オスマン帝国外伝

オスマン帝国外伝シーズン2第54話あらすじと感想/ムスタファの説得

オスマン帝国外伝_シーズン2第54話あらすじ
この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第54話」のあらすじと感想について書いています。

イブラヒムはスレイマンに二心を疑われ職を辞して宮殿を去りました。

その上ハティジェや子供たちとも離れ、1人黙ってゲイッグリの館で隠棲するものの、事情を知らないハティジェやニギャールは心乱れます。

 

またマルコチョールはムスタファ皇子とアイビケの婚約式を取り仕切ることになり、スレイマンへの忠誠心とアイビケへの愛の板挟みに苦しんでいる様子

この結婚でムスタファ皇子の権威が上がることを恐れたヒュッレムは、二人の結婚を何としても阻止するようにギュルに命じますが…。

 

オスマン帝国外伝シーズン2/第54話のあらすじ[ネタバレ注意]

サブタイトル「婚約式」

謎の男に呼び出された宰相アヤスは、その男から

「イブラヒムは失脚した」

と聞かされ、アヤスに自分に忠誠を誓うのなら後押しするので、イブラヒムの代わりに大宰相になるようにと勧める。

アヤスは

「大宰相は休暇で宮殿を離れているだけ。自分は陛下の家臣であり、陛下が私に要職を授けてくれるのならありがたいが、待つべき時があることも心得ている」

と答える。

すると男は

「これは国家の存続に関わることだ。よく考えるように!」

と言う。

 

ハティジェはイブラヒムを思い、眠れぬ夜を過ごしていた。

ムスタファとアイビケの婚約式の前日、ハティジェはスレイマンのところに行き、イブラヒムは婚約式までに帰ってくるのではなかったのか?と詰め寄る。

スレイマンは

「できれば(イブラヒムにも)出席して欲しかった。帰ってくるか来ないかで処遇が決まる。」

と告げる。

ハティジェはスレイマンに

「(イブラヒムが)もし出席しなければ処刑されるの?もしそんなことになるのなら私を殺して!」

と、イブラヒムを失ったら自分は生きていけないと言って下がっていく。

 

エフスンの沈んだ様子にムスタファ皇子は、どうしたのか?と尋ねる。

エフスンは

「婚約式で踊るように(マヒデブランに)命じられた。皇子の婚約を悲しんでいるのに…」

とため息をつく。

すると皇子は、これからもずっと側にいるので悲しまなくていい!とエフスンを慰める。

 

そこに突然ハティジェが現れ、ムスタファ皇子に

「イブラヒムのところに連れて行って欲しい。もしイブラヒムがこの婚約式に来なければ処刑されてしまう…」

と頼み込む。

それを聞いたムスタファ皇子は、アイビケの父を出迎えなければならなかったが、

「イブラヒムの命が掛かっている」

と言われ、イブラヒムのところに向かうことにする。

 

ヒュッレムはギュルに、マルコチョールの本当の気持ちを探らせる。

するとギュルは、

「マルコチョールはエレニカの店に行っても、エレニカには手も触れず酒だけを煽っているから、明らかにアイビケのことをまだ愛しているのだろう。」

と答える。

それを聞いたヒュッレムは「耳寄りな情報だ」と喜ぶ。

 

重臣たちが集まる中、宰相アヤスはマルコチョールに

「イブラヒムからの連絡はないのか?」

と尋ねる。

マルコチョールは

「連絡はない。なぜそんなことを聞くのか?」

と尋ねるがアヤスは

「気になっただけだ」

と誤魔化す。

そこへアイビケの父ギレイが到着し、重臣たちは出迎えをする。

 

父が到着したと知り、アイビケはスレイマンの部屋に向かうが、ヒュッレムに呼び止められる。

ヒュッレムはアイビケに

「マルコチョールはあなたに失恋して苦しんでいる。エレニカには手も触れていないのよ。」

と教える。

それを聞いたアイビケは「手遅れだ」と答えるが、ヒュッレムはまだ希望は捨てないようにと励ます。

 

ギレイはスレイマンにクリミアへの支援への謝意を示し、この婚約への期待をにじます。

しかしムスタファ皇子がその場に来ないのを不審に思うスレイマンは、マルコチョールに皇子を呼べと命じる。

 

エフスンはヒュッレムに、ムスタファ皇子がハティジェに頼まれて誰にも告げずイブラヒムを迎えに行ったことを報告する。

もしイブラヒムが婚約式までに戻って来なければ、イブラヒムの命はないのだと知ったヒュッレムは

「(ムスタファ皇子が)発つ前に知っていれば、行くのを邪魔したのに…」

というが、

「(でもこの状態は)【一石二鳥】だ。」

と言ってエフスンと別れる。

 

廊下でハティジェに出くわしたニギャールは

「大宰相は無事なのですか?」

と尋ねる。

憔悴しきったハティジェは

「私も知りたい」

とつぶやく。

その様子にニギャールは

「明日にはきっと戻られます」

と言葉をかける。

そこへダイエが通りかかる。

ダイエからムスタファ皇子が出発したことを知らされたハティジェは喜ぶ。

 

ニギャールは

「ムスタファ皇子はどこに行かれたのですか?」

とダイエに尋ねるが、ダイエは

「どの面さげて…よくも(ハティジェと)話ができるもんだ」

と言って呆れる。

ニギャールは

「やめて、(そんなことを言うなら)出て行く」

と言うが、ダイエは

「地獄に行け!どうせいずれ(地獄に)行くだろうけど」

と言ってニギャールを突き放す。

 

マルコチョールからムスタファ皇子が宮殿にいないことを知らされたスレイマンは、マルコチョールに連れ戻すように命じる。

 

マルコチョールが出発しようとしたときアイビケが現れ、

「なぜ嘘をついた?」

と問いただす。

しかしマルコチョールは

「何のことです?」

ととぼける。

アイビケは

「私のことを好きなのだろう?今夜会いに行く。」

と言ってマルコチョールを困らせる。

その後アイビケはスレイマンの部屋に行き、そこで久しぶりに父に会い再会を喜ぶ。

 

ミフリマーフはヒュッレムの大事な冠を勝手に持ち出し、壊してしまう。

一緒にいたメフメト皇子は「お母様に怒られる」とミフリマーフに言う。

二人はなんとか元に戻そうとするが直らない。

メフメト皇子は「正直に言え」と言い聞かせるが、ミフリマーフは知らないフリをしようとする。

 

ハティジェがムスタファ皇子をイブラヒムのところに行かせたと知った母后とマヒデブランは驚き、スレイマンの耳に入ったらどうなるかと不安がるが、ハティジェは

「イブラヒムの命が最優先。婚約式にイブラヒムが現れなければ処刑されてしまう…」

と告げる。

しかし母后は

「よりによってムスタファを行かすなんて!」

と怒り、これでは余計に事を荒立ててしまうと嘆く。

しかしハティジェは

「私の苦悩も悲しみも母上にはどうでもいいのね」

と言い捨て、部屋を出て行く。

 

ヒュッレムと母后たちはスレイマンの部屋に行き、ギレイと挨拶を交わす。

ギレイはムスタファ皇子にまだ会っていないが具合でも悪いのか?と尋ねる。

誰もが言葉に詰まる中ヒュッレムが

「夕方にお越しと聞いていたので大宰相の所に行っている」

と答える。

 

その頃、イブラヒムのところにマトラークチュと共にムスタファ皇子が来ていた。

驚くイブラヒムにムスタファ皇子は「迎えにきた」と告げる。

スレイマンの命で自分を葬りに来たのか?と尋ねるイブラヒムに皇子は

「父上は知らない。一緒に都に戻ろう!」

と言う。

イブラヒムは帰るように言うが、皇子はイブラヒムを連れて帰る!と言って戻ろうとしない。

 

次第に日が暮れ夜を迎えるが、まだムスタファ皇子は宮殿に戻ってこない。

ヒュッレムは

「ムスタファはまだ戻らないの?」

とスレイマンに尋ねる。

スレイマンはハティジェがムスタファ皇子を行かせたのだとヒュッレムに説明する。

するとヒュッレムは

「戻ってくればいいけど…」

とつぶやく。

それを聞いたスレイマンは「なぜだ?」と聞く。

ヒュッレムは

「ムスタファ皇子がイブラヒムに洗脳されて謀反を起こすのでは?ムスタファはイブラヒムの言うことならなんでも聞く」

と続ける。

スレイマンは不機嫌になり、ヒュッレムを睨みつけて

「誰であれ、我が子を私に対する反乱に巻き込んだり、我々の仲を裂かんとしたりするものは命をもって償わせる」

と言い放つ。

 

マルコチョールの部屋にアイビケがやってくる。

マルコチョールは慌てて出て行くように命じるが、アイビケは

「嘘はつくな。私を愛しているか?」

と尋ねる。

マルコチョールは皇子の伴侶であるアイビケに対する不謹慎な発言は大罪であると突き放すが、アイビケは「聞かずにはおれぬ」と返し、もう一度「愛しているか?」と尋ねる。

するとマルコチョールは

「何を言っても、もうどうにもなりません…言っても苦痛になるだけだ。」

と答える。

しかしアイビケは

「愛しているのになぜ諦めた?」

と詰め寄る。

マルコチョールは

「自分の愛を諦めたのは、主君であるスレイマンに帝国の花嫁アイビケを託されたからだ。全て忘れてください。」

と心境を吐露する。

アイビケは

「なんて運命だ!こんなにも愛し合っているのに他人には戻れない。」

と言い、顔を近づけるが、マルコチョールは顔を背けて部屋に戻るように頼み込む。

 

 

ムスタファ皇子は引き続きイブラヒムを説得し続けていた。

イブラヒムは

「帰る気はない。陛下の沙汰を待っている。」

とだけしか答えない。

皇子は

「父上は解任したことをまだ発表していない。婚約式に戻らなければ沙汰が下されるだろう。」

と告げる。

しかしイブラヒムは

「弓から放たれた矢は戻せない」

と返すだけ。

ムスタファ皇子は

「我々の人生は父上に与えられたもので、分け前がなんであれ生きるのみだ」

と言う。

イブラヒムは

「ではこれ(ここで沙汰を待つこと)が私の分け前だ」

と答えるが、皇子は

「いや、それはあなたの選択だ。判断を下すときには感情を捨てるようにと言ったのはイブラヒム自身ではないのか?」

と説く。

しかしイブラヒムは

「私の代わりは居るが皇子は帝国の統治そのものだ。に宮殿に戻りなさい。」

と諭す。

するとムスタファは、ハティジェはどうなるのだ?と尋ね、イブラヒムはハティジェや子供達に苦痛を与えていると続ける。

それでもイブラヒムは

「(離れて居た方が)自分の末路を知らずに済む。」

と取り合わない。

するとムスタファ皇子は

「今夜はここに泊まる。翌朝決断をするように!」

と命じる。

 

 

ミフリマーフとメフメト皇子は冠を壊したことをヒュッレムに言えずにいた。

メフメト皇子はミフリマーフに、自分で正直に告白するように促すが、ミフリマーフは受け付けない。

結局その夜はそのまま寝ることになった。

 

スレイマンは以前、イブラヒムに命を救われたことや、戦で一緒に死線を潜ったことを考えていた。

そしてスレイマンはイブラヒムに

「死ぬまで国璽を携えよ」

と言って国璽を与えたのを思い出す。

 

夜が明け、宮殿では婚約式の宴に出席するためヒュッレムが支度をしていた。

ヒュッレムはエスマに、自慢の冠を持ってくるように命じる。

それを聞いたミフリマーフとメフメト皇子は落ち着かない様子になる。

運ばれてきた冠をみたヒュッレムは

「誰の仕業?」

と運んできたエスマに問うが、エスマは何も知らない。

ヒュッレムはミフリマーフとメフメト皇子にも尋ねる。

焦ったミフリマーフは

「あの人がやった」

とヒュッレムの側女を指差してしまう。

怒ったヒュッレムはその側女を追い出す。

 

朝になってもムスタファ皇子の姿が見えないのを不審に思ったギレイは、スレイマンに

何か問題があるのか?

と尋ねる。

そこへムスタファ皇子が現れてギレイに挨拶をする。

ムスタファ皇子は夜道を避けるために別の所に泊まったと言い訳する。

 

ハティジェは皇子が戻ったことを聞き、イブラヒムも戻ったのか?とギュルフェムに尋ねるが、ギュルフェムに「残念です」と言われ、ショックを受ける。

 

 

ムスタファ皇子はスレイマンに、イブラヒムを説得したが連れ戻すことができなかったと報告する。

スレイマンは

「お前は決して家族に背くな!家族より大事なものはない。」

と釘をさす。

 

その夜、婚約式が始まり、重臣たちはスレイマンとムスタファ皇子に挨拶と祝意を伝える。

後宮では宴が始まり、側女たちの踊りや演奏が行われる。

賑やかな宴の中、1人沈んでいるハティジェにヒュッレムは

「今日は吉日よ、きっとすべて良くなる」

と声を掛けるが、ハティジェは

「何も良くならない…苦痛と悲しみと死が訪れる。」

とつぶやく。

母后はそんなハティジェの手を握り、黙って寄り添う。

 

そこへ主役のアイビケが現れ、母后に挨拶をする。

母后は

「何もかも上手く行きますように…」

と声をかける。

アイビケから挨拶を受けたマヒデブランは

「皇子にふさわしい麗しの花嫁ね」

と声をかける。

 

その様子をエフスンは悲しげに見守っていた。

 

 

男性の広間でも食事が始まっていたが、そこにイブラヒムの姿はなかった

重臣たちもイブラヒムの身に何かあったのでは?と勘ぐる。

するとスレイマンは、「ムスタファ皇子に記念の品を贈る」と伝え、その声に皆立ち上がる。

そのとき…扉が開きイブラヒムが姿を現す

 

スンビュルはイブラヒムの帰還をハティジェに伝え、ハティジェの顔に笑顔が戻る。

ハティジェは一刻も早くイブラヒムに会いたいと部屋を出て行く。

その様子を見ていたニギャールはスンビュルを呼び止め、何があったのか?と尋ね、イブラヒムの帰還を聞き思わず笑みをこぼす。

 

婚約式も終了し、マルコチョールはいつものように自分の部屋のテラスから外を眺めていた。

そこにマトラークチュが現れ、浮かない顔のマルコチョールに、悩みを吐き出せと言うが、マルコチョールは

「解決法があればな…今夜、愛がすり抜けて行った。」

とつぶやく。

それを聞いたマトラークチュは相手がアイビケだと知り驚く。

 

ヒュッレムはアイビケに、皆が見ているのだから悲しそうな顔をしてはいけないと伝えるが、アイビケは「耐え難いことだ」とつぶやく。

ヒュッレムは

「先のことはわからないので希望は捨てないように、私がついている。」

と励ます。

 

そこへスレイマンが現れ、アイビケに婚約記念のティアラを授ける。

その様子を見ていたエフスンはそっとその場を離れる。

 

ハティジェはイブラヒムと再会し、口づけを交わす。

その様子を物陰から見ていたニギャールは複雑な心境だった。

 

宴を抜け出したエフスンは1人で悲しんでいた。

そこにギュルが現れ、「色恋の情」は捨てるようにと諭す。

しかしエフスンはそれを否定し、自分は任務が果たせなかったことを悲しんでいるのだと誤魔化す。

皇子がアイビケと結婚すれば、自分の立場が弱くなると思ったと言うのだ。

しかしギュルは

「心配ない。アイビケは皇子の好みではない。」

と慰める。

そんな二人の会話を立ち聞きしていたのはあのファトマだった。

 

スレイマンが後宮から戻ると宴席にイブラヒムの姿はなかった。

イブラヒムが婚約式が終わったので席を立ったと知ったスレイマンは気分を害する。

 

マトラークチュは何とかイブラヒムを引きとめようとするが、イブラヒムは

「ムスタファ皇子とスレイマンの間に水を差さないように婚約式に出席しただけなので、式が終わったら帰る。」

と断る。

しかしそこに衛兵が現れ、スレイマンの命だと言ってイブラヒムは連行されるのだった。

 

 

※主要登場人物について、おさらいしたい場合はこちらの記事で確認してください。

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_キャスト
オスマン帝国外伝の主な登場人物とキャストまとめ【ネタバレあり】登場人物がとても多くて壮大なスケールで展開するこのドラマ、その1人1人に触れていきたいのですが、物凄い記事数になります。 そこで、...

 

huluなら「オスマン帝国外伝」シーズン2が全話見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン2を無料で見る
hulu 公式サイトへ →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

別記事で、オスマン帝国外伝が好きなあなたなら絶対ハマる海外ドラマを紹介しています!

是非チェックしてみてください。

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝好きなら絶対ハマる海外ドラマ6選
オスマン帝国外伝好きなら絶対にハマってしまう海外ドラマ6選 この記事では、 「シーズン3まで待てない!というオスマン帝国外伝ファンにオススメな絶対ハマる海外ドラマ6選」 ...

 

オスマン帝国外伝シーズン2/第54話の感想

ハティジェ…イブラヒムのことになると、本当に周りが見えないんですよね。

これは本当に最悪な行動でした。

ハティジェはイブラヒムに会えて喜んでいるようですが、おかげでイブラヒムの立場をますます悪くしたのではないでしょうか?

そしてムスタファ皇子の立場も…。

 

流石の母后も「何でよりによってムスタファを…?」と呆れてました。

母后にとっては、イブラヒムよりもムスタファ皇子が大事ですよね?

それなのに、婚約者の父であるギレイを皇子が出迎えられなかったことは、スレイマンやギレイ失礼になるし、そのせいでスレイマンの機嫌を損ねたりしたらマズイと焦ったことでしょう。

 

スレイマンも婚約式にイブラヒムが現れたときには、ちょっとホッとしたように見えましたが…、後宮でアイビケに記念品を渡して帰ってきたら、いつの間にかイブラヒムが消えていたので怒ってしまったようですね。

そしてスレイマンはイブラヒムを衛兵に連行させました。

スレイマンはイブラヒムをどうするつもりなのでしょう?まさか…?

 

この騒動はそもそもイブラヒムの慢心が原因です。

それにつけ込んだヒュッレムが、あることないことスレイマンに吹き込んで、スレイマンに疑念を抱かせたわけですが…。

もしかしたらイブラヒムは、スレイマン自身に呼び戻して欲しかったのでしょうかね?

 

スレイマンの自分への信頼や、過去の功績を思い出して呼び戻してくれれば…なんて思ってたのに、その前にムスタファ皇子が婚約式をほっぽり出してまで…何とかして説得しようとしたのです。

皇子は婚約式までにイブラヒムが戻らないと処刑されるとハティジェから聞かされていたので、必死に粘ったものの、時間切れで戻って行きました。

イブラヒムはどうして皇子と一緒に戻らなかったのか?と考えてみたんですが、

  • 皇子と戻るとスレイマンがますます疑いを持つ
  • 自分の考えで戻ったと示したかった

のどっちかだと私は思います。

 

ところで宰相アヤスが面会していた男は何者なのでしょう?

パッと思い出したのが、

イブラヒムを暗殺しようとした…あの黒幕なのか?

ということ。

 

この人物はアヤスの態度からも相当な地位にいる人物のようですが、イブラヒムを追い落とした後にアヤスを大宰相に据えようと考えているようですね。

でも自分自身で大宰相になるつもりがない…ということは、今は重臣ではないのでしょうか?

もしかして長老とかなのかな??

いずれにしてもイブラヒムには敵が多いので沢山候補は居ますね。

そんな状態なのに、胸像を造るなど目立つ行動をしているイブラヒムは、やはり慢心していたということなんだろうな~。

 

 

しかし、ムスタファ皇子は優しすぎて危ないですね。

これでは付け入るスキがありすぎです。

マヒデブランはあまりにも愚かなので好きになれませんが、ムスタファ皇子のような素直な青年が大人たちの権勢のために利用されているのが…ね。

個人的には見ていられません。

ムスタファ皇子を取り巻く人々があまりにもアレですから…。

 

その点ヒュッレムの方は、全ての作戦はヒュッレムの指示の下にあるので、ほころびは少なそうですが、今回ギュルとエフスンの会話を、こともあろうにファトマに聞かれてしまいました。

エフスンがヒュッレムの間者であると知られてしまったら…

今度こそエフスンは、マヒデブランに追放されてしまいますよね~

 

もっとも、現在ムスタファ皇子はエフスンにゾッコンなので、そう簡単に引き離すことはできなさそうですが…。

しかも、どうやらエフスン自身もムスタファ皇子に愛情が芽生えてきているようです。

いくらスパイとはいえ、愛してしまった相手を騙すのは気が引けるのではないでしょうか?

そのうち情にほだされて、ポロっと本当のことを言ってしまうかもしれません。

 

アイビケはマルコチョールが実は自分を愛しているのだと知り、嬉しくなってマルコチョールに会いに行きましたね。

で、マルコチョールに迫ったものの、マルコチョールは

「帝国の花嫁」であるアイビケに「愛している」などということは大罪である

と言うのが精一杯。

アイビケはその言葉に自分の運命を嘆くものの、この時代に愛を貫ける人は少なかったことでしょう。

ただ、その運命を受け入れるか否かはその人次第だと思います。

アイビケとマルコチョールが、互いにこの運命を受け入れるのか…?

先が気になりますね。

 

 

ところで、おしゃまなミフリマーフは、ヒュッレムの大事にしている冠を勝手に持ち出して壊してしまいました。

以前から勝手に宝石で遊んでいたので、いつかこうなるんじゃないかと危惧していたものの、本当にやってしまうとは…。

しかもそれを他人のせいにして…。

ヒュッレムも自分の子供の言うことだから無条件に信じちゃってましたよね?

結果、濡れ衣を着せられた側女はヒュッレムに叱責され追い出されてしまいました…可哀相に…。

ホント皇女ってやつは…

 

よく男兄弟のなかで育った女の子は、しっかりもので要領が良いなんて言われますが、ミフリマーフはまさにそんな感じの女の子で、本当に末恐ろしいです。

実際大人になったミフリマーフは、夫のリュステムを通して、政治に口出しをしていたようですが、この様子では「さもありなん」と思わざるをえませんね。

 

 

さて、結果的に婚約式に顔を出したイブラヒム。

それを知ったハティジェとニギャールは安堵しますが…。

イブラヒムはすぐに席を離れ、また宮殿を出ようとしてマトラークチュに止められました。

そこへスレイマンが送った衛兵が現れイブラヒムを捕らえます。

 

果たしてスレイマンはイブラヒムをどうするつもりなのでしょうか?

イブラヒムの運命がどうなるのか…

静かにその行方を見守りましょう。

 

 

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_シーズン2第55話あらすじ
オスマン帝国外伝シーズン2第55話あらすじと感想/イブラヒムの賭け この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第55話」のあらすじと感想について書いています。 イブラヒムはムスタファ皇子の婚約...
あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_全何話
オスマン帝国外伝は全何話ある?日本語字幕最速配信はhulu?ついに!ついに!! 待ちに待った「オスマン帝国外伝」のシーズン2がhuluで配信されました! 本当に長かった!! ...

>>オスマン帝国外伝の記事一覧はこちら

 

オスマン帝国外伝シーズン2の全てをYoutube以外で無料で観る方法

オスマン帝国外伝シーズン2は現在BS日テレでも配信されていますが、

  • 見逃した…
  • 先のストーリーが早く知りたい…

という場合、現状でシーズン2がいつでも何度でも見放題なのはhuluのみです。

BS日テレのリアルタイム配信を見逃してしまうと、もう頼みの綱はYoutubeの英語字幕版しかありません。(シーズン1のときはGYAOで見逃し配信があったんですが、シーズン2の配信は残念ながらまだ未確定です。)

 

しかし、huluならいつでも何話からでも、更に何度でも日本語字幕版のオスマン帝国外伝シーズン2が観れます。

更に、シーズン1のストーリーもいつでも振り返れるんです。

これはすごく大きいんですよ!

だって、実際に私もそうでしたが、オスマン帝国外伝は、これだけの大作なので、

  • あれ?何でこんな事になったんだっけ?
  • あれ?そもそもこの事件の発端は何だったっけ?

と頻繁に過去を振り返りたくなるものですから…。

複数の事件が絡み合って展開されるので、あれって次の事件の伏線だった…という場面がたくさん出てくるので尚更。

だからオスマン帝国外伝にどっぷり浸っている私にはhuluはもはや手放せない存在です。

 

そしてhuluには無料トライアル期間というお試しで利用できるサービスがあります。

huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン2最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」
シーズン2を無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

オスマン帝国外伝のボリュームから考えると、まず現実的ではないんですが、その気になればhuluの無料トライアル期間の2週間でシーズン2の全話を制覇してしまうことも不可能ではありません。

そしてその2週間以内に解約すれば、実質タダでオスマン帝国外伝シーズン2を堪能できてしまうのです。

huluは無料トライアル期間に解約すれば、料金は一切掛かりません。

しかも、登録も解約も5分以内で簡単にできます。

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

これはもうメリットしかありませんよね。

 

ただ、無料トライアル期間で解約しても良いのですが、放映権などの観点から、オスマン帝国外伝シーズン3もhuluでの先行配信&見放題になるのはまず間違いないと思うので、シーズン3が配信されるまで、そのまま契約して、他の海外ドラマや映画コンテンツを楽しみながらシーズン3を待つ!という選択肢も検討の余地はアリだと思います。

月額約1000円のコスパは、DVDレンタル頼みだった昔に比べたら雲泥の差ですから…

 

ちなみに別の記事で、オスマン帝国外伝が好きなあなたなら絶対ハマる海外ドラマを紹介しています!

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝好きなら絶対ハマる海外ドラマ6選
オスマン帝国外伝好きなら絶対にハマってしまう海外ドラマ6選 この記事では、 「シーズン3まで待てない!というオスマン帝国外伝ファンにオススメな絶対ハマる海外ドラマ6選」 ...

 


「オスマン帝国外伝 シーズン2」
をhulu無料トライアルで観る!
hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

本ページの情報は、2019年3月時点のものです。最新の情報はhulu公式ページよりご確認ください。