オスマン帝国外伝_シーズン2第72話あらすじ

オスマン帝国外伝シーズン2第72話あらすじと感想/ヒュッレムの罠

オスマン帝国外伝_シーズン2第72話あらすじこの記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第72話」のどこよりも詳しいあらすじと感想について書いています。

イブラヒムとニギャールの関係を知ったギュルシャーは、それをヒュッレムに知らせようとしてイブラヒムの刺客に襲われてしまいました。

ギュルシャーが姿を消したことで、ヒュッレムはイブラヒムに重大な秘密があると勘ぐります。

 

そのイブラヒムは、マヒデブランを操って邪魔になったニギャールを宮殿から追放しようとしていますが、果たしてニギャールの運命は…?

 

オスマン帝国外伝シーズン2/第72話のあらすじ[ネタバレ注意]

サブタイトル「どんでん返し」

マヒデブランは、

「横領が発覚したのでニギャールを追放する。」

とハティジェに報告するが、それを聞いていたギュルフェムは

「ニギャールに限ってそんなはずはない!」

と反対する。

しかしハティジェは

「出納官になってニギャールは変わってしまったのだろう…」

と口にする。

そこにヒュッレムが現れる。

 

ヒュッレムはマヒデブランに

「お前は自分が皇子よりも上だと考えているのね。」

と絡む。

マヒデブランは反論するが、ヒュッレムはメフメト皇子の部屋を取り上げたことを挙げ、怒りをぶちまける。

ハティジェは騒ぎを起こさないようにと間に入ると、

「それは誤解で、部屋は与えられる。もっと良い部屋を用意しているのだ。」

とマヒデブランは答える。

それを聞いたヒュッレムは

「誰かに入れ知恵されたのね?」

と呟く。

マヒデブランは「何のこと?」と、とぼけるが、ヒュッレムは

「今の地位は代理でしかない。無駄な野望は捨てろ!」

と言い放つ。

するとマヒデブランは

「いずれ正式になる!」

と返すが、ヒュッレムはハティジェに

「今の発言、とんでもないですわ。」

と同意を求める。

しかしハティジェは、母后の前でそんな話をするな!と告げるのだった。

 

 

マヒデブランはファトマにムスタファ皇子の様子を尋ねる。

ファトマはムスタファ皇子の心を癒したいと答える。

マヒデブランもそれに同意し、

「新しい側女を用意したので、その側女を部屋に案内するように。」

と指示する。

 

 

ヒュッレムはニギャールの追放の理由が横領だと知り驚く。

ギュルもそれは濡れ衣だろう…と口にするが、ニギャール本人は追放されることに納得しているようだとも告げる。

ヒュッレムはマヒデブランの暴走を止めようと企む。

 

 

ムスタファ皇子の新しい側女アイシェの支度を手伝うファトマとフィダンだが、内心穏やかでないファトマは

「殿下をお慰めしたい」

と言うアイシェに思わず、

「あんたにできるの?」

と言ってしまう。

それを聞いたフィダンは慌てて止めるがファトマはこれは私への当て付けだと憤る。

フィダンは「アイシェには罪はない。」と諭すが、ファトマはアイシェへの憎悪をむき出しにしていた。

 

ファトマはフィダンに、

「私がアイシェを皇子の所に案内する。」

と伝え、フィダンをマヒデブランの所に戻させる。

 

 

ダイエは母后の世話をしながら、昨夜見た白馬の夢の話をする。

「白馬が扉の前で足を止めたので「その時」はまだだという意味でしょう…」

と母后に語りかける。

そこへヒュッレムからの遣いが来て、ダイエに話があると伝える。

ダイエは母后の世話を他の側女に任せ、母后の側を離れる。

 

 

フィダンはギュルから

「ヒュッレムが今日のことで、マヒデブランに復讐を考えている。」

ということを聞かされる。

フィダンはどうやって復讐をするのか?と尋ねると、ギュルは

「母后様の命を奪って、それをマヒデブランの犯行に見せかけるのだ。」

と伝える。

ギュルはそれを「阻止するため」と言って、フィダンを母后の部屋に向かわせる。

 

アイシェはムスタファ皇子の元に行くために階段を下りようとしていた。

後ろを歩いていたファトマはアイシェの衣装の裾を踏みアイシェは階段を転げ落ちる。

 

 

その頃、ヒュッレムはハティジェと話をしていた。

そこにダイエがやってくる。

しかしヒュッレムは自分は呼んでいないと返事し、それを聞いたダイエは

「確かにお妃様からと…」

と遣いの者が言っていたと伝える。

 

するとヒュッレムは

「胸騒ぎがする…」

と呟き、

「マヒデブランが母后に危害を加えようとたくらんでいるのでは?さっき、いずれ母后が亡くなれば自分が正式に責任者になると言っていた。」

と口にする。

それを聞いたダイエは慌てて

「母后様の部屋に戻ります。」

と言い出し、ハティジェとヒュッレムも連いていく。

 

その頃、母后に付き添っていた側女は後ろから頭を殴られ気絶していた。

殴った側女は母后の首に紐をかける。

 

 

ギュルとフィダンは母后の部屋で倒れた側女と紐を首にかけられた母后を確認する。

するとギュルは女医を呼んでくると言って立ち去る。

フィダンが母后の首に巻き付いた紐をほどこうとしているときに、ハティジェたちが現れ、紐を持ったフィダンを見る。

フィダンは「自分ではない!」と弁明するが、ヒュッレムはフィダンを暗殺犯と決めつける。

 

母后が生きていることを確かめたダイエは安堵するが、ハティジェはフィダンを問い詰める。

ハティジェの勢いに圧されたフィダンは、思わずマヒデブランの名を口にしてしまうが、慌てて訂正し、

「ヒュッレム妃が母后の命を狙っているとギュルに言われてここにきた。」

と必死に弁明する。

しかしヒュッレムはそれを否定し、フィダンが嘘をついていると怒鳴る。

フィダンは

「罠にかけられた。」

のと訴える。

そこにギュルが現れ、そんな話は初めて聞いたと伝える。

それを聞いたハティジェは

「フィダンを牢に入れなさい!」

とギュルに命じる。

 

ハティジェはマヒデブランの所に押しかけ、母后を殺めようとしたと激怒するが、マヒデブランは知らないと弁明する。

しかしヒュッレムは

「フィダンが母后を殺そうとした。もう少しであんたの野望が成就しそうになった!」

と言い放つ。

マヒデブランはフィダンがそんな事をするはずがない!と否定するが、ハティジェは

「この目で見た。なぜそんな酷いことができるのだ!」

と責め立てる。

マヒデブランは必死に無実を訴えるが、ヒュッレムは

「フィダンが勝手にやるはずがない。」

と続ける。

マヒデブランは、ヒュッレムがフィダンを陥れたのだと、ハティジェにヒュッレムのいうことを信じないよう懇願するが、ハティジェは

「自分の目で見た。莫大な代償を覚悟して!」

と言って立ち去る。

ヒュッレムも「哀れだこと…」と言い捨てて立ち去る。

 

ヒュッレムはハティジェを追いかけ、どうするつもりなのか?と尋ねる。

ハティジェはスレイマンに報告して判断を仰ぐと答える。

するとヒュッレムは

「そんなことをしたら陛下はマヒデブランを処刑してしまう。それではムスタファが不幸になる。」

と諭す。

しかしハティジェは必ず(マヒデブランに)償いをさせると息巻くが、ヒュッレムはこれを公にしても誰の徳にもならないと止める。

しかし、ハティジェは

「母后の暗殺を企てたものを無罪放免とはいかない。」

と返す。

するとヒュッレムは

「ムスタファ皇子の地方赴任に一緒に行かせれば、体裁もいいでしょう。それで気がすまないというのなら陛下に報告すればいい。」

と提案する。

 

 

翌朝マヒデブランは放心状態で座り込んでいた。

ファトマは

「ギュルは信用してはいけないと忠告したはずです。これは入念に仕組まれた罠です。」

と口にする。

そしてファトマは、大宰相なら何か方法を考えてくれるのではないか?と進言する。

しかしマヒデブランはすでにイブラヒムに知らせを送ったが返事がないと返事する。

 

そこにハティジェが来て、今からスレイマンの所に行くので支度をするようにと告げる。

マヒデブランは無実を訴えるが、ハティジェは

「お前は母后の死を望んでいた。兄上にはこの事は伏せておく。」

と伝える。

驚くマヒデブランにハティジェは

「ムスタファのためよ。そうはいっても罰は受けなければならない。」

と述べる。

そしてハティジェはマヒデブランに

「ムスタファと一緒に赴任先へ行くと申し出なさい。」

と命じる。

 

ギュルはスンビュルたちに向かって得意気に

「我が鹿をはめたものは報いを受ける。」

と言うが、スンビュルたちには何のことだかよくわからなかった。

しかし、その様子をニギャールが物陰から見ていた。

 

 

ヒュッレムはスレイマンと朝食を共にしながら、

「メフメトが自分の部屋を持つことになったが、あるものに邪魔された。」

と話す。

それを聞いたスレイマンはヒュッレムをたしなめるが、

「私はやっかいごとに近づかないようにしているが、向こうからけしかけて来るの。」

と答える。

 

ハティジェに命じられて、スレイマンの部屋に向かうマヒデブランは足取りも重く意気消沈していた。

しかしハティジェに促され、仕方なくスレイマンのところへ行く。

 

スレイマンは遠征のためにイブラヒムと打ち合わせがあると言ってヒュッレムをおいていこうとする。

ヒュッレムは

「母后様がこんな時に遠征に行くの?あなたは母后様にとって心の支えなのに…」

と嘆く。

するとスレイマンは

「私は遠征に遅れて合流するのだ。」

と答える。

 

そこにハティジェとマヒデブランがやってくる。

ハティジェは

「マヒデブランから話がある。」

と水を向ける。

するとマヒデブランはニギャールを追放処分にしたことを告げる。

 

 

その頃イブラヒムはギュルを呼び

「マヒデブラン妃を罠にかけたのだな?」

と述べる。

とぼけるギュルに

「ではニギャールが嘘を言っているのか?」

と責め立てる。

ニギャールはギュルがフィダンを陥れたところも見ていたと口添えする。

そしてイブラヒムは母后の首に紐をかけた側女も特定し、処刑したと告げる。

それを聞いたギュルは黙りこむ。

イブラヒムは

「本来なら死刑だが、ニギャールに命だけは助けると約束したので追放処分にする!」

と言って宦官たちにギュルを連行させる。

 

 

ニギャールを追放にすることへの理由を聞かれたマヒデブランは職権乱用と不遜な振る舞いをあげる。

スレイマンはマヒデブランの判断に任せると告げる。

続けてマヒデブランは

「ダイエを再任したい。」

と提案するが、スレイマンは

「ダイエには母后の看護に専念してもらいたい。選任は私自身がする。」

と答える。

話が終わってハティジェとマヒデブランは部屋を下がるが、ハティジェはヒュッレムを睨み付けていた。

 

 

宮殿から追い出されようとしているギュルにファトマは

「お妃様を陥れようとするからよ!」

と言い捨てる。

そこへニギャールが現れ、ギュルは告げ口したニギャールを責める。

しかしニギャールは

「あなたのためなのよ。命を大切にするように!」

と伝える。

 

 

納得行かないヒュッレムにイブラヒムは

「完璧な罠でした。成功まであと一歩だったが、手下の足並みが揃っていない。」

と言って立ち去る。

そこにハティジェがやって来て、ヒュッレムに

「病床の母上を利用するなんて最低だ!今後はどんな小さな過ちも許さない!」

と言ってヒュッレムを追い払う。

 

ギュルはスンビュルと料理長に別れを告げ、宮殿を去る。

 

 

荷物をまとめようとしていたニギャールのところにヒュッレムが現れ、

「また裏切ったのね。」

とニギャールを責める。

ニギャールは他に道はなかったと答える。

ヒュッレムは、

「お前が宮殿に残れるよう奔走しているのに…」

と伝えるが、ニギャールは

「もう静かにに暮らしたいのです。」

と告げる。

するとヒュッレムは

「お前に安らぎはない。裏切った代償は必ず払わせる。」

と怒鳴り散らす。

ヒュッレムが去った後、ダイエはニギャールの行動を誉め、早く宮殿を去るように言う。

 

 

夕暮れ時に宮殿に女性商人のシリンが品物を持ってくる。

側女たちは買い物をしようと群がってくる。

追い返そうとするスンビュルにシリンは

「黒歴史をしゃべるよ!」

と脅し、追い払う。

 

シリンはギュルが追放されたと聞き、ツケがたまっていたのに…と嘆く。

シリンは

「ヒュッレム妃の所に行きたいが、ヒュッレム妃は魔女で一瞥で目がつぶれるという噂があって怖くていけない。」

と口にする。

それを聞いた側女たちは笑うのだった。

 

 

ムスタファ皇子の所にやって来たファトマは、先日の無礼を詫びるが、ムスタファ皇子は

「何か詫びるようなことをしたのか?」

と聞く。

ファトマはムスタファ皇子を見つめ、皇子を慰めたいと誘惑するが、ムスタファ皇子はエフスンを忘れられず、ファトマに下がるよういう。

 

 

ヒュッレムの所にシリンが訪ねてくる。

突然入ってきたシリンにヒュッレムは驚くが、シリンは「ある者」の伝言を伝えに来たのだった。

 

 

翌朝イブラヒムはマトラークチュにニギャールが宮殿を離れたことを伝え、どこか安全なところで子供を産めるようにと手配しようとしていた。

そこにイスケンデルが、先日の謝罪にやってくる。

イブラヒムは手を差しだし手に口づけをするよう求め、イスケンデルはそれに応じる。

 

 

その頃、ヒュッレムはエスマに子供たちを任せ中庭に向かう。

 

 

御前会議が行われ、東方のタフマーズブの先導による反乱は一時的に収まっているが、また近く起こるだろう…、サファヴィー朝との戦いは避けられないと話される。

スレイマンは

「東方に獅子は二人要らぬ。」

と東方遠征を決定し、イスケンデルにイブラヒムの補佐として遠征に加わるよう命じる。

 

 

中庭に出たヒュッレムは、斧持ち衛兵ペルチュムにギュルの後の仕事を命じ、離宮で待つよう指示する。

そしてヒュッレムは一人で馬車に乗り離宮に行く。

そこで待っていたのは酷く傷つけられたギュルシャーであった。

 

 

 

※主要登場人物について、おさらいしたい場合はこちらの記事で確認してください。

オスマン帝国外伝の主な登場人物とキャストまとめ【ネタバレあり】

 

huluなら「オスマン帝国外伝」シーズン2が全話見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン2を無料で見る
hulu 公式サイトへ →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

別記事で、オスマン帝国外伝が好きなあなたなら絶対ハマる海外ドラマを紹介しています!

是非チェックしてみてください。

https://xn--u8jp7nka.com/osumanteikokugaidensuki-kaigaidorama-11614.html

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン2完全版の全てを無料で観る方法

オスマン帝国外伝シーズン2は現在BS日テレでも配信されていますが、

  • 見逃した…
  • もう一度あの場面を振り返りたい…
  • 先のストーリーが早く知りたい…

という場合、

現状でシーズン2がいつでも何度でも見放題なのはhuluのみ

です。

「オスマン帝国外伝」
シーズン2まで無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

 

シーズン1の場面もいつでも振り替えれる!

BS日テレでのリアルタイム配信を見逃してしまうと、もう頼みの綱はYoutubeの英語字幕版しかありません。(シーズン1のときはGYAOで見逃し配信があったんですが、シーズン2の配信は残念ながらまだ未確定です。)

 

しかし、huluならいつでも何話からでも、更に何度でも日本語字幕版のオスマン帝国外伝シーズン2が観れます。

更に、シーズン1のストーリーもいつでも振り返れるんです。

これはすごく大きいんですよ!

だって、実際に私もそうでしたが、オスマン帝国外伝は、これだけの大作なので、

  • あれ?何でこんな事になったんだっけ?
  • あれ?そもそもこの事件の発端は何だったっけ?
  • この人物ってあの時のか~

と頻繁に過去を振り返りたくなるものですから…。

複数の事件が絡み合って展開されるので、あれって次の事件の伏線だった…という場面がたくさん出てくるので尚更。

だからオスマン帝国外伝にどっぷり浸っている私にはhuluはもはや手放せない存在です。

 

そしてhuluには無料トライアル期間というお試しで利用できるサービスがあります。

huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン2最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」
シーズン2を無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

実はBS日テレでの放送ではカットされてる場面があります!

あなたも、もしかしたら気付いているかもしれませんが、BS日テレでの放送を観ていると、CMに入る直前に流れる数秒の場面があります

放送枠などの関係だと思うんですが、アレって

カットされてる場面

なんですよ~!

それほど重要ではない場面が多い感じではあるんですが、CMの前後で場面が飛んでるので、個人的には違和感を感じます。

まあBSもしょせんCMありきで成り立ってるので仕方ないですね。

この記事の感想は、もちろんhuluでの完全版を元にしているので、どの場面がカットされたのか、チェックしてみてください。

huluなら完全版をじっくり観ることができますよ~!

「オスマン帝国外伝」
シーズン2を無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

まずは2週間のお試し期間でhuluライフを体験!

オスマン帝国外伝のボリュームから考えると、まず現実的ではないんですが、その気になればhuluの無料トライアル期間の2週間でシーズン2の全話を制覇してしまうことも不可能ではありません。

そしてその2週間以内に解約すれば、実質タダでオスマン帝国外伝シーズン2を堪能できてしまうのです。

huluは無料トライアル期間に解約すれば、料金は一切掛かりません。

しかも、登録も解約も5分以内で簡単にできます。

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

これはもうメリットしかありませんよね。

 

オスマン帝国外伝シーズン3の事も考えると…

ただ、無料トライアル期間で解約しても良いのですが、放映権などの観点から、オスマン帝国外伝シーズン3もhuluでの先行配信&見放題になるのはまず間違いないです。

理由はhuluのこの動画のサムネイルの一番手前に写っているのが、シーズン3で成長した後のミフリマーフだからです。

配信時期はいつになるのか…まだ未定とのことですが、シーズン1からの流れだと、個人的には2019年8、9月頃になるんじゃないかと予測しています。

なので、少し期間が空いて「オスマン・ロス」になる、その隙間を

huluをそのまま契約して、他の海外ドラマや映画コンテンツを楽しみながらシーズン3を待つ!

という選択肢も検討の余地はアリだと思います。

月額約1000円のコスパは、DVDレンタル頼みだった昔に比べたら雲泥の差ですから…

 

オスマン帝国外伝がハマったあなたに、絶対観て欲しいドラマあります!

huluには、私と同じくオスマン帝国外伝にハマったあなたに、オススメな海外ドラマが他にも沢山あります。

シーズン3配信までの間、他のドラマでワクワクできれば、シーズン3が待ちきれない気持ちも少しは和らぎますよ~

別の記事で、オスマン帝国外伝が好きなあなたなら絶対ハマる海外ドラマを紹介しているので、ぜひそちらも目を通してください!

https://xn--u8jp7nka.com/osumanteikokugaidensuki-kaigaidorama-11614.html

 


「オスマン帝国外伝 シーズン2」
をhulu無料トライアルで観る!
hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

本ページの情報は、2019年3月時点のものです。最新の情報はhulu公式ページよりご確認ください。

オスマン帝国外伝_シーズン2第72話あらすじ
最新情報をチェックしよう!
Sponsored Links