オスマン帝国外伝

オスマン帝国外伝シーズン2第62話あらすじと感想/スレイマン復活

オスマン帝国外伝_シーズン2第62話あらすじ
この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第62話」のあらすじと感想について書いています。

マルコチョールとアイビケは「駆け落ち」を疑われ、帝都に連れ戻されることになりました。

その帝都の宮殿内ではスレイマンが生死の境をさまよっていることで、次の皇帝にはムスタファ皇子がなるだろうと噂されています。

そんな中、マヒデブランは皇子の即位を確実なものにするためヒュッレムの皇子たちの暗殺をギュルシャーに命じます。

しかしそのことを母后に立ち聞きされ…

 

オスマン帝国外伝シーズン2/第62話のあらすじ[ネタバレ注意]

サブタイトル「死を迎える時」

スレイマンのところから自室に戻ったヒュッレムは、ギュルから皇子たちの命が危ないと知らされ、どこかに避難させてはどうか?と提案を受ける。

しかしヒュッレムは

「皇子たちと離れたくない。皇子たちは自分で守る。」

と却下する。

ヒュッレムはスレイマンが目覚めた時に皇子たちが側に居た方が良いと言うのだ。

その夜ヒュッレムは眠れず、不安がるミフリマーフを慰めながらその夜を過ごす。

 

母后はハティジェを呼び、マヒデブランが積年の恨みのために血迷い、ヒュッレムの子供たちに危害を加えようとしていることを告げ、ハティジェのところにヒュッレムたちを匿うよう頼む。

 

翌朝ヒュッレムの部屋にスンビュルが訪れ、子供たちを連れて行くと告げる。

それを聞いたヒュッレムは「子供たちは渡さない!」と言ってスンビュルを追い出そうとする。

しかしスンビュルは母后がハティジェの屋敷へ子供たちを匿うよう手配したことを教える。

それでもヒュッレムは信じられないとスンビュルを追い出してしまう。

 

マヒデブランはイブラヒムを呼び出し、今まで自分たちを守ってくれたことに謝意をあらわす。

イブラヒムは

「当然のことをしたまでです、改まってなんです?」

と聞く。

するとマヒデブランはムスタファ皇子が即位したら今までどおり皇子を支えて欲しいと頼む。

しかしイブラヒムは

「まだ時期尚早かと。二度と口にしないように!」

とたしなめる。

それを聞いたマヒデブランはイブラヒムに

「他に野望があるの?」

と尋ねる。

イブラヒムは

「私の願いは陛下のご回復のみ」

と答えるが、マヒデブランは

「回復は私たちの利にならぬ!」

と言い放つ。

イブラヒムはそんなマヒデブランを諌めようとするが、マヒデブランは

「ムスタファが帝位に就いたら、私たちの人生は一変する。若いムスタファ皇子には経験豊富なイブラヒムの手助けが必要だ。」

と聞く耳を持たない。

 

スンビュルの言葉が信じられないヒュッレムはその後も抵抗を続けていた。

そこへハティジェとダイエが現れ、

「陛下が回復するまで私が守るから、私の屋敷に来るように!」

と説得する。

それでもヒュッレムは「子供たちは私が守る」と言い張るが、ハティジェは

「私が信じられないの?」

と尋ねる。

するとヒュッレムは

ハティジェのことは信じているがイブラヒムはマヒデブランの味方をするだろう…

と意見する。

それを聞いたハティジェは「そんな発言は控えて」とたしなめ、このままでは取り返しがつかなくなる!と伝えると、ヒュッレムは渋々承諾する。

 

ハティジェはヒュッレムも一緒に避難するように!と薦めるが、がヒュッレムは

「スレイマンの側にいなければ、スレイマンの命が奪われてしまう。」

と聞かない。

それを聞いたハティジェはヒュッレムの言葉を遮って

「だれもそんな無謀は犯さない。」

と返す。

しかしヒュッレムは、

「ではなぜ子供たちを避難させるのか?」

と尋ね、ハティジェは言葉を失う。

 

 

イブラヒムは

「今の話は聞かなかったことにします。陛下は必ず回復されます!」

と言い切り、自分はその日を待っていると告げる。

それを聞いたマヒデブランは

「ムスタファの後押しはしないということ?」

と更に食い下がる。

イブラヒムは言葉を選びながら、

「もし神がお望みなら、新しい秩序が構築されます。私もそれに従うが、今そんなことをいうのは不謹慎である!」

と意見する。

 

そこにムスタファ皇子がやってくる。

マヒデブランは皇子にアイビケとマルコチョールを駆け落ちの嫌疑で連れ戻したことを伝える。

皇子はその情報は誰から聞いたものなのか?と尋ねる。

マヒデブランは情報元はエフスンだと答える。

それを聞いたムスタファ皇子は驚く。

 

 

イスタンブールに向かう船の中でアイビケは部屋に軟禁され、マルコチョールの方は後ろ手に縛られ、監禁されていた。

 

  • アイビケとマルコチョールの駆け落ち
  • それを伝えたのがエフスンだということ

どちらもムスタファ皇子には信じられない様子だった。

イブラヒムは

「真相を確認しましょう。この問題はしばらく内密にするように。」

とマヒデブランに釘を刺す。

 

 

ハティジェとダイエはヒュッレムの子供たちを宮殿から連れ出す。

それを見ていたフィダンはヒュッレムが宮殿から逃げて行くと喜ぶが、ファトマは

「絞首刑になるまで安心できない」

と言う。

ハティジェは毒殺を警戒し、皇子たちの食事の管理を料理長に、ニギャールとギュルに調整役を命じる。

ヒュッレムは去っていく子供たちを不安げな様子で見守るのだった。

 

 

その時アルヴィーゼ・グリッティが宮殿に現れ、イブラヒムと面会する。

アルヴィーゼは巷ではスレイマンが崩御したと噂が流れ、各国の使節たちは勝手に本国にその噂を伝えていると報告する。

イブラヒムはそれは根も葉もないことで、そんな嘘が敵の耳に入れば…それはアルヴィーゼの責任である!と言い放つ。

しかしアルヴィーゼは自分の目で確かめねば!と、真実を知りたいと申し出るがイブラヒムは

「陛下のお出ましは陛下がお決めになる!」

と言ってアルヴィーゼを追い払う。

 

宰相アヤスは「尊師」にスレイマンの容体が深刻であることと告げる。

「尊師」は

「ムスタファ皇子が帝位につけば、ますますイブラヒムが力を増す。このままでは帝国が乗っ取られる。」

と危ぶむ。

 

 

ヒュッレムがスレイマンを見舞うと、そこにはマヒデブランがいた。

ヒュッレムはマヒデブランに

「望みはわかっている。お前は陛下の死を願っているのだろう。唯一の慰めはお前たちの真の顔が暴かれることだ。」

と伝える。

それを聞いたマヒデブランは

「その発言は愛によるものではなく、命の危険があるからだろう?」

と返す。

ヒュッレムは「わたしは何者も恐れない。」と返すが、マヒデブランは

「でも子供たちを逃がした…」

とほくそ笑む。

ヒュッレムは

「手を出したら、あんたの目玉をくり抜く!」

と警告する。

するとマヒデブランは

「お前の運命は私次第!」

と挑発する。

 

しかしヒュッレムは

「いいえ、陛下次第よ。私はスレイマンと共に生き、共に死ぬ!」

と返す。

それでもマヒデブランは

「いいえお前は死なない。子供たちの末路を見届けるまでは!」

と言い放つ。

 

 

その夜ムスタファ皇子はエフスンを呼び、アイビケとマルコチョールが駆け落ちするというのは本当か?と尋ねる。

エフスンは「自分が見聞きしたことだ」と答える。

するとムスタファ皇子は

「汚い計画に加担したのか?アイビケとの結婚を望まないのはヒュッレム妃とお前だ。本当のことを言え。」

と命じ、エフスンに

「この結婚は成立しないのだから無実のものに罪を着せるな!」

と諭す。

しかしエフスンは

「本当のことです。嘘を言っているのであればお腹の子供は諦めます。」

と強く否定する。

 

 

宮殿に戻ったアイビケを見たスンビュルたちは驚く。

ダイエはアイビケになぜ戻ったのか?と尋ねるが、アイビケは何も答えず宦官たちに連れられて行く。

マルコチョールはスレイマンに弁明を求めるが、地下牢に入れられてしまう。

 

アイビケはマヒデブランのもとに連れてこられる。

アイビケは

「なぜ自分が連れ戻された分からない。」

と尋ねるが、マヒデブランは

いきなりアイビケをビンタし、

「よくも理由が問えるわね!」

と怒る。

するとアイビケは「私は側女や奴隷ではない!」と憤るが、マヒデブランは

「マルコチョールとのことを知っている。よくも息子を裏切ったわね!」

と怒鳴る。

アイビケは無実を訴える。

 

スレイマンのそばに侍るヒュッレムの元にギュルが現れ、アイビケとマルコチョールが連れ戻されたことを告げる。

ヒュッレムはギュルに二人を守るよう命じる。

そして、他に要望はないか?と尋ねるギュルに、「毒を用意するように。」と告げる。

 

 

無実を訴えるアイビケだがマヒデブランは信じない。

そこに知らせを聞いた母后が現れる。

アイビケは必死に自分は皇子を裏切ってはいないと弁明する。

「火のないところに煙は立たない。」

と言うマヒデブランを母后は遮り、アイビケに母后の部屋に行くように命じる。

 

母后は

「私は蚊帳の外なの?アイビケは私の親戚である。よくもそんな追求を!」

と憤るが、マヒデブランは

「アイビケは息子の婚約者なので当然だ!」

と返す。

しかし母后はマヒデブランに

「あの者(ヒュッレム)は自分の頭で考えて行動するが、お前は違う。」

と言い捨てて部屋を出て行く。

 

 

地下牢のマルコチョールのもとにイブラヒムが現れる。

イブラヒムはマルコチョールに「こんな姿を見るとは…」と嘆く。

マルコチョールは

「私が陛下や皇子に背くことなどありえない。無実である。」

と訴える。

イブラヒムは

「ではなぜ連れ戻されたのだ?」

と尋ねるが、マルコチョールは

「わからない…」

としか言えない。

イブラヒムは

「濡れ衣であって欲しい。お前は貴重な人材だ。」

と伝える。

 

更にイブラヒムは

「小姓頭は職位と機密を守らなければならない。託されたものは命をかけて守らなければならない!」

と告げる。

マルコチョールは陛下に会って弁明したいと願うが、イブラヒムは

「陛下は会える状態にない。まずは冤罪を晴らして牢から出なければならない。」

と諭す。

 

 

ムスタファ皇子はアイビケに会い、自分は婚約破棄を心から望んでいたが、このような事態は心外だと告げる。

アイビケは皇子を裏切ってはいないと弁明し、これは濡れ衣だと訴える。

ムスタファは「私も信じたくなかった。」と伝える。

そこへ母后が帰ってくる。

母后はムスタファ皇子に

「このような讒言を信じないように!必ずや潔白が証明されるだろう。」

と言い聞かせる。

 

 

ヒュッレムはハティジェの屋敷に行き、子供たちと再会する。

そして帰りたがる子供たちに「お父様が回復されたらね」と慰める。

 

屋敷に戻ったイブラヒムは庭に置かれたスレイマンの胸像の前で、マヒデブランの言葉を反芻していた。

ヒュッレムはそんなイブラヒムに近づき、

「お前もマヒデブランと同類か?陛下が亡くなったら帝国が支配できると思っているのか!」

と尋ねる。

イブラヒムは

「お止めください。私は臣下というだけではなく、親友であり同志だ。」

と返事する。

 

そしてイブラヒムは「私の苦しみは神のみぞ知る…」とつぶやく。

ヒュッレムは

「ならば忘れるな、陛下は私をお前に託した。」

と続ける。

するとイブラヒムは

「ご心配なく、陛下の命令には逆らいません。しかし、万が一の場合は宮殿に残ることは困難である。安全な新居を提供する。」

と告げる。

ヒュッレムは

「感謝する。でも私のことはいいので子供たちを守ってほしい。」

と懇願する。

しかしイブラヒムはそれには答えられなかった。

 

 

翌朝ギュルから毒を受け取ったヒュッレムは、それが自分たちの自害のための物だと告げる。

「もしもの時は敵の手にかかるより自分で死を選ぶ。」

というヒュッレムにギュルは絶句する。

 

イブラヒムは意識のないスレイマンを見舞う。

そのスレイマンは、ムスタファ皇子が皇帝に即位し重臣たちを従えて金のりんごを手に取っている夢をみていた。

 

スレイマンの傍らに侍るイブラヒムは、スレイマンが苦しそうに呻くのを聞き、スレイマンと二人でアレクサンダー大王の遺言について話し合ったことを思い出す。

 

スレイマンは神の国の光を見てそちらに向かおうとするところを誰かに呼び止められ、我に帰る。

そこでスレイマンは本当に眼を覚ます。

 

目覚めたスレイマンはイブラヒムが侍っていることに気づく。

イブラヒムはスンビュルにヤセフ医師を呼びに行かせる。

そしてスンビュルは宮殿中にスレイマンが目覚めたことを知らせる。

母后や側女たちは喜ぶが、マヒデブランは複雑な表情で微笑んでいた。

 

 

ヒュッレムと子供たちはハティジェの元にいたが、子供たちは宮殿に戻りたがる。

なぜここに居なければならないの?という皇子たちにミフリマーフは

「マヒデブランのせいよ!」

と答える。

そこにニギャールが現れ、スレイマンが目覚めたと報告する。

それを聞いたヒュッレムたちは大喜びする。

 

母后やハティジェたちもスレイマンの元に駆けつけ、スレイマンが目覚めたことを喜ぶ。

ギュルフェムも心から喜び、神に感謝をする。

マヒデブランは

「悲しみの日々は去りましたね。」

とつぶやく。

そんなマヒデブランを母后は睨みつける。

 

そこにムスタファ皇子が駆けつけ、スレイマンが回復したことを喜ぶ。

スレイマンはそこにヒュッレムたちが居ないのに気づき、

ヒュッレムはどこにいるのか?

と尋ねる。

その頃、ヒュッレムは子供たちをつれて意気揚々と宮殿に戻ってきていた。

 

 

※主要登場人物について、おさらいしたい場合はこちらの記事で確認してください。

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_キャスト
オスマン帝国外伝の主な登場人物とキャストまとめ【ネタバレあり】登場人物がとても多くて壮大なスケールで展開するこのドラマ、その1人1人に触れていきたいのですが、物凄い記事数になります。 そこで、...

 

huluなら「オスマン帝国外伝」シーズン2が全話見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン2を無料で見る
hulu 公式サイトへ →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

別記事で、オスマン帝国外伝が好きなあなたなら絶対ハマる海外ドラマを紹介しています!

是非チェックしてみてください。

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝好きなら絶対ハマる海外ドラマ6選
オスマン帝国外伝好きなら絶対にハマってしまう海外ドラマ6選 この記事では、 「シーズン3まで待てない!というオスマン帝国外伝ファンにオススメな絶対ハマる海外ドラマ6選」 ...

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン2/第62話の感想

マヒデブランはスレイマンが倒れたのをいいことに、まさにやりたい放題でしたが、

結局、神様はヒュッレムに味方したようです。

残念そうな表情のマヒデブランを母后はじっと睨みつけました。

 

母后は、ヒュッレムの皇子たちを暗殺しようとしただけでなくアイビケに不義の嫌疑をかけるマヒデブランに腹が立ったのか、

「お前とヒュッレムの違いは自分の頭で考えて行動するかしないかだ!」

と言い捨てました。

母后様、おっしゃるとおり!

いつもすぐにヒュッレムの策にひっかかって右往左往してムスタファ皇子の脚を引っ張るマヒデブラン…。

今度のことではムスタファ皇子が皇帝になれば、ヒュッレムたちがどうなるかということがはっきりしましたね。

 

ヒュッレムは自分はいいから皇子たちは助けて欲しいとイブラヒムに頼みましたが、イブラヒムは答えませんでした。

そう…オスマン帝国のしきたりでは

「皇帝になった皇子以外の皇子は胎児も含めて処刑されることになっているから」

です。

「胎児を含めて」というのは「母体ごと」という意味。

つまり、皇帝の死亡時に妊娠していた側女も処刑されてしまうのです。

何という恐ろしい制度でしょうか…

罪のない子供まで殺されてしまうなんて…。

日本では跡目争いで負けた方は出家するだけなのに…。

 

実はスレイマンから見てひ孫にあたるアフメト1世はこの「自分の兄弟を殺してしまう」制度を廃止して、幼い弟の命を救うために幽閉施設を作りました。

アフメト1世はあどけない弟を殺すことに耐えられなかったようです。

ムスタファ皇子ももし即位していたらそうしたと思います…

マヒデブランがいらぬことをしなければですが。

 

 

今度のことで、ヒュッレムは自分の子供たちを守るためにムスタファ皇子を皇帝にするわけにはいかないと痛感したのではないでしょうか?

しかもイブラヒムは「皇子たちを守ってほしい」というヒュッレムの願いに答えませんでした。

それはつまり「守るとは確約できない」ということ。

 

イブラヒムはスレイマンへの忠誠心からヒュッレム「だけ」は守ると約束しましたが、ムスタファ皇子の政権運営に邪魔になる皇子たちはしきたり通りに処刑してしまうつもりなのでしょう。

 

自分の頭で考えられない愚かなマヒデブランに、入れ知恵する可能性があるイブラヒムはヒュッレムにとって不都合な存在です。

マヒデブランだけならちょっとした策略にすぐ引っかかって、自滅するのを持っていけるでしょうがイブラヒムはそうは行きません。

優しいムスタファ皇子にヒュッレムの子供たちを処分できる訳はないですが、イブラヒムが手を回してことを起こすのは火を見るより明らかです。

それがはっきりした今、ヒュッレムは、これからますますイブラヒムを排除することに躍起になることでしょう。

 

 

そんな騒動をよそに、アイビケとマルコチョールは連れ戻され、マルコチョールは地下牢に入れられています。

母后はアイビケを信じていますが、マヒデブランは完全にヒュッレムの嘘を信じきっています。

そんなんだから母后に「自分の頭で考えてない」って言われるんですよね。

 

それにしてもヒュッレム…自分が仕掛けといて

「忘れていた、二人を助けてあげて!」

はないんじゃないの?と思っちゃいますね。

不倫を疑われただけでもイスラム的にはアウトのような気がしますが…。

 

この場合、「駆け落ち」はで、一線を超えていないので「不義」にも当たらないですが、二人は愛しあっています。

「愛しあっているが不義ではない」というのはなかなか言い訳としては難しそう…。

二人は無事に疑いをはらすことができるでしょうか?

そしてできれば結婚させてあげたいと、おばさんは思ってしまいます。

 

 

母后はやはり孫たちを救うべく、ハティジェのところに匿うよう頼んでくれました。

ヒュッレムが嫌いな母后ですが、孫のことは可愛いし、何よりもマヒデブランのやっていることが最悪ですから、さすがの母后も今度ばかりはヒュッレムの方に味方しましたね。

マヒデブランはスレイマンが崩御することを望んでいるとはっきり口にしていましたからね…。

あれはさすがにドン引きです。

あんなことをいくらなんでもムスタファ皇子に言うなんてアホすぎます。

皇子も呆れていましたよね…。

 

でも、そんな皇子もエフスンの言うことを間に受けてしまっています。

最初は疑っているような口ぶりでしたが、いざ愛するエフスンと向き合うとエフスンの言うことを信じてしまうあたり…やはりスレイマンからの血筋ですかね?

 

ところでファトマはムスタファ皇子の天下になったらヒュッレムが絞首刑になると思っているようですね。

もちろんマヒデブランはそのつもりでしょうが、イブラヒムは「守る」と言っていましたし、ヒュッレムの行動力を考えればそんな簡単に死刑にはなりそうもないですが…。

ファトマ…やっぱ懲りてないですね。

 

色々とそれぞれの思惑が交錯して異常な状態でしたが、結果的にスレイマンは回復しました。

ヒュッレムと子供たちも意気揚々と宮殿に戻ってきましたね。

自分たちに運が向いてきたと思っていたマヒデブランはスレイマンの回復を複雑な表情で見ています。

 

今度のことでマヒデブランのスレイマンへの恨みが明るみになってしまったようです。

そしてそのことは今後ムスタファ皇子の未来に暗い影を落とすことになります。

母后の機転で難を逃れたヒュッレムは今後どんな報復をしてくるでしょうかね~?

おバカなマヒデブランを懲らしめて欲しいもんです。

 

一方、アイビケとマルコチョールは不義を否定し、無実を訴えています。

二人の容疑は晴れるのでしょうか?

スレイマンが目覚めた今、二人の行く末が一番の気がかりです。

 

 

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_シーズン2第63話あらすじ
オスマン帝国外伝シーズン2第63話あらすじと感想/ムスタファの決断 この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第63話」のあらすじと感想について書いています。 スレイマンは意識を取り戻し、ヒュ...
あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_全何話
オスマン帝国外伝は全何話ある?日本語字幕最速配信はhulu?ついに!ついに!! 待ちに待った「オスマン帝国外伝」のシーズン2がhuluで配信されました! 本当に長かった!! ...

>>オスマン帝国外伝の記事一覧はこちら

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン2完全版の全てを無料で観る方法

オスマン帝国外伝シーズン2は現在BS日テレでも配信されていますが、

  • 見逃した…
  • もう一度あの場面を振り返りたい…
  • 先のストーリーが早く知りたい…

という場合、

現状でシーズン2がいつでも何度でも見放題なのはhuluのみ

です。

「オスマン帝国外伝」
シーズン2まで無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

 

シーズン1の場面もいつでも振り替えれる!

BS日テレでのリアルタイム配信を見逃してしまうと、もう頼みの綱はYoutubeの英語字幕版しかありません。(シーズン1のときはGYAOで見逃し配信があったんですが、シーズン2の配信は残念ながらまだ未確定です。)

 

しかし、huluならいつでも何話からでも、更に何度でも日本語字幕版のオスマン帝国外伝シーズン2が観れます。

更に、シーズン1のストーリーもいつでも振り返れるんです。

これはすごく大きいんですよ!

だって、実際に私もそうでしたが、オスマン帝国外伝は、これだけの大作なので、

  • あれ?何でこんな事になったんだっけ?
  • あれ?そもそもこの事件の発端は何だったっけ?
  • この人物ってあの時のか~

と頻繁に過去を振り返りたくなるものですから…。

複数の事件が絡み合って展開されるので、あれって次の事件の伏線だった…という場面がたくさん出てくるので尚更。

だからオスマン帝国外伝にどっぷり浸っている私にはhuluはもはや手放せない存在です。

 

そしてhuluには無料トライアル期間というお試しで利用できるサービスがあります。

huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン2最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」
シーズン2を無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

実はBS日テレでの放送ではカットされてる場面があります!

あなたも、もしかしたら気付いているかもしれませんが、BS日テレでの放送を観ていると、CMに入る直前に流れる数秒の場面があります

放送枠などの関係だと思うんですが、アレって

カットされてる場面

なんですよ~!

それほど重要ではない場面が多い感じではあるんですが、CMの前後で場面が飛んでるので、個人的には違和感を感じます。

まあBSもしょせんCMありきで成り立ってるので仕方ないですね。

この記事の感想は、もちろんhuluでの完全版を元にしているので、どの場面がカットされたのか、チェックしてみてください。

huluなら完全版をじっくり観ることができますよ~!

「オスマン帝国外伝」
シーズン2を無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

まずは2週間のお試し期間でhuluライフを体験!

オスマン帝国外伝のボリュームから考えると、まず現実的ではないんですが、その気になればhuluの無料トライアル期間の2週間でシーズン2の全話を制覇してしまうことも不可能ではありません。

そしてその2週間以内に解約すれば、実質タダでオスマン帝国外伝シーズン2を堪能できてしまうのです。

huluは無料トライアル期間に解約すれば、料金は一切掛かりません。

しかも、登録も解約も5分以内で簡単にできます。

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

これはもうメリットしかありませんよね。

 

オスマン帝国外伝シーズン3の事も考えると…

ただ、無料トライアル期間で解約しても良いのですが、放映権などの観点から、オスマン帝国外伝シーズン3もhuluでの先行配信&見放題になるのはまず間違いないです。

理由はhuluのこの動画のサムネイルの一番手前に写っているのが、シーズン3で成長した後のミフリマーフだからです。

配信時期はいつになるのか…まだ未定とのことですが、シーズン1からの流れだと、個人的には2019年8、9月頃になるんじゃないかと予測しています。

なので、少し期間が空いて「オスマン・ロス」になる、その隙間を

huluをそのまま契約して、他の海外ドラマや映画コンテンツを楽しみながらシーズン3を待つ!

という選択肢も検討の余地はアリだと思います。

月額約1000円のコスパは、DVDレンタル頼みだった昔に比べたら雲泥の差ですから…

 

オスマン帝国外伝がハマったあなたに、絶対観て欲しいドラマあります!

huluには、私と同じくオスマン帝国外伝にハマったあなたに、オススメな海外ドラマが他にも沢山あります。

シーズン3配信までの間、他のドラマでワクワクできれば、シーズン3が待ちきれない気持ちも少しは和らぎますよ~

別の記事で、オスマン帝国外伝が好きなあなたなら絶対ハマる海外ドラマを紹介しているので、ぜひそちらも目を通してください!

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝好きなら絶対ハマる海外ドラマ6選
オスマン帝国外伝好きなら絶対にハマってしまう海外ドラマ6選 この記事では、 「シーズン3まで待てない!というオスマン帝国外伝ファンにオススメな絶対ハマる海外ドラマ6選」 ...

 


「オスマン帝国外伝 シーズン2」
をhulu無料トライアルで観る!
hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

本ページの情報は、2019年3月時点のものです。最新の情報はhulu公式ページよりご確認ください。