オスマン帝国外伝_シーズン1第10話あらすじ

オスマン帝国外伝シーズン1/第10話のあらすじと感想【ネタバレ注意】

オスマン帝国外伝_シーズン1第10話あらすじ

 

この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン1/第10話」のあらすじと感想について書いています。

 

前回の第9話で、ピンチに陥り、切羽詰って思わず

「妊娠している」

と言ってしまったヒュッレム…。

 

もし嘘をついていることがバレたらそれこそタダでは済みません。

さあ、ヒュッレムの命運やいかに?

 

ではさっそく、第10話のあらすじと感想を見ていきましょう。

 

 

オスマン帝国外伝シーズン1/第10話のあらすじ[ネタバレ注意]

サブタイトル「ハンガリー進攻」

 

宮殿では、ヒュッレムを嫁として連れ帰るためにカシム師と息子が待っていた。

 

以前妊娠していると嘘をついた側女が死刑になったことを知り、ヒュッレムは怖気づくが、

「嫁ぐぐらいなら死ぬ」

と親友マリアに告げる。

 

 

ハンガリー遠征中のスレイマンたちは大砲を積んだ小舟をドナウ川に進めた。

 

 

妊娠の判定をするために女医が呼ばれる。

診察されたくないヒュッレムは騒ぎを起こすが、結局診察を受けさせられる。

 

 

その頃、夜襲のためゼムン城を包囲したオスマン軍。

城内ではハンガリーの軍司令官アリエル伯爵と婚約者ビクトリアの結婚式が行われていたが、オスマン軍の急襲を知り、大混乱になる。

 

 

ヒュッレムが女医の診察を受けているあいだ、マヒデブランは気持ちが落ち着かず部屋の中を歩き回っていた。

 

 

ゼムン城内に攻め入ったオスマン軍はラヨシュ王を探す。

ラヨシュを逃すため、アリエルは鉢合わせしたイブラヒムと戦うが倒され、スレイマンに止めを刺される。

その様子を見たビクトリアはスレイマンの顔を目に焼き付けるのだった。

 

 

女医の見立てで

本当に妊娠している

ことがわかると、ヒュッレムは喜び神に感謝し、そのことを知ったマヒデブランは卒倒。

 

ヒュッレムが懐妊したことを知ったマリアは自分もイスラム教徒になると言い出す。

 

ヒュッレムを疎ましく思うマヒデブランは自分に処方された薬を見てある企みを思いつく。

 

 

ヒュッレムが懐妊していることで降嫁させることができなくなった母后はヒュッレムを呼びつけ、

お腹の子に何かあったら死罪だと告げる

が、妊娠の祝いのソルベと菓子を配る。

 

 

その頃オスマン軍は籠城するラヨシュ王を包囲し砲撃を始める。

 

 

※主要登場人物について、おさらいしたい場合はこちらの記事で確認してください。

関連記事

  登場人物がとても多くて壮大なスケールで展開するこのドラマ、その1人1人に触れていきたいのですが、物凄い記事数になります。 そこで、この記事では壮大な「オスマン帝国外伝」のストーリーの主要登場人物のキャストに[…]

オスマン帝国外伝_キャスト

 

 huluなら「オスマン帝国外伝」がシーズン2最新配信分まで全て見放題!

「オスマン帝国外伝」シーズン2を無料で見る

huluの登録方法と解約の仕方の詳細はこちら

 

Sponsored Links




オスマン帝国外伝シーズン1/第10話の感想

 

いやいや、ヒュッレムはなんと強運なんでしょう!

本当に妊娠していたなんて!!

 

それにしても流産したら死罪だなんて、脅しとしてもひどすぎません?

母后はよっぽどヒュッレムが嫌いなんでしょうね。

 

 

一方で、スレイマン達はハンガリーで大勝利をおさめました。

この時殺したアリエルの花嫁のビクトリア、覚えておいてください!!

今後の物語において大きな役割を演じます。

 

でも、何で戦の最中に結婚式するのか??

流石にちょっと違和感ありました。

 

オスマン軍を舐めてかかっているのか…

もしくはいつ死ぬかもしれないからその前に…て事なんでしょうかね?

でも、それじゃ未亡人量産してしまうんでは?と思ってしまいますが、どうなんでしょうね~

先のストーリーがわかっているからこその意見かもしれませんが、ビクトリアを絡めるためにねじ込んだエピソードのような気がしてます。

 

 

ところで、ヒュッレムは早くも増長し始めました。

周りは当然面白くありません。

順調に敵を作っている最中ですね…w

 

 

マヒデブランよく倒れます…心労が多くて弱ってるんでしょうか。

ヒュッレムが来てから、きっと安眠できないのでしょう。

 

ヒュッレムの図太さに比べてマヒデブランの心の弱さが目立ちます。

これでは勝負になりませんね。

 

でも、マヒデブラン、何を思いついたんでしょうか…?

悪い予感しかしませんね!

 

 

ところで、ヒュッレムの親友のマリアもイスラムに改宗したいと言いだしました。

実はハレムの側女達はほとんどが異教徒なんです。

奴隷として売り買いされるのはもっぱら捕虜外国人なので、宦官も含めて大抵はもともと異教徒でした。

でも、異教徒は側女にはなれても妃にはなれません。

 

 

そう考えると、マリアはあわよくば自分も…と、考えたのかも。

でも、それはすなわちスレイマンと…て、事ですよね?

ヒュッレムはどう思うんだろう…

 

 

いずれにしても、危機を脱したヒュッレムは今後どんどん増長していきます。

ハレム全体がヒュッレムにもっと掻き回されていくのです!

 

母后にとっては、降嫁させようとした企みが、この騒ぎでもみ消されてしまった?感もあります。

ヒュッレムに対して次の一手を考えているのでしょうか?

 

 

大勝利を得て帰還するスレイマンは、この一連の出来事に対してどんな反応をするのか?

先が気になります~!

 

 

関連記事

  この記事は、「オスマン帝国外伝 シーズン1/第11話」のあらすじと感想について書いています。   前第10話で危機を脱したヒュッレム。 ヒュッレムを危険視する母后とマヒデブラン…。 […]

 

一番お得に「オスマン帝国外伝」を無料イッキ見する方法

現段階でオスマン帝国外伝のシーズン2までいつでも見放題なのはhuluだけなんですが…、実は1つだけデメリットがあります。

それは、

オスマン帝国外伝は超大作でボリュームがあるので、huluの2週間という無料トライアル期間では全てを観終われない可能性が高い

ということです。

もしかしたらその2週間ではシーズン1すら最後まで観れないかもしれません。

 

そこで、オススメなのが…

「FOD + hulu」

の合わせ技を使う方法です。

つまり、「FOD」「hulu」にはそれぞれ無料のお試し期間があるんですが、両方の無料期間を最大限有効利用しようということ。

動画配信
サービス
無料期間 オスマン帝国外伝の視聴範囲
FOD 1ヶ月 シーズン1のみ見放題
hulu 2週間 シーズン1~シーズン2の配信されてる所まで全て見放題

2つのサービスを上手く併せれば約1ヶ月半もの間、無料で「オスマン帝国外伝」が楽しめるというわけです!

流石に1ヶ月半もあればシーズン1は観終わると思うので、その後は「fulu」でシーズン2の続きを観て行けば良いんです。

もちろん、その1ヶ月半で満足という場合は解約すればいいだけ!

どうですか?もう…メリットしかありませんよね!

 

具体的な流れはこうです。

  1. FODの「無料でお試し」に申し込む。
  2. その無料期間1ヶ月間でオスマン帝国外伝のシーズン1を観まくる!
  3. 無料期間終了と共にFODを解約。
  4. huluの「無料トライアル」に申し込む。
  5. その無料トライアル期間2週間でシーズン1の続きやシーズン2を観れるところまで観まくる!
  6. 2週間後、huluの無料期間終了後にサービスを継続するかどうか決める。

以上の6つのステップを辿れば、いちばんお得に、なおかつ効率的にオスマン帝国外伝が堪能できるでしょう。

 

「オスマン帝国外伝シーズン2」の続きをそのまま観たいのならば、huluを継続すればよし、ただその最終判断は、この最大1ヶ月半の無料期間をギリギリいっぱい使ってからでも遅くはありません。

 

初めから「hulu」に申し込んでしまえば良いという単純な話なんですが、FODの無料期間が、たかが1ヶ月とはいえ利用しないのは勿体無いじゃないですか~ [ただしFODでの視聴期間が終了している場合はhuluの1択です] 

せっかく両方の無料期間が使えるんだから、ありがたく有効に使ってしまいましょう!!

 

FOD無料お試し期間で今すぐ観る

 

 

本ページの情報は、2018年11月時点のものです。最新の情報は「FOD/hulu」それぞれの公式ページよりご確認ください。

 

以上、この記事があなたのオスマン帝国外伝ライフに少しでもお役に立てたら幸いです。

 

関連記事

ついに!ついに!! 待ちに待った「オスマン帝国外伝」のシーズン2がhuluで配信されました!   本当に長かった~!! [sc name="hulu2"]   私はある日偶然このドラマ[…]

オスマン帝国外伝_全何話

関連記事

「オスマン帝国外伝」に関する記事の目次ページです。 トルコ語を勉強しながら、ドラマの先が気になり、本国トルコのオリジナル版を観るほどハマりすぎてしまった私が、オスマン帝国外伝の魅力をお届けします! お好きなところからどう[…]

オスマン帝国外伝_記事一覧

 

Sponsored Links