オスマン帝国外伝_シーズン3第92話あらすじ

オスマン帝国外伝シーズン3最終回(第92話)のあらすじと感想/悲しみと奇跡

オスマン帝国外伝_シーズン3第92話あらすじ

 

この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン3/第92話」のどこよりも詳しいあらすじと感想について書いています。

 

ミフリマーフはヒュッレム探索を諦めたリュステムを見限り、マルコチョールに姿を消したアリを捜すよう頼み込むものの、ヒュッレム不在のまま、スレイマンは遠征に出かけてしまいました。

留守を守るミフリマーフは、シャー皇女たちを宮殿に出禁にするなど強い意志で宮殿を運営しながらヒュッレムの帰りを信じて待っています。

 

そんな中、マヒデブランが放った刺客イリヤスはメフメト皇子を暗殺しようとしていますが、寸でのところで邪魔が入り、まだ成し遂げられていません。

しかしメフメトへの魔の手は確実に迫っているようです。、

 

Sponsored Links



オスマン帝国外伝シーズン3/第92話のあらすじ[ネタバレ注意]

サブタイトル「衝撃の結末」

 

メルジャンは厨房で食事を取りながら帳簿を確認していた。

そこにスンビュルが現れ、ミフリマーフがシャー皇女を食事に招待すると伝える。

メルジャンはミフリマーフがシャー皇女に宮殿への出入り禁止を言い渡していたのに…と不審に思うが、スンビュルは

「理由は知らない。他の者を使いにやるか?」

と尋ねると、メルジャンは自分で伝えに行くと言って立去る。

 

 

メルジャンが立ち去った後、スンビュルは食事会のためにヒュッレムの好物だったウズラとブルグルピラフを用意するよう料理長に指示する。

ところが、料理長は今からウズラを手に入れるのは難しいと難色を示す。

しかしスンビュルはミフリマーフ皇女様がウズラを所望しているといって急き立てる。

 

 

マニサではメフメトの側女ジハンが大きなおなかを抱えてメフメトのところに行く。

皇子は、

「父上のように公正で良心のある強い父親になりたい。」

と、子供が生まれてくることを楽しみにしていた。

マニサで発生した天然痘は広がる前に封じ込めに成功したが、まだ注意が必要であるとジハンに言い聞かす。

 

 

その頃イリヤスは市場に行くと称してどこかに向かっていた。

それは天然痘患者のところだった。

イリヤスは完全防備で患者の側に行き、患部から膿を採取する。

 

 

その夜、ミフリマーフはシャー皇女を宮殿に迎え入れる。

「出入り禁止だと…」

と警戒するシャー皇女にミフリマーフは、

「考えを変えたんです。」

と話し、シャー皇女が自尊心を抑えて私の指示を守っているのを見たからだと述べる。

 

シャー皇女は、

「皆は私がお前を恐れていると。」

と言うが、ミフリマーフは、

「後宮は噂話ばかり。」

と笑い、

「私が子供だから相手にしなかっただけでしょう。」

と返す。

シャー皇女は、

「過ちを犯して欲しくなかったの。」

とミフリマーフを見つめる。

するとミフリマーフは、

「お優しい事」

と笑い、シャー皇女に席に着くよう促す。

 

そしてミフリマーフは、

「特別にこれを。母上の好物です。」

とウズラ料理を勧める。

それを聞いたシャー皇女に緊張が走る。

しかしミフリマーフは、

「怖がらないで。自室で毒は盛りません。」

と述べる。

 

 

スンビュルは、後宮に向かおうとするメルジャンに、

「あんたの管轄は黄金の道の向こう。」

と後宮への立ち入りを禁じるが、メルジャンは

「シャー皇女に面会したい。」

と言い出す。

するとスンビュルは、

「もう食事が始まっているので会うことはできない。ミフリマーフ皇女様の命令で誰も部屋に入れない。」

と制止する。

メルジャンが、ミフリマーフの部屋のある2階を見上げると、部屋の前には大勢の宦官が立ちふさがっていた。

メルジャンは仕方なく引き下がる。

 

 

ミフリマーフは、

「自室というか、ここは母上の部屋です。お母様のような賢くて強い女性があんな最期を迎えたとは信じられない。」

とつぶやく。

それを聞いたシャー皇女は、

「隠す気はないけど…」

と前置きし、

「私はヒュッレムが嫌いだった。でもこのような最期はあんまりとは思う。」

と話す。

ミフリマーフは、

「ジハンギルが母上を恋しがって毎晩泣いている。皇子がいつかお母様が帰ってくると信じている。」

と涙を浮かべる。

ミフリマーフは涙を拭きながら、

「お許しを。嫌な話をしました。」

と話しながら、シャー皇女の顔を見る。

そして、

「もっと嫌なお話があるのに。」

と述べ、エミネを連れてこさせる。

ミフリマーフは、

「叔母様が送り込んだ乳母よ。間諜だそうで。」

とシャー皇女の表情を覗う。

 

 

メルジャンはギュルフェムを呼び止め、

「シャー皇女様がミフリマーフ皇女様に呼ばれて部屋にいるが、私はそこに近づけません。ギュルフェム様なら近づけるのではないでしょうか?」

と不安そうに述べる。

どういうこと?といぶかるギュルフェムにメルジャンは「説明します。」と言う。

 

 

ミフリマーフはギュルバハルに手紙を持ってこさせ、シャー皇女に見せながら、

「父上に手紙を書いた。この女から聞いたことをすべてね。」

と笑みを浮かべる。

シャー皇女は戸惑いながら、

「証拠はない。女の言葉だけでは。」

と強がるが、ミフリマーフは、

「私をお忘れか、軽んじているのね。エミネの証言に付け加えたこともある。」

とシャー皇女に迫る。

「中傷だ。」

と言うシャー皇女にミフリマーフは、

「事実だわ。何年も続いた犯罪だもの。すべては分からないが、ニギャールを屋敷に引き入れたのは間違いない。母上の襲撃にも加担しているでしょう。」

と責め立てる。

シャー皇女は、

「私は関係ない。」

と弁明するが、ミフリマーフは

「父上は私と叔母様どちらを信じるかしら?」

と言い放つ。

それを聞いたシャー皇女は、

「何をしろというの?」

と尋ねる。

するとミフリマーフは、

「ご心配なく。恩情をおかけします。血族だもの。明朝帝都を離れ、二度と戻ってこないで。」

と告げる。

シャー皇女は、

「兄上に言ったところで処分は追放程度よ。お前に従えと?」

と強がって見せる。

しかし、ミフリマーフは、

「叔母さまは誇り高き皇女よ。威厳を持って去る方がいいかと。」

と笑う。

それを聞いたシャー皇女は目を潤ませ、

「お前はヒュッレムに似ているのではない。そのものよ。」

と悔しがる。

すかさずミフリマーフは、

「この上ない栄誉だわ。」

と笑顔で答え、

「忘れるところだった、もう一つあるわ。」

と言い、ここ数年の収入を母上のワクフに寄進するよう迫る。

シャー皇女は悔しそうに無言で立ち去る。

 

部屋を出たシャー皇女はギュルフェムとメルジャンに出くわすが、無言のまま帰っていく。

 

 

シャー皇女が立ち去った後、スンビュルが部屋に入ってくる。

ミフリマーフは、

「明日朝には解決する。」

とほくそ笑む。

スンビュルは、

「要求をのむと?」

と懐疑的だが、ミフリマーフは自信ありげに、

「私ならそうする。この状況ではね。」

と言い、宦官たちに

「反逆者は海へ。」

とエミネを海に沈めるよう命じる。

許しを請うエミネにミフリマーフは、

「許さない。私は甘くないわ。」

と言い放つ。

 

 

 

翌朝メフメトは兵士と剣術の稽古をしていた。

イリヤスの姿を見た皇子は、

「遅かったな。」

と声をかける。

イリヤスは鷹が一羽いなくなったので探しに行っていたと弁明する。

イリヤスはメフメトに剣術の相手になることを申し入れる。

 

 

その頃、マヒデブランはガブリエラから献上された鏡を使っていた。

そこにムスタファが入ってきたのでマヒデブランはその鏡を箱の上に載せるが、立ち上がった拍子に鏡が床に落ちる。

慌てたマヒデブランは鏡を拾い、

「割れてなければいいけど…」

と鏡を見る。

マヒデブランはムスタファに、

「この鏡は【罪の鏡】と呼ばれていて、持つ者を罪から守るの。罪を犯せば鏡が割れて悪の扉が開くのよ。」

と話す。

 

 

イリヤスと手合わせをしていたメフメトは剣でケガをしてしまう。

イリヤスはメフメトに部屋に帰って治療するよう進言する。

 

 

マヒデブランは、フィダンから、

「イリヤスが書簡で暗殺方法を知らせてきた。」

と告げられる。

それを見たマヒデブランはほくそ笑む。

フィダンはイリヤスが裏切るのではないか?と心配するが、マヒデブランは、

「イリヤスはムスタファへの忠誠心が強く、死もいとわないのよ。」

と伝える。

 

 

シャー皇女は帝都を去るため荷造りをしていた。

シャー皇女の事を心配していたメルジャンはその光景を見て唖然とする。

そしてシャー皇女は一人、部屋で佇む。

そこに来たメルジャンにシャー皇女は別れを告げる。

驚くメルジャンにシャー皇女は、

「これからは自身の信仰するメルケズ師の修道場の近くで隠遁生活をする。」

と伝える。

 

ミフリマーフはスンビュルから、

「シャー皇女が指示通りに屋敷を引き払い、ワクフに多額のお金を寄付しました。」

と聞かされ、満足そうに笑顔を見せる。

スンビュルはミフリマーフの手腕に脱帽する。

 

 

メルジャンはシャー皇女がミフリマーフの提案を受け入れてしまったことをなじるが、シャー皇女は、

「これでいいのよ。私にはもう気力がない。しかも血を分けた者と戦うつもりはないわ。

とため息をつく。

それを聞いたメルジャンはへたり込み、

「去られるのなら私も一緒に」

と懇願するが、シャー皇女はそんなメルジャンの顔を上げさせ、

「私が唯一信頼するのがお前よ。」

と優しく声をかけ、長年自分に忠誠を尽くしてくれたとねぎらい、

「これからは兄上に仕えるように。」

と諭すが、メルジャンはシャー皇女について行くと言って目を潤ませる。

しかしシャー皇女はこれを許さず、

「これからは兄上を守って欲しい。これが最後の命令よ。」

と悔しそうにつぶやく。

シャー皇女は立ち去り際、座り込んだメルジャンの肩に無言で手を置き、メルジャンはその手にそっと自分の手を添える。

 

 

シャー皇女は屋敷から立ち去り、帝都を後にする。

その背中をじっと見つめるメルジャン。

シャー皇女は振り返り、メルジャンに笑顔を見せて去っていく。

 

 

メフメトがケガをしたと知ったファーリエは、なぜこんなことになったのか!とイリヤスを叱るが、皇子はそんなファーリエをなだめる。

ファーリエが立ち去った後、イリヤスは皇子に厳罰を申し出るが、皇子はそれを遮り、遠征の報告をするよう命じる。

 

ファーリエは皇子を心配する身重のジハンに、

「かすり傷です。」

と言って心配しないよう諭す。

 

 

イリヤスは戦況を報告し、皇子に「包帯を交換する」と言って、天然痘患者の膿を薬に混ぜ、皇子の傷口に塗りつける。

そんなこととは知らないメフメトはイリヤスに、

「お前の存在は心強いよ。」

と言ってねぎらう。

 

 

1543年8月エステルゴムが陥落し、帝国領となる。

メフメトからの手紙を受け取ったスレイマンは嬉しそうだが、ヒュッレムのいない宮殿に戻りたくないとエブッスードに漏らす。

エブッスードは遠征から帰ったら子供たちとエディルネで静養してはどうかと進言する。

 

 

その頃メフメトは高熱にうなされていた。

 

スレイマンはメフメトを後継者にしたいと考えているが、どの子供もかわいいのだとエブッスードに話していた。

エブッスードは、

「子供というのはどんな子供でもそれぞれに愛おしいものです。」

と感慨深げにい話す。

スレイマンは、

「メフメトが玉座に寝ている夢をよく見る。どういう意味か?」

と尋ねる。

エブッスードは、

「陛下がムスタファ殿下を追い出してメフメト殿下をマニサに赴任させたことを気に病んでいるのではないでしょうか。」

と答える。

しかしスレイマンは、

「メフメトが生まれたときから見ているのだ。」

と伝える。

それを聞いたエブッスードは、

「ならばよい方に解釈すべきですな。」

と笑う。

 

 

熱でうなされたメフメトはベッドから立ち上がろうとして床に倒れ込んでしまう。

 

 

その夜、マルコチョールはスレイマンに暇乞いをしに行く。

スレイマンは、次の中継地まで同行するよう言うが、マルコチョールはここで別れることを告げる。

するとスレイマンはそんなマルコチョールの意思を尊重し、ここで離脱することを認める。

 

マルコチョールはスレイマンの所から出てマトラークチュの所に行き、

「アリの痕跡が見つかったので、すぐに追跡しなければならない。」

と告げる。

マトラークチュは驚き、陛下は知っているのか?と聞くが、マルコチョールは今は陛下には伏せておくと告げる。

マトラークチュは一緒に探しに行くと言い出すが、マルコチョールは、

「俺は近侍を辞して身を引いたことになっているので、他の者に悟られないようしてほしい。」

と頼み込む。

 

 

その夜スレイマンはまたもメフメトの夢を見るが、その夢では成人したメフメトが玉座で息を引き取っていた。

スレイマンは悪夢にうなされ、飛び起きる。

 

 

メフメトが天然痘にかかったと聞かされたミフリマーフは慌ててマニサに赴くが、時すでに遅く、メフメトは息を引き取っていた。

それを見たミフリマーフはショックで倒れてしまう。

 

 

マヒデブランは「罪の鏡」を床に落としてしまう。

拾った鏡には大きな日々が入っていた。

 

 

帝都に向かうスレイマン達のところに早馬が到着し、メフメトが天然痘で命を落としたと聞かされ、衝撃を受ける。

 

ミフリマーフはファーリエとスンビュルを伴い、帝都に帰り、宮殿では鎮魂の祈りがささげられていた。

 

 

帝都に戻ったスレイマンは続く大きな悲しみにすっかり意気消沈していた。

大宰相からメフメト皇子の埋葬場所を聞かれたスレイマンは、皇子の遺体を帝都に運べと指示する。

 

ミフリマーフは戻ってきたスレイマンに会いに行くが、スレイマンは一人になりたいと誰も部屋に入らないよう命じていた。

スレイマンはメフメトの幼い頃からの姿を思いだし、悲しみに暮れる。

 

スレイマンは一人で悲しみに暮れていたが、そこにリュステムが現れ、

奇跡が起きました

と報告する。

 

何とマルコチョールがヒュッレムを見つけて宮殿に連れ帰ったのだった。

ヒュッレムを無事送り届けたマルコチョールは宮殿には寄らず、そのまま立ち去っていく。

 

そして…長い時を経て、スレイマンと再会したヒュッレムは固い抱擁を交わすのだった。

 

 

※主要登場人物について、おさらいしたい場合はこちらの記事で確認してください。

関連記事

  登場人物がとても多くて壮大なスケールで展開するこのドラマ、その1人1人に触れていきたいのですが、物凄い記事数になります。 そこで、この記事では壮大な「オスマン帝国外伝」のストーリーの主要登場人物のキャストに[…]

オスマン帝国外伝_キャスト

 

 

 

Sponsored Links



オスマン帝国外伝シーズン3/第92話の感想

 

ヒュッレムは帰ってきました。(ヴァリデ・ペルキンになってw)

色々ツッコミどころ満載ですが、とにかく無事に帰ってきました。

中の人が変わって違和感がすごいですが、慣れるしかありませんね。

しかしまだ、ヒュッレムがどこにいたのか?とか、真相がわからないんでとってもモヤモヤします。

これは、続くシーズン4で明かされることに期待しましょう。

 

 

しかし、ヒュッレム不在中にメフメトが天然痘で死んでしまったので、ヒュッレムの一番の切り札が無くなってしまいました。

そのメフメトの死をまだ知らないヒュッレム。

シーズン4のスタートから荒れそうな気がします。

 

史実でもメフメトは天然痘で死んだとされていますが、ドラマでは天然痘を使った暗殺という内容になってま。

実際のところは分かりませんが、確かにそういう暗殺法はあったようで、ロシアの人気歴史ドラマ

「エカテリーナ」

の中にもオスマン帝国からの贈り物のおしろいの中に天然痘患者のかさぶたを練り込んで女帝に献上するというシーンがありました。

(気になる方は、huluで配信されているのでチェックしてみてください)

huluでエカテリーナを無料視聴する

 

この方法だと確かに暗殺とはわかりづらいのでしょうが、仕掛ける方も危険を伴うやり方ですよね。

巻き込まれる者も多そうです。

心配なのはメフメトの寵妃ジハンの事。

感染していなければいいのですが。

 

 

ガブリエラから献上され、マヒデブランが使っていた「罪の鏡」が割れてしまい、ショックを受けているマヒデブラン。

自分でメフメト暗殺を仕掛けたのに今更ですよね?

息子のためとはいえ、何の罪もないメフメトを暗殺するなんて、嫌な感じです。

 

ムスタファはメフメトの死をどう思うのでしょうか?

これでまた自分が跡継ぎに…と喜んでいたら嫌だなあ…そんな人じゃないと思いたいですが。

ちなみにあの「罪の鏡」、今年トルコ至宝展で展示されていたものにそっくりです。

私も見に行ったのですが、「罪の鏡」とは書かれていなかったので、多分ドラマ上の創作ではないか?と思います。

 

 

それより、シャー皇女が意外にもあっさりと引き下がって驚きました。

相手が身内だと闘志がわかないのでしょうね。

いつも「血」「血」って言ってましたから、同じ皇帝家の、しかも皇帝の娘ではその「血の濃さ」でも勝ち目がないと思ったのか?

 

そしてメルジャンはシャー皇女に置いてけぼりに…。

シャー皇女との別れに辛そうなメルジャン…

シャー皇女もメルジャンだけは信頼していたんですね、ただし「下僕」として…。

でも、最後のシーンを見ると、もしかしたら「下僕」としてではなく、男として好きだったのかも?とも思えました。

 

シャー皇女はメルジャンのように完全に従ってくれる男が欲しかったんでしょう。

でも、そんな男が皇女の相手として選ばれるとは思えませんしね。(卑しくも帝国の重臣たるもの、女の尻に敷かれていては

重責は務まりませんから…)

 

 

そしてミフリマーフ!!

シャー皇女が言った「ヒュッレムそのもの」とは言いえて妙ですが、ある意味ヒュッレム以上です。

ヒュッレムは皇帝の正妃とはいえ奴隷上がりですが、ミフリマーフは生まれながらの皇女様。

しかも一人娘ときてます…誰も太刀打ちできないでしょう。

次のシーズン4では、間違いなく力を持って行くミフリマーフ。

そんなミフリマーフがリュステムをどう扱うか、気になります…。

 

 

結局、ヒュッレムは帰ってきましたが、シャー皇女やハティジェはいなくなってしまいました。

ということは、いよいよ敵はマヒデブランとその息子「ムスタファ」ということになりますね。

手駒のメフメトを失ったとは言え、ヒュッレムにはまだ3人の皇子がいます。

そしてまだ一度も登場していないスレイマンの妹ファトマ皇女がシーズン4では出て来そうです。

 

ストーリーも晩年に入ったスレイマンから皇子たちに話は移っていきます。

成人になった皇子たちがどうなっていくか、そしてマヒデブランとムスタファの運命も気になるところです。

 

 

とうとう長いシーズン3が終わってしまいましたが、まだまだ気になることが多いので、早く続きが見たいです。

1日も早くシーズン4が配信されることを期待しています。

 

 

関連記事

この記事では、 「シーズン3まで待てない!というオスマン帝国外伝ファンにオススメな絶対ハマる海外ドラマ6選」 について解説しています。   オスマン帝国外伝は現在シーズン2までhuluで配信中なものの、今の[…]

オスマン帝国外伝好きなら絶対ハマる海外ドラマ6選
関連記事

  「オスマン帝国外伝」に関する記事の目次ページです。 トルコ語を勉強しながら、ドラマの先が気になり、本国トルコのオリジナル版を観るほどハマりすぎてしまった私が、オスマン帝国外伝の魅力をお届けします! お[…]

オスマン帝国外伝_記事一覧
関連記事

  この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン4/第1話」のどこよりも詳しいあらすじと感想について書いています。   待ちに待ったオスマン帝国外伝の最終シーズン4が始まりました。  […]

オスマン帝国外伝_シーズン4第1話あらすじ

 

 

オスマン帝国外伝シーズン3の日本語字幕版最速配信は?

現在、最新のオスマン帝国外伝シーズン3が配信されているのは、「チャンネル銀河」「hulu」だけ(毎週5話づつ配信)です。

当然、数カ月後にはBS日テレでも配信されることになると思いますが、まだいつになるか未定だし、そんなに待てない!という場合、日本語字幕付きのオスマン帝国シーズン3を視聴するにはこの2択しかありません。

 

その内、リアルタイム配信での最速はチャンネル銀河になります。(huluより1日程早い)

たった1日の違いですが、1日でも早く観たいなら「チャンネル銀河」に軍配が上がりますが…両者には決定的な違いがあります!

 

ということでまずは、チャンネル銀河(単体で申し込んだ場合)とhuluを比較してみましょう!

チャンネル銀河 hulu
料金 660円(税込) 1,026円(税込)
無料期間 加入月無料 2週間
オスマン帝国外伝を見逃した場合 毎週土曜日に再放送(1回のみ)あり。 いつでも何度でも好きなだけ観れる。

チャンネル銀河はスカパーのサービスで他のチャンネルとのセット割などもありますが、オスマン帝国外伝をとことん楽しむという面で言えば、シーズン1からシーズン3の配信されたところまで、好きな時に好きなだけ観られる【 hulu 】が圧倒的にお得です!(私はもう何度も観ています)

 

ご覧のように、「チャンネル銀河」では再放送は基本的に1回のみ。(ただ、シーズン2までと同様に、数カ月後に再配信はされるハズです。)

リアルタイムで観れる場合は問題ないんですが、

  • 見逃した…
  • もう一度あの場面を振り返りたい…

という場合、

現状でシーズン3がいつでも何度でも見放題なのは、huluのみ

です。

 

 huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン4最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン4のフル動画を無料で見る

 

しかも…

シーズン1、2の場面もいつでも振り替えれる!

huluならいつでも何話からでも、更に何度でも日本語字幕版のオスマン帝国外伝シーズン3が観れるんですが、更に大きいのは、

シーズン1、2のストーリーをいつでも振り返れる!

これはすごく大きいんですよ!

 

だって、実際に私もそうでしたが、オスマン帝国外伝は、これだけの大作なので、

  • あれ?何でこんな事になったんだっけ?
  • あれ?そもそもこの事件の発端は何だったっけ?
  • この人物ってあの時の人か~

と頻繁に過去を振り返りたくなるものですから…。

 

複数の事件が絡み合って展開されるので、あれって次の事件の伏線だった…という場面がたくさん出てくるので尚更。

だからオスマン帝国外伝にどっぷり浸っている私にとって、huluはもはや手放せない存在です。

 

 今すぐhuluでオスマン帝国外伝をイッキ見する♪

 

 

そしてhuluには無料トライアル期間というお試しで利用できるサービスがあります。

 

まずは2週間のお試し期間でhuluライフを体験!

オスマン帝国外伝のボリュームから考えると、まず現実的ではないんですが、その気になればhuluの無料トライアル期間の2週間でシーズン3最新配信分までの全話を制覇してしまうことも不可能ではありません。

 

そしてその2週間以内に解約すれば、実質タダでオスマン帝国外伝シーズン3を堪能できてしまうのです。

huluは無料トライアル期間に解約すれば、料金は一切掛かりません。

しかも、登録も解約も5分以内で簡単にできます。

 

これはもうメリットしかありませんよね。

 

 今すぐhuluの無料トライアルに申し込む♪

 

 

実はBS日テレでの放送ではカットされてる場面があります!

いつになるかは分かりませんが、シーズン2まで好評だったこともあって、数カ月後にはBS日テレでも「オスマン帝国外伝 シーズン3」は放送されるでしょう。

 

ただ、シーズン2までがそうだったように、BS日テレでの放送には、CMに入る直前に流れる数秒の場面が出てくると思います

コレって実は、

カットされてる場面

も含まれているんです~!!

 

もともとトルコ版で各話の長さが違うのに、地上波での放送枠は固定なので、その放送時間上の微調整で致し方ありません。

まあ…それほど重要ではない場面が多い感じではあるんですが、CMの前後で場面が飛んでるので、個人的には違和感を感じます。

BSもしょせんCMありきで成り立ってるので仕方ないですね。

 

ちなみに、この記事の感想は、もちろんhuluでの完全版を元にしています。

 

ということで、完全版をじっくり堪能したい私にとっては「hulu」の1択です!

 

 huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン4最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン4のフル動画を無料で見る

 

 

本ページの情報は、2020年09月時点のものです。最新の情報は、 hulu公式ページよりご確認ください。

 

Sponsored Links