オスマン帝国外伝_シーズン4第3話あらすじ

オスマン帝国外伝シーズン4第3話のあらすじと感想/マニサへ行く皇子は?

オスマン帝国外伝_シーズン4第3話あらすじ

 

この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン4/第3話」のどこよりも詳しいあらすじと感想について書いています。

 

帯刀式を終えたジハンギル皇子は、皆の前で失態を犯したことを恥じて落ち込んでいます。

そんな傷つきやすい繊細なジハンギルのことを案じるヒュッレム。

 

ヒュッレムは自分の息子たちから跡継ぎを…と思っていますが、相変わらずいがみ合っているセリム皇子とバヤジット皇子の様子を見たスレイマンは頭を抱えています。

 

一方、ムスタファ皇子は人望もあり、どう見ても兄弟の中で一番玉座に近そうに見えますが、その人望がスレイマンに疑念を抱かせています。

 

4人の皇子はそれぞれに問題を抱えていますが、空席になっている玉座に近い赴任地「マニサ」に送られるのは一体誰なんでしょうか?

 

Sponsored Links



オスマン帝国外伝シーズン4/第3話のあらすじ[ネタバレ注意]

サブタイトル「王座への道」

 

リュステム邸では、セリム皇子とバヤジット皇子を招いての食事会が開かれていた。

バヤジットはヒュッレムの事を心配していたが、立ち直っていたのを見て安堵したと言う。

それを聞いたミフリマーフは、

「その割には音沙汰無しね。(赴任地統治は)うまく行っているの?」

と赴任後、全く顔を見せに来なかったことをなじる。

セリムが、

「県に留まらずうろついているとか?」

とあげつらうと、バヤジットは、

「宮殿で遊び惚けるよりマシだ。今日の棒術の試合でも俺が勝った。」

とセリムを馬鹿にする。

それを聞いたセリムは食事を止め、

「いい加減に大人になれ。」

と立ち上がり、

「強打を受けたせいで体が痛むので休ませてもらう。」

と嫌味をいってその場を離れる。

 

セリムが退出した後、ミフリマーフは、

「セリムが正しいわ。成長しなさい。玉座の県に行くのに…」

とバヤジットを窘める。

バヤジットは、

「ほんの冗談さ。」

と弁明する。

バヤジットはスレイマンがいつマニサの軍政官を決めるのか気にかけていた。

リュステムは、

「ご辛抱を…殿下。殿下以外考えられません。

となだめる。

バヤジットはため息をつき、

「母上には言えなかったが、実は赴任地の財政が火の車だ。常に借金をしている。」

と告げる。

それを聞いたリュステムとミフリマーフは困惑する。

 

給仕役の侍女たちを下がらせたミフリマーフは、借金はいくらか?と尋ねると50万アクチェだと答える。

その額にミフリマーフは唖然とし、

「援助してあげてるのに何してるのよ!」

とバヤジットをなじる。

リュステムは、

「殿下は市民や兵士に施しをしているのです。」

と皇子を庇い、バヤジットもそのことを認め、自分で何とかすると弁明する。

ミフリマーフは、

「このことは母上に話しておくが、父上には知られないように。」

とくぎを刺す。

 

 

ヒュッレムはムスタファ皇子と廊下で鉢合わせし、

「久しぶり。メフメトの葬儀以来ね。」

と声をかける。

ムスタファは、

「天国で安らかに…」

とメフメト皇子の冥福を祈る。

ヒュッレムは目を潤ませながら、

「メフメトは永遠に陛下の御心の玉座に。」

と呟く。

するとムスタファは、

「あなたは息子を、私は弟を失った。」

と自分も悲しんでいると言うが、ヒュッレムは、

「ではなぜマニサ赴任を切望する?息子の血が流れた宮殿で楽しむ気?」

とムスタファの顔をじっと見る。

ムスタファは、

「私をマニサから追放させた者に聞いては?無実の弟の命を奪う形で神はあなたを罰した。」

とヒュッレムを睨む。

するとヒュッレムも、

「働いた悪事は、己自身に返り苦しむことに。」

とムスタファを睨み返し、

「勝利は一生かけて得るもの。敗北は一瞬の不注意で決まる。」

と言い放つ。

 

 

セリムは一人で部屋にいた。

そこに給仕役だった側女がやって来て、セリムが退室した後の話を聞く。

バヤジットが多額の借金をしていることを知ったセリムは何かを思いつく。

 

 

ヒュッレムはスレイマンの部屋に行き、廊下でムスタファと会ったと告げ、何かあったのかと尋ねる。

スレイマンは、

「二人でじっくり話をしただけだ。」

と答える。

それを聞いたヒュッレムは、

「てっきりイニチェリの問題の件で沈んでいるのかと思っていた。でも解決したようね。」

とわざとらしく笑顔を見せる。

スレイマンは、

「そうだ。ムスタファの存在は私にとって心強い。」

と笑顔を見せる。

それを聞いたヒュッレムは、

「彼一人だけ?」

とスレイマンに近づいて

「バヤジットやセリムは?ジハンギルもいる。私の息子たちも(スレイマンに認められたくて)努力している。」

と話す。

スレイマンは、

「父親としては子供たちに満足しているが、統治者としては満足できるとは限らない。」

と述べる。

ヒュッレムは、

「我が子の事となると決断するのは難しいわね。皆心待ちにしている。誰がマニサに赴任するのか皆気をもんでいる。」

と話す。

するとスレイマンは書類の入った小箱を手元に置き、ヒュッレムに

誰を玉座の県に送るべきと?

と尋ねるのだった。

 

 

大部屋で寝ていたチェチーリアは拉致された時の悪夢を見て目が覚める。

手鏡を手に取ったチェチーリアは、鏡を割って破片で手首を切って自殺を図る。

横で寝ていたバレリアが気づき、助けを呼ぶ。

そこにリュステム邸から戻ったセリムが通りかかり、チェチーリアの手当てをする。

意識が混濁する中、チェチーリアはセリムの顔を見る。

 

翌朝、大部屋で騒ぎがあったことを聞かされたヒュッレムは、自殺を図った側女をセリムが助けたことを知り驚く。

そして、騒ぎを起こしたのが自分に助けを求めた側女だと聞かされる。

スンビュルがチェチーリアの美しさを褒めると、ヒュッレムは、

「知恵がなければ美しさなど無価値。」

と言い捨ててその場を立ち去る。

 

 

治療院で目を覚ましたチェチーリアは、女官のジャンフェダ―から、

「(ハレムは)あんた次第で天国にもできる。」

と言われ、ヒュッレムが奴隷からライバルを蹴落として皇帝の正妃にのし上がったのだと聞かされる。

チェチーリアは自分を助けてくれたのが【セリム皇子だった】と聞かされ驚く。

 

 

スレイマンは新しく建造中のモスクを見学し、エブッスードと共にメフメト皇子の霊廟に参拝する。

スレイマンはエブッスードに、

「4人の皇子たちを召喚し、赴任させるべき皇子を心に決めたが、不安だ。」

と吐露する。

エブッスードは、

「陛下の決断は正しく、誰も異を唱えることはないでしょう。」

と慰める。

そしてエブッスードは、

「メフメト殿下が【玉座の皇子】として埋葬された理由を【後継者だったから】あるいは【真の玉座の継承者への教訓】と思いました。」

と話す。

スレイマンは、自分は後継者争いをしなかったが、父セリム1世は祖父バヤジット2世を玉座から引きずり降ろして帝位についたことを思い出していた。

自分なら兄弟間の争いは避けたはず…と思いつつ、皇子たちが争いを避けてくれるかと不安に思っていた。

 

 

スレイマンはマニサに赴任する皇子を記した決定書をリュステムに手渡す。

会議場には皇子たちが呼び出されていた。

それを聞いたヒュッレムは会議場の隠し部屋に向かう。

 

リュステムは皆の前で封印を解き、決定書を見て驚く。

皇子たちを見回した後、決定書を読み上げると…何と

セリム皇子

だった。

それを聞いた一同が唖然とする。

セリムは思わずスレイマンの方を見上げる。

 

ヒュッレムとスレイマンの考えは一致していたのだ。

しかし、バヤジットは納得がいかず、怒りで肩を震わせていた。

 

会議後、フズルはムスタファを慰めるが、皇子は落胆していた。

フズルは、

「でしたら殿下、ご自身の楽園を築かれては?」

と進言する。

 

 

隠し部屋から戻ったヒュッレムをミフリマーフが待っていた。

そこに怒りに震えるバヤジットが押しかけてくる。

バヤジットは、

「なぜ私ではなく、セリムがマニサに行くのか!」

と詰め寄る。

ヒュッレムは、

「父上のご聖断を批判するとは何様か!皇帝の命令は絶対だ。」

と叱る。

 

自室に戻ったセリムは、コンヤにいる側近のガザンフェルへマニサに行くことを知らせるよう命じる。

 

 

バヤジットはヒュッレムがセリムのマニサ赴任を喜んでいるように見えるとなじる。

しかしヒュッレムは、

「今回の決定に私は関与していない。陛下の決定は覆せない。」

と諭すが、バヤジットは、

「父上は罪のない私をまたもや罰せられた。」

と嘆き部屋を出ていく。

ヒュッレムは止めようとするミフリマーフを引き止め、放っておくように…と言う。

ミフリマーフは、

「セリムを推したのね?」

と、ヒュッレムの顔を悲しげな表情で見つめる。

 

 

リュステムはスレイマンに、セリム皇子が準備が整い次第マニサに出立すると報告する。

スレイマンは、

「セリムが重圧に負けないよう気を配って欲しい。」

と指示する。

そこにムスタファが来たと知らせがくる。

 

 

ミフリマーフは、

「今までバヤジットが赴任するものだと思って協力していた。」

と、ヒュッレムをなじるが、ヒュッレムは、

「これが最善だったの。バヤジットは未熟で先走りしやすいため危険すぎるのよ。

と答える。

ミフリマーフは、

「なぜ私に言ってれなかったの?リュステムには言ったの?」

と責める。

ヒュッレムは、

「誰にも言っていない。言ったら邪魔をされると思った。」

と告げる。

ミフリマーフは、

「セリムはコンヤですら手こずっている。」

と不満を漏らすが、ヒュッレムは

「皆で支えて助ければいい。」

と言い放つ。

不満そうなミフリマーフにヒュッレムは、

「わかってないわね。」

とあきれ、

「未熟なバヤジットを敵前にさらしては足をすくわれてしまう。バヤジットは最後の希望よ。

と説明する。

するとミフリマーフは、

「セリムはどうなってもいいの?」

と益々不満を募らせるが、ヒュッレムは

「セリムは脅威とみなされない。バヤジットがメフメトのように暗殺されないためにそうしたの。」

と諭す。

二人を救うためにそうしたと言うヒュッレムにミフリマーフは、

「それは違う。セリムとバヤジットを敵対させるだけ。」

と抗議する。

 

 

廊下に出たリュステムは、部屋の外にいたムスタファと出くわし、

「落胆されているようだ。もしやマニサ赴任がかなうと?」

と顔を覗き込んで嫌味を言う。

ムスタファはムっとして、

「私の夢が少しでもかなえば、お前ごときの目など簡単につぶせる。」

と睨みつける。

 

 

テラスでハトにパンくずをやっているスレイマンのところにムスタファがやってくる。

ムスタファが何かを言おうとすると、スレイマンは、

「金曜礼拝のあと皆で狩に行こう。」

と皇子を誘う。

しかし皇子は赴任地に戻る許しを請う。

 

 

マヒデブラン達はムスタファがスレイマンの所に行ったことを聞かされ、不安を覚える。

ルメイサは、

「早く宮殿を出たい。」

と口にするが、マヒデブランは、

「これは災難とは違う。私たちはあり得ない希望を持っていただけ。」

とため息をつく。

しかし、

「セリム皇子が赴任することになったことにヒュッレムも驚いているだろう。」

とギュルフェムは言う。

皆、ヒュッレムがバヤジットを推していたと思っているのだが、マヒデブランは、

「ヒュッレムの計画は誰にも分らない。無能なセリムが赴任すればムスタファの良さが再認識されるだろう。」

と楽観視する。

 

 

スレイマンはムスタファの帰還を許し、

「どこにいてもお前は私の息子だ。誰が玉座につくかは神のみぞ知る。」

と言い聞かす。

ムスタファは、

「私の望みは父上にふさわしい息子になることです。」

と言ってスレイマンに別れを告げる。

 

 

チェチーリアは宮殿の食事を受け付けず、バレリアに水を持ってこさせる。

セリムの側女ディルシャーが、

「セリム殿下がマニサの軍政官に任命された。」

と嬉しそうに話す。

マニサ行きに同行できる側女もいると聞いたチェチーリアは心が動く。

 

 

ヒュッレムはセリムと会い、祝意を伝えるが、セリムは

「落胆されたのでは?」

とヒュッレムがバヤジットを望んでいたのでは?と顔色をうかがう。

しかしヒュッレムは、

「私は二人を同等に見ている。お前が任命されたことに満足している。」

と告げる。

セリムは、バヤジットが(この決定に)納得していないことを気にしていたが、ヒュッレムは、

「自分の事に集中しなさい。大切なのは、行くことより留まること。ムスタファのように追放されないようにしなければならない。」

と言い聞かす。

 

 

チェチーリアは、ジャンフェダーにセリム皇子の事や帝国の色々な事を質問する。

そして、セリム皇子が玉座の県に赴任すると知ったチェチーリアは考えを巡らせる。

 

 

セリム以外の皇子たちは集まって話をしていた。

ジハンギルは、

「僕ではなくてセリムとはね。」

と皆を笑わせる。

バヤジットが、

「お前より劣っているのにな。」

と悪態をつくとムスタファは、

「兄を悪く言ってはいけない。皆で支えて行こう。」

と諭す。

バヤジットは、

「母上にも言われた。」

とため息をつく。

ムスタファが明日、赴任地アマスヤに戻ると聞き、二人は引き留めようとするが、ムスタファの気持ちは固かった。

ジハンギルは、

「なぜ行くの?まさか…」

とムスタファの顔を見る。

ムスタファは、

「来たこと同様、去ることにも意味を持たせたい。」

とジハンギルの顔を見るのだった。

 

 

※主要登場人物について、おさらいしたい場合はこちらの記事で確認してください。

関連記事

  登場人物がとても多くて壮大なスケールで展開するこのドラマ、その1人1人に触れていきたいのですが、物凄い記事数になります。 そこで、この記事では壮大な「オスマン帝国外伝」のストーリーの主要登場人物のキャストに[…]

オスマン帝国外伝_キャスト

 

 

 

Sponsored Links



オスマン帝国外伝シーズン4/第3話の感想

 

マニサ行きを命じられたのは、大方の予想を裏切りセリム皇子でした

ヒュッレム的にはこれで良かったようですが、自分が選ばれると思い込んでいたバヤジット皇子は納得いかないようです。

 

まあ、バヤジットはちょっと短慮なところがありますから、このままではすぐに敵の罠に引っかかりそうですからね。

もうちょっと修行をした方がいい!とヒュッレムは思ったんでしょう。

それに、マヒデブラン達もセリムだったらきっと大失態をやらかしてくれるだろうと期待しているみたいですしね…

その意味ではこの選択は正しいとは思います。

 

スレイマンも同じ気持ちだったんでしょうかね?

ちょっと真意は測りかねますが…。

 

ミフリマーフはこの決定でバヤジットとセリムの対立が激しくなると懸念しています。

どうも二人は全くそりが合わないようですしね。

その点はヒュッレムやスレイマンはどう思っているんでしょう?

同じ母親から生まれた兄弟だから大丈夫だと思っているのでしょうか?

でも、世の中、骨肉の争いは山ほどありますよね…。

ミフリマーフの懸念が当たらないことを今は祈りましょう。

 

 

貴族だったチェチーリアは、奴隷の生活に耐えかねて自殺を試みましたが未遂に終わりました。

そして偶然通りかかったセリムがチェチーリアを治療院に運んでくれるという…、ある意味【運命の出会い】をしてしまいます。

セリムは意外と優しいですね。

皇子様に命を助けられるっておとぎ話のようです。

 

目覚めたチェチーリアは、自分を助けてくれたのがセリムであったこと、そのセリムが「玉座の県」に赴任すること、そして後宮は「自分次第で天国になる」ということを知ります。

そして、賢いチェチーリアは、気持ちを切り替え、

ここから出られないのなら頂点を目指す方がいい

と考えたようです。

チェチーリアはヒュッレムと同じタイプの女性のようですね。

あとはヒュッレムに気に入られるかどうかですが…。

母后はヒュッレムの様な野心的な女が嫌いでしたが、ヒュッレムはむしろそういう女を選びそうですね。

特にセリムの場合、やさしいところはあるんですが頼りないので、背中を押してくれる妻が必要です。

今後、知恵をつけられたチェチーリアがどんな風にセリム皇子に取り入るか、楽しみです。

 

 

ムスタファはスレイマンにアマスヤに戻る許可をもらいました。

もうここにいても意味はないし、早く次の手を考えなくてはいけないと思ったのでしょうか?

しかし、スレイマンはどう思ったのかな?

私にはすねてるように見えなくもなかったんですが…

 

 

そしてセリム以外の皇子たちがムスタファのところに集まっての話し合い。

あからさまにセリムをコキ下ろすバヤジットを窘めるムスタファですが、内心誰よりもはらわたが煮えくり返っているかもしれません。

バヤジットは勝手に自分が選ばれると思い込んでいて、負けたら負け組同士で勝者の悪口を言う小物感がダメですね。

仮に自分が選ばれてたらムスタファとは距離を置くと思います。

でないと足をすくわれますから…。

 

それにしてもバヤジットは、借金してまで兵士や市民に金を振舞っているんですよね。

ミフリマーフからも援助をもらっているというのに…

そういう後先考えないところは統治者には向いていないような気もします。

第一、その借金をどうやって返すのでしょう?

いつまでも親や姉から金を無心しているようでは大きな失敗につながりかねません。

以前のヒュッレムのように外国人から借金をすることになったりしたら大変です。

 

 

さて、ムスタファは失意のままアマスヤに戻っていきます。

周りの者が騒ぎすぎたため、ムスタファはよけい惨めな気持ちになっているかもしれませんね。

 

今回、

  • バヤジットが能力はあっても、あまり統治者に向いてなさそうだということ
  • セリムが意外にもしっかりしていること(スパイをミフリマーフのところに仕込んでいる)

が分かりました。

ヒュッレムが言うように、セリムの慎重な性格は危険を避けることができると思います。

 

そして、チェチーリアがどうやらセリムにロックオンしたようだというのも分かりましたね。

歴史に名を遺した彼女が、今後どうやってセリムの側女になるのか?

お手並み拝見と行きましょう。

 

 

関連記事

  この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン4/第4話」のどこよりも詳しいあらすじと感想について書いています。   予想に反し、マニサに赴任するのはセリム皇子と決まりました。 ヒュッレムは[…]

オスマン帝国外伝_シーズン4第4話あらすじ
関連記事

この記事では、 「シーズン3まで待てない!というオスマン帝国外伝ファンにオススメな絶対ハマる海外ドラマ6選」 について解説しています。   オスマン帝国外伝は現在シーズン2までhuluで配信中なものの、今の[…]

オスマン帝国外伝好きなら絶対ハマる海外ドラマ6選
関連記事

  「オスマン帝国外伝」に関する記事の目次ページです。 トルコ語を勉強しながら、ドラマの先が気になり、本国トルコのオリジナル版を観るほどハマりすぎてしまった私が、オスマン帝国外伝の魅力をお届けします! お[…]

オスマン帝国外伝_記事一覧

 

オスマン帝国外伝シーズン4の日本語字幕版最速配信は?

現在、オスマン帝国外伝の最終シーズン4が配信されているのは、「チャンネル銀河」「hulu」だけ(毎週5話づつ配信)です。

当然、今までの流れで行くと、数カ月後にはBS日テレでも配信されることになると思いますが、まだいつになるか未定だし、そんなに待てない!という場合、日本語字幕付きのオスマン帝国シーズン4を視聴するにはこの2択しかありません。

 

その内、リアルタイム配信での最速はチャンネル銀河になります。(huluより1日程早い)

たった1日の違いですが、1日でも早く観たいなら「チャンネル銀河」に軍配が上がりますが…両者には決定的な違いがあります!

 

ということでまずは、チャンネル銀河(単体で申し込んだ場合)とhuluを比較してみましょう!

  チャンネル銀河 hulu
料金 660円(税込) 1,026円(税込)
無料期間 加入月無料(1話と2話だけは無料放送あり) 2週間
オスマン帝国外伝を見逃した場合 毎週土曜日に再放送(1回のみ)あり。 いつでも何度でも好きなだけ観れる。

チャンネル銀河はスカパーのサービスで他のチャンネルとのセット割などもありますが、オスマン帝国外伝をとことん楽しむという面で言えば、シーズン1からシーズン4の配信されたところまで、好きな時に好きなだけ観られる【 hulu 】が圧倒的にお得です!(私はもう何度も観ています。)

 

ご覧のように、「チャンネル銀河」では再放送は基本的に1回のみ。(ただし、シーズン2や3ふがそうだったように、数カ月後に再配信はされるハズです。)

リアルタイムで観れる場合は問題ないんですが、

  • 見逃した…
  • もう一度あの場面を振り返りたい…

という場合、

現状でシーズン4がいつでも何度でも見放題なのは、huluのみ

です。

 

 huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン4最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン4のフル動画を無料で見る

 

しかも…

シーズン1~3の場面がいつでも好きな時に振り替えれる!

huluならいつでも何話からでも、更に何度でも日本語字幕版のオスマン帝国外伝シーズン4が観れるんですが、更に大きいのは、

シーズン1~3のストーリーをいつでも振り返れる!

これはすごく大きいんですよ!

 

だって、実際に私もそうでしたが、オスマン帝国外伝は、これだけの大作なので、

  • あれ?何でこんな事になったんだっけ?
  • あれ?そもそもこの事件の発端は何だったっけ?
  • この人物ってあの時の人か~

と頻繁に過去を振り返りたくなるものですから…。

 

複数の事件が絡み合って展開されるので、あれって次の事件の伏線だった…という場面がたくさん出てくるので尚更。

だからオスマン帝国外伝にどっぷり浸っている私にとって、huluはもはや手放せない存在です。

 

 今すぐhuluでオスマン帝国外伝をイッキ見する♪

 

 

そしてhuluには無料トライアル期間というお試しで利用できるサービスがあります。

 

まずは2週間のお試し期間でhuluライフを体験!

オスマン帝国外伝のボリュームから考えると、まず現実的ではないんですが、その気になればhuluの無料トライアル期間の2週間でシーズン4最新配信分までの全話を制覇してしまうことも不可能ではありません。

 

そしてその2週間以内に解約すれば、実質タダでオスマン帝国外伝シーズン1~4を堪能できてしまうのです。

huluは無料トライアル期間に解約すれば、料金は一切掛かりません。

しかも、登録も解約も5分以内で簡単にできます。

 

これはもうメリットしかありませんよね。

 

 今すぐhuluの無料トライアルに申し込む♪

 

 

 
実はBS日テレでの放送ではカットされてる場面があります!

いつになるかは分かりませんが、シーズン3まで好評だったこともあって、数カ月後にはBS日テレでも「オスマン帝国外伝 シーズン4」は放送されるでしょう。

 

ただ、シーズン3までがそうだったように、BS日テレでの放送には、CMに入る直前に流れる数秒の場面が出てくると思います

コレって実は、

カットされてる場面

も含まれているんです~!!

 

もともとトルコ版で各話の長さが違うのに、地上波での放送枠は固定なので、その放送時間上の微調整が必要で致し方ありません。

まあ…それほど重要ではない場面が多い感じではあるんですが、CMの前後で場面が飛んでるところが多々あるので、個人的には違和感を感じます。

BSもしょせんCMありきで成り立ってるので仕方ないですね。

 

ちなみに、この記事のあらすじ・感想は、もちろんhuluでの完全版を元にしています。

 

ということで、完全版をじっくり堪能したい私にとっては

「hulu」の1択

です!

 

 huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン4最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン4のフル動画を無料で見る

 

 

本ページの情報は、2020年09月時点のものです。最新の情報は、 hulu公式ページよりご確認ください。

 

Sponsored Links