オスマン帝国外伝

オスマン帝国外伝シーズン2の第8話あらすじと感想/産声が出ない赤子

オスマン帝国外伝_シーズン2第8話あらすじ
この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第8話」のあらすじと感想について書いています。

スレイマンはイザベラ王女を留め置き、カール5世らの反応を見ることにしたようです。

その事をアルヴイーゼ・グリッティがイザベラ王女の婚約者のフリードリヒに知らせました。

フリードリヒは果たしてどんな行動をとるのでしょうか?

また、ヒュッレムもイブラヒム暗殺のための行動を起こします

さっそく、ハラハラした展開が続く第8話のあらすじから見ていきましょう。

 

オスマン帝国外伝シーズン2/第8話のあらすじ[ネタバレ注意]

サブタイトル「死の呪い」

イブラヒムの私物に毒を仕込むことを企むヒュッレムは、イブラヒムがいつも持ち歩いている筆記帳に目をつける。

帰ってきたイブラヒムが筆記帳をニギャールに渡したのを見たヒュッレムは、ニギャールを呼び止めて飲み物を持ってくるように頼み、筆記帳を預かると言うが、ニギャールは「イブラヒムに叱られる」と断る。

 

町の茶店で詩人の集まりに出くわしたマトラークチュとマルコチョールは、フィガーニーという詩人が、イブラヒムの屋敷で見た彫像の話をしているのを見かける。

フィガーニーは

「イブラヒムは二人いる。偶像を破壊するものと建てるもの」

と言い、大宰相イブラヒムが反イスラムであると言い放つ。

それを聞いたマルコチョールたちはバツが悪くなりその場を立ち去る。

 

宮殿に帰ったヒュッレムはメフメト皇子がしょんぼりしていた。

モスクの礼拝のためスレイマンやムスタファ皇子に連いて行ったのだが、周りにいた人々がスレイマンとムスタファ皇子だけに「万歳」と言ったとすねていたのだ。

ヒュッレムは「いずれ大きくなったら、お前にも皆言ってくれる」と慰める。

そしてメフメト皇子は、イブラヒムがムスタファ皇子にだけイタリア語を教えると言われたことをヒュッレムに言いつける。

そこへギュルがやって来て、スレイマンがマヒデブランに予算を与え、マヒデブランが施しをしていることを知らせる。

 

母后はマヒデブランに予算が与えられたことを喜んでいたが、そこへヒュッレムが現れる。

ヒュッレムは母后に、イブラヒムの屋敷の庭に異教の彫像が建っている事を告げ口する。

それを聞いた母后は、すぐにスレイマンのところへ向かう。

 

スンビュルはスレイマンに狩猟の館の様子を報告。

イザベラ王女がダイニングテーブルを欲しがっていると言うと、スレイマンはすぐに用意するように指示。

 

そのイザベラ王女は世話係のメレク(本名アンヘラ)がトルコ語を教えようとするがそれを拒む。

イザベラ王女はメレクに「ここを出る時に一緒に海外に行こう」と声をかけるが、メレクは宮殿の生活を気に入っていたので断るのだった。

 

スレイマンを訪ねた母后は、イブラヒムの屋敷の彫像について抗議するが、スレイマンは「自分が生きていく限り彫像は撤去しない」と言い、「イブラヒム一家に危害を加えるのは私への反逆」と伝える。

それを聞いた母后は少し安心するが、「間違っている」と警告する。

 

イブラヒムの屋敷ではイブラヒムとマルコチョール、マトラークチュが、彫像を囲んで歓談していた。

マルコチョールはマトラークチュが失恋で落ち込んでいるとからかう。

気まずくなったイブラヒムは「過去を掘り返すな」と言い、「時間が癒してくれる」と慰める。

マルコチョールは話題を変え、詩人達がイブラヒムを非難していたことを報告。

イブラヒムは「そのうち会いに行こう」と二人に伝える。

 

狩猟の館に美しいタイル張りのダイニングテーブルが運び込まれ、スレイマンからの贈り物だと伝えらる。

タイルの美しいブルーに見とれるイザベラ王女に侍女は「皇帝の目の色と同じ」と言う。

イザベラはその言葉に反応し、怒り出す。

 

ヒュッレムはニリュフェルに、ミフリマーフ皇女を連れてハティジェのところに行くように指示し、同時にイブラヒムの筆記帳を持ち帰ることを命令する

そしてもし見つかっても絶対に口を割らないように…と固く約束させる。

 

ニリュフェルを見送ったヒュッレムが見下ろすと、庭ではイブラヒムがムスタファ皇子にイタリア語を教えていた。

そこにスレイマンが現れ、ムスタファ皇子は早速イタリア語で挨拶する。

 

スレイマンはイブラヒムに庭の彫像のことを聞く。

イブラヒムは彫像のことが巷で噂になっているというと、スレイマンはイタリア語で「勝手に言わせておけ」と返事する。

ムスタファ皇子を屋敷に戻させた後、スレイマンとイブラヒムは狩猟の館へむかう。

 

茶店で何かを待つマルコチョールにマトラークチュは付き合わされていた。

そこへ以前、イニチェリから助けた女性が通りかかる。

マルコチョールは彼女を追って一軒の店に入る。

自分を追ってきたマルコチョールに彼女はまた嫌みをいう。

そこへ後からきたマトラークチュが入ってくる。

その店はユダヤ商人ヨシュアの店だった。

そして彼女はヨシュアの娘、アルミンだった。

マトラークチュはマルコチョールを商人だとヨシュアに紹介する。

 

スレイマン達が狩猟の館に到着すると、館の前でアルヴイーゼ・グリッティが待っていた。

アルヴイーゼがイザベラ王女の解放はいつかと訪ねるとイブラヒムは「永遠にこない」と言い放つ。

慌てたアルヴイーゼが「深刻な問題だ」と言うと、イブラヒムは「どう深刻か様子を見てやる」と豪語し、二度とここにはこないようにと忠告する。

その頃、イザベラ王女はスレイマンが贈ったテーブルで食事をしていた。

そこへスレイマンが現れ、イザベラの機嫌を伺う。

イザベラは「機嫌は良い。野蛮人に捕まっているが、テーブルが届いたからだ」と上から目線で言う。

スレイマンが「テーブルは気に入ったか?」と聞くと、イザベラは「テーブルより自由がほしい」と返事をする。

 

ミフリマーフをハティジェの所に連れてきたニリュフェルは、ミフリマーフのために上にかけるものを取りに行くと言って屋敷に入る。

そしてイブラヒムの部屋で筆記帳を手に入れたニリュフェルは部屋から出ようとするが、そこへニギャールと鉢合わせしてしまって大ピンチ!

しかし、うまくごまかして筆記帳を持ち出すことに成功する。

 

イザベラ王女は言葉を覚える気はなく、いくらでも金を払うから解放してくれるようにと言う。

スレイマンは「言葉を口に出す前に熟考するように」と言い、「私は商人でも海賊でもない」と言って館を出て行こうとする。

するとイザベラ王女は「(あなたは)捕虜になったことがあるか?解放が無理ならせめて外に出たい」と懇願するのだった。

 

宮殿に戻ったニリュフェルはヒュッレムに筆記帳を渡す。

ヒュッレムはギュルに、その筆記帳をヤクップの所に持っていくように指示する。

 

イブラヒムは詩人の集まる茶店に出向き、「彫像は皇帝陛下から頂いた戦利品だ」と言い放ち、「お前たちにも戦利品をやろう」と言って金貨を配る。

それを見ていたフィガーニーは「はした金で舌を引っ込めるとは!」と言い捨てる。

 

ヤクップはギュルから持ち込まれた筆記帳を受け取り、本に毒を塗り込み呪文を唱える。

そしてヤクップは仕上がった筆記帳を宮殿に持っていかせる。

 

その頃、イザベラ王女はスレイマンのことが頭から離れないようになっていた。

宮殿に戻ったスレイマンにヒュッレムは、イブラヒムがムスタファ皇子ばかり大事にしていると抗議するが、スレイマンはイブラヒムの肩を持つ。

 

屋敷に戻ったイブラヒムは筆記帳が無くなっていることに気づいたが、その時ちょうどハティジェの具合が悪くなってそれ以上探すのをやめる。

 

そしてイザベラ王女は自分の状況に落ち込み、寝込んでしまう。

そこへメレクが現れ、王女を外に連れ出すようにとスレイマンからの贈り物の馬を見せる。

イザベラ王女は早速乗馬し、隙を見て護衛の兵士を撒こうと走り出すが転んでしまい、スレイマンに見つかってしまう。

 

ヤクップから筆記帳を受け取ったヒュッレムは「イブラヒム、私の前で溶けてしまえ!」と呟く。

ヒュッレムは早速イブラヒムの屋敷に行き、ニリュフェルに「手土産」を家の中に運ばせる。

と同時にニリュフェルにイブラヒムの筆記帳を元の場所に戻させる

 

そのままヒュッレムはハティジェやイブラヒムと庭で話をしていたが、その時ハティジェは産気付く。

その後、無事に赤子が産まれたが、息をしていない様子でハティジェとイブラヒムはショックを受ける。

 

※主要登場人物について、おさらいしたい場合はこちらの記事で確認してください。

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_キャスト
オスマン帝国外伝の主な登場人物とキャストまとめ【ネタバレあり】登場人物がとても多くて壮大なスケールで展開するこのドラマ、その1人1人に触れていきたいのですが、物凄い記事数になります。 そこで、...

 

huluなら「オスマン帝国外伝」シーズン2が全話見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン2を無料で見る
hulu 公式サイトへ →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン2/第8話の感想

イブラヒムとハティジェの赤ちゃん、産声を上げませんでした。

大丈夫なんでしょうか?心配です。

でもハティジェは初産(前の子は流産)なのにあっという間に生まれちゃって…すごく安産でしたね~(ドラマですからね)。

とはいえ、こういう時に出産経験があるヒュッレムは頼りになる存在ではないでしょうか?

何せ4人も産んでますからね。

それにしてもあの新生児、すごくリアルですがまさか本物?

ってそんなわけないか…でも作り物だとしたらすごくよくできています。

このドラマはドレスなどの細かいところまで凄く配慮されていますが、この赤子のリアルさはちょっと気持ち悪いくらいでした。

 

ヒュッレムはイブラヒムを毒殺するため、ニリュフェルに盗ませたイブラヒムの筆記帳をヤクップに渡して毒を仕込みました。

ヤクップは本の表面に毒を塗り込んでいましたが、皮膚から染み込む毒なんでしょうかね?

この時代、最もポピュラーな毒はヒ素でした。

ヒ素は少しずつ体を弱らせることも、すぐに殺すこともできたので一番可能性がありそうですが、触っただけで体に取り込まれるのかどうかは疑問もあります。

ただ、ページをめぐる時に指を舐める人もいますから…ヤクップもそこを狙ったのでしょうね。

 

さてさて、スレイマンはイザベラ王女の心を掴んだようです。

そしてスレイマンも何やら心が動いている様子。

しかし、まだイザベラ王女はこの環境から逃れたいという気持ちの方が強いようで、何とかして逃げ出そうとスレイマンに馬を所望し、うまく外に出ることができました。

衛兵の隙を見て走って逃げだしたまでは良かったんですが、その後転倒。

ドレスで山道を走って逃げるのはやっぱ難しいですよね。

下草や倒木にスカートがすぐ引っ掛かってしまうでしょう。

そこにたまたまスレイマンが通りかかり、イザベラ王女の逃亡は失敗に終わりました。

スレイマンは逃げ出そうとした彼女をどうするのでしょうか?

 

マルコチョールは気になる女性を追いかけて彼女の身の上を知ることができました。

彼女はユダヤ商人のヨシュアの娘アルミンでした。

ヨシュアの店はマトラークチュがビクトリアのために首飾りを買ったりしてよく出入りしていたのですが、娘がいるのは知らなかったようですね。

マルコチョールはこのアルミンをとても気に入り付きまとっていますが、アルミンは迷惑そうです。

ちょっとストーカーぽく見えなくもないですが、マルコチョールの気持ちは届くのでしょうか…?

 

ところで、マトラークチュとマルコチョーロはたまたま立ち寄った茶店で詩人の集会に出くわしました。

その中の一人であるフィガーニーは、イブラヒムの庭で見た「偶像」について忌々しそうに語ります。

「イブラヒムは二人いる、偶像を壊す者と建てるもの」

と言いましたよね。

聖人イブラヒム(キリスト教ではアブラハム)は唯一神と契約したことでユダヤ教、キリスト教を含めて一神教の始祖とされています。

このイブラヒムが、ここで言う「偶像破壊するイブラヒム」で、このドラマのイブラヒム・パシャが、「偶像を建てる」イブラヒムということなのでしょう。

 

フィガーニーという詩人は実在していて、この詩も実際に詠まれたものだそうです。

ちなみに史実では、フィガーニーはイブラヒムを批判したため処刑されています。(トルコ語のウィキペディアにはフィガーニーについても、これからドラマで起こる出来事を示唆する話がたくさん出ていましたが、それはもう少し先の話なのでその時まで封印しておきます。)

 

イブラヒムは詩人たちを懐柔しようと金貨を配りました。

しかし、肝心のフィガーニーは金で考えを変える気は無さそうです。

この時代、詩人はかなり大切に扱われていました。

彼らの言動が庶民に影響を与えるため、政治家たちは自分を褒め称えてもらおうと彼らに経済的援助をしていたようです。

フィガーニーも実はある人物の比護を受けています。

その話もいずれ出て来ますので楽しみにしていてください。

 

ヒュッレムはイブラヒムが、メフメト皇子に冷たくしたことに腹を立て、母后に彫像の事を告げ口しました。

案の定、母后はすぐにスレイマンの所へ抗議に行きましたね。

敬虔なムスリムの母后が、もともとイブラヒムのヨーロッパ趣味を快く思っていないのを知っていたヒュッレム。

それを利用しようと白々しい芝居を打って告げ口したわけですが、スレイマンは意に介さない様子。

もともとスレイマンが許可したのですから、当たり前と言えば当たり前ですがね。

 

次にヒュッレムは、スレイマンに直接「イブラヒムがメフメト皇子の事を差別している」と抗議しましたが、スレイマンはどうやら心ここにあらずで、ヒュッレムの言うことに関心を示さず、むしろ色々うるさいと感じているみたいです。

これって…明らかにイザベラ王女の登場でスレイマンのヒュッレムへの気持ちが薄れたってことではないでしょうか?

ヒュッレムはイザベラ王女の存在をまだ知りませんが、もし知ったらどうなるでしょう…?

相当な修羅場が待ってそうです。

だって第一皇子の母でもなく、後ろ楯になってくれるイブラヒムのような存在もないヒュッレムにとっては、スレイマンの愛が唯一の拠り所なのですから、それを失うことは立場が悪くなることに直結していますからね。

 

さて、ヒュッレムが仕込んだ毒の筆記帳はイブラヒムにどんな影響を与えるのでしょう?

そしてハティジェの赤ちゃんは無事に産声を上げることができるでしょうか? 

スレイマンとイザベラ王女の関係も気になりますよね。

 

引き続き今後の推移を見守っていきましょう!

 

あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_シーズン2第9話あらすじ
オスマン帝国外伝シーズン2の第9話あらすじと感想/宿敵の子を救ったヒュッレム この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン2/第9話」のあらすじと感想について書いています。 逃亡を図ったイザベラ王女ですが、転...
あわせて読みたい
オスマン帝国外伝_全何話
オスマン帝国外伝は全何話ある?日本語字幕最速配信はhulu?ついに!ついに!! 待ちに待った「オスマン帝国外伝」のシーズン2がhuluで配信されました! 本当に長かった!! ...

>>オスマン帝国外伝の記事一覧はこちら

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン2の全てをYoutube以外で無料で観る方法

オスマン帝国外伝シーズン2は現在BS日テレでも配信されていますが、

  • 見逃した…
  • 先のストーリーが早く知りたい…

という場合、現状でシーズン2がいつでも何度でも見放題なのはhuluのみです。

BS日テレのリアルタイム配信を見逃してしまうと、もう頼みの綱はYoutubeの英語字幕版しかありません。(シーズン1のときはGYAOで見逃し配信があったんですが、シーズン2の配信は残念ながらまだ未確定です。)

 

しかし、huluならいつでも何話からでも、更に何度でも日本語字幕版のオスマン帝国外伝シーズン2が観れます。

更に、シーズン1のストーリーもいつでも振り返れるんです。

これはすごく大きいんですよ!

だって、実際に私もそうでしたが、オスマン帝国外伝は、これだけの大作なので、

  • あれ?何でこんな事になったんだっけ?
  • あれ?そもそもこの事件の発端は何だったっけ?

と頻繁に過去を振り返りたくなるものですから…。

複数の事件が絡み合って展開されるので、あれって次の事件の伏線だった…という場面がたくさん出てくるので尚更。

だからオスマン帝国外伝にどっぷり浸っている私にはhuluはもはや手放せない存在です。

 

そしてhuluには無料トライアル期間というお試しで利用できるサービスがあります。

huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン2最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」
シーズン2を無料で見る

hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

オスマン帝国外伝のボリュームから考えると、まず現実的ではないんですが、その気になればhuluの無料トライアル期間の2週間でシーズン2の全話を制覇してしまうことも不可能ではありません。

そしてその2週間以内に解約すれば、実質タダでオスマン帝国外伝シーズン2を堪能できてしまうのです。

huluは無料トライアル期間に解約すれば、料金は一切掛かりません。

しかも、登録も解約も5分以内で簡単にできます。

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

これはもうメリットしかありませんよね。

 

ただ、無料トライアル期間で解約しても良いのですが、放映権などの観点から、オスマン帝国外伝シーズン3もhuluでの先行配信&見放題になるのはまず間違いないと思うので、シーズン3が配信されるまで、そのまま契約して、他の海外ドラマや映画コンテンツを楽しみながらシーズン3を待つ!という選択肢も検討の余地はアリだと思います。

月額約1000円のコスパは、DVDレンタル頼みだった昔に比べたら雲泥の差ですから…


「オスマン帝国外伝 シーズン2」
をhulu無料トライアルで観る!
hulu 公式サイトへGo →

hulu無料トライアルの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

本ページの情報は、2019年1月時点のものです。最新の情報はhulu公式ページよりご確認ください。