。

 

 

そしてニギャールも愛するイブラヒムが死んだと思いショックで倒れてしまいましたね。

今はニギャールとイブラヒムは夫婦同然でしたから当然でしょう。

しかしもしもその事が公になれば、今度こそイブラヒムの命はないでしょう。

もちろんニギャールも只では済みません。

 

ダイエはそんなニギャールの破滅的な行動を諌めますが、深みにハマってしまっているニギャールは残念ながらもう抜け出すことはできないでしょうね、きっと。

あの様子では本当に自害してしまうかもしれません。

 

 

マヒデブランはスレイマンにムスタファ皇子とアイビケが結婚を承諾したと報告しました。

それを聞いたスレイマンはよりによってマルコチョールを婚約式の責任者に任命するという…。

イブラヒムが全職を解かれて宮殿を離れたので仕方ないっちゃ~仕方ないのですが、この仕事はマルコチョールにとって辛すぎる仕事です。

アイビケも当てつけるようにマルコチョールの前でムスタファ皇子と腕を組んだりしてますし。

 

でもアイビケのこの行動って、マルコチョールを挑発して自分をさらって欲しいと考えての行動なんでしょうか?

ヒュッレムに

「ハティジェとイブラヒムの時のように、まだチャンスはある。」

と言われたので、ひょっとしたら…それにかけているのかもしれません。

誠実なマルコチョールには逆効果な気がしないでもないんだけど…

しかも、そのイブラヒムとハティジェは今や離婚の危機を迎えているわけだし…。

もう見ててモヤモヤするというか、マイナス方向にしか考えられなくなってる自分が嫌!ですw

 

 

ところで、マヒデブランから「婚約式はイブラヒムに任せたい」なんて言われてスレイマンはどう思ったでしょうね?

スレイマンがイブラヒムについて気分を悪くしていると知らないので仕方ないんですが、タイミングは最悪…。

きっとムスタファだけではなくマヒデブランもイブラヒムを頼っていることを感じ取ったんじゃないでしょうか。

そして、本当に

自分自身の事がますます不安になったのではないか?

と思います。

ただマヒデブランにしたら、スレイマンは相手にしてくれない上に、ヒュッレムの肩ばかり持つのだから、誰かに頼りたいと思うのは仕方ないですよね~

母后とイブラヒムを味方につけなければ、自分の立場を守れなかったのだから。

 

でも、スレイマンはイブラヒムを責め立てたばかりなので、

イブラヒムに頼るマヒデブランに気分を害したのは確実だと思います。

 

ファトマとフィダンは顔にやけどを負いましたが、二人は「事故だった」と言い張ります。

しかしダイエはギュルの様子を見て、それが誰の仕業か合点がいったようで

「火遊びは身を滅ぼす」

と釘を刺しました。

まあ、二人がなにも言わなくても皆ヒュッレムの指示だと分かっていることなので…

むしろこの程度で許したヒュッレムに逆にビックリです。

 

ヒュッレム…大人になったんですかね。

スレイマンの顔色を伺って、深入りしないように、自分を制御できるようになってるし。

 

ダイエは母后やマヒデブランから疎まれているため、婚約式の重要な仕事はギュルシャーとスンビュルに与えられました。

 

しかしヒュッレムが何か仕掛けてくるかもしれないのにギュルシャーもスンビュルもあまりオツムが足りていないのがね…大丈夫なのか?と心配になります。

 

 

そう言えば、マヒデブランはエフスンに婚約式の宴会で踊るように命じましたね。

それって明らかにエフスンへの嫌がらせです…

マヒデブランは本当に嫌がらせするのが得意ですね。

そんなことしたらまたエフスンはムスタファ皇子に泣きつくんじゃないかと思うんですけど!!

そんなに皇子に嫌われたいのでしょうか?

そうやって自分で自分の首を絞めていることに気がついていないところがね…残念な女です。

 

 

イブラヒムはゲイックリというところに隠棲しました。

ゲイックリ(Geyikli)はエーゲ海に面した地方都市です。

 

イブラヒムの出身地はギリシャ出身ですからエーゲ海の見えるところに行きたかったのかもしれません。

しかし自分ではどうすることもできないとわかってはいるようです。

イブラヒムを待っているという敵はヒュッレムなのか?それとも…?

 

さて、ムスタファ皇子とアイビケの婚約式は様々な人々の思いが交錯し、波乱含みです。

婚約式は果たしてこのまま無事に行われるのでしょうか?

 

もうちょっと頑張ってくれ~!マルコチョール!!

 

 

 

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_シーズン2第54話あらすじ
オスマン帝国外伝シーズン2第54話あらすじと感想/ムスタファの説得 この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第54話」のあらすじと感想について書いています。 イブラヒムはスレイマンに二心を疑...
あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_全何話
オスマン帝国外伝は全何話ある?日本語字幕最速配信はhulu?ついに!ついに!! 待ちに待った「オスマン帝国外伝」のシーズン2がhuluで配信されました! 本当に長かった!! ...

>>オスマン帝国外伝の記事一覧はこちら

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン2の全てをYoutube以外で無料で観る方法

オスマン帝国外伝シーズン2は現在BS日テレでも配信されていますが、

  • 見逃した…
  • 先のストーリーが早く知りたい…

という場合、現状でシーズン2がいつでも何度でも見放題なのはhuluのみです。

BS日テレのリアルタイム配信を見逃してしまうと、もう頼みの綱はYoutubeの英語字幕版しかありません。(シーズン1のときはGYAOで見逃し配信があったんですが、シーズン2の配信は残念ながらまだ未確定です。)

 

しかし、huluならいつでも何話からでも、更に何度でも日本語字幕版のオスマン帝国外伝シーズン2が観れます。

更に、シーズン1のストーリーもいつでも振り返れるんです。

これはすごく大きいんですよ!

だって、実際に私もそうでしたが、オスマン帝国外伝は、これだけの大作なので、

  • あれ?何でこんな事になったんだっけ?
  • あれ?そもそもこの事件の発端は何だったっけ?

と頻繁に過去を振り返りたくなるものですから…。

複数の事件が絡み合って展開されるので、あれって次の事件の伏線だった…という場面がたくさん出てくるので尚更。

だからオスマン帝国外伝にどっぷり浸っている私にはhuluはもはや手放せない存在です。

 

そしてhuluには無料トライアル期間というお試しで利用できるサービスがあります。

huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン2最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」
シーズン2を無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

オスマン帝国外伝のボリュームから考えると、まず現実的ではないんですが、その気になればhuluの無料トライアル期間の2週間でシーズン2の全話を制覇してしまうことも不可能ではありません。

そしてその2週間以内に解約すれば、実質タダでオスマン帝国外伝シーズン2を堪能できてしまうのです。

huluは無料トライアル期間に解約すれば、料金は一切掛かりません。

しかも、登録も解約も5分以内で簡単にできます。

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

これはもうメリットしかありませんよね。

 

ただ、無料トライアル期間で解約しても良いのですが、放映権などの観点から、オスマン帝国外伝シーズン3もhuluでの先行配信&見放題になるのはまず間違いないと思うので、シーズン3が配信されるまで、そのまま契約して、他の海外ドラマや映画コンテンツを楽しみながらシーズン3を待つ!という選択肢も検討の余地はアリだと思います。

月額約1000円のコスパは、DVDレンタル頼みだった昔に比べたら雲泥の差ですから…

 

ちなみに別の記事で、オスマン帝国外伝が好きなあなたなら絶対ハマる海外ドラマを紹介しています!

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝好きなら絶対ハマる海外ドラマ6選
オスマン帝国外伝好きなら絶対にハマってしまう海外ドラマ6選 この記事では、 「シーズン3まで待てない!というオスマン帝国外伝ファンにオススメな絶対ハマる海外ドラマ6選」 ...

 


「オスマン帝国外伝 シーズン2」
をhulu無料トライアルで観る!
hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

本ページの情報は、2019年3月時点のものです。最新の情報はhulu公式ページよりご確認ください。